県民共済の保険金を請求できるのはどんなとき?請求方法は?

ケガや病気で入院・通院した場合は県民共済の保険金(共済金)を請求することができます。請求方法をあらかじめ確認しておくとスムーズに手続きを進められます。また、県民共済の保険金請求時には必要となる書類がありますので併せて確認しておきましょう。

県民共済の保険金(共済金)を請求できるのはどんなとき?

県民共済は掛金(保険料)が安く、病気やケガ・亡くなった場合にオーソドックスな保障が受けられる商品を取り扱っています。


ただし、実際に加入者が入院、通院、死亡した時に、共済金をどのように請求するのか気になりますよね。 


また、共済金の請求には注意点があるのをご存知でしたか?


そこで、この記事では「県民共済の保険金(共済金)の請求」について、 


  • 県民共済の保険金(共済金)の請求方法
  • 保険金(共済金)の請求時に必要な書類
  • 保険金(共済金)の請求の際の注意点

 以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、県民共済の共済金の請求方法に関する基本的知識、手続きの際の必要書類および注意点について知ることに役立つかと思います。


ぜひ、最後までご覧ください  




県民共済では入院、通院、死亡した場合などに保険金(共済金)を請求できる

県民共済では加入者が入院、通院、死亡した場合に共済金を請求することができます。病気やケガ等して入院・治療を受けたら、慌てずに請求の手続きを行いましょう。

入院保障、通院保障など加入しているプランによって異なる

入院や通院に関して共済金を受け取れる場合、所定の条件や下りる共済金の額がそれぞれ異なるので、まずはそれを確認しましょう。


請求する際には、負傷の程度や、病気の容態等をお電話で組合へ報告する必要があるので、入院・通院状況をメモ書きしてスムーズに報告できるように心がけましょう。

保険金(共済金)の支払い例をモデルケースで解説

こちらでは病気・ケガの入院、通院の事例に分けて解説します。


(例)

  • 年齢:38歳男性
  • 加入共済:入院保障2型
  • 月掛金:2,000円


○病気の入院


急性ウイルス性腸炎と診断され、5日間入院した。

入院日額10,000円×入院日数5日=共済金50,000円


○ケガの入院


自動車に衝突され、右手を骨折し、45日間入院した。 退院後に20日通院した。

(入院日額10,000円×入院日数45日)+(通院日額1,500円×通院日数20日)=共済金480,000円


○ケガの通院


階段で転落し、右足を骨折した。25日通院した。

通院日額1,500円×通院日数25日=共済金37,500円


県民共済の保険金(共済金)の請求の流れを6ステップで解説

県民共済の保険金(共済金)の請求の流れは次の通りです。

  1. 事前に加入証書・ご加入のしおりで、ご自分が加入したコースと保障内容を確認します。
  2. 県民共済へ電話し保険金(共済金)の請求を行う旨を伝え、加入者氏名・加入番号・事故の状況・負傷の程度または病気の状態・治療期間等を報告します。
  3. 県民共済から請求内容に応じた請求書類が郵送されます。
  4. 保険金(共済金)の請求書類等に必要事項を記載し、その他の添付書類と一緒に返送します。
  5. 県民共済の方で届いた書類を確認し、保険金(共済金)を指定口座に振り込みます。
  6. 加入者が保険金(共済金)の内容・金額を確認します。

県民共済の保険金(共済金)の請求時に必要な書類を用意する

こちらでは、県民共済の保険金(共済金)の請求時に必要な書類を説明します。請求書の提出の際に添付しなければならない書類もあるので、不備がないように慎重に準備しましょう。

保険金(共済金)請求に必要な主な書類

こちらでは死亡・重度障害・病気・ケガ等の各ケースに必要な提出書類を取り上げます。ただし、加入している都道府県民共済によっては、追加の書類を要求される場合があります。


○共通の書類:保険金(共済金)請求書


死亡共済金の場合


○提出書類:病気による死亡
  • 加入証書
  • 死亡診断書(死体検案書)
  • 加入者・共済金受取人の戸籍謄本
  • 加入者・共済金受取人の住民票
  • 共済金受取人の印鑑証明書

○提出書類:不慮の事故による死亡
  • 加入証書
  • 死亡診断書(死体検案書)
  • 被災証明書または事故証明書:不慮の事故(交通事故)を証明するために必要な書類です。
  • 事故状況報告書(申告書)
  • 加入者・共済金受取人の戸籍謄本
  • 加入者・共済金受取人の住民票
  • 共済金受取人の印鑑証明書

重度障害共済金の場合


○提出書類:病気による重度障害
  • 加入証書
  • 重度障害診断書
  • 加入者の戸籍謄本
  • 加入者の住民票
  • 加入者の印鑑証明書

○提出書類:不慮の事故による重度障害(第1回の重度障害割増共済金含)
  • 加入証書
  • 重度障害診断書
  • 被災証明書または事故証明書:不慮の事故(交通事故)を証明するために必要な書類です。
  • 事故状況報告書(申告書)
  • 加入者の戸籍謄本
  • 加入者の住民票
  • 加入者の印鑑証明書

○提出書類:不慮の事故による重度障害(第2回以後:重度障害割増共済金)
  • 重度障害診断書
  • 加入者の住民票
  • 加入者の印鑑証明書

後遺障害・疾病障害共済金の場合


○提出書類:不慮の事故による後遺障害
  • 障害診断書
  • 被災証明書または事故証明書:不慮の事故(交通事故)を証明するために必要な書類です。
  • 事故状況報告書(申告書)
  • 加入者の印鑑証明書

○提出書類:病気による疾病障害
  • 障害診断書
  • 加入者の印鑑証明書

入院共済金・通院共済金の場合


入院・通院共済金の他、入院一時金共済金・手術共済金・在宅療養共済金・先進医療共済金の請求の際に、次の書類を準備します。

○提出書類:病気による入院・通院等
  • 診断書・入院証明書:入院、手術その他治療を証明するために必要な書類です。

○提出書類:不慮の事故による入院・通院等
  • 診断書・入院・通院証明書:入院・通院、手術その他治療を証明するために必要な書類です。
  • 被災証明書または事故証明書:不慮の事故(交通事故)を証明するために必要な書類です。
  • 事故状況報告書(申告書)

がんに関する共済金の場合


がん診断共済金・がん入院共済金・がん通院共済金・がん通院共済金・がん在宅療養共済金・がん先進医療共済金を請求の際に、次の書類を準備します。

○提出書類
  • がん専用の診断書・入通院証明書:がんによる入院・通院、手術その他治療を証明する書類が必要です。
  • (代理請求人による代理請求の場合)加入者・代理請求人の戸籍謄本
  • (代理請求人による代理請求の場合)加入者・代理請求人の住民票
  • (代理請求人による代理請求の場合)代理請求人の印鑑証明書

「診断書」にかかる費用は原則として自己負担

診断書の取得にかかる費用は加入者(受取人)の負担となります。診断書は医師に記載してもらいますが、5,000円~10,000円程度の費用となります。


診断書は有料であるため、県民共済へ請求する金額より診断書にかかる費用が多ければ、損をしてしまうこともあります。

県民共済の保険金(共済金)請求で注意すべき2つのこと

県民共済の保険金(共済金)は、請求をすれば必ず共済金が受け取れるというわけではありません。


所定の条件や請求期間を確認して請求しましょう。こちらでは、請求の際の注意点を2つ解説します。

1.県民共済の保険金(共済金)請求は「3年」という時効がある

県民共済へ共済金を請求するのには期限があります。共済金の請求は3年間が期限であり、これを過ぎてしまうと時効により請求ができなくなります。 


共済金が請求する場合は前述したように、いろいろな書類が必要ですが、速やかに手続きをするように心がけましょう。

2.保障日数や条件をしっかり確認する

入院保障や通院保障、手術保障等の各保障から共済金を受け取る場合には、それぞれ条件が異なります。


例えば入院保障2型では、入院保障は事故の場合も病気の場合も1日目から保障されますが、通院保障は事故の場合のみで14日以上通院しないと共済金を受け取れません。


各保障の保障日数や条件をしっかり確認してから、請求手続きを行いましょう。

県民共済の保険金(共済金)を請求できるときや請求方法のまとめ

県民共済の保険金(共済金)の請求について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 請求の際は、自分が加入しているコースや保障内容を確認し、まず県民共済へ連絡する
  • 入院保障、通院保障等、各保障によって下りる共済金の額や提出書類は異なる
  • 保険金(共済金)の請求には期間があり、それを過ぎると請求ができなくなる

保険金(共済金)の請求を希望する場合、所定の条件の確認や、多くの提出書類を収集する必要はありますが、提出の際に不備がないよう慎重に準備を行っていきましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説