学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

郵便局(かんぽ生命)の学資保険は元本割れでも加入すべきか!?

郵便局(かんぽ生命)の学資保険は、現状では元本割れしています。学資保険は、子どもの教育資金を積み立てるための保険のため、返戻率が高く、元本割れしていないものを選ぶべきです。この記事では、郵便局(かんぽ生命)の学資保険に加入すべきかどうかを検討します。

元本割れしている郵便局(かんぽ生命)の学資保険


郵便局(かんぽ生命)の学資保険は、郵政民営化に伴い、設立された株式会社かんぽ生命保険が取扱いを始めた保険です。


民営化されたとはいえ、学資保険を取り扱っている郵便局の信頼は厚く、保障が手厚かったことから、取扱いを始めた当初は、ずっとシェア1位を誇っていました。 


しかし、返戻率の高さを重視した他の保険会社の台頭により、郵便局(かんぽ生命)の学資保険の人気は低下していくことになります。

単純に郵便局なら安心という選び方も現在ではできなくなってしまっている状況があります。

※学資保険を検討中の方には、学資保険の無料相談がおすすめです。

学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】

そもそも学資保険の返戻金が元本割れする状態とは?

元本割れとは、トータルで支払った保険料よりも少ない満期金しか受け取れない状態のことを言います。

元本割れしている場合、返戻率(利回り)は100パーセントを下回っている状態となりますが、詳細については、後ほどご説明します。  

2016年の保険料改定でゆうちょの学資保険が元本割れに

郵便局(かんぽ生命)の学資保険のこのような状況を打開するため、郵便局(かんぽ生命)の学資保険は、2014年4月に刷新され、「はじめのかんぽ」という名称となり、生まれ変わりました。 

新たに生まれ変わった郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」の特徴は、ライフプランに応じた3つのコースから選べるようになったことと、返戻率が上がったという点です。

ここでは、その3つのコースをご紹介します。
  1. 「大学入学時」学資金準備コース
    大学入学時に学資金として、満期保険金を受け取れるコースです。
  2. 「小・中・高+大学入学時」学資金準備コース
    大学入学時に学資金として満期保険金が受け取れるだけでなく、小学校・中学校・高校の入学時にも「学資祝金」を受け取ることができるコースです。 
  3. 「大学入学時+在学中」学資金準備コース
    大学入学時を含め、大学在学中は毎年(計4回)、「学資祝金」を受け取ることができるコースです。 
以上のようにリニューアルされた結果、改善された郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」でしたが、2016年8月に行われた保険料改定によって、元本割れを引き起こし、2017年4月の保険料改定では、返戻率が更に下がってしまいました。  

Sponsored Link

コース別の郵便局(かんぽ生命)の学資保険の返還率と保険料

郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」の返戻率と保険料を、コース別にまとめると次のようになります。 

※ 3コースとも、親・30歳男性、子ども・0歳女子、基準保険金額を200万円とした場合です。

①「大学入学時」学資金準備コース
  • 【返戻率】:約94.7%
  • 【月額保険料】:9,760円
  • 基準保険金額:200万円
  • 満期保険金:200万円
  • 【払込保険料総額】:211万円(9,760円 × 12月 × 18年)
  • 満期までの受取総額:200万円

②「小・中・高+大学入学時」学資金準備コース
  • 【返戻率】:約94.5%
  • 【月額保険料】:12,740円
  • 基準保険金額:200万円
  • 満期保険金:200万円
  • 【払込保険料総額】:275万円(12,740円 × 12月 × 18年)
  • 満期までの受取総額:260万円
    【学資祝金】小学校入学時:10万円、中学校入学時:20万円、高校入学時30万円
    【満期保険金】大学入学時:200万円

③「大学入学時+在学中」学資金準備コース
  • 【返戻率】:約95.2%
  • 【月額保険料】:9,700円
  • 基準保険金額:200万円
  • 満期保険金:50万円
  • 【払込保険料総額】:210万円(9,700円 × 12月 × 18年)
  • 満期までの受取総額:200万円
    【学資祝金】大学入学時:50万円、大学2年:50万円、大学3年:50万円
    【満期保険金】大学4年:50万円

3コースとも【返戻率】は100%を割り込んでいるため、元本割れしています。

【返戻率】とは、支払った保険料に対して、どのくらい増減して、戻ってくきたのかを%(パーセント)で表した数字で、【払込保険料総額】÷【基準保険金額】で求められます。  

郵便局(かんぽ生命)の学資保険に加入する際の注意点

この記事を読んでいる方の中には、郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」への加入を考えている方もいるかと思います。

そこで、ここでは、この郵便局(かんぽ生命)の学資保険に加入する際の注意点を2点ほどご紹介したいと思います。  

注意点①入院特約を付けると返戻率が下がる

郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」に加入すると、子どものケガや病気による入院に備えて「その日から」という入院特約が付いてきます。

しかし、本来の学資保険の趣旨からすると、果たして入院特約は必要があるのかという疑問があります。

入院特約が付いていることによって、特約料が保険料に上乗せされた分、返戻率が下がり、元本割れが生じている可能性もあります。


また、この入院特約だけでは、医療保険としては不十分なため、別の保険に入ったがほうがいいという意見もあるようです。  

注意点②祝い金を利用すると満期保険金が減ってしまう

「祝い金」とは、学資金として満期にまとめて保険金を受け取るのではなく、小学校・中学校・高校の入学時などに、前倒しでこまめに受け取る学資金のことです。 

郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」のコースでいうと、②「小・中・高+大学入学時」学資金準備コース、③「大学入学時+在学中」学資金準備コースに「学資祝金」があります。

ただ、「祝い金」とはその名前とは裏腹に、満期保険金を切り崩すことによって、受け取ることができるもので、満期で保険金を受け取るよりも返戻率も低くなってしまいます。

その結果、満期保険金は減り、元本割れを起こす可能性があります。 

2018年現在、元本割れしない学資保険をご紹介

どの学資保険に加入するかを検討する際、元本割れしないかどうかという視点は大変重要です。

そこで、2017年9月現在で元本割れしない学資保険をご紹介します。

左から、それぞれ、学資保険名、返戻率、満期、保険金額の順に並んでいます。 

ソニー生命
  • 「ソニー生命の学資保険 Ⅲ型」110.3% 22歳 200万円
  • 「ソニー生命の学資保険 Ⅱ型」106.3% 18歳 200万円
  • 「ソニー生命の学資保険 Ⅰ型」102.6% 18歳 200万円

フコク生命
  • 「みらいのつばさ ジャンプ型」 101.9% 22歳 200万円
  • 「みらいのつばさ ステップ型」 101.2% 22歳 200万円

日本生命
  • 「ニッセイの学資保険」 101.7% 22歳 210万円

明治安田生命
  • 「つみたて学資」 102.7% 21歳(15歳払い済み) 200万円

このように、郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」と違って、返戻率が高く、元本割れしていない学資保険を取り扱っている生命保険会社が存在します。

このため、学資保険を選ぶ際には、各保険会社の返戻率を比較し、元本割れしていないかどうかをチェックする必要があるのです。  

ゆうちょ以外の保険も検討してみたいという方は、複数社の保険会社を扱える保険の無料相談を利用するのがおすすめです。

相談のみで必ずしも加入する必要はなく、またお得なキャンペーンを行なっているところもあるのでお得に、楽に学資保険の検討をしましょう。


学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】

こちらのリンクからチェックしてみましょう。

子どもの教育資金をカバーするのが学資保険

そもそも学資保険とは、子どもが小中学校、高校、大学へ進学するための教育費が必要になることから、そのための教育資金を積み立てるための保険であり、大変効果的な手段となります。

つまり、学資保険は、毎月保険料を支払い、長期間運用していくことによって、効率的に教育資金を積み立てていくには、とても優れた保険商品なのです。

また、学資保険へ加入するのは、教育資金を積み立て、できるだけ増やすことが目的であることから、学資保険への加入を検討する際には、元本割れしないかどうかを見極める必要があります。

そういう観点から見ると、この記事でご紹介した郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」は、現状では元本割れしていることから、決しておすすめはできません。

いずれにせよ学資保険を選ぶにあたっては、元本割れしないかどうかを見極める必要があり、そのため、しっかりチェックすべきは「返戻率」となります。

各保険会社の学資保険の「返戻率」を比較した上で、どの学資保険に加入するかを検討することが重要となります。

この記事を読むことによって、より良い学資保険に加入することができるよう祈っています。  

Sponsored Link

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • JA共済(農協)の学資保険3種類を徹底比較、注意点を大解説します。
  • 学資保険の利率とは何かを返戻率と比較・計算して明らかにします!!
  • 教育資金には学資保険、終身保険?返戻率だけでは選べないその理由。
  • 返戻率が高い学資保険を利用して効率的に子どもの教育資金を貯める
  • マイナス金利導入で返戻率が低くなった学資保険を有利に加入する方法
  • 学資保険の一括払いは返戻率が高くお得な方法だが、デメリットも!
  • 学資保険の全期前納は、本当にお得なの⁉一時払いとの違いを徹底比較
  • 学資保険の返戻率の推移が下降傾向にある理由・原因を解説!
  • 学資保険の返戻率が下がる?原因と、これから加入したい人の対策とは
  • マイナス金利の影響を受け、学資保険の魅力が薄くなっている理由
  • 学資保険の返戻率がなぜ100%を超えるのか、なぜ下降傾向にあるのかを解説
  • 学資保険は返戻率の高い商品を選ぶべき!返戻率の全知識まとめ