女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント

ニュースで耳に入ってくる若い人の癌の話題。芸能人でも若い方が癌で命を落とされたり、闘病を頑張っている方も多いです。独身女性だからこそ考えておきたいがん保険のこと。独身女性は将来設計の一環としてがん保険について真剣に考える必要があります。

独身女性はがん保険に入るべきなの?

答えはずばり、「YES」です!

独身女性は自分で生計をたててる人が多いと思いますが、もしがんになった場合、高額な治療費を賄えますか?

医療保険だけでなく、がん保険にも加入しておかないと将来大変なことになるかもしれません。


自分だけは大丈夫と思っていても、長い人生でどこに何があるのかわかりません。

独身女性だからこそ、自分の将来の為にしっかりとがん保険で備えておかなければいけません。 




不安なら加入するのがおすすめ

現在健康に不安が無くても、病気になったときの費用について不安を抱いているのなら、是非がん保険に加入することをお勧めします。

なぜ医療保険でなく、がん保険をおすすめするのか。

その理由は、乳がんや子宮がんは出産経験のない独身女性こそ気を付けなければいけないがんだからです。

乳がんや子宮がんが増えている背景にあるのが、晩婚化、未婚化の増加です。


年々増えるがん患者。独身女性だからといって無視することはできません。 

もしがんになったら、仕事を休んだり場合によっては退職せざるを得ないかもしれません。

その場合の、生活費は?治療費は?どうやって捻出するか不安を抱いたまま治療することは精神的にもきついと思います。 


将来的に結婚するかもしれませんが、独身女性のうちからがん保険に加入しておいたほうが不安もなく将来の事を色々と考えていけるでしょう。

独身女性ががん保険を選ぶ上でのポイント

1.入院保障が十分されているか

医療保険だと入院に支払い限度制限がかかる場合がありますが、がん保険で注意したいのが入院支払限度が無制限かという点です。

というのも、がんは転移することも多いので、入院保障が十分にされていないと莫大な費用が掛かってしまうこともあり得るのです。

収入が自分のみしかない独身女性にとっては大きな問題です。 

一般的に治療に必要とされる費用

独身女性にとって気になるのは、治療費用です。

一体いくら必要なのでしょうか。

一般的な治療費と言われているのが、平均100万円ほどです。


早期に発見して手術前後の入院、標準治療だけで済めばこのくらいの費用と言われますが、あくまでも目安です。

ほかに転移したり、抗がん剤治療を多く行った場合はもっと費用がかかってしまいます。


また、手術後の再発防止の治療も必要となった場合、お金がいくらあっても足りないというほどです。

2.乳房の再建手術の保障がされているがん保険か

年々増えている乳がん。

独身女性の周りでもちらほらと耳に入ってくるのではないでしょうか。

がん保険を考えるときのポイントとして、乳房の再建手術の保証が入っているかどうかです。


乳房再建は一般的に片方100万円ほどかかると言われていますが、がん保険に保障があるかないかで自己負担分ががらっと変わってきます。


独身女性が乳がんになった場合、乳房の再建は大きな問題だと思います。

がん保険にこの保障が入っているか必ず確認したいところです。 

乳房を切除した割合

独身女性にとって気になるのは乳房を切除するのかどうか。

乳がんの進行度合いによりますが、乳房を切除した割合は4割と言われています。


温存手術は初期の乳がんの場合が多く、切除して治療を行う方は少なくありません。 

3.女性特有の罹患を保障するがん保険か

独身女性で妊娠出産を経験している人は既婚女性に比べ少ないはずです。

それゆえに、女性特有の罹患を保障したがん保険なのかきちんと見ておくべきポイントです。


子宮、卵巣、乳房、女性だけの臓器にはホルモンバランスによって様々な罹患が生じます。

子宮筋腫や卵巣の病気など、独身女性にも身近な問題と言えます。


こういった罹患にきちんと対応したがん保険なのかきちんと確認しておくべきポイントです。 

女性のがんの特徴

独身女性に身近な女性のがんの特徴として考えられるのが、ホルモンバランスです。

出産経験のない独身女性は、エストロゲンという女性ホルモンに長期間さらされています。

このエストロゲンが乳がんや子宮がんなど女性のがんの原因となるのです。

もちろん、生活因子も原因となりますが、ホルモンバランスこそ大きな問題となります。


がん保険を考えるうえで、女性の罹患に対する対応がついているか否かは独身女性にとって大きなポイントとなることが理解できるでしょう。


女性特有のがんは早期になりやすい

乳がんや子宮がん子宮頸がんなど、毎年健康診断でチェックしている独身女性は多いのではないでしょうか。

生理で異常を感じたり、変な腹痛を患ったりしたらすぐに検査をすべきです。

早期発見、早期治療によって大事に至らなくて済むこともあります。

そんな時でも、治療の保障ががん保険に入っていると安心です。


独身女性にとってがん保険を選ぶときは必ずこの点をチェックしておきたいところです。 

独身女性の場合には特に早めにがん保険に入るのがオススメ

ずばり、月々の保険料が安くなるからです。

がん保険にも色々な種類がありますが、総じて言えるのは、加入年齢が低いと保険料が安くなるという事です。


まだまだ自分のやりたいことにお金を使いたい独身女性は多いはず。

独身女性の間にやりたい事、行きたい旅先、どんどんと行動していきたいところでしょう。


だからこそ、がん保険には早めに加入して月々の支出を抑えることが賢い独身女性の選択と言えます。 

独身女性に最適ながん保険を見つけましょう

自分で生計をたてる独身女性だからこそ考えたいがん保険。

入院費、治療費、そして女性特有の乳房再建についてなど、独身女性が早いうちから考えておきたいがん保険については様々なことがあります。


何が自分にとって大切で、どうすればがんになったときも不安なく治療していけるのか。

早いうちからがん保険を考えることによって、楽しい独身女性生活をもっともっと晴れやかなものにしていきましょう。 


がん保険について独身女性同士で話し合ってみても色々とヒントが得られるかもしれません。

ランキング

  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が