当て逃げでも車両保険は使える!保障内容を解説しましょう!

スーパーなどに止めていた車にいつの間にか傷をつけられた、当て逃げされてしまっていた、このような経験を見聞きしたことが一度はあるのではないでしょうか。今回は当て逃げで車両保険を使えるのかどうか、車両保険を使った場合の等級ダウンも含め詳しく解説していきます。

当て逃げで車両保険は利用できるのか

当て逃げでも車両保険を使うことができます。

例えばスーパーでの買い物の帰り、車に乗ろうと思ったらドアに傷がついている!という話を一度は見聞きした、または経験したという方も多いと思います。


今の時代、傷が付いた箇所を修理するよりも、まるごと部品交換した方が安い場合が多いです。


とはいえ部品代は安いものではありません。



そんな時に役に立つのが車両保険なのです。



当て逃げに適応できる車両保険の種類

まず、車両保険は以下の2つのタイプに分かれています。
  1. 一般タイプ
  2. エコノミータイプ

上記2つの内容を詳しく説明していきます。


①一般タイプ

一般タイプとは自損事故、当て逃げ、転覆、墜落、車対車、火災爆発、盗難、台風、洪水、窓ガラス破損、いたずら、物の飛来と落下により所有車両が故障した場合に補償金がおります。


ダイレクト型保険ではフルカバータイプとも呼ばれています。


補償範囲が広いことから、おすすめされるタイプです。


②エコノミータイプ

エコノミータイプとは①の一般タイプより補償範囲が狭くなります。


自動車同士の衝突、火災や爆発、盗難などは補償対象となりますが、自損事故、当て逃げ、転覆、墜落により所有車両が故障しても補償金はおりません。


このように、同じ車両保険でも一般タイプでは当て逃げも自損事故も補償されますが、エコノミータイプでは補償内容が異なります。


車両保険をかける時はよく内容を確認しておくことが必要です。


もちろん、上記2つのタイプではそれぞれ月々の保険料も異なります。


また、地震、噴火、津波は一般タイプでもエコノミータイプでは補償対象外となりますので気をつけてください。

エコノミーは加害者の特定が必要=実質不可能

一般タイプであれば、当て逃げされても車両保険を使うことができます。

逆にエコノミータイプでは、当て逃げだと車両保険は補償外となることも述べました。


しかし、実は相手を特定できればエコノミータイプでも車両保険を使って所有車両を直すことができます。


本来ならばエコノミータイプの場合、当て逃げは補償対象外です。


ですが相手を特定でき、尚且つ相手が過失を認めてくれれば直すことが可能です。

当て逃げされた時に取るべき行動

 では実際、当て逃げに遭ってしまった場合にはどうすれば良いのかを説明していきます。 
  1. 当て逃げだとわかったらまずは警察に連絡をいれる
  2. 被害届を出す(これが一番重要です)
  3. 相手が不明であっても警察へは被害報告をする
  4. 車両保険の保険会社に事故の報告をする

当て逃げで一番多いのは、スーパーの駐車場、コンビニの駐車場です。


たくさんの人が集まる場所ですので、そういった事故が起きやすいとも言えます。


警察に被害届を出しておけば相手が見つかる可能性が上がりますので、自分が被害者であっても加害者であってもすぐに警察へ報告しておきましょう。


また、警察への報告が済んだら、自身の車両保険が当て逃げに対して補償対象かの確認などを保険会社にしておきましょう。



当て逃げで車両保険を適用すると3等級ダウン

当て逃げで車両保険を使うと、等級は3等級ダウンしてしまいます。

なぜ3等級もダウンしてしまうのか、気になるところですよね。

まずは等級ダウン事故について述べていきます。


事故を起こした、もしくは起こされた際に車両保険を使った場合、3等級下がる事故と1等級下がる事故があります。


3等級ダウン事故

相手ありの事故、当て逃げ、追突事故、火災爆発事故などが3等級ダウン事故扱いとなります。


1等級ダウン事故

飛び石によるガラスの破損、いたずらによる傷、飛来物による車両の傷や凹みの場合は1等級ダウン事故となります。

3等級もダウンするのは自損事故との区別のため

当て逃げとは自分には責任がなく車を傷つけられることですが、相手が不明であることから、保険会社も自損事故との区別が判断できません。

このことから、理不尽ではありますが「当て逃げ」も3等級ダウンするようになっています。



当て逃げは車両無過失事故特約の補償範囲外

車両保険の特約で、車両無過失事故特約というものをご存知でしょうか?


車両無過失事故特約とは、もらい事故などで車両保険を使っても等級が下がらない特約のことです。


ここである事例を用いて説明しましょう。


Aさんは信号待ちをしていると、突然後ろから衝撃が走りました。


見ると後方から別の車が自分の車に追突していました。


ですが相手は自動車保険に加入していませんでしたが、Aさんは車両無過失事故特約がついていたため、等級を下げることなく車を直すことができました。 


このような100対0の事故で、自分自身に過失が無いときに車両無過失事故特約が適用になります。


等級を下げることなく車両保険を使うことができるので、ありがたいですね。


しかし、残念ながら当て逃げは車両無過失事故特約の補償範囲外となりますので、等級は必ず下がります。


また、当て逃げはこの車両無過失事故特約ではカバーできませんのでよく覚えておきましょう。

3等級ダウンしてまで車両保険を適用するべきか

当て逃げにより自身の車両保険を使う場合、等級が3等級もダウンしてしまうのはご理解いただいたと思いますが、そこで、3等級もダウンしてまで車両保険を適用するべきかどうか悩みますよね。

当て逃げに遭った後、警察への届出も終わり、保険会社へ報告する際にはまず傷ついた車両の修理について考えますよね。


その時、少し落ち着いて考えてみましょう。


車両保険の階級が3等級もダウンするということは、その分これから支払う保険料が割高になるということです。


それでは、どれくらい保険料が増額されることになるか見ていきましょう。


等級が下がった後の保険料の増額を計算

車両保険を使い、3等級ダウンすると月々の保険料も大きく変わってきます。


そこで、6等級の人と20等級の人ではどのくらい金額に差があるのかを見ていきましょう。


6等級の人が3等級ダウン事故を起こした場合、次の更新日から3等級からのスタートとなります。


細かく言うと、3等級事故あり係数3となります。


6等級では、車両保険料に19%の割引がついています。


例えば年間100,000円の保険料だとしたら、19,000円引きの81,000円が支払い総額となります。


しかしこれが3等級事故あり係数3となると、なんと保険料は12%の割増となります。


100,000円の保険料が112,000円の支払い総額となり、保険料額が増えてしまいます。


また20等級の人には、保険料に63%の割引がつきます。


6等級と同じく保険料が100,000円とすると、63,000円引きの37,000円が支払い総額となります。


20等級が3等級ダウンすると17等級事故あり係数3となり、保険料は38%の割引まで落ちてしまいます


100,000円の38%の割引は38,000円引きで、支払い総額は62,000円となります。


このように、当て逃げにより車両保険を使った場合、年間の車両保険料は大きく変動しますので、車両保険を使う場合には3等級ダウンした場合の保険料を算出して保険を使うかどうか検討しましょう。

増額が多い場合は車両保険を乗り換え

車両保険とは、等級によって保険料の割引率が異なってきます。

自分に責任のない当て逃げにより等級がダウンしても、関係なく保険料の割引率は下がってしまいます。


このことにより、支払う保険料が一気に増額された場合、車両保険の乗り換えを検討するのも一つの手です。


もちろん、各保険会社は乗り換え前のあなたの現在の等級や事故歴などを調べ、それに基づき等級がそのまま、または等級を下げられて契約することになります。


こう聞くと車両保険の乗り換えは不利に聞こえますが、保険会社によって保険料は異なりますので、現在よりも等級が下げられても保険料が割安の場合もあります。


乗り換えを検討する際には、いくつかの保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。


また、現在加入している保険の契約期間中に他社へ乗り換える場合、注意しておきたい点がいくつかあります。

  1. 加入中の保険に解約返戻金がある場合、契約期間の途中で解約した場合の返戻金額を確認してきましょう。場合によっては他社へ乗り換えず、契約を続けた方がお得になる場合もありますので、解約のタイミングをきちんと見定めましょう。
  2. 保険の乗り換えにより、保険の空白期間(補償されない期間)が生まれる可能性がありますので注意が必要です。この空白期間にはもちろん事故等が起きても補償されません。
  3. 保険の空白期間についてお話ししましたが、その逆の保険の重複加入にも注意が必要です。解約前に新しい保険の契約期間が開始され、その重複期間に事故等が起きた場合、一つの保険でしか補償は受けられません。保険料を二重で払うことになるので、新たに契約する際には契約日をきちんと確認しましょう。

このように、保険の乗り換え時には契約期間などの確認を忘れないようにしましょう。

参考:当て逃げの加害者は対物賠償責任保険を利用できる

万が一、自分自身が加害者になった場合はどうすれば良いのか、相手への補償はどうなるのか気になるところですよね。

当て逃げの加害者になってしまった場合は、対物賠償責任保険を利用して相手の車を直すことができます。


対物賠償責任保険とは、対物に対して利用できる保険となります。


車対車の事故やコンビニへ突っ込んでしまった時などに利用できます。


ここで、当て逃げをしてしまったBさんの事案をご紹介します。


Bさんはスーパーの駐車場に車を止めた際に、隣の車のフロントバンパーをこすってしまいました。


慌てて車を降りると、傷は目立つ程ではなかったので足早にその場を去りました。


しかし、後悔の念に駆られ、後日改めて出頭することにしました。


このように当て逃げをしてしまい、いったん逃げてしまうと、後々罰金だけでなく当て逃げした車に実は人が乗っていてぶつかった衝撃で死んでいた、なんてことになりますと、ひき逃げと同様の罪に問われることもあります。


もちろん、車両保険の継続もできなくなる可能性もでてきます。


よく対物対人無制限への加入がおすすめと言われるのは、相手の車やコンビ二へ突っ込んでしまった時の賠償金は計り知れないからです。


ですので、できる限り対人対物は無制限でかけておくことをおすすめします。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

無料自動車保険一括見積もり
▼あなたの車のメーカーをお選びください ヘルプ
Powered by 保険スクエアbang!

まとめ

いかがでしょうか?

車をお持ちの方にはいつか起こりうる当て逃げ、もしも被害に遭った場合には、警察への届出、保険会社への報告など落ち着いて対処しましょう。


また、自分が加害者となる可能性もある事故でもありますので、車両保険へ加入する時には補償内容をきちんと確認し、さまざまな事故に対応できるようにしておきましょう。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について