自賠責保険は車屋さんが手続きしてくれる?任意保険についても解説!

車の購入を検討する場合、一緒に保険についても検討されるかと思います。自賠責保険は車屋さんで加入手続きしてくれるのか?任意保険は入るべきなのか?そういった簡単な疑問から、どんな任意保険がお得なのかなどの疑問についても説明していきます。

自賠責保険は車屋さんが手続してくれます!任意保険の加入はどうするの?

車を購入した場合、自賠責保険任意保険について疑問をお持ちで調べていることでしょう。

自賠責保険は強制保険ですが、保険料が高い任意保険は加入する必要性があるのでしょうか?

そのうえ、自賠責保険や任意保険は車屋さんでも加入できるものなのでしょうか?

実は、自賠責保険は車屋さんで簡単に加入できますし、任意保険にはお得な加入方法があります。

そこで、この記事では「車屋さんで加入できる保険」について、
  • 車屋さんでの自賠責保険の加入と更新
  • 自賠責保険と任意保険の違い
  • 任意保険の必要性
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んで頂ければ、車屋さんで新車を購入した場合の保険について考えるときに役立つかと思います。

是非最後までご覧ください。

自賠責保険とは?

まず、自賠責保険について説明していきます。

自賠責保険とは強制保険とも呼ばれる入らなくてはならない保険です。
そのため、手軽に車屋さんでも加入できるのです。

そして、万が一、未加入で走行した場合、自動車損害賠償保障法により罰せられます。
内容はかなり重いものとなっております。
  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 免許停止処分(違反点数6点)
また、自賠責保険の証明書を所持していないだけでも、30万円以下の罰金となりますので注意してください。

また自賠責保険の補償内容はというと、事故を起こした際に被害者救済に使われます。

例えば、傷害には120万円程度、死亡させたら3,000万円を限度に保険金が支払われます。
勿論、実際に事故を起こしてしまった場合は、これだけでは足りません。

死亡や後遺症が残る事故の場合は損害賠償金額が1億円以上になることさえあります。
自賠責保険はあくまでも最低限の補償だということを覚えておきましょう。

自賠責保険は強制保険!車屋さんが納車前に加入させていることが多い

自賠責保険は最低限の補償だということを説明しましたが、車屋さんに言っておけば加入できるのでしょうか?

実際特に何も言わなくても、車屋さんが加入させておいてくれます。
どこで加入しても補償の内容も保険料も変わらないからです。

勿論、車屋さんで加入したくない場合や、どうしても自分で手続きをしたい場合は、一言伝えておけば加入しないでおいてくれます。

ただし自賠責保険は上記で説明したように、必ず加入しなければいけない保険なので、車に乗る前に損害保険会社の代理店や、整備工場で加入しておきましょう。

次に、自賠責保険の更新について説明していきます。

自賠責保険の更新について!車検とセットで車屋さんがやってくれるの?

自賠責保険は車に乗っている限り加入しないといけないので期限が来たら更新をします。

車検が不要な250cc以下のバイクを除いた全ての車両は、車検時に新しい自賠責保険の加入証明書が必要です。

しかし車屋さんや整備工場で車検をする場合は、車検時に車屋さんがセットで更新をしてくれます。

領収書を見れば、次の車検までに必要な期間の金額が書かれていますので、確認をしてみてください。

ユーザー車検を行う場合は、陸運局に新しい自賠責保険の証明書を提出する必要があるので、陸運局に行く前に更新をしておきましょう。

ユーザー車検は安上がりですが、車屋さんで行ったほうが面倒はありません。

自賠責保険と任意の自動車保険は別もの!

ここまで自賠責保険について説明をしてきましたが、ここからは任意保険について説明をしていきます。

自賠責保険は強制保険でしたが、任意保険は勿論任意です。
しかし自賠責保険の補償はあくまでも最低限だと説明をしました。
自賠責保険は事故を起こした時の被害者に対する補償しか賄えません。

自分や車両には保険がかかっていませんので、足りない分は任意保険で補いましょう。
勿論、車屋さんでも加入できます。

次に、任意保険について詳しく説明していきます。

任意保険の補償範囲について!自賠責保険には無い補償範囲は?

自賠責保険は被害者に対する救済保険でした。
では、任意保険にはどのような補償があるのかを箇条書きで説明していきます。

  • 対人賠償保険(相手方への補償)
  • 対物賠償保険(相手方への補償)
  • 人身傷害補償保険(自分・搭乗者への補償)
  • 搭乗者傷害保険(自分・搭乗者への補償)
  • 無保険車傷害保険(自分・搭乗者への補償)※
  • 自損事故保険(自分・搭乗者への補償)
  • 車両保険(車への補償)

自賠責保険で足りない分の被害者に対する補償は勿論、自分や搭乗者、車両、壊してしまった器物にも補償がききます。

※無保険車傷害保険というのは、賠償能力が十分ではない車の過失での事故に巻き込まれてしまった場合の補償です。



特約やロードサービスも充実!

任意保険は特約やロードサービスも充実しています。

特約をつけると補償をカスタマイズすることができます。

もっと補償を手厚くしたり、割引特約で保険料を安くしたりと、手を加えることができます。

例えば、他人の車を運転している場合にも補償をきかせたり、逆に補償の対象となる運転手を限定して保険料を抑えたりできます。

次に、ロードサービスとは任意保険に加入すると利用できるサービスのことです。

例えば「キー閉じ込み時の開錠」「無料レッカー移動」「雪道でのスタック」など、様々なサービスがあります。

しかしサービス内容は保険会社によって様々です。同じような内容でも細かく読むと違っている場合もあります。

必要なサービスがあるかどうかを事前にチェックしてから加入するようにしましょう。

任意保険の必要性について!自賠責保険は最低限の保険です!

ここまで任意保険について詳しく見てきましたが、任意保険の必要性が少しはわかっていただけたと思います。

自賠責保険は強制保険なので入らない選択肢はありませんが、任意保険は入らないことも可能です。

しかしこの広い補償範囲は被害者だけではなく自分や家族、愛車も守ります。
このことからほとんどのドライバーが加入しているという事実があります。
また、任意保険の証明書を見せることで車検が割引になるところもあります。

無理のない範囲で加入することをおすすめします。

任意保険にお得に加入するならダイレクト型自動車保険がオススメ!

ここまで任意保険の特徴を説明しましたが、お得に加入する方法について説明していきます。

ダイレクト型自動車保険という名前を聞いたことがあるかと思います。
インターネットや電話などで簡単に加入することができます。

ダイレクト型自動車保険のメリットはこちらです。
  • 保険料が安い
  • 電話やメール、郵送でのやりとりなので、平日の昼間でも可能
  • 手軽にプランを比較検討できる
保険料が安いのは、店舗を持つ必要がないので、維持費や人件費、手数料を抑えられるからです。

勿論、代理店型を利用すれば手続きを全て行って貰えますし、他の保険と一括することもできます。 
ダイレクト型と代理店型のメリットは違ってきますので、違いを把握してから利用しましょう。

高すぎるバイク保険に加入していませんか?

バイクに乗っている方であれば、自賠責保険だけではなく、バイク保険(任意保険)にも加入しているのではないでしょうか。


自賠責保険だけでは賄えないたくさんの補償をしてくれるので、必ず入るべきですよね。


ただ、その保険料について見直したことはありますか?バイクを購入する時のショップで言われるがままに加入していたりしませんか?


実は、バイク保険は少し条件を見直すだけで年間の保険料が1万円近く安くなることがあるのです。


ただ、自分で多くの保険会社で見積もりをして比較するのは大変ですよね。


そんな時は一括比較サービスを利用してみましょう。一括比較サービスであれば、一度の入力で多くの保険会社の見積もりを取ってくれます。


しかも何度利用しても無料です。一度利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

車屋さんで加入する自賠責保険と任意保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
今回のこの記事のポイントは、
  • 自賠責保険には車屋さんで簡単に加入と更新ができる
  • 自賠責保険は強制保険で最低限の補償。任意保険は任意だけれど手厚い補償
です。

自賠責保険は強制保険なので車屋さんでも加入と更新ができます。

そして、自賠責保険はあくまでも最低限の補償です。
任意保険は通販型なら手軽に加入できますし、車屋さんでも加入できますので是非検討をしてみてください。 

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。
この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング