車両保険を契約していました、全損時に免責はどう扱われるのですか

車両保険に免責を設定している場合、通常事故で自己負担が発生します。全損の場合でも免責が発生するのでしょうか。車両保険の仕組みを知らないと、全損時の扱いなどがわからなくて、違った契約をしてしまう可能性があります。そんな事にならないように理解を深めましょう。

車両保険における免責金額と全損時の扱いについて

任意で加入する自動車保険には、車両保険があります。

車両保険とは、契約者の自動車修理費用を補償する保険です。


車両保険は、保険金額の他にも免責金を契約者自身で決定することができます。


車両保険と免責金にはいくつかのルールがあります。

どのように利用すると便利であるか、を説明していきます

車両保険の免責金額とは?

車両保険には、いくつかのお金に関する言葉があります。

特に、今回説明する上で、車両保険金額、免責金額、といった言葉を理解しておきましょう。


特に免責金は、車両保険の保険料や、保険金請求の方法にもかかわるものです。


きちんと理解をしましょう。



免責金額の設定方式には種類があります

免責金額は、いくつかの種類があります。

まず免責は、「責任」を「免れた」お金です。

保険会社は、請求された保険金のなかから、「免責」を差し引いた額を支払います。


保険会社により若干の違いがありますが、設定できる免責金額には、いくつかの方式があります。


たとえば、1回目の事故では5万円、2回目の事故では10万円といった方式もあります。

また、1回目の事故では10万円、2回目の事故では20万円とした免責金を大きくする方法もあります。


さらに特約として、車対車の事故で1回目であれば、免責金を0万円にする「免ゼロ特約」という特約も設定できます。



免責金額が多いと車両保険料が安くなる!

では、車両保険の免責金額を設定すると、車両保険料にはどのような変化がでるのでしょうか。

単純に言えば、免責金額を設定すると、保険会社は保険金の支払いを少なくすることができます。

そのため、その分の保険料を割引くこととなります。

免責金をつけない車両保険よりも、免責金をつけたほうが保険料が安くなります。


さらに、免責金を大きくすれば、保険料の割引は大きくなります。


車両保険の保険料を安くするためには、免責金を設定する。

設定する免責金は、大きくするという方法で検討しましょう。

免責金額の設定は自分の等級を意識して決定しよう


では、免責金額は、どうやって設定を検討したらよいでしょうか。

まず、考えられるのは、あなたの等級です。

自動車保険は、ノンフリート等級別料率が使われています。

初めて自動車保険に加入される方は、6等級からスタートします。

無事故で1年間の契約を終了すると、等級は1つあがり7等級となります。

等級が進むとそれにあわせて保険料の割引も進行します。

無事故を続けることにより、等級の最高は20等級となります。


6等級からスタートしていますので、最高の等級に到達するには14年かかります。


車両保険では、事故が発生した場合に、その事故の内容により1等級から3等級のダウンがあります。


さらに、保険会社によっては、等級がデメリットといわれる1~5等級の契約では、車両保険を契約できないという制約をいれていることもあります。


では車両保険をどのように考えますか?


等級が進んでいない=割引が進んでいない、という状況では保険料が高いので、免責金を高めに設定したほうがよいでしょう。

高額の支払いとなる場合以外には使わないという決心がつくと思います。

保険料が安くなってから、免責金額を下げるという判断をしましょう。


全損とは?全損と分損の違い

車両保険において、事故の状況による呼び方の違いを確認しましょう。

まず、2種類の呼び方があります。


車両の一部だけが破損し、その分の修理を行う「分損」(一部損)という事故があります。

イメージとしては、バンパーが破損して修理を実施するといったものになります。


車両すべてがペシャンコになって使い物にならなくなる「全損」という言葉があります。


そして、「全損」には2つの意味があります。

上記に書いたように、車が物理的に使い物にならなくなる「全損」です。

事故の後、車両はエンジンがかかることもなく、エンジンがかかっても、走ることさえできない。修理をしても走れないという状態です。



もうひとつ「全損」と呼ばれる内容があります。


それは、修理費用が時価額を超えてしまう場合に発生する「経済的全損」です。

車両保険は、時価額でしか契約ができません。

車両保険金額を超えた修理費は、保険金請求できませんので、それ以上保険会社が行えることがありません。


そのため、「経済的に全損」となったという判断をします。






盗難も全損に含まれます

全損といわれる事故には、盗難事故も含まれます。

盗難事故では、契約している車両がなくなってしまいます。


つまり、「何も残っていない」という状態になります。


物理的に保険の対象がなくなってしまいますので、「全損」ということになります。



そして盗難事故の場合は、契約者に責がありません。

そのような事故は、等級のダウンが1等級となります。

全損の場合は免責金額の発生はありません!

車両保険の免責金額の話をしてきました。

事故があった場合の、修理費を保険金請求するときに、自己負担しなければならない金額となります。


では、全損といわれた場合に、免責金はどうなるのでしょうか。


全損になったにもかかわらず、「免責金」を支払うこととなれば、保険金額をすべて支払ってもらえない、ということになります。


100万円の保険金額で、5万円の免責金を設定した場合に、「95万円(100万円ー免責金5万円)」ということです。


これでは、保険金額の意味がありません。

保険金額は支払いをする「最高限度額」となります。

つまり、100万円を支払わなければなりません。

そこで、全損時には免責金が発生しないということになります。

免責金額は相手がいる事故の場合も発生しない可能性があります

免責金は必ず発生するものであるのか、という質問がよくあります。

免責金は、車両保険の契約の仕方、特約のつけ方によって異なる場合があります。


特約に「車対車免ゼロ特約」という特約があります。

この特約は、「車対車」の事故で、「相手車両」が確認できる場合には、「免責金」をゼロにする特約です。


この特約では、「一部損」「全損」であっても関係なく免責金をゼロにすることができる特約です。


免責金をつけないという車両保険の契約もあります。

この契約の場合は、相手車両が確認できる、できないに関わらず、免責金が発生しません。

ただし、保険料が高くなることは間違いありません。


1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険の免責金は、保険料を安くするなどの手段として、活用できます。

再度復習しておきましょう。

等級によっては免責金を大きくし、小額損害による保険金請求をしないことで等級の進行を進めることも重要です。


小損害に対して、「全損」という定義もきちんと理解をしておきましょう。

経済的全損なども全損です。

盗難により「保険の対象」がなくなってしまうことも、全損となります。

全損となった場合には、「免責金」は不要となります。


なぜ、免責金が不要となるのか。

それは、車両保険金額は保険金を支払う際の「最高限度額」です。

全損時に車両保険金額から免責金を引いてしまっては、「最高限度額」となりません。

ですので、全損時には免責金が発生しません。

「全損」に関して言えば、「盗難」という事故も「全損」となります。なぜ、「全損」かといえば、保険の対象となる「車両」がなくなってしまっているからです。

車両保険の対象がなくなってしまえば、車両保険は終了となります。

ですので、「全損」という扱いです。


車両保険は高額な保険です。どのような契約をするのか、を理解して契約をしましょう。


ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について