事故2回目から免責10万円 車両保険は免責金額に注意しましょう

自分の車の損害を補償するのは車両保険です。車両保険は交通事故で自分の車に損害が出た場合に補償をしてくれます。事故2回目から免責金額10万円です。10万円というのは、修理に10万円以上かかったとしても、10万円は自分が負担しなければならない金額です。

車両保険は免責5万円ならば15万円の損害で10万円支払われます

車両保険には大きく分けて一般車両保険、車対車プラス限定A特約、車対車(エコノミー)の三つの種類があります。


一般車両保険の補償範囲は車との衝突、接触、飛来、落下物、盗難、火災、爆発、台風、洪水、単独事故、当て逃げなど自分が乗っている車に損害が出た場合、補償を行っています。


掛け金が安い車対車プラスA特約

一般車両保険は、車に起こり得る損害原因のほとんどをカバーできるものになっていますが、車対車プラス限定A特約では単独事故と当て逃げという、保険会社にとってリスクが高い損害は、補償を行っていません。


ですから車対車プラスA特約のほうが、保険料が一般車両保険の掛け金よりも安くなっています。

免責金額に注意しましょう

車対車(エコノミー)は車との衝突、接触のみが補償対象になっていますが利用されるケースは少なく、一般車両保険か車対車プラス限定A特約が、一般的になっています。


車両保険を契約するときには、免責金額に注意をしなければなりません。


免責金額は契約者の自己負担分のことで、免責金額が5万円の場合15万円の損害の時は、免責金額を引いた10万円が支払われます。


なお事故2回目からは免責10万円になります。

車両保険の免責金額は事故を2回すると10万円になってしまいます

一般車両保険と車対車プラス限定A特約は、保険料の点でどれぐらいの違いが出るかは、車種や加入条件によって異なってきますが、車両保険の保険料部分で約二倍の差が出てきます。 


たとえ保険料が2倍でも、一般車両保険に加入して保険を使えば元が取れると考えてしまいますが、単独事故や当て逃げの場合に保険を使うと、翌年保険料がアップしてしまいます。

単独事故や当て逃げで一般車両保険を使うと

単独事故や当て逃げの場合に一般車両保険を使うと、ノンフリート等級が三級下がってしまい保険料がアップしてしまいますので、なかなか元が取れるというわけにはいきません。


ただでさえ負担感が大きい一般車両保険の保険料がアップしますので、よほど損害額が大きくなければ保険を使うメッリトがないと、予想されます。

免責金額は事故二回目から10万円に

免責金額の設定においては、同一保険期間内の一回目の事故は5万円、二回目以降は10万円が基本になっています。


二回目以降は免責金額が10万円と倍の金額になってしまいます。


一回目の事故に限り、車対車の事故時に免責金額をゼロにする車対車免責ゼロ特約と、すべての車両事故で免責金額をゼロにする、オールリスク免責ゼロ特約とがあります。

車両保険は10万円の価値の車ならばその価値の保険額の契約しかできません

車が最新鋭で、事故をしたときに相当修理代が高くつきそうで、かつドライバーが運転に不慣れな人の場合であれば、一般車両保険でも大きなメリットがあります。


ただ保険料が高額であるということを忘れないようにしてください。


 一般車両保険を付けるだけの、価値がある車に乗っていれば意味があります。

保険金額は自由に設定できない

車両保険の保険金額(契約する金額)は、好きな金額を設定できるわけではありません。


おおむね車の市場販売価格(時価額)の範囲で設定して、多すぎても少なすぎても契約することはできません。 


設定方法の基本は、協定保険価額と言って契約期間中の間はたとえ時価が下がったとしても、契約した時の金額を支払限度額にしています。

その時の契約金額が支払われます

たとえば自分が乗っている車の時価額が10万円であれば、10万円以上の車両保険の設定金額はできないことになります。


10万円の車にしばらく乗っていて、車の価額が8万円に下がったとして、その時に事故を起こしてしまって車が全損状態になったとしても、契約金額の10万円が支払われることになります。


修理をするのに10万円以上かかることもあります。


10万円を超えた金額はどうすればいいのでしょうか。

協定価額が10万円でそれ以上修理代がかかった時

車が全損状態の時に契約した金額が支払われる車両保険ですが、修理代が契約した金額を超えてしまった場合でも、契約した金額が支払限度になっています。


契約金額が10万円で修理に15万円かかった場合はどうすればいいのでしょうか。


そこで登場してきたのが、修理支払限度額という設定方法になります。


修理しても乗り続けたい人などは、協定保険価額よりも修理支払限度額を高く設定することができます。

修理支払限度額設定のいいところ

たとえば協定補償価額が10万円の車の場合、この車に修理支払限度額を設定して20万円の設定金額にします。


事故を起こしてしまい、修理代に15万円かかったとしますと、修理支払限度額を設定していれば、修理代全額が補償されますが、そうでない場合は10万円しか支払われないことになります。


修理支払限度額を補償価額の10万円より高く設定することで、修理代をカバーすることができます。

修理支払限度額を低くして保険料を安く

逆に車両保険の保険料を少しでも抑えたい人は、修理支払限度額を協定保険価額よりも低く設定することも可能になっています。


低く設定することで、保険料が安くなります。


 ただしこの設定方法は、保険会社によっては取り扱っていないところもありますので、よく調べてから契約するようにしてください。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険は自分の車の損害を補償してくれる、保険です。


免責金額が事故2回目から10万円とか,協定価額とかいろいろな制約がありますが、この保険に入っていれば運転していても、安心感があります。


保険料が割高になりますが、いろいろと保険料を安くしてしまう方法や、特約もありますのでそれを利用して、安心で安全なカーライフを送るようにしてください。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について