自動車保険ALL

車両保険ではタイヤの損傷は、補償されないって本当なんですか?

自動車保険の車両保険では、タイヤの単独損害が補償されません。なぜ、タイヤの単独損害が補償されないのでしょうか。タイヤは修理と使用による損耗と区別が困難です。そのため、パンクやいたずらといった事故が車両保険の対象となりません。読みにくい約款を読んでみましょう。

車両保険における意外なタイヤの損害の扱い!!

自動車保険には、車両の修理費用を負担する車両保険があります。

車両保険は、保険料が高額ですが、修理費用を自腹で支払う必要が無くなるものです。


車両の修理費用ですので、車内に残している携行品は対象となりません。

また、タイヤについても損害によっては、補償されないなどの制限があります。


自動車を長く所有されていると気づくことがあると思いますが、意外とタイヤの交換は費用がかかります。

長距離を走ったことでの交換であれば、納得がいくと思いますが、「この事故って支払われないの」のようなことが起こるかもしれません。


きちんとタイヤの損害について、車両保険の適用を理解しましょう。

タイヤ単独での損害は車両保険の適用外!?

タイヤの損害というとどのようなものがあるでしょうか。

事故で車両とともにタイヤが破損するなどが考えられます。

こういった、車両とともに発生する修理費用であれば、車両保険の対象となります。


しかし、タイヤ単独で発生する損害については、車両保険が適用されることはありません。


どのような事故であるかを説明していきます。

タイヤがいたずらや釘を踏んでパンクした場合

タイヤの単独損害として考えられる物といえば、いたずらでパンクさせられる、釘を踏むなどによるパンクが考えられます。

これらの損害では車両保険は補償を行いません。


すでに、自動車保険に加入されている方で、お手元に約款がある方はぜひ確認をしていただきたいです。


約款の割合前のほうに「車両保険」の説明があると思います。

そこに「保険金をお支払いできない主な場合」という説明があります。(ほとんどの保険会社が、保険の説明を約款でしております。)

その中に、「タイヤ単独の損害(火災・盗難を除く)」といった文言が記載されており、パンクは補償されません。


では、なぜいたずらやパンクといった単独損害が車両保険で補償されないのでしょうか。

タイヤの単独損害がなぜ補償されないのかについて

ではなぜ「タイヤの単独損害」が補償されないのでしょうか。

損害保険の支払いには、「偶然・急激」「外来」「突発」といった言葉で説明されますが、事故による損害が対象となります。


タイヤは常に地面と接触し、磨耗を繰り返しています。


釘を踏んでパンクしたものか、タイヤが使用に耐えられずにパンクしたものであるか、などの判断が困難となります。


さらに言えば、「タイヤがだいぶ減ったよね」ということから、保険を交換費用に肩代わりさせるということも考えられます。

あまり、悪意のある方の内容を中心に説明してはいけませんが、使用による損耗にたいして、車両保険を使うことで、本来の交換費用を車両保険に肩代わりさせることも考えられます。


タイヤという部品の破損は、事故によるものか損耗によるものかの区別ができない損害については、補償の対象とならないと考えてください。


車両保険でタイヤが補償される例

では、車両保険では、タイヤが全く補償されないのでしょうか。

どのような事故であってもタイヤが補償されないとしたら、車両保険の保険金額を設定する上で、タイヤ代は加算する必要がないのか?ということになりかねません。


タイヤんも単独損害が補償できないのは、使用に伴い損耗なのか、事故による破損なのかと判別できないためです。

それ以外の事故であれば、きちんと補償されます。

タイヤが盗難や火災による被害を受けた場合

自動車保険の約款の話をしました。

そこに書かれている「車両保険」の「お支払いできない主な場合」に

「タイヤ単独の損害(盗難、火災を除く)」という文言があることを説明しました。


盗難や火災については、車両保険で補償されます。


補償されない場合として、「単独損害」という説明をしました。

タイヤの「単独損害」は、使用による損耗と事故による破損であるのかが区別しにくいため車両保険では補償されないのですが、盗難や火災による損害は、契約者の責任がないため車両保険でも損害として補償されます。




タイヤ以外の箇所と同時に損害を被った場合

火災や盗難については、支払いが可能ということを説明しました。

では、通常の事故(車対車の事故や自損事故)では、どのように鳴るかを説明します。


車対車の事故の場合、側面から他車に衝突されると、タイヤを取り付けている車軸が曲がります。

ホィールもゆがみ、タイヤも損傷するでしょう。


自損事故であった場合、ガードレールに接触する、落輪するなど間違いなくタイヤに破損が出ることが考えられます。

こういった事故による破損については、車両保険でタイヤを含めた損害額が請求できます。


タイヤも時価額となりますので、新品の価格ではありません。

ボディとか修理しているにもかかわらず、タイヤだけは自腹で修理です、なんてことは通常考えられないですから。




純正品以外のタイヤを使用してる方は注意!

タイヤは契約者が、比較的簡単に変更することができるパーツです。

タイヤの交換は、純正タイヤよりも安いタイヤを利用している場合ががあります。

また、逆に純正のタイヤよりも「グリップの強い」「性能のよい」高いタイヤを装着している人もいることでしょう。


車両保険の保険金を査定(損害額を算定する)場合は、基本的に「純正」のタイヤによる算定を行っています。


また、変更するパーツとして、ホィールなどがありますが、ホィールも純正の金額から算出されます。


つまり、高いパーツへ変更している場合、その差額分は保険金の対象とならず自腹となります。


タイヤを性能のよいものに変更される方は、自動車を趣味にされている方がほとんどだと思います。


差額が発生する可能性があることを理解しましょう。





まとめ:車両保険のタイプや約款を確認しておこう

車両保険におけるタイヤの損害について説明をしてきました。

車両保険には通常2種類のタイプがあり、その内容によって支払いの対象となる事故が異なっています。


車両保険のタイプは、どのような事故であっても修理費を補償する「一般タイプ」と、「車対車の事故と、一部のいたずらや天災」を補償する「車対車+限定A」があります。


タイヤの単独損害の話をしてきましたが、「一般タイプ」の車両保険は自損事故によるタイヤの損害(車体などの損害を含む)の支払い対象となります。


「車対車+限定A」であれば、自損事故が対象となりません。

タイヤの単独損害以外でも、このタイプの車両保険では、支払えない事故(車体の損害も含めて)があります。


保険の内容を確認するには、パンフレットなどでもわかりますが、正確に内容を理解するためには、保険約款を読む必要があります。


保険約款には、車両保険の内容のほか特約などの内容も正確に記載されています。


一度約款を読み、内容を確認するされることをお勧めします。


ランキング