学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!

子どもが生まれたら子どもの将来を考えて学資保険が気になる人も多いと思いますが、学資保険の選び方がわからない人も多いと思います。そこで、学資保険の選び方を徹底調査しました。これを読めば学資保険の目的や意味がわかります。教育資金確保の為にも学資保険を考えてみよう

学資保険の選び方を徹底解説



子どもに恵まれたなら、考えなければならないのが学資保険。

学資保険とは、保障の内容は一般的な生命保険と大差はなく、毎月の保険料を納めていきます。


一般的な生命保険と考え方が違うところが、子供の教育資金の確保を目的としたところです。

祝い金や満期返戻金を子どもの年齢に合わせて設定し、教育資金を捻出するという目的があります。


子どもを保障しながらお金を貯めることの出来る学資保険。

いざ、加入しようと考えても、学資保険の選び方には”満期の時期の設定””子どもの年齢の設定””月々の保険料の設定”と考えなければならないことは山ほどありますし、各生命保険会社から様々な学資保険が販売されています。


それでは、学資保険加入の選び方を、徹底解説していきます。


学資保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「学資保険について1から知りたい!」「学資保険って実際は必要なの?」


子供の教育費のための貯蓄型の保険である学資保険。子供の入学時や進学時に満期金などを受け取ることができます。


しかし、学資保険の返戻率などの不安があるという人が多いのではありませんか?


また、子供の入院特約や払込免除などについての疑問がある人もいるかもしれません。


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです!電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



学資保険に加入する目的をはっきりさせる

学資保険は、はっきりとしたメリットはありません

払い込む金額に少し上乗せして満期金を受け取ることはできますが、途中解約をすることによって返戻率は大幅に下がることから、すぐに現金として使えない、突然必要なときに使えない、というデメリットもあるのも事実です。

だからこそ、入るにあたって「目的」をはっきりさせる必要があるのです。


大学の入学時の不安を解消させたいのか、小学校・中学校・高校・大学など節目節目の支出の足しにしたいのか、社会人になるときに子どもに渡したいのか・・・など、それぞれの家庭によって、また経済状況によって思いがあることと思います。


目的がしっかりしていないままでは、きちんと納得できる学資保険を契約することは難しいでしょう。まずは、長い目で見て「何が必要なのか」を話し合い、客観的に分析しましょう。

貯蓄性と払い込み免除特約が最大の目的

学資保険は、「貯蓄」できることが大きな売りです。

無駄遣いしてしまう人や、あればあるだけ贅沢をしてしまう人にとっては、強制的に月々貯金ができるシステムとなり、満期を迎えたときには大きな達成感に包まれることでしょう。


では、貯金が得意な人は必要ないでしょうか。


答えは、「そうでもありません」。


確かに貯金が得意な人は入る必要はあまりないのですが、学資保険で大きな特徴となるのが「契約者に万が一があれば、それ以降の保険料の支払いは必要なく受け取り金額は保険料を支払ったものとして受け取ることができる」というもの。


これは自己流で貯金する場合と大きな違いがでてきますよね。

保障型と貯蓄型の2タイプの選び方

貯蓄型のメリット・デメリット

まずは、貯蓄型のメリットは、商品によっては貯蓄率の良さにあります。払込金額よりも多くお金が返ってくる場合もあるというところです。


ある保険会社の学資保険のシュミレーションを使用した場合、

子どもが0歳

契約者が父親で30歳

保険料の払込が子供が18歳に払込が終了

満期返戻金の設定を200万円


上記の契約内容で設定したところ、月々の保険料は8,392円になり、払込保険料は1,812,672円になります。

満期返戻金は200万円なので、返戻率はなんと約110.3%になります。

銀行に預けてもこのように大きな利率つくことはありません。


しかも、月々、強制的に保険料は口座から引き落とされるので、貯蓄が苦手な人も続けて貯蓄することができます。

しかし、逆を返せば、デメリットにもなってきます。


まず、月々8,392円を18年間拘束されることになります。

18年間払い続けるとなると、18年で生活が変わることも予想されます。


さらに、18年間払い続けなければならない上に、そのお金を自由に引き出すことはできません

貯蓄型の生命保険はどれも一緒ですが、途中で解約することが損をしてしまうからです。


貯蓄型の学資保険を契約する場合、確実に支払うことができる金額に設定したほうが良いでしょう。

もう一つのデメリットは、金利が固定式ならば元本は保証される場合がありますが、金利が変動式ならば景気の状況に左右されやすく最悪の場合、元本割れをするかもしれません。


保障型のメリット・デメリット

次に保障型の学資保険のメリットですが、保障型はその名の通り保障が充実しています。


もちろん、貯蓄には優れていませんが、子どもの病気や怪我への保障も優れており、さらに、育英年金という、保険契約者が亡くなった場合保険満了期間まで育英年金が給付されるなど、保障が手厚い保険となっています。


そして、貯蓄型と保障型の共通のメリットは、契約者に万が一(死亡もしくは規約にある高度障害になった場合)それ以降の保険料が免除になった上に、満期返戻金や祝い金を受け取ることができます。やはり学資保険の一番のメリットはここになります。


特約の選び方:最低限に留める

学資保険には子どもの医療保険の特約が様々あります。学資保険の選び方を左右します。

医療特約を一つ一つ見ていきましょう。まずは

育英年金特約

こちらも上記に述べたように、契約者が亡くなったり規約の高度障害になった場合、保険料が免除になった上に、育英年金と言って、契約した期間、契約した金額を受け取ることができる特約となります。


一見、助かる特約のように見えますが、契約者が生命保険に加入している場合、契約者が亡くなれば生命保険が受け取ることができるので、本当に必要かどうか疑問です。必要ないのではという意見も多いです。


医療保険特約

子どもが入院・手術をした場合、入院給付金・手術給付金を受け取ることのできる特約になります。


傷害特約

事故で死亡した場合に保険金を受け取ることができます。さらに事故で高度障害になった場合も傷害給与金を受け取ることができます。


災害特約

事故により障害を受けた場合に保険金を受け取ることができます。注意していただきたいのは、事故による障害ではない場合、保険金は受け取ることはできません。


以上のような特約がありますが、付ける付けないの選択肢で言うと、自治体で違いますが、子どもの治療費には自治体の補助があることが多いです。特約を付ける必要はないと判断します。


返戻率の高いものを選ぶ

学資保険には、たくさんの商品があります。選び方はどうなのでしょうか。

大手保険会社が売り出すものだけでもたくさんの種類があり、なにを選べばいいか迷ってしまうのが実際です。保険として保障される内容は、とくに違いはありません。


簡潔に言えば、「毎月いくらはらうのか」、そして、満期のときに「いくら受け取ることができるのか」です。


そして、それらは金額が大きくなればなるほど、返戻率が高くなるでしょう。

一番たいせつな選び方は、「返戻率」がたかいものを選ぶ、ということです。返戻率が高いほど、学資保険のメリットを大きく受けることができる選び方なのです。

教育プランと照らし合わせる

また、選び方を考えるときには、教育プランも大切です。


小さい頃から私立の教育機関にいれたい、というプランのお持ちの方は、学資保険は低額のものを選ぶのが良いでしょう。


毎月の支払いが、私立の学校は大変です。

また、受験等がなければ節目節目の出費もその分落ち着いているでしょう。


それでも毎月の支払いに余裕がある、そんな経済状況の方は是非ちがった方法で資産を増やしましょう。


逆に、公立に行かせたい、という方は、大学入学のときの保障が充実しているプランにしましょう。今は、私立大学に進学する子どもがとても多いです。


でも、そのときにかかる費用は到底一時的なまかないでは追いつきません。


このように、教育プランはざっくりでも、なにか「希望」があればそれは学資保険の選び方の大きなポイントになるでしょう。

満期時期は大学進学前に設定

満期金を貰うタイミングはそれぞれの考え方と生活のスタイルが関係してくるでしょう。

まず、満期金の受取方法として二つのパターンがあります。


まず一つ目は、最終的に満期になった時に受け取る方法です。この場合、受け取るタイミングは子供が18歳、大学進学に合わせて受けとる方が多いでしょう。




満期保険金の目安

満期の時に受け取れる金額は、平均して200万円程度が多いでしょう。

しかし、200万円では実は全く足りません。大学は、公立でも私立でも、安くて400万円程度かかると言われています。


もし薬学部や理系学部を選べばその倍に、また親元を離れて暮らすならば毎月6万円は追加でかかり、1年で72万円、4年間で300万円は必要です。


入学金や教科書代、交通費、その他体操服などの雑費もかかりますから、学資保険だけてまかなえることはないと考え、もしも現在の経済状況が余裕なのであれば高いに越したことはありません。

学資保険の保険料の設定と払い込み期間

学資保険の選び方を判断する時、様々な項目があります。

その中でも、保険料とその支払い期間に関する選び方に関係する項目を考えてみました。



払い込みは早く済む方が返戻率が上がってお得

保険料の払込を何歳までにと選び方で迷う方は多いと思います。

保険料は早く支払い終えたほうが条件は良いです。

上記で述べました保険会社の例をもう一度見てみましょう。


子どもが0歳契約者が父親で30歳 

保険料の払込が子供が18歳に払込が終了 

満期返戻金の設定を200万円 

上記の契約内容で設定したところ、月々の保険料は8,392円になり、払込保険料は1,812,672円になります。


では、払込終了を10歳までとしたらどうでしょうか。

月々の保険料は14,368円となります。


しかし、払込総額は1,724,160円となり18歳払込終了と比べると88,512円割安になります。返戻金で言うと約115.9%と18歳払込終了より5%ほどお得になります。


出来るだけ早く払込が終了したほうが良いのですが、やはり気になるのは月々の保険料です。

学資保険の選び方で必ず考えなければならないのは月々の保険料がいくらぐらいになってくるかというところです。


月々の保険料は経済状況とのバランス

月々の保険料は、安いほど楽ですが、今きつくても頑張れば将来が楽です。

一度きちんと毎月の経済状況を見直して、ちょうどいい保険料が分かれば、とても安心できる学資保険の選び方といえるでしょう。

いつ加入するべきか

結論から申し上げますと、学資保険の加入は早ければ早いほど条件が良くなります。

子どもが0歳からお金を積み立てるのと5歳から積み立てると考えると積み立ての期間が長い方がお金が貯まりますし、負担が少ない事は安易に解ります。


学資保険は出産前から加入できます。その時期は出産140日前からになります。


出産前に加入するのは早いのではと思う方も多いと思いますが、学資保険に加入した時から保障が始まります。


もし出産前に契約者が死亡もしくは高度障害になった場合、以降の保険料は免除されますので、学資保険の加入を考えている方は、妊娠の事実を知った時に学資保険を考えたほうが良いでしょう。


まとめ

いかがでしたか?

学資保険の選び方には、多くのポイントがありました。どんな保険がいいのかは、100人いれば100通りありますよね。


それぞれの家庭の経済状況や希望する教育プランなどの「目的」をふまえて、返戻率や払い込み期間、満期金の金額を設定することが大切であることが分かっていただければ嬉しいです。


お子さんが将来、やりたいことを見つけてその道に思い切って突き進んでいけるよう、学資保険の役割を100%活かせる保険選びができるといいですね。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう