車両保険に入ってないとぶつけられた時に修理費用が高額になることも

車両保険とは車の修理費などを補償する保険のこと。ぶつけられた場合には相手側から保険金の支払いがありますが相手が車両保険に入ってない場合にはそうもいきません。ぶつけられた場合でも車両保険に入ってないと金銭的な負担が大きくなることもあるので注意が必要です。

車両保険に入ってないとぶつけられたときの金銭負担が増えることも

車両保険に入ってないとぶつけられた時の金銭負担が増えることがあります。


事故には過失割合があり、自分の側に多少でも過失があった場合にはその分の負担はたとえぶつけられた場合であっても相手から支払われることがないからです。


そのため、車両保険に入ってないと金銭的な負担が大きくなる場合があります。


ぶつけられた時など急な事故の出費に備えるためにも車両保険に入っておくことをおすすめします。



ぶつけられた車の修理補償は車両保険で

車両保険とは車の修理等を保障する保険のことで、車同士の事故で車が故障したり契約車両に落書きやいたずらがあった場合などに保険金が支払われます。


車が廃車寸前になってしまうような事故の場合には車を買替える費用としても使用できます。


一般型に限りますが当て逃げされた時にも支払われます。


ぶつけられたなどでかかる車の修理費用は自賠責保険からは支払われません。


任意保険のため入ってない人もいる保険です。

車両保険は入ってない人もいます

車両保険は任意の保険のため入ってない人もいます。付帯しないという選択肢もありますが、付帯なしの場合にはその分リスクが高まります。


種類としてはすべての車両損害に対する補償を受けることができる「一般車両保険」と保険会社によって名前が変わりますが一般車両保険から単独事故や当て逃げを除いたものがあります。


ぶつけられた場合の修理費用の補償を付けたい場合には「一般車両保険」を選びましょう。

保険に入ってない人にぶつけられた時のためにも車両保険に入りましょう

事故で相手にぶつけられた場合には相手側から保険料が支払われるため車両保険に入らなくてもいいと思っている方もいるかもしれませんが、相手側が保険に入っていない場合には自分が加入している車両保険を使うかに相手に損害賠償請求するしかありません。


自分が入っていない場合にはさらに負担がかかりますので車両保険には入っておくことをおすすめします。


相手が自賠責保険にも入っていない場合にはさらに負担が増えます。

車両保険に入ってない人にぶつけられたら

車両保険に入ってない人にぶつけられた場合には対物保険が使えないことになります。


そのため修理費用は自分の保険などから賄うしかありません。事故の場合には怪我などを追っていることもあるため精神的な負担も大きくなります。


地震や噴火、津波などの自然災害による被害には危険補償特約など別の保険を付帯する必要性があります。


車両保険に入ってないにはこれらの補償を受けることができません。

車両保険に入っていない人は全車両の3割

日本損害保険協会の調査によると任意保険に加入していない車両の割合は全体の約3割もいます。


そのため、交通事故などでぶつけられた場合には10人に3人は無保険という可能性があります。


怪我などで働けなくなった場合の慰謝料等は保険に入っている場合には補償されますが、相手が保険に入ってない場合には補償を受けられないこともあります。

車両保険に入ってない人にぶつけられた場合の請求方法

車両保険に入ってない人にぶつけられた場合で相手に修理代金や慰謝料を求める場合には損害賠償請求することになります。


方法はいくつかありますが、車両保険に入っていない相手に修理代金等を請求した場合には残念ながらすんなりと支払われないこともあることは覚えておきましょう。


保険に一切入ってない人と事故に合ってしまった場合には政府保障事業を利用することも考えましょう。

車両保険に入っていない人へ請求する方法

車両保険に入ってない人に損害賠償を請求する方法には電話で相手に請求する・内容証明郵便で催告する・弁護士に依頼する・裁判を起こすなどが一般的です。


電話や内容証明郵便には強制力がないため、自分で解決が難しい場合には弁護士に依頼するようにしましょう。


また、自賠責保険に入っていない場合で運転を行うと1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される可能性がありますので、注意して下さい。

車両保険に入ってない人への請求は難しい

弁護士に依頼を行った場合には相手が支払をしてくれる可能性は高まりますがそれでも無理な場合には裁判を起こすしかありません。


車両保険に入ってない人への賠償請求は相手側に支払い能力がないことも多いため難しいこともあります。


条件を満たす必要性はありますが車両保険に入ってない人にぶつけられてしまったら政府保障事業を利用しましょう。


相談窓口は近くの損害保険会社です。補償金の金額は自賠責と同じ基準です。

車両保険には種類があるので注意しましょう

車両保険には保険会社によって種類が様々です。


一般的には「一般車両保険」と単独事故や当て逃げによる補償を除いた2種類があり、後者のほうが安いという特徴があります。


後者はぶつけられた場合には補償されないこともあるので加入する保険はその点も考慮して選ぶようにしてください。


自賠責保険と異なり車両保険は任意ですが入っていない場合には負担が増えることも多くあります。

ぶつけられた場合に受けられる保険金

車両保険に入っていない人にぶつけられたケースでも自賠責保険は自賠責法によって義務づけされているため、相手方が自賠責保険に加入している場合にはここから支払われますが支払い基準は大変に低く、金額としてはとても少なくなってて例えば傷害による損害では120万円までです。


ぶつけられた場合には怪我の治療費だけではなくリハビリにも金銭がかかるため120万円をこえてしまうこともよくあります。

自賠責保険による保険金の支払金額

車両保険に入っていない人にぶつけられた場合は自賠責保険による保険金支払いとなります。


治療や入院費等の傷害による損害は120万円、後遺症慰謝料は第1級の1100万円〜第14級の32万円まで等級別にわかれていて、死亡による損害は3000万円までです。


自賠責保険では物損が対象にならないため車の修理費用などは対象になりません。


保険に入ってない人にぶつけられたら車の修理費用は補償されない場合があります。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険に入っていない人にぶつけられた場合には自賠責保険による保険金が支払われますが車の修理費用などは出ません。


相手が支払をしない場合には裁判をおこすことになりますが相手に支払い能力がない場合にはうまくいかないケースもあります。


相手が保険に入っていない場合は政府保障事業を利用しましょう。


保険に入ってない人との交通事故は弁護士に依頼するのもおすすめです。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング