学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

日本生命の学資保険が完全丸分かり!特徴から注意点までチェック!

学資保険の中でも、プランによってはかなり高い利率にできる日本生命の「ニッセイ学資保険」。この記事ではそんな日本生命の学資保険について、仕組みから何まで徹底解説!読み終われば、魅力から注意したい点などについても簡単に理解できるでしょう!

日本生命の学資保険をよく知らない方へ

学資保険は子供の学費のために貯蓄をしていくための保険です。


学資保険と言ってもたくさんありますのでどの学資保険を選べばよいかというのはなかなか難しいですよね。
 


国内最大手の日本生命にも学資保険が存在します。


「国内最大手」このフレーズを聞くだけで安心しますよね。その学資保険が「ニッセイ学資保険」と呼ばれる学資保険です。


ここではこのニッセイ学資保険とはどのような保険なのか、どのようなプランがあるのか、どのような特徴があるのかなどを解説していきたいと思います。


この記事をご覧いただければ自分とニッセイ学資保険の相性がわかります。


また、もし合わなかったとしても他の保険会社はどのようなものがあるかという興味も出てくるかもしれません。


是非ご覧ください。


すぐに保険相談したい方はコチラ

経験豊富なほけんROOMのファイナンシャルプランナーが在籍。 全国47都道府県、お近くのカフェやファミレス、ご自宅など希望の場所・時間に相談できます。 アフターフォローは何度でも無料、納得できるまで相談できるので、安心!

日本生命の学資保険のプランとしくみを解説! 

日本生命の学資保険のプランを作る上での仕組み、ポイントとなるのは4つ。

1、子ども祝金の有無

子ども祝金とは、通常の学資保険の他小学校、中学校、高校の入学時に祝金を受け取ることができるという仕組みです。この設定がない方が返戻率は高いです。


2、学資年金の開始時期

選べるのは17歳か18歳。18歳から開始する方が返戻率は高いです。


3、保険料払込期間

これが、日本生命の学資保険が他の学資保険とは少し違うポイント。学資年金開始時まで、5年、10年の3つから選べます。5年だと、返戻率はかなり高くなります。他の学資保険とは大きく差をつけることができますよ。


4、保険金額

70〜500万円まで、かなり細かく保険金額を設定することができます。金額が高い方が、返戻率は高いです。

こども祝金なし型(0~6歳)

こども祝金なしの場合、保険金の受け取りはどうなるのか、解説します。

受け取り開始は、17歳(高校3年生の5月)か18歳(大学1年生の5月)の二択です。契約時に決定する基準保険金額を初めに受け取ります。その後、毎年基準保険金額の半分の保険金を受け取ることができます。


プランモデルをご紹介!

  • 受け取り開始:17歳
  • 基準保険金額:100万円
  • 月の支払い額:14180円
  • 返戻率は103.7%
となっています。



こども祝金あり型(0~2歳)

では、こども祝金ありの場合、保険金の受け取りはどうなるのか、解説します。

小学校入学前の2月と中学校入学前の2月、そして高校入学前の2月に「お祝い金として」、基準保険金額の20%を受け取ることができるのがこども祝金あり型です。なにかと物入りな入学前にいくらかあればかなり安心して進学することができます。


ただし、受け取ることができる合計の金額はすこし下がり、返戻率も数%低くなってしまうのできちんと相談して決めてくださいね。


そのあとは、子ども祝金なしのプランと同じです。


受け取り開始は、17歳(高校3年生の5月)か18歳(大学1年生の5月)の二択です。契約時に決定する基準保険金額を初めに受け取ります。その後、毎年基準保険金額の半分の保険金を受け取ることができます。


プランモデルをご紹介!

  • 受け取り開始:17歳
  • 基準保険金額:100万円
  • 月の支払い額:17290円 
  • 返戻率は102.0%
となっています。


日本生命の学資保険の特徴3つ

学資保険のプランや仕組みは本当に様々です。


それぞれに特徴があるものの、そのすべてを理解して比較し選ぶのはなかなか難しいのが現状です。それだけ多くの学資保険の商品ができているのです。


では、今回紹介している「日本生命の学資保険」のほかとは違うポイントや特徴とは、いったい何なのでしょうか?

特徴①電話相談がいつでもできる

ひとつめの特徴は、「電話相談」ができること。


しかも、保険会社の人や子育ての経験がある人におしゃべりができる、というレベルではなく、プロである看護師や保健師に相談ができるのです。子どもが生まれたら、不安になることや相談したいことはどんどんでてくるもの。ネットでは確かな応えは期待できない中、プロの人に相談できるのは大きな安心です!


しかも、24時間365日対応してくれます!急な出来事も安心です。(※管理栄養士の対応は、月~金曜日 10:00~18:00(祝日、12/29~1/3を除く))



子育てのことだけでなく、女性のからだの事も相談できます。


子どもを産んだ後、忙しくて病んに行けない、でも、友達に話すのはちょっと・・そんなときに是非利用したいものです。


こちらは、月曜日から土曜日9:00〜21:00に対応。土曜日も利用できるのは嬉しいですね。



特徴②配当金がある

こちらの保険は、配当金のあるタイプです。


(配当金とは、保険会社の保険の商品による資産の運用がうまくいったとき、消費者にもいくらか還元する、というもの。)


現在ある学資保険の中では、配当金を受け取ることができる学資保険は少なくなってきています。あまり大きな金額は期待できないのですが、やっぱりないよりはあるほうが、嬉しいですよね。

特徴③電話で申込ができる

日本生命の学資保険は、電話でも申し込みができます。


保険の申し込みは、たくさんの記入事項があったり、時間がかかるもの。お子さんがもう生まれた場合、お父さんと一緒、とはいっても長時間で書けるのは大きな負担です。


もちろん、訪問で家に来てもらって契約することや、ほけんの窓口で申し込むことができますが、電話でこちらの都合で契約できるのは大きなポイントです。

補足情報:学資保険に共通する特徴

最後に補足として、学資保険に共通する特徴を簡単に見ていきます。 

 

1、出生前加入が可能 

学資保険では出まれる前から契約することが可能で、日本生命の学資保険の場合は「出生予定日の140日前」から加入することができます。しかし、こどもが被保険者として確定し保障の対象になるのは出生から14日経過後に生存が確認された場合に限られます。 


 2、「払込免除」(契約者である保護者の方に万が一のことがあった場合に、契約内容はそのままに、以後の保険料の支払いをしなくて済む制度のこと)

学資保険に加入する人の多くが、この仕組みを加入の決定打にしているようです。


日本生命の学資保険の注意点4つ

ここまで、日本生命の良いポイントを紹介してきました。良いところがたくさんありますよね。


では、他の保険と比べて、日本生命の学資保険に加入する際に注意が必要なポイントを紹介します。


知らないまま契約してしまうと後悔してしまうこともありますよ。



注意点①年齢制限が多い

日本生命の学資保険は、契約者の年齢制限を非常に多く設けている保険です。契約するプランやお子さんの年齢によって年齢制限が変わっているので注意が必要です。

例えば・・・「こども祝金なし」型で契約したとき


保険料払込期間が「学資年金開始年齢まで」の場合

  • お子さんの年齢が0〜2歳の場合は契約者の年齢制限は45歳まで。
  • お子さんの年齢が3〜6歳の場合は契約者の年齢制限は40歳まで。


保険料払い込み期間が10年、5年と短くなるに連れて年齢制限は高くなります。


「子ども祝金あり」型で契約したときは契約者の年齢制限は39歳までとなっています。

注意点②17歳に学資年金を受取開始にしないと入学に間に合わない

学資年金の受け取りは、17歳もしくは18歳の二択であると紹介しました。18歳の方が返戻率はわずかに高くなるのですが、受け取りは誕生日などではなく、「大学1年生の5月」となり、大きな出費となる大学入学金はもちろん、入学検定料などの支払いにも間に合いません。


家計を考慮し、厳しいのであれば17歳に設定する必要があります。

注意点③祝金あり型は17or18歳までの払込期間しか選べない

保険料の払込期間は、「受け取り開始時期まで(つまり17歳もしくは18歳)」、「5年」「10年」の三択です。


しかし小学校、中学校、高校入学時に受け取れる「こども祝金」があり、のコースにするには、「受け取り開始時期まで(つまり17歳もしくは18歳)」を選択することしかできません。

注意点④クレジットカード支払いができない

日本生命の学資保険は、クレジットカードでの支払いができません。口座引き落としのみになるので、その点も注意が必要です。

日本生命の学資保険をお得に利用するテクニック2つ

日本生命の学資保険をいちばんお得に利用するテクニックを2つ、ご紹介します。


  • テクニック①5、10年払いにする
  • テクニック②基準額資金を100万円にする
では、一つずつみていきましょう。


テクニック①5、10年払いにする

保険料の払込期間は、「受け取り開始時期まで(つまり17歳もしくは18歳)」、「5年」「10年」の三択ですが、「5年」「10年」が断然お得!!!

月々の支払いはすこししんどいかもしれませんが、返戻率がお幅に上がります。また、当たり前ですが払い込む期間は短いです。そして、大きな金額を受け取ることができるのであれば、し腰の間は辛抱したいところ。

テクニック②基準額資金を100万円にする

もうひとつは、基準額資金を100万円にすること。保険料は、この基準額資金によって決まりますが、パターンは70万円〜100万円、100万円以上の2パターンなのです。


100万円以上で返戻率は大きく上がりますが、逆に100万円だと返戻率はかなり低くなり、学資保険としてのメリットがあまりないことになってしまうのです。

補足情報:学資保険に共通するテクニック

保険料を安くするために簡単にできるテクニックもありますよ!

  • できるだけ早く加入する
  • 保険料は毎月払うのではなく、年に一回の支払いにする
  • 契約者を母親にする

学資保険に関する補足情報

最後になりますが、学資保険の全体を把握する上で補足となる情報を2つご紹介します。これらの情報は知っておいて損はないどころか、いつの日か非常に役立つかもしれません。

  

1、「販売停止か利率引き下げの可能性」

かつての学資保険は利率がとても高く、入るだけで価値がありましたが、現在は「マイナス金利政策」の影響でどこの商品も利率を引き下げたり、販売自体を停止したりしています。今後も年度が変わるたびに商品の内容が変わっていく可能性が高いため、入ろうとしていた商品がなくなった!ということがないように、学資保険を検討するなら本当に早いうちに調べだす必要があります。


 2、「貸付制度」

これは急にまとまった金額が必要になった際などに、解約金を担保にすることで比較的低い金利でお金を借りることができる制度で、学資保険にも付いていることが多いです。


日本生命では貸付制度が利用できますので、利用条件は「公式のしおり」(p41)を参照してください。


実際には保険の貸付制度には借りられる金額が解約返戻金の範囲内であったり、返済が遅れた場合は複利が適用されたりと「注意点」もいくつかあるので、詳しく知りたい方は以下の記事をお読みください。 

ニッセイこどもの保険(保障型)

ニッセイこどもの保険「げんき」は、お子さんの教育資金に備えるためのもうひとつの保険です。


基本的な学資保険としての保障は同じようにあるものの、保険期間が18歳保険期間満了プランと22歳保険期間満了のものがあり、教育資金だけでなく、結婚資金の準備等もできるようになっています。

まとめ

ニッセイ学資保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


この記事のポイントは


  • プランの仕組みとして子ども祝金の有無、学資年金の開始時期、保険料払込期間、保険金額の4つがポイントであること
  • 特徴は電話対応、配当金があること
  • 注意点は年齢の条件、クレジットカード支払いの制限があること
  • お得に活用さるためのテクニック


を解説してきました。


子供のための保険ですので、しっかりとした保険であればとても安心しますよね。その中で自分がどこに重点を置くかで保険の選び方は変わってきます。あなたの大切にしているポイントはニッセイ学資保険にはありましたでしょうか?


もしなかったとしても、肩を落とさず直接窓口で確認したり、他にはどのようなものがあるか探してみると新たな発見が出てくるので面白いのではないでしょうか?


是非自分にあった学資保険が見つかるように参考にしていただければと思います。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう