全損のときの車両保険の免責金額は?自己負担額について徹底解説!

事故などで車が全損になった場合、車両保険の免責金額はどうなるのか気になりますよね。保険金を受け取る場合は、免責金額を設定していると自己負担が発生しますが、全損の場合は全額補償されるので自己負担は不要です。この記事では全損の場合の免責金額について解説します。

全損だと免責金額の自己負担は不要?

事故に遭って車が全損扱いになった場合、車両保険に加入している方は保険金を受け取りますよね。


通常保険会社から保険金を受け取る際には、契約時に決めた免責金額を自己負担しなければなりません。


しかし、全損の場合はその自己負担が不要で全額補償してくれるのです。


今回は、

  • 全損の場合の免責金額
  • 全損の場合の保険金
  • 全損でも修理して乗り続ける方法
について詳しく解説します。

また、全損以外で免責金額がかからない場合や車両保険以外で全損時に受け取れる保険金についても紹介しますので、是非参考にしてみてください。

全損では免責金額がかからない!全損の種類を紹介

車両保険への加入時には免責金額を設定します。これは、車両保険を使って車の修理代を受け取る場合に、自己負担する金額のことです。


例えば、事故を起こしてしまい、破損箇所の修理のために20万円がかかることになったとします。


免責金額を5万円に設定していたとすれば、5万円を自己負担し、残りの15万円が保険金として受け取れる金額となります。


車両保険の保険金は、車の時価額に応じて上限額が決まります


全損とは、車の修理代が、支払われる保険金の上限額を超えたケースのことです。

全損時には免責金額を支払う必要はなく、保険金の上限額を受け取ることができます。


なお、全損には「物理的全損」と「経済的全損」の2種類があります。以下に、それらの内容を解説します。

全損の種類①:免責金額がない「物理的全損」

物理的全損とは、事故に遭った車の損害が、修理不能な状態にまでなったことをいいます。


全損という言葉を初めて聞いた人は、物理的全損のような状態を思い浮かべた人が多いでしょう。


物理的全損の場合は修理はできませんが、車の時価額によって決まった保険金の上限額を受け取ることができます。免責金額は発生しません。


修理ができないので、選択の余地はなく、保険金をもらって車を買い替えるしかありません。

全損の種類②:修理代が保険金の上限を上回る「経済的全損」

経済的全損は、修理は可能ですが、修理代が車両保険の保険金の上限を上回っている状態です。


免責金額はかからず、修理もできますが、補償されるのは車の時価額によって決まった保険金の上限額であり、修理代の全額ではありません。


例えば、時価額が60万円の車を運転していて事故に遭い、修理に100万円かかることになったとします。


修理はできますが、車の時価額よりも修理代の方が高くなったケースです。

実際にこの車を修理するには、40万円を自己負担しなければなりません。


この場合、一般的には、車を買い直した方が安く済むことになるので、保険金を受け取って買い替えを行うケースが多いです。

全損しても修理して乗り続けることができる?

全損は、物理的全損の場合はもちろんのこと、経済的全損であっても基本的には乗り続けることはできません。


これは、全損により車両保険を使うと車の所有権が保険会社に移行するためです。


保険金は修理代の全額がもらえるわけではないので、費用の一部を自己負担することになります。車を買い替える方が安く済むことも少なくないでしょう。


しかし、車に強い愛着や思い出がある場合など、修理が可能であるならば修理して乗り続けたいと考える人も少なくありません。


経済的全損の場合には、保険会社と相談し、修理して乗り続けるというケースもあります。


ドライバーが多くのお金を払ってでも修理して乗り続けたいということから、経済的には損をすることを承知の上で自腹を切ったということです。


このように、その車に対して特別な思いがあり多額の出費を覚悟できるのであれば、長年親しんできた愛車に乗り続けられるよう保険会社に相談してみると良いですね。

車両保険以外に全損時にもらえる保険金はあるのか

実は車両保険以外にも、全損時にもらえる保険金があるのです。


車両全損修理時特約は、全損時に車両保険の保険金に加えて50万円程度まで保険金が上乗せされるものです。


また、全損時諸費用特約という車両保険の保険金額の1割が支払われる特約もあります。これらにより、一切修理代を自己負担せずに車を修理できることもあるでしょう。


ただしこのような特約により受け取れる保険金は、実際に修理を行ったときにのみ支払われるものであり、修理せずに買い替えた場合には保険金は上乗せされません。


この点が、実際に修理を行わなくても保険金が受け取れる車両保険とは異なります。


愛着を持って運転してきた車を乗り続けたいという人は、車両保険に車両全損修理時特約全損時諸費用特約などを付加することをおすすめします。

全損以外で免責金額が発生しない場合は?

車両保険の免責金額は分損(修理可能で修理費が車の時価額を下回る)のケースに対して設定されるものです。


ですので車両保険では、全損以外の損害では基本的に免責金額が発生することになります。


事故に遭いドアに傷がついてしまった、窓ガラスにヒビが入ってしまった、バンパーが凹んでしまったなどという事故は分損事故に該当します。


これらの事故により車両保険を使うと、原則契約時に設定した免責金額を支払わなければなりません。


しかし、分損事故の場合でも免責金額が発生しないケースがあります。免責金額を0円に設定した場合と、免責ゼロ特約を付加した場合の2つのケースがありますので、以下に解説します。

免責金額を0円に設定すれば全額補償が受けられる

車両保険を契約するときに決める免責金額には、定額方式増額方式があります。


定額方式は、何回事故を起こしたかに関係なく毎回一定の免責金額が発生するものです。

例えば、10万円に設定する場合は「10-10万円」と表記します。


増額方式では、1回目の事故と2回目以降の事故で異なる免責金額が発生します。

1回目の事故は5万円、2回目以降の事故は10万円というように設定し「5-10万円」と表記されるのです。


また、免責金額は0円に設定することもできます。この場合、全損事故はもちろんのこと、分損事故でも免責金額はかかりません。


ただし車両保険の仕組みとして、免責金額は安ければ安いほど保険料が高くなるので、0円に設定する場合は保険料が高額となることに注意しましょう。

「免責ゼロ特約」を付加すると免責金額の負担が不要になる

免責ゼロ特約は、1回目の事故の免責金額を0円にする特約です。


他車との衝突や接触事故のみに適用されるものと、あらゆる事故に適用されるものがあります。


なお、この特約を付加するためには、設定した免責金額やノンフリート等級の条件があることが普通です。


例えば、免責金額については、1回目の事故が5万円、2回目以降の事故が10万円の契約であることを加入の条件にしている保険会社が多いです。


また、ノンフリート等級については、7等級以上でなければ加入できないとしている保険会社もあります。


保険会社によって加入の条件や商品の内容が異なりますので、各保険会社に確認しておきましょう。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

今回は、車が全損となったときの車両保険の保険金や免責金額について解説しました。


要点は、

  • 車両保険では、全損の場合には免責金額が発生しない
  • 車両保険の保険金は車の時価額に基づいて金額が決まるので、修理代全額が補償されるわけではない
  • 全損した車を修理して乗り続けるには、修理代を自己負担する必要がある
  • 全損時の保険金が上乗せされる特約がある
  • 全損以外でも免責金額が0円になる特約がある

となります。


車両保険の仕組みを正しく理解し、必要な特約があれば加入を検討してみてはいかがでしょうか。


また、愛車に長く乗り続けるためにも、全損という事態にならないように、日頃から安全運転に心掛けましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング