車両保険の免責金額が10万円はどういう意味?保険料との関係を徹底解説!

車両保険に加入する際、免責金額を5万円や10万円などに設定しますが、いくらしようか迷いますよね。そこで今回は免責金額についてやいくらに設定するべきかについて詳しく解説します。また、保険料との関係や自己負担がいらない場合についても紹介するので是非参考にしてください。

免責金額10万円はどういう意味?万が一のときの自己負担額

事故や飛び石などで車に傷がついた時の修理でかかる費用を補償してくれる車両保険。


万が一の時のために車両保険に加入するという方が多いと思いますが、その際免責金額を設定する場合があります。


免責金額とは自己負担額のことで、修理の際に支払われる保険金はこの免責金額が引かれた金額となります。


免責金額は5万円や10万円など自分で金額を選ぶことができ、もちろん免責なしにも設定できます。設定する免責金額が小さいと万が一の時に支払う事故負担額は少なくなりますが、その分保険料が高くなるのです。


ですから、免責金額を10万円に設定すると万が一の時の自己負担額は多くなりますが、保険料を安くすることができます。


今回は、

  • 免責金額の種類
  • 免責金額はいくらに設定するべきなのか
  • 免責金額を設定していても自己負担がかからない場合
について詳しく解説します。

また、保険料を安くする方法についても紹介しますので、免責金額をいくらにするか迷っている方は是非参考にしてみてください。

車両保険の免責金額が10万円とはどういうこと?

車両保険の免責金額が10万円だった場合、補償として受け取ることのできる保険金はどのようになるのでしょうか?


事故を起こして車の修理費が50万円だった場合を考えてみましょう。免責金額が0の場合は、修理費用の50万円がそのまま車両保険で補償されます。


次は免責金額を10万円に設定していた場合です。免責金額は自己負担金額です。修理費に50万円かかったとしても、そのうちの10万円は自分で支払います。そのため、50万円から10万円を引いた40万円が補償される、ということになります。


10万円も引かれてしまうのなら、免責金額は0の方がいいのでは?と思う方も多いと思います。しかし、免責金額0と10万円では、保険料に大きな差があります。


以下の条件で免責金額だけを変えて見積もりを取り、比較してみましょう。

  • 年齢:30歳
  • 等級:15等級
  • 車種:プリウス
  • 年間走行距離:7,000㎞以下
  • 運転者限定:本人または配偶者限定
  • 年齢限定:30歳以上


見積もりを取った結果が以下の表になります。

免責金額保険料
0円63,720円
10万円54,190円
このように、保険料に9,000円以上差が出ることが分かりました。


これほど保険料に差が出るのならば、免責金額を高めに設定することを検討してみてもいいかもしれません。

車両保険の免責金額には増額方式と定額方式がある

車両保険の免責金額には、2回目の事故の際に金額が増えるタイプと、2回目でも同じ金額になるタイプの2つのタイプがあります。


タイプ別に分けると以下のようになります。

タイプ免責金額(1回目-2回目)
増額タイプ0-10万円
増額タイプ5(車対車免責0特約)-10万円
増額タイプ5-10万円
定額タイプ10-10万円
保険会社によって違いがありますが、定額方式増額方式の2つのタイプに分けられます。

増額方式のメリットとしては、1回目の事故時の負担が少なくて済むことですが、デメリットとして保険料が高くなります。

また、定額方式のメリットは保険料が安く抑えられることですが、デメリットとしては1度めの事故時から負担が大きい、ということになります。


どちらもメリット・デメリットがあるので、免責金額の設定はよく考えてから行うことをおすすめします。

免責金額10万円は高い?車両保険の免責金額はいくらに設定するべき?

事故の修理の際に、10万円を負担するのは厳しいと感じる方も多いと思います。車両保険でカバーしてくれるのなら、10万円の修理費でもカバーしてもらいたいですよね。


しかし、車両保険を利用すると、多くの場合等級が3等級ダウンします。さらに事故有係数3年も付きます。このような状態になると、翌年からの保険料が大幅に高くなることもあります。特に等級が低い場合、3等級もダウンしてしまうと翌年の保険料はかなり高額になってしまいます。


このように、翌年の保険料のことを先に考え、数万円では車両保険は利用しない、大きな事故のときだけ車両保険を使う、とする場合は、免責金額は高めに設定し、保険料を安く抑えるようにするといいのではないでしょうか。


また、事故が心配で免責金額も負担したくない、という場合は、免責金額は低めに設定するようにしましょう。

免責金額を設定していても自己負担がかからない場合がある?

以下の場合、自己負担がかからなくなります。

  • 全損時
  • 相手がいる事故

の場合です。これらの場合、免責金額がなくなるのです。


全損事故の場合は自己負担がかかりません。保険金が全額支払われる、ということになります。


また相手がいる事故の際も、相手からの賠償金が利用できる場合は自己負担がなくなることがあります。


車の事故で相手がいる場合、過失割合というものがあります。相手の過失割合が6割だった場合、修理費が50万円だと6割りである30万円が賠償され、免責金額に充てられます。


残りの修理費20万円は、車両保険で過失分の4割、ちょうど20万円が補償されます。自己負担なく修理ができる、ということになります。


免責金額が設定してある場合でも、このような場合は自己負担がなくなることを覚えておきましょう。

車両保険の保険料を安くする方法は?免責金額は高いほうが良い?

自動車保険に車両保険を付けると、保険料がかなり高くなってしまいます。車両保険の保険料を安く抑える方法は無いのでしょうか?


車両保険の保険料を安く抑えるポイントは、

  • 免責金額
  • エコノミー型
  • ダイレクト型

になります。


先ほども少しご紹介しましたが、免責金額は高く設定することで、保険料は安くなります。


また、車両保険には一般型の他に、補償範囲の狭いエコノミー型があります。補償範囲は狭くなりますが、その分保険料は安くなるので、保険料でお悩みの方は一度検討してみてもいいかもしれません。


自動車保険には代理店型とダイレクト型があります。もし代理店型の自動車保険に加入している場合、ダイレクト型にするだけでかなり保険料が安くなります。


車両保険を付けると保険料は高くなってしまいますが、以上のような方法を使って、車両保険の保険料を安くすることができるので、一度お試しください。

車対車免責ゼロ特約とは?1回目の事故時の自己負担額がゼロに!?

車対車免責0特約は、車対車の事故の場合は免責金額を負担しなくてもいいという特約になります。一般的には免責金額が5-10万円の場合に付帯できる特約です。


特約を利用できる条件としては、

  • 1回目の事故
  • 相手の車が特定されている

などがあります。


では、保険料はどれほど違うのでしょうか。以下の条件で免責金額だけを変えて保険料の比較をしてみましょう。

  • 年齢:30歳 
  • 等級:15等級 
  • 車種:プリウス 
  • 年間走行距離:7,000㎞以下 
  • 運転者限定:本人または配偶者限定 
  • 年齢限定:30歳以上


見積もりを行った結果が以下のようになります。

免責金額保険料
0-10万円63,720円
5-10万円58,660円
5(車対車0)-10万円60,680円
10-10万円54,190円
このように、保険料は0-10万円の免責金額よりも3,000円程安くなっています。

当て逃げや自損事故では使えませんが、車対車免責0特約には保険料を安くし、車対車事故時の負担額も減らせるというメリットがあります。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

いかがでしたか?ここでは車両保険の免責金額10万円について詳しくご説明しました。


ここでご紹介したことは、

  • 免責金額10万円とは車両保険の自己負担金額
  • 車両保険の免責金額には増額・定額方式がある
  • 免責金額の設定は、翌年の保険料のことも考える
  • 全損時などは自己負担がない
  • 保険料は免責金額や車両保険の型によって大きく変わる
  • 車対車免責0特約で自己負担がなくなる場合もある

になります。


免責金額について深く考えたことのある方は少ないと思います。しかし、保険料や修理費用など、いろいろなことに影響があります。保険料のことを考えると高く設定したくなりますが、実際に事故を起こしてしまうと自己負担が多くなってしまいます。


事故を起こした際にいくらまで払えるか、また、翌年の保険料のことも考え、金額を設定するようにしてください。


ほけんROOMでは他にも自動車に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング