がん保険から受け取れる給付金の限度額について保障内容とともに解説

日本人の死亡原因1位となっている「がん」に備えて加入しておきたいがん保険。長期的な治療が必要となった場合、このがん保険から給付される保障に限度額はあるのか?また限度額はどれくらいなのか、保障内容とともに見ていきたいと思います。

1社あたり、がん保険の給付金額に限度額はあるのか?

日本において最も死亡率の高い病気であるがんですが、一昔前と比べて格段に医療技術の進歩した現在においても、二人に一人が罹患する病気と言われています。


また罹患した場合、他の病気と比べても治療費が高額になりがちです。


がんに対する恐怖はもちろんのこと、がんの治療費に対する不安もあることでしょう。


たとえ保険に入ったからといって安心しきってはいけません。


実は、がん保険の給付金額には限度額があることをご存知でしょうか。


これを知らないと、後で思っていたほど保険金がもらえなかったということになりかねません。


そこで、この記事では「がん保険の保険金の限度額」について、

  • がん保険の基本的な保障
  • がん保険の保障ごとの給付金額
  • がん保険の特約の保障と給付金額

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、がん保険で受け取ることのできる保険金や限度額について詳しく知ることができ、いざ保険金を請求することになったとしても、必要以上に給付金額の心配をすることがなくなります。


是非最後までご覧ください。


給付金の基本的な金額は決まっている

がん保険の保障にはさまざまな給付金があり、その支払われる限度額は保険会社によって異なりますが、基本的な給付金額はそれぞれ決められています。

どの保障内容も充実させ、給付金がしっかり受け取れるのは嬉しいことですが、そうなるともちろん月々の保険料は割高となりますので、自分に合った保障内容で保険へ加入することをおすすめします。

がん保険の基本的な4つの保障内容と限度額を解説

がん保険に加入しているからといって安心してはいけません。加入しているがん保険の保障内容はきちんと必要な部分をカバーしているのか?給付金の限度額は十分であるのか?

がん保険の基本となる保障内容と、それぞれの給付金限度額について説明していきます。ぜひ確認しておきましょう。



診断給付金(一時金):診断確定時におりる給付金

がんになった場合、治療にかかる費用が高額となるケースが多く、また長期療養により仕事に支障が出る恐れもあります。

なので、このように大きな一時金の支給があることにより、生活への不安を少しでも減らすことが出来るのです。

これは一家の大黒柱の方にとってはとても大切な給付金となるのではないでしょうか。


がん治療は1年目にかかる費用が最も高額となると言われており、入院治療なども含めるとおよそ100万円は見積もっておく必要があります。保険会社の診断給付金標準で100万円となっていることが多いので、この一時給付金で十分賄えることになります。


また、診断給付金はがんと診断された時点でまとまった金額を一括で受け取ることができ、“診断時点”という早い段階で給付金が受け取れるというメリットがあります。


しかし、デメリットとしては、がんの種類でも「悪性新生物」では一時給付金が支払われ、「上皮内新生物」では支払われない、または支払われても一部のみという場合があります。


「悪性新生物」とは、すでにがん細胞がリンパ液や血液にのって他の臓器などに転移しているか、転移する可能性のあるものを指します。「上皮内新生物」とは、治療を行えば転移や再発の可能性はほとんどないと言われており、がん細胞が組織に浸透しないものを指します。


現在大手の保険会社で販売されているがん保険の診断一時給付金の支払い条件は、悪性新生物と上皮内新生物ともに診断された場合に給付され、悪性新生物のみ再発・転移の際に再度支給されるとあります。


診断給付金100万円のがん保険に加入していた場合、診断給付金の給付限度額は「上皮内新生物」と診断された場合は100万円の一部となる50万円となったり、「悪性新生物」と診断されれば一時給付で100万円、そして再発や転移する毎に給付金を受け取ることができ、無制限となります。

入院保険金:入院した際におりる日額の給付金

がん入院給付金は、がんで入院した際に受け取ることができる給付金です。入院1日あたり5,000円から1万円で設定されている場合が多いです。


また、がん保険の入院給付金の特徴としては、入院日数が何日であっても給付金が無制限で受けられるということです。長期での入院治療が必要な場合に、とてもありがたい保障ですね。


しかし、現在のがん治療は入院治療から通院治療へ移行されつつあります。これは、以前は入院でのみ治療できていた“抗がん剤治療”や“放射線治療”などが自宅からの通院でも治療を受けることが可能になったためです。


そしてこれからも医療の発達などにより、入院での治療は限りなく少なくなり、入院が必要なのは手術の時のみとなるでしょう。

通院保険金:入院後の通院でおりる日額の給付金

現在、がん治療は入院治療よりも通院での治療をメインとしています。なので各保険会社も通院保障を重点に置いたがん保険を販売しています。

しかし、このがん保険の通院保障には給付に際しさまざまな条件があり、保険加入時によく保障内容を理解していないと、いざがん治療での通院が始まった時に給付が受けられないということがあります。


通院保障内容は大きく分けて二つのタイプがあり、一つ目はがん治療のために入院をし、退院後に通院した場合に給付金が支払われるタイプと、二つ目は所定のがん治療を受けた場合に給付金が支払われるタイプです。


また、退院後1年以内の通院しか保障を認めないというものもありますので、保険加入の際にはきちんと内容を把握し、納得した上で加入するようにしましょう。


そして、多くの保険会社の通院保障は日額1万円となっており、保障期間は所定の治療をした場合には無制限での給付であったり、退院後1年以内の通院に対し60日までを限度に給付などがあります。


通院給付金の限度額は契約内容により異なりますので、がん保険での通院保障を付加する際には、通院期間が長くなるであろうがん治療に備えて保障内容を検討してみてはいかがでしょうか。

手術給付金:特定の手術となった際におりる日額の給付金

がん治療での三大療法は『手術・抗がん剤治療・放射線治療』となっており、がんの早期発見の場合には手術での治療が中心となります。

がん手術給付金はほとんどのがん保険に付加されており、がん治療のために手術を受けた際に支払われる給付金のことです。


多くの保険会社での保障内容は、給付金限度額は1回の手術に対して10・20・40万円の給付で金額は手術の種類によって異なり、これは日帰り手術でも保障されている場合もあります。


手術の回数に制限はなく、しかし特定の手術に対しては給付限度が設けられている場合もあります。


がん手術給付金の保障は手術を受けた際に受け取れる給付金額が増えるので金銭的にも安心ですが、もし加入するがん保険に診断給付金がある場合には、その一時給付金により手術代も賄える場合があります。


もし手術給付金が特約として設定されているのであれば、診断給付金の金額によって手術給付金を付加するかを検討するといいでしょう。

がん保険の加入の限度額に達したらどうすれば良いか

現在加入しているがん保険の保障内容をさらに充実させるために保険会社に相談すると、担当者からこれ以上の保障追加はできないと言われることがあります。

これは、入院日額上限に限度額があるためです。

それでも保障内容を充実させたい場合には、他社の新しいがん保険加入の検討が必要となります。

他社の告知事項に問題がなければ新しくがん保険または医療保険に加入することができます。

がん保険の先進医療特約

がん保険の特約として注目されている先進医療特約は、がん治療の選択肢を広げてくれる強い味方です。


がん治療の先進医療は高額治療となり、公的保険ではカバーされず、自己負担となってしまいます。


そんな時にがん保険からこの先進医療の治療費をカバーすることができれば、医療の発達により新しい治療法が認められた場合に、金銭的なことを心配せずに治療を受けることが出来るのです。


この先進医療特約の給付金限度額は保険会社や保険内容によっても様々ですが、だいたい500万円から高額なもので2,000万円で設定されています。


しかし、現在の先進医療の治療費は1回あたり数百万かかる場合が多いので、限度額が一番低い500万円ですと1回の治療で限度額に達してしまう可能性があります。


ただし、この先進医療という治療法はこれからも変化し続けるので、一概に限度額500万円が少な過ぎるとは言えません。 


これから先の先進医療がどのように変化していくかは分かりませんが、今のがん保険では先進医療特約は月々の保険料に100~200円ほどで付加することができます。


がん治療で先進医療を選択したいという場合に、金銭的な不安なく新しい治療を受けられるようになります。

まとめ:がん保険の限度額について

がん保険における給付金額の限度額について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険の加入時に保障金額を選択し、それが保険金の限度額となる
  • 入院保障の入院日数は無制限であることが多い
  • 通院保障には制約があり、契約内容を知っていないと保険金を請求できないことも
  • 先進医療特約は高額な治療費を補填してくれるが、限度額は2,000万円程度

です。


がん保険に加入さえしていれば安心と思いがちですが、がんの治療費を無限に保障してくれる万能の保険ではありません。


これから加入する人はもちろん、既にがん保険に加入している人も、今一度保障の内容を見直してみましょう。


一般的にがんの治療にかかる初年度100万円という費用をカバーできているかどうかが、ひとつのチェックポイントとなりますので参考にしてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん治療は諦めないで!公的医療保険による治療費補助の程度とは?
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が