自賠責保険と任意保険をレッドバロンで加入!便利な独自システムとは

自賠責保険はレッドバロンでも加入可能です。レッドバロンで任意保険に加入するとロードサービスが充実したり、自賠責保険の更新が非常に便利になったりすることを、意外と知らない方が多いようです。この記事では、レッドバロンで自動車保険に加入するメリットを解説しています。

レッドバロンとは?自賠責保険の加入はバイクショップにおまかせ!

ヘルメットをかぶった髭の男性がモチーフとなった、赤白の看板が印象的なレッドバロン

有名な中古バイク販売店ですが、レッドバロンではもちろんバイク自賠責保険の加入にも対応しています。

この記事では、レッドバロンでのバイク自賠責保険加入について
  • レッドバロンでは、自賠責保険や任意保険に加入することができるのか
  • レッドバロンでバイクを購入することや保険に加入することで、メリットはあるのか
  • コンビニやインターネットの自賠責保険よりオススメできる理由
以上のことを中心にお伝えしていきます。

この記事を読めば、レッドバロンでのバイク購入や自賠責保険加入のメリットについてお分かりいただけるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

レッドバロンとは?バイク好きならお世話になっている人も多いはず

レッドバロンとは2018年現在で全国で300以上という店舗数を誇る、中古バイク販売業界最大手の企業です。

バイク販売以外にも、宿泊・飲食・サーキットなどの経営も行っています。

社名とロゴは、第一次世界大戦の勇者として名高いドイツ空軍のパイロット、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンにちなんでいます。

リーズナブルで高品質の中古バイクと充実のアフターケアに定評があり、バイク好きなら一度は足を運んだことがあるのではないでしょう。 

店内にずらりと並ぶさまざまな種類のバイクは、見ているだけで楽しいものです。

レッドバロンは「あいおい同和ニッセイ損保」の代理店

さらにレッドバロンは、あいおい同和ニッセイ損保の代理店でもあります。

バイクを購入すると自動的にあいおいの自賠責保険に加入することになりますし、あいおいの任意保険もすすめられます。

とはいえ決してむりやり加入させることはなく「他で入る予定です」と伝えれば、あっさり話は終わります。

しかしこの任意保険に加入すると、レッドバロンのゴールド会員となりロードサービスゴールドカード」が渡されます(残念ながら、自賠責保険のみの加入ではゴールド会員にはなれません)。

ゴールド会員になると、さまざまな特典が付与されます。

レッドバロンの任意保険はロードサービスの充実が魅力

レッドバロンでバイクを購入しただけで、以下のサービスが1年間無料で利用できます。
  • 自宅から20km未満のロードサービス
  • 200kmまで無料で使えるロードサービス券の進呈
たった一年間だけ?と思われた方も、ご安心ください。

一年を超えても、無期限で利用できる「ツーリングサービス」が利用できます。 

ツーリング前にレッドバロン店舗で「日時や行き先」を事前登録しておけば、距離無制限で無料のロードサービスが受けられます(10:00~20:00)。

全国の最寄りのレッドバロン店舗から出張してくれるので、スムーズな対処が可能です。

前述した「ゴールド会員」であれば、さらに充実のサービスが受けられます。

まずゴールド会員は、対応時間が24時間365日と拡大されます。

また、通常、パンクやバッテリー上がりの応急処置は有料ですが、ゴールド会員はこれらもすべて無料となります。

レッドバロンではもちろん自賠責保険も加入できます

レッドバロンは保険代理店も兼ねていますから、もちろん自賠責保険にも加入できます。

レッドバロンで買ったバイクではない場合にも、自賠責の手続きに快く対応してくれます。
 
250cc以下のバイクはコンビニでも自賠責に加入できるご時世ですが、バイクショップでの加入にはさまざまなメリットがあるのです。

自賠責保険の加入に必要なもの

レッドバロンでバイクの購入をして新規で自賠責に加入する場合には、すべて店員さんが手続きをしてくれるので特に問題はないでしょう。

自賠責保険を更新するときには、以下のものを持って行きましょう。 
  • 軽自動車届出済証
  • 自賠責保険証
  • 保険料
保険料はカードは不可、現金のみでの支払いとなります。

自賠責保険の更新はレッドバロンの手帳を店員さんに渡すだけでOK!

軽自動車届出済証?自賠責保険証?どこにあるんだっけ…

そんな風に焦る必要はありません。どちらもバイク購入時にレッドバロンから渡された赤い手帳に入っています。

あなたがするべきは、これを店員さんに渡して保険料を払うことだけです。新しい自賠責保険証が入った手帳とステッカーを受けとれば、手続きはもう完了となります。

コンビニやインターネットでの加入は、近所や自宅で24時間手続きができてお手軽ですよね。

しかし、どちらも自分の手で情報を入力する必要があり、もし不備があった場合は保険会社に直接足を運んで訂正手続きを行わなければなりません。

またインターネットだと、書類やステッカーの送付が後日になってしまうというデメリットもあります。

払う保険料は同じですから、安心で確実な自賠責の更新をレッドバロンで頼んでみてはいかがでしょうか。

高すぎるバイク保険に加入していませんか?

バイクに乗っている方であれば、自賠責保険だけではなく、バイク保険(任意保険)にも加入しているのではないでしょうか。


自賠責保険だけでは賄えないたくさんの補償をしてくれるので、必ず入るべきですよね。


ただ、その保険料について見直したことはありますか?バイクを購入する時のショップで言われるがままに加入していたりしませんか?


実は、バイク保険は少し条件を見直すだけで年間の保険料が1万円近く安くなることがあるのです。


ただ、自分で多くの保険会社で見積もりをして比較するのは大変ですよね。


そんな時は一括比較サービスを利用してみましょう。一括比較サービスであれば、一度の入力で多くの保険会社の見積もりを取ってくれます。


しかも何度利用しても無料です。一度利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

レッドバロンでのバイク自賠責保険加入についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

この記事のポイントは、
  • レッドバロンはバイク販売だけではなく、あいおい同和ニッセイ損保の代理店も兼ねている
  • バイクをレッドバロンで購入すると無料のロードサービスが利用でき、店頭で任意保険に入ればさらに充実したサービスを受けられる
  • レッドバロンでの自賠責保険更新は、コンビニやインターネットより簡単・安心・確実である
以上のことでした。

レッドバロンでは、他店で購入したバイクでも自賠責保険に加入することができます。ただし残念ながら、修理やオイル交換には対応していません。

車体価格以上の付加価値があるレッドバロンのバイクは、購入して損はないかと思います。

これを機に、次のバイクの候補としてご検討してみてはいかがですか。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されています。ぜひご覧になってください。
この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング