閲覧必見!子どもの教育資金を準備する学資保険の仕組みとは?

任意によって強制的に将来の教育資金を貯金させる学資保険ですがその仕組みについて不安を感じられている方も多いのではないでしょうか。保険を知るには言葉の意味や保険の仕組を知らなければなりません。まずは学資保険の仕組みを知って加入の前準備をしていただければ幸いです

学資保険とは子どもの教育資金を強制的に貯蓄する方法

まず簡単に学資保険は満期金および祝い金等の定期的支出のために保険料を運用し予定利率を乗じた額を加入者に返戻する貯蓄機能がメインとなる保険です。いわゆる教育資金としてこの学資保険の貯蓄機能の仕組みを利用するでしょう。

この仕組みは堅実に運用がされ、ほぼ確実に加入者へ返戻されるように工夫されている仕組みです。


また、加入者や被保険者にたいしてはケガや病気による災難にあわっれた場合に備えた保険機能も仕組みの中に取り入れられています。こちらの機能はサブとなるため全体の仕組みの中に取り組まれているように機能しています。


こうした二つの機能を併せ持つ仕組みから学資保険というものは保障機能を持った貯蓄保険であると言えます。この2つの機能を持った仕組みだからこそ現在の学資保険に安心感を持たせることができています。



学資保険の給付金の仕組み

学資保険の仕組みには二つの機能がついていることはお分かりいただけたかと思います。二つの機能は使い分けるというよりも常時稼働していると考えた方が良いでしょう。

保障機能に関しては365日24時間いつでもその機能が使えなければなりません。親が過労で倒れたり、子どもが病気になるのは事前に何らかの予防策練ることが可能ですが、交通事故や流行病などは個人で防ぎようもなくいつ発生するかも分かりません。保障機能ではこのような事態にできるだけ寄り添う形で発揮できなければ意味がありません。


一方、貯蓄機能という学資保険のメインとなる機能に関してはその仕組み上必要な時に引き出せるようにしなければなりません。定期預金のように一定期間は引き出せないため運用益をプラスした額を加入者に対して支払うわけですが、この資金が教育資金としていらないときに引き出せても学資保険の役割を果たすことにはなりません


そのため学資保険ではあらかじめ加入者が欲しいときに保険金を引き出せるような仕組みになっているものがほとんどです。中にはある一定期間は引き出せないものもありますのでご注意ください。

その仕組みとしては二通りのパターンがあります。

必要なタイミングで小分けにして受け取る

学資保険には小分けにして満期金を受け取る祝い金制度があります。勘違いされている方もいるかと思いますので、満期金と祝い金の出どころは同一であり、祝い金を使った分だけ満期金の額は減ります。要は契約上貰える金額は300万円だとしたら祝い金を満期になる前に50万円貰うことで満期金の額は250万円に下がるということです。

この点に気をつけて必要なタイミングで満期金を小分けにして受け取るパターンがあります。例えば、先ほど同じく満期金が30万円であれば小学校と中学校の入学時に20万円づつ、高校入学時には30万円、そして大学進学時には残りの230万円を受け取ることができます。


この金額の分け方は実に様々で幼稚園に入園されたときにも祝い金として受け取る方もいますし、大学進学後には毎年40万円程度引き落とす方もいます。これは加入者の方がどのように資金を使っていくかという問題ですので非常に自由な選択ができるようになっています。

満期時に全額受けとる

もう一つのパターンとしては祝い金は一切なく、学資保険の満期金を満期時つまり18歳になった時点などで一括に受け取るというパターンです。学資保険の仕組み上このパターンが一番シンプルであり保険会社としても余計な支出をせずに済むため嬉しいパターンです。

満期時に全額を受け取る場合は税制上の仕組みから多額の課税対象になりかねません。そのため受け取り時には注意しなければなりません。またそれぞれの時期に必要な資金というものがありますので、それでも一括で受け取りたいと考える場合は満期時に一括で受け取るようにしましょう。


また、学資保険の満期は個別に設定できますので詳しくはその学資保険の契約内容をご確認ください。

学資保険の返戻率の仕組み【図解】

返戻率とは

学資保険を運用していく上でとても重要な数値に返戻率があります。この返戻率を確認することでその学資保険がどれだけお得なのかということが分かります。

また学資保険は一般的に固定金利の仕組みを採っておりほぼ返戻率が変動することはありません。その仕組みゆえに学資保険の満期金というものは安定して用意できると言われています。


一般的に学資保険の返戻率は105%から117%程度です。これは学資保険の安定性を重視した仕組みから低金利によって変動が少ないようにしているという理由があります。もし高金利で固定してしまうと経済情勢によっては多額の負債を抱えることになり満期金を用意することが困難になってしまうためです。

返戻率の仕組みと計算方法

返戻率というのはそれ単体で発生しているような独立したものではありません。そのため最初からO%で運用しますということは断定できません。それは返戻率自体が支払い保険料と実際の満期金総額によって算出されるためです。

返戻率の計算方法は


  • 満期金総額÷保険料総額×100

です。最後の100は単に百分率へと直す倍率ですので無視しても構いません。この計算式によると単純なこととして満期金額が保険料よりも安くなれば100%を下回るということが分かります。


返戻率が100%を下回るということはすなわち元本割れを引き起こしているということです


例えば満期金額が300万円、保険料総額が250万円ならば返戻率は120%になり、逆に満期金額が250万円なのに保険料総額が300万円ならば返戻率は83%となります。

つまり、返戻率が100%を切ると元本割れを引き起こしており貯蓄機能として劣っていると言ことになります。

保険料払込免除の仕組み

保険料払込特約とは

学資保険には保険料払込特約というものがあります。これは規定の水準を満たした方に対してはそれ以降の保険料を免除するというものです。これは契約を解約するということではなく単に保険料が無償になるというもので、ほとんどの学資保険では自動的に付加されている特約です。

主な条件としては


  • 死亡した時 
  • 所定の高度障害状態に該当した時 
  • ガン、急性心筋梗塞、脳卒中により所定の状態に該当した時 
  • 保険会社所定の要介護状態になり、180日以上その状態が継続した時 
  • 公的介護保険制度により要介護3以上に該当した時 
  • 所定の身体障害状態に該当した時
  • 所定の疾病障害状態に該当した時

があります。この条件には各保険会社によって若干の差が出ます。


保険会社は学資保険でどうやって利益をあげているのか?

保険会社は主に「死差益」「利差益」「費差益」の3つの差から利益を獲得しています。これは学資保険の運用に関しても例外ではありません。

予定していた死亡率と実際との差、予定利率と実際利率との差、予定していた費用と実際との差という3つの差に関して死亡率に関しては学資保険への影響は低いですが残りの二つの差は大きな利益をもたらします。


学資保険の利率はほとんどが固定金利ですので契約時から少しでも景気が良ければその分だけ利益が出ます。また保険料には保険会社の事業費や一時金の支出に関しても含まれており、これらが予定よりも抑えられればその分の利益を計上できます。

まとめ

学資保険は加入するときではなく受け取るときのシミュレーションをしてその中身を検討しなければなりません。どんな時にどのくらい雄資金が必要なのかをしっかりと考えておきましょう。

また、学資保険の仕組みから不利益を被ることもありますので、とりわけ返戻率と経済状況に関してはよく見ておきましょう。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう