車両保険で飛び石による窓ガラス破損の修理をする際に注意したいこと

飛び石による窓ガラス破損は誰しもに起こる可能性がありますが、車両保険を使用して修理する際は注意が必要です。飛び石による窓ガラス破損は等級据え置き事故になり、来年も保険の等級が上がることはありません。修理代によっては車両保険を使用しない方が賢明な場合もあります。

飛び石による窓ガラス破損の修理も車両保険で可能か?

現代は車社会と言われるように、車は一家に一台は当たり前の時代になってきており、公共交通機関があまり発達していない地方に行くと、一家に一台どころか一人に一台ということも珍しくありません。


そんな車を利用している人たちの経験として「事故」で飛び石で窓ガラスが破損してしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そんな人のためにここでは飛び石で窓ガラスが破損してしまったときには車両保険を利用することは可能かを解説していきたい。



飛び石による窓ガラス破損の修理も車両保険で対応することができる!

飛び石による窓ガラス破損の場合には車両保険を利用することは可能で、車両保険で修理対応可能である

飛び石による被害は誰にでも起こりうる事故であり、気を付けていても起きてしまうものであります。


また、窓ガラス破損は大変危険であり、小さな傷でも大きな損害をもたらしてしまう可能性もありますので必ず修理するようにしましょう

窓ガラス破損はどのタイプの車両保険でも補償される

車両保険には一般型車両保険とエコノミー型車両保険の二つに分かれています。

飛び石による車のフロントガラスの修理代は、基本的には一般型車両保険での補償になりますが、飛来中の他物との衝突なのでエコノミー型でも補償されます


飛び石での窓ガラス破損のときには泣き寝入りするのではなく、まずは確認してみましょう。

車両保険を利用する場合、最初に保険会社に連絡することが必要である

まずは保険会社に連絡を取り、修理見積もりを取るのがいいでしょう。

というのも、修理をしてから保険会社にその金額を請求しても補償を受け取ることはできません


飛び石による窓ガラス破損が起こってしまったときには、まずは保険会社に連絡を取ることを最優先に考えよう。

車両保険も利用できるが、自己負担でも修理できる

車両保険を利用して修理をすることは可能になりますが、その場合に等級が下がってしまい次年度の保険料が高くなるというマイナスポイントもあります

そこで、そういったリスクを避けるために自己負担で窓ガラス修理を行うことも認められています。


ただし、石を飛ばした相手に払わせることはなかなか難しいとされていますので車両保険か自己負担かの二択になります。

窓ガラス破損は高額であることを覚えておこう

自己負担で修理をすれば車両保険の等級は下がらず、次年度の保険料も下がるようになりますが飛び石や落下物による窓ガラス破損の修理は高額になります。


ただし、破損の大きさによって金額も変化してきますので、まずは車両保険を利用するにしても自己負担で修理するにしてもどのくらいの金額がかかるか確認してみよう。

飛び石での窓ガラス破損の場合には、等級はどのようになるのでしょうか

事故を起こしたときに車両保険を利用すると等級が次年度に3等級下がり、それによって保険料も高くなります。

しかし、それは対人・対物での事故であったり、車両同士の事故の場合にそのようになります。


では飛び石による窓ガラス破損では、等級はどのようになるのか確認していきましょう。

2012年10月1日以降の契約の場合、飛び石による事故は「1等級ダウン事故」へ変更されている

車両保険の契約が2012年10月1日以降の場合には、等級が1つだけ下がる1等級ダウン事故という形で処理されます。

通常事故を起こしたときには3つ階級を下げることになるが、飛び石や飛来物、落下物による窓ガラスの破損の場合には1つ階級を下げるのみで良いことになっています。

2012年10月1日以前の契約の場合、他に事故がなければ翌年のご契約の等級は現在のご契約と同じ等級を適用する

2012年10月1日以前の契約であれば偶然的に遭遇してしまった事故に対しては車両保険を利用したとしても等級はそのままの形になり、等級据え置き事故が適用になります。

ただし、保険会社によっては保険期間が1年を超える契約の場合は取り扱いが異る場合があるので注意しましょう。

車両保険を利用するか、自己負担で修理するか今後のこともしっかり考えて選択しよう

車両保険を利用すれば間違いなく金額は安く抑えられます

もちろん不慮の事故ですし、こんな大金払いたくないという人も少なくないかもしれません。


しかし、起こってしまった場合には石を飛ばしてしまった相手方を訴えることも厳しく、自分で責任を取らないといけなくなります。


そのときに現在の状況はもちろん、今後の保険のことなど様々なことを考えて車両保険を利用するか、自己負担で修理するかを選ばなくてはいけません


修理代が安かったので、保険をやめて自己負担でということも出来かねるのでしっかりと選択して修理するようにしましょう。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

飛び石による窓ガラス破損が起こってしまったら、まずは修理工場で修理費の見積もりを出して貰いましょう。


そして保険代理店に、車両保険を使用した場合としなかった場合の保険料の差額を尋ねてみると安心です。


車の傷は全て車両保険で賄おうと誰もが考えると思いますし、そのための車両保険です。


けれど修理代と車両保険を使用することで発生する保険料の差額を把握して、賢く車の修理を行う必要があると言えるでしょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング