車両保険における「免責金」を使いこなす理解をしましょう。

車両保険には、契約するときに知っておくべき内容があります。特に免責を上手に使うことで、車両保険の保険料は下がりますし、等級を下げないための目安としても考えることができます。免責は自分で負担しなければならないものですが、請求の目安にもできます。

車両保険における「免責金額」について徹底解説

自動車保険には、強制保険といわれる「自動車賠償責任保険」と任意に契約をする保険があります。

車両保険は、任意に契約をする保険です。

車両保険には、「保険金額」「車両保険価額」「保険金」「保険料」「免責金」といったお金に関わるお金があります。


「保険金額」「車両保険価額」は、標準的に決定されています。

「保険金」は、事故により、保険会社の査定で変わるものです。

「保険料」は、契約の条件で、保険会社が決定します。

「免責金」は、契約者が自己負担分として決定するものです。


「免責金」について、理解をしましょう。

車両保険において免責金額は重要な項目

車両保険を契約するうえで、免責金額は重要な項目となります。

その理由としては、まず「免責金」を設定することで、保険料の節約ができます。

しかし「免責金」の本質は、車両保険を利用し、事故にあった車両の修理を行う時に「自己負担金」が発生するということです。


事故はいつ発生するかわかりません。


車両保険の請求時に自己負担を受け入れますか?


いつ発生するかわからない車両保険の保険金の請求時に、車両保険の自己負担を発生させないための高い保険料を支払い続けるのか。


あなたが納得する形で、選択する必要があります。



車両保険の免責金額とは

車両保険の免責金について、説明をします。

これまで車両保険の契約をされたことは、聞かれたことがあるかも知れませんが、いくつかの保険用語が出てきます。


「免責0円特約」(メンゼロトクヤク)とか、5万-10万といった略称で話されたりします。


その言葉がどんな意味を持ち、どのように使われるのかを説明していきます。

免責金額とは修理費の自己負担額のこと

まず、免責金額について説明をします。

免責金という言葉のとおり、保険会社が「責任」を「免れる」金額です。車両保険で支払いをするうえで、保険会社はその金額の支払いをしません。

では、その保険会社が「責任」を「免れた」お金は、誰が負担するのでしょうか。

単純です。契約者、被保険者が負担することになります。


ですので、「免責金」については、「自己負担額」と表すことがあります。

車両保険を使って、修理をするには「自己負担額」分を支払わなければなりません。


よく、ここで疑問をもたれるのですが、全損になった場合には免責金が適用されるのでしょうか、という質問です。全損でも免責金があるのであれば、保険金額の意味がないのではないか、ということです。


ご安心ください。

ほとんどの保険会社の約款(契約をしたときに、渡される小さな文字の読みにくい冊子)で、詳細は決められています。

そこには、保険の対象となっている車両が全損となった場合には、免責金が適用されず、車両保険金額を全額支払いされることになります。



免責金額は10-20万円や5-10万円、といったように自分で決められる

免責金は、どのよう設定されるのでしょうか。

保険会社や、自動車の種類によって若干の違いがありますが、ほとんどの車両保険で10-20万円、5-10万円という記載になっています。


10-20万円は、一回目の事故による免責金は10万円、二回目以降は20万円という意味で記載されています。


5-10万円は、一回目の事故による免責金は5万円、二回目以降は10万円という意味で記載されています。


選択するときの、どういった内容ものであるかを理解してください。


免責金額0円のプランも存在する

免責金額が0円になるものもあります。

自動車保険の改定により、免責を0円にする方法も種類ができましたでの、それぞれについて説明します。


ただし、保険会社によってそのプランを使っているかは異なりますので、契約される保険会社に確認する必要がありますので注意してください。


まず、事故の形態により、免責金が0円になるタイプがあります。

事故が車両対車両であり、事故の相手が確認できることを条件に免責人を0円とする特約です。

発赤した事故で、上記の条件を満たす場合について、免責金を0円にするものです。


また、こういった条件の設定はせずに、「どんな事故」であっても、車両保険の一回目の事故については、免責金を0円にするという特約もあります。


保険会社によって、特約の内容が異なりますのでご注意ください。




免責金額は高く設定しておいた方が保険料を節約できる

免責金額は、設定をすることで「保険料」が安くなります。

当然、高い免責金額を設定すれば、「保険料」はさらに安くなります。


保険料を節約できる機会となるのであれば、免責金額を設定することもよいと思えませんか?

一般的に免責金額を高く設定した方が保険料は安くなる

一般的に免責金額を高く設定すると、保険料は安くなります。

理由は、簡単です。

保険会社が「責任」を「免れた」金額が大きいのですから、支払う保険金が小さくなります。

その分、保険料を安くすることができるという理由です。


免責金は基本的にプランとして提供されますので、車両保険の保険料と支払いの内容を考えて設定をしてみましょう。

免責ゼロのプランは一番高額で、必要な人だけでよい

免責セロのプランは、保険料としては一番高額となります。

理由は、免責金を設定したほうが、保険料が安くなることの逆になります。

保険会社は、契約者からの保険金請求から「責任」を「免れる」ことができませんので、支払い負担が増えている状態となります。


したがって、保険料が高くなります。


では、一番高額となる免責金ゼロとなるプランは、どのような人が必要としているのでしょうか。


ひとつには、高級車や外車といった、常に修理費用が「免責金」をこえてしまうような車両保険だと、免責ゼロでもよいでしょう。


もうひとつは、貯蓄等がなく、事故があったときに自己負担となる「免責金」が支払えない人です。

事故があったそのときに、免責金を支払えないのであれば、免責金がないタイプの車両保険にするほうがよいでしょう。


保険料は高くなりますが、一時的に5万円、10万円が支払えないのであれば、「分割払い」としてのイメージで保険料を支払うほうがよいでしょう。

免責金額設定時の目安

免責金額は、どのようなイメージで設定すればよでしょうか。

中には、事故での修理費用はすべて保険で済ませたいと思われる方もいると思います。


免責金を設定することで、保険料が節約できる。

低額の修理費用の場合には、保険ではなく自分で修理費を支払う目安にできる。

「免責金」を設定しても、「免責金」を支払う必要のない事故もある。


などなど、車両保険を契約するためには、知っておくべきことがあります。


絶対にこうしなさい、ということではありませんが、参考になるような解説を加えたいと思います。

まずは契約車両の性能やドライバーの状態を確認

あなたが使っている車両は、どのような車でしょうか。

高性能なスピードのでる車でしょうか。

あなたの運転技術はどうですか?


まず車両が高級車である、あるいは外車であるということであれば、車両保険が必要と考えてもよいでしょう。

なぜなら、保険料も高くなりますが、それ以上に車両の価格が高い。

当然修理費用も高いものとなっているでしょう。

1回の事故でかかる修理費用が高いのであれば、一部を保険に待たせてしまうということも必要です。


あなたの運転技術はどうでしょうか。

運転は得意ですか?


それともサンデードライバーといわれる、休日だけ自動車を運転される方ですか?

運転は好きであっても、技術が伴わなくて事故が発生する可能性もあるでしょう。

事故を起こしてしまう可能性があるのであれば、車両保険を使う可能性が高くなるでしょう。


大きな事故を起こして、経済的に逼迫するよりも、車両保険に頼りましょう。

おすすめは免責金額の高いプラン

車両保険は、非常に保険料が高い契約です。

では、どのような加入の仕方をすればよいのでしょう。


まず、車両保険を加入するのであれば、免責金額の設定を考えましょう。

自己負担は、自分が失敗したことによって支払い罰金、のように考えてもらってもかまいません。


それ以上に、10万円弱の修理費となった場合に、車両保険を請求するのか、という問題があります。

自動車保険のノンフリート等級は、1事故で3等級さがります。

その結果保険料が上昇します。

3年間上昇した保険料の差額が、10万円を超えるようなことも考えられます。

免責金をひとつの目安として、保険料の差額を検討するのもよいでしょう。

そうなれば、免責金は高いプランのほうが明確になります。

また、保険料も安くなりますので。


免責ゼロ特約は保険料が高く、基本的に選ぶ必要はない

免責が0円のプランもありますが、その使い方はどのように考えればよいでしょうか。

免責ゼロ特約は、保険料が上がります。

たしかに、事故による保険金の請求をしても、元から支払いをしてもらえる分経済的には楽でしょう。

しかし、0円で保険金請求ができるということで、必要のない少額の保険金の支払いを請求するかもしれません。


もともと、保険料が高いのです。

事故を起こすかどうかわからない契約期間で、使わない可能性のある自動車保険を契約する必要性を感じられるか、となります。


おそらく、必要ないと判断されるのではないでしょう。



事故によっては免責なしとなるケースも

車両保険ですが、事故によっては免責金が不要となるケースがあります。

どのような場合であれば、免責金が不要となるのでしょうか。


基本的な考え方としては、契約者にも責任がある場合には、過失が発生します。

過失がある場合と、過失が全くない場合で分かれる、と考えていただくとわかり易いと思います。


盗難も含む全損事故の場合

車両保険で免責が必要なくなる「事故」とはどのような事故でしょうか。

ひとつには、盗難事故があります。

盗難された場合には、免責金は不要となります。

考えてみれば当然です。盗難ということは契約者に「過失」が存在しません。

過失が存在していないのに、「免責金」が発生してしまっては、車両保険の存在意義が疑われます。


もうひとつとしては、「全損」の場合には「免責金」が必要なくなります。

よく考えれば当たり前なんです。

保険金額を100万円として契約していた方で、全損事故となった場合に、免責金を引いて95万円という支払いをしてしまったら、契約した保険金額までの支払いができていないとなります。


車両保険の保険金額は、協定したものとなります。

ですので、全損をした場合には「保険金額」をすべて支払う必要があります。ですので免責金は必要がなります。

事故に相手がいて自分に過失がない、もしくは過失割合が少ない場合

事故が発生しても、自分に過失がない、あるいは過失が小さい場合はどのようになるでしょう。

動いている自動車同士の事故は、必ず過失が発生します。

過失がない場合、という事故は「追突」があげられます。

「追突」は、自車が停止中の状態であり、そこに他車が突っ込んできたという事故になります。

このような過失がない事故の場合は、事故の相手から車両の修理費用が全額補償されます。


また、あなたの過失割合が小さい場合はどうでしょう。

相手から車両の修理費用のほとんどを支払ってもらうこととなります。


車両保険に免責金を設定している場合は、自分の過失相殺されると車両保険の請求額が小さくなる、あるいは免責金内で終わってしまう可能性が出てきます。


この場合は、車両保険金の請求をすることはなくなります。

注意!車両保険の頻用はしないほうがよい

車両保険を契約している場合、事故が発生したときには車両保険を使うべきでしょうか。

どのような場合に、車両保険を使って、どのような頻度で車両保険を使うのか。

それを理解しておきましょう。

自己負担分だけで修理ができるからと車両保険の頻用するのは損のもと

まず、車両保険を使うのは、どのような場合でしょうか。

一般条件の車両保険であれば、「車対車」の事故も「自損」の事故も、保険金請求の対象となります。

つまり、相手がなくても保険金の支払い請求ができる保険です。

「自損」事故を起こせば、いくらでも車両保険の保険金を請求することができますが、損をするきっかけになります。なぜ、損をすることとなるのか、を説明します。


車両保険の頻用は等級を下げる原因に

車両保険は、事故の相手がなくても発生する事故による修理費用を補償できます。

相手がいない事故でも保険金請求が可能な保険です。

現在の自動車保険は、ノンフリート等級制度で運営されています。

この制度は、事故を起こしていない方には、割引が進行し、事故を起こした方には保険料の割り増しとなる制度です。


単純にいえば、車両保険の保険金請求を頻繁に行ってしまうと、等級を下げることとなります。

等級が下がると、保険料は割増となっていきます。

等級(ノンフリート等級)とは

現在、自動車保険の制度として運用されているノンフリート等級制度について説明します。

本来ならば、保険は事故が発生する可能性を考えて、保険料を決定させることとなります。

たとえば、自動車保険であれば、その方の運転暦や使用する自動車などを考慮し、一人ずつリスクを考えて保険料を算出する必要があります。

しかし、実際には自動車保険の件数から考えても、そういった保険料の算出は不可能です。

現状としては、ノンフリート等級制度の他にも、フリート制度として、10台以上の自動車を所有・使用する契約者には、支払い保険金と保険料による割増引きを算出しています。


フリート契約は、基本的には企業が使っているものとして考えてください。


契約者一人ひとりに、同様の保険料算出が不可能であり、わかりやすく、しかも簡略的に割増引きを決定するために、ノンフリート等級制度が作られました。


ノンフリート等級制度について、説明します。

スタートは、6等級からスタートします。

1等級からスタートしないのは、等級が上下させることを可能にするためにあります。


スタートを6等級からスタートし、毎年無事故であれば等級が1ずつあがります。

6等級でスタートした契約は、無事故で1年経過し、契約を更新すると7等級となります。

等級が上がると、保険料の割引が進行します。

等級と割引率は、進行すると最高等級の20等級まで上がります。保険料の割引は、60%に到達します。


6等級からスタートして、20等級までですので、最低でも14年間が必要となります。

そして、定価から60%割引という大きな割引となります。

事故を起こし、車両保険を適用すると等級が1、または3下がる

では、事故が発生したときに、等級はどのようにさがるのでしょうか

車両保険による等級の下がり方は、2種類あります。

1等級下がる場合と、3等級下がる場合になります。



ではどのような場合であるかを確認しましょう。


1等級下がる場合

 原因を、


  • 火災・爆発(飛来中・落下中のもの以外の他物との衝突・接触、転覆・墜落によるものを除きます)、
  • 盗難
  • デモ・ストライキ・労働争議に伴う暴力行為意・破壊行為
  • 台風・竜巻・洪水・高潮、落書き
  • 窓ガラス破損(飛来中・落下中のもの以外の他物との衝突・接触、転覆・墜落によるものを除きます)
  • いたずら(ご契約のお車の運行によるもの、他のお車との衝突・接触によるものを除きます)
  • 飛来中・落下中の他物との衝突
  • その他偶然の事故(他物との衝突・接触、転覆・墜落によるものを除きます)

とする、以下のような事故となります。

  1. 車両保険のみに係る事故
  2. 車両保険に係る事故とノーカウント事故の組合せのみの保険事故
  3. 二輪自動車に関する盗難危険補償特約のみに係る事故
  4. 二輪自動車に関する盗難危険補償特約に係る事故とノーカウント事故の組合せのみの保険事故


となります。


等級が下がらない事故

車両保険だけではありませんが、等級が下がらない事故もあります。

  • 人身傷害補償保険(実損払い)
  • 無保険車傷害保険
  • 代車費用補償特約
  • 弁護士費用特約
  • 日常生活賠償責任補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • 車両保険飲むか質事故に関する特約(相手自動車確認条件付)

などがあります。


これ以外の事故に関しては、3等級のダウンとなります。




等級が下がると次回以降支払う保険料が上がる

自動車事故があり、保険金を請求すると等級が下がります。

等級が下がると保険料が上がります。

現在のノンフリート等級制度では、保険料は事故有り係数という仕組みとあわせて、上がる仕組みとなっています。


保険料が上がるイメージとしては、およそ倍になるくらいです。等級が下がっている、そして事故有り係数が付いている期間は、その保険朗が続きます。


等級が上がるだけでなく、事故のあった保険料テーブルに移動する、と考えていただけるとわかり易いと思います。


自己があれば、等級が下がる。等級が下がると保険料が上がる。


これが自動車保険のノンフリート等級制度の基本です。


元の等級に戻すためには1〜3年かかる

前段から説明しておりますが、ノンフリート等級制度では、無事故で契約を更新すると、等級が1等級上がります。

つまり、車両保険を請求したあと、元の等級に戻るまでには、1等級事故であれば、1年が必要ですし、3等級事故であれば3年が必要ということになります。


3年間という時間がかかるのは、一度に割増保険料をかけると支払いができない可能性と、長期的に安全運転を励行していただくための期間となります。


最高の等級である20等級まで進むのに、14年かかりますが、事故が発生することで3年間をロスしてしまいます。


保険料が安くならないだけでなく、


車両保険の保険料を安くするには

自動車保険のうちの車両保険は非常に高額です。

契約をするにしても、経済的な負担が高いものです。


車両保険を安くするには、どのよな方法が考えられるでしょうか。


無事故であれば、ノンフリート等級による割引は進行します。

時間をかければ、保険料は安くなっていきますが、それだけでは車両保険を契約したい、という時に間に合わないかもしれません。


もし、最初から車両保険を安く契約できるのであれば、その方法を活用してもよいとは思いませんか?


ただのように安いとはいえませんが、それでも保険料の負担を減らすことを検討してみましょう。

免責金額の範囲を高めに設定する

まず、車両保険の考え方として、免責金を設定することが考えられます。

前述の通り、保険会社が免責金は「責任」を「免れる」お金となります。保険会社の責任が軽くなることで、保険料が安くできるということになります。


さらに、免責金を範囲を選択することも考えられます。


免責金は、1回目の事故 5万円、2回目以降は10万円というようなタイプがありますが、それ以外のもタイプがあります。


1回目の事故 10万円 2回目以降 20万円といったものです。


どちらが保険料を安くできるか、といえば、免責金が高いほうが安くなることは理解できると思います。


自己負担を高く設定することで、保険料を安くできるのであれば、検討にあたりするのでしょう。


前段でも説明をしていますが、車両保険の保険金請求をする場合に、免責金が不要となる事故があります。


契約者に全く過失がなく、所有していた自動車がなくなってしまう「盗難」という事故です。

この場合は、免責金なしで盗難の保険金を支払ってもらうことができます。


また、「全損」となった場合にも免責金が不要となります。

「全損」とは、車両自体が全く使用不能状態となる「物理的全損」と

、修理費が車両の価値を越えてしまう「経済的全損」があります。


どちらの場合であったも、全損では免責金なしで保険金の支払いができます。



なぜ、全損であれば、免責金が不要となるのか、の理由です。

車両保険を契約する時には、保険金額を設定します。

車両保険意おける保険金額は、車両価額協定といって、契約時にその車両の価値を協定するものとなっています。


ですので、全損時に支払われるべき最大の保険金としては、契約した保険金額となります。

免責金を引いてしまうと、保険金額を保険金として支払いがで来ていない、となります。


全損時に免責金が必要ないのは、上記のような理由となります。





エコノミー型の車両保険を選択する

車両保険を安くする方法には、車両保険のタイプを選択することもできます。

車両保険には、「一般条件」と「車対車+限定A」という、補償範囲の異なるタイプがあります。


「車対車+限定A」の補償範囲は

  • 火災・台風など
  • 落書き・いたずら・窓ガラス破損
  • 盗難
  • 飛来中の物・落下中の物との衝突・接触
  • 車・バイクとの衝突・接触(相手確認済)
  • 車・バイクとの衝突・接触(相手確認不能)いわゆる当て逃げ


となります。


一般条件の補償範囲は、上記の「車対車+限定A」に加えて


  • 自転車・電柱・建物への衝突・接触 
  • 転覆・墜落・転落(単独事故)

となります。


一般条件のほうが補償される範囲が広くなっている分、保険料は高額となります。


保険料を節約するのであれば、補償範囲が狭くなっている「車対車+限定A」を選択する方法もあります。



修理費が低額である場合は、保険を使わずに自腹で修理費を負担する

修理費が低額である場合は、保険を使わずに自分で修理費を負担するということも考えられます。

もともと、「免責金」を設定することで、保険料を安くしています。そして、事故があっても契約者は免責金という「自己負担」を持っています。

修理費が定額である場合、「免責金」ないで修理費が納まる場合もあります。


それ以外のも考えられる「車両保険を使わずに、自費で修理する」がよい場合を説明します。


ノンフリート等級制度について説明をしていますが、事故があり保険金を請求すれば、等級が下がります。等級が下がることは保険料が上がります。


1事故で下がる等級は、1等級、あるいは3等級です。

元の等級に戻るのは、1年あるいは3年となります。


単純に考えれば、3年間保険料が上がっている状態となっています。

もし、保険を使い、請求した保険金が、3年間上がった保険料の差額よりも安かったら損をしたことになりませんか?


3年分の保険料差額>請求した保険金


となる可能性があるということです。


ここまでならば、普通に考えればよいのですが、もう一段深く考えます。


一度事故が発生すると、「3等級」といいましたが、もし、自費で修理した場合には、3年間等級が進行するということになります。


つまり、3年間分の保険料差額ではなく、下がった3年間分と、下がらなかった場合に進む割引が進行する3年間分との差額なります。


車両保険を利用するということは、下がる3年と上がる3年の差額を検討する必要があるということです。



このように考えると、低額の修理費の場合に保険金を請求することは、あまりにももったいないと言えます。



コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(保険スクエアbangに飛びます)

まとめ

自動車保険は色々な種類があります。

その中で車両保険は、契約者の所有する自動車のためにある保険です。

車両保険には、数々の言葉が出てきます。契約関連では


  • 保険金額
  • 車両協定価額
  • 保険料
  • 保険金
  • 車両保険のタイプ
  • 免責金
  • 免責金のタイプ

事故関連では

  • 1等級ダウン事故
  • 3等級ダウン事故
  • ノーカウント事故
  • 全損
  • 盗難

自動車保険に関連したもの

  • ノンフリート等級制度
  • フリート契約

きちんと理解しないと、何を契約すればよいのか、事故のときに保険を使うべきときと不要なときはどんなものかを再度復習します。



まず、車両保険は高額です。

高額であれば、節約する必要があります。

節約するための方法は、2つありました。

車両保険のタイプを選択しましょう。

「一般条件」と「車対車+限定A」では補償範囲に差がありますが、その分保険料は安くなっています。


次に「免責金」を設定を検討しましょう。

免責金は、事故時に自己負担額を設定するものです。

これにより保険料が安くなります。


「免責金」は、低額の事故の保険金請求をしないための目安になります。保険金請求をしないことは、保険契約を継続し、保険料を安く抑え続けるために必要なことです。


保険金請求をしないことは、等級の進行につながります。

現在の自動車保険はノンフリート等級制度にて運営されています。

これにより「保険の割引」が保持されます。


大きな事故であれば、保険を使うことべきですが、小額である場合には、等級が元に戻るまでの3年間、割増となる保険料の差額と、等級が3年間進行したかもしれない保険料の差額をしっかり確認しましょう。


現在の自動車保険は、等級による割増引きだけでなく事故有り等級という、事故があった人用の高い保険料があります。


一度事故で保険金を請求すると、等級による割増引きの変更だけでなく、元々の保険料が高くなるということです。


等級の進行には時間がかかります。

保険金の請求は、慎重に行いましょう。

  • ランキング