レクサスls600h購入時は車両保険も自動車保険も同時加入しましょう

レクサスls600hの車両保険も自動車保険も、車体価格相応に高額になります。然し乍ら自動車保険、車両保険は、車だけではなく、自身を守る事にもなります。ls600h購入費用が予算オーバーしたから保険加入を見送る等という事はお勧めできません。加入をお勧めします。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

レクサスls600hの車両保険、自動車保険はどこへ相談したら良い?

インターネット上で保険会社数社の一括見積を出してもらえるサイトがありますのでお試しするのも良いです。利用料は無料ですが、返信に時間がかかる場合もあります。


また、購入予定のls600hを取り扱っている販売店等へ商談時に聞いてみるのも良いです。個人オーナーのサイトやブログ、口コミサイト等も参考にするのも良いでしょう。



トヨタでls600hは購入可能?

中古であれば扱っている可能性があります。ただ、数は多くありません。


ですが、自動車保険や車両保険の取り扱いなどはしっかりしておりますので、アフター面での心配はないでしょう。 


ls600hの修理はできませんという返答はまずないと考えて良いです。また。ユーザーの乗り換えによる下取り車など良質なls600hに出会える可能性も高いと言えます。

ls600hをカスタムしたいが・・・

ls600h等のセダン系の車ではドレスアップカスタムが主流とも言えますが、過度なカスタム、つまり保安基準不適合のカスタムの場合、車検だけではなく、事故が発生した際の自動車保険、車両保険が支払われない場合もあります。


そのため、カスタムを依頼する際は、依頼先に自動車保険、車両保険がどうなるか?確認が必要です。

ls600hの自動車保険、車両保険の未加入は自身を苦しめる結果に・・・

ls600hはレクサスの中でも上位の高級車になります。車両保険、自動車保険の金額も相応と考えて良いでしょう。


不慮の事故が発生し、相手が居る事故で自身の車も破損、被害者、加害者共に怪我をしてしまいましたが、自身は自動車保険、車両保険未加入・・そうなると事故による相手の損害賠償金も自身の治療代も修理代も全て自己負担となります・・それは取り返しのつかない事態になりますので、保険未加入は止めましょう

自動車保険、車両保険は強制じゃないですが

確かに強制ではありません。強制は自賠責保険のみになりますので、自動車保険、車両保険の加入は義務ではありません。


然し乍ら、努力義務に近いと考えても良いでしょう。


いつ発生するかわからないのが事故です。安全運転厳守だからと過信して自動車保険、車両保険の加入見送り等は絶対に止めましょう。

輸入されたls600hの保険加入は可能?

ls600hの輸入モデルでも自動車保険も車両保険も加入は可能ですが、保険会社によってはls600hの輸入モデルのデータを持っていない等の理由で見積もり依頼をしても時間がかかる可能性があったりしますので注意が必要です。


また、逆輸入車専門店が点在しますので問い合わせてみるのも良いでしょう。

ls600hの自動車保険、車両保険の節約は可能です。

保険契約の内容によっては長期契約タイプのものと一年更新のタイプがあり、長期契約の場合は途中解約等ができませんが、年々保険金額が安くなったりします。


一年更新にはそのような事はありませんが、一年ごとに見直しをすることができます。様々な特約などを見直すことで保険金額の節約につながるといったことが可能です。


自動車保険、車両保険加入前に保険会社等に相談してみましょう。

違法改造は車両保険も自動車保険も適用外

ls600hの改造車を見つけても購入は良く検討することをお勧めします。明らかな車幅が広がった車やタイヤが車外にはみ出した車等は自動車保険も車両保険も加入は問題ありませんが、事故が発生した際の支払いが行われないケースが多くあります。


保安基準適合の内容であれば問題ありませんが車検非対応の保安基準不適合なカスタムは要注意です。

自動車保険、車両保険の悪用は犯罪です。

中古で購入したls600hの色が気に入らないから色変えしたい・・などと言う理由で、悪戯を装った意図的に車両に傷をつけたり、自動車同士を故意にぶつけたりして自動車保険、車両保険の支払い請求を行うことは不正請求になります。


また、支払いが行われたとしても、後日不正が明らかになった場合は詐欺罪となりますので絶対に自動車保険、車両保険の悪用は止めましょう

ls600hの購入は正規販売店か専門店で。

ls600h自体は特殊な車両ではありませんので、様々な販売店で取り扱いされておりますので良質な車両から粗悪車両まで市場には存在します。


また、専門店でも正規販売店でもない、色々な車を取り扱っているような販売店の場合、ls600hの知識だけでなく、自動車保険、車両保険の事も説明してもらえない事がありますので、正規販売店や専門店での購入が確実です。

ハイブリッド車ならではの電池の問題

ls600hはハイブリッド車でありますので、駆動用の電池が組み込まれておりますが、基本的に経年的な理由の電池交換等は自動車保険も車両保険も適用となりません。


ですが、事故による損傷等の場合は保険適用されます。電池性能自体は向上しておりますので早々の電池劣化などはないと考えて良いでしょう。

自動車保険、車両保険の保証範囲は?

自動車保険は物損、人身等の事故による相手側へ支払われる治療費、修理代等の賠償金や自身の怪我や同乗者の怪我などを保証しますが契約内容によって様々です。


車両保険は、自身の自損事故により相手が居ない場合に支払われる保証で、自宅ガレージの壁などに擦ってしまった等でも適用されます。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!


高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

レクサスLS600hはレクサスにおけるフラッグシップセダンの一台です。排気量が4.6Lの為、税金などの維持費を考慮すると自動車保険。


車両保険の加入は躊躇すると考える方もいらっしゃるかもしれませんが、自身だけではなく、愛車を守るという大きな役割を果たしてくれるのが自動車保険と車両保険ですのでls600hの購入時は自動車保険、車両保険の同時加入をお勧めします

ランキング