個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

通販型の個人年金保険におけるメリット・デメリットと注意点を解説!

保険には数多くの種類があり、最近は店頭ではなく通販で加入する人が増えています。個人年金保険も通販型の商品を提供する会社が増えてきて、ネットで簡単に申し込みが可能です。店頭とほぼ同じサービスが受けられるので、ネット世代の若者も個人年金保険に加入しています。

通販で個人年金保険に加入することで得られるメリット

いざ個人年金保険に入ろうとすると、営業マンに会って手続きしないといけないとか、営業マンに無理やり高い保険に入らされるんじゃないかとかで、面倒に感じたり不安に感じたりすることが多いですよね。


通販型の保険で一番有名なのは自動車保険ですが、実は個人年金保険も最近は通販で加入できるタイプが増えていまます。


店舗に行くのが面倒で加入をためらっている人でも気軽に使えることや、いろいろな商品を比べられるのがメリットで、世代を問わずさまざまな層が通販型を選んでいます。

面倒な来店手続きが不要

個人年金保険の申し込みは保険会社の窓口や代理店、複数の個人年金保険商品を扱うショップなどの店頭で行うのが一般的なので、予約を取ってお店に行く必要がありました。


通販型なら店頭に出向く手間がないので、忙しくて時間が取れない人でも自分のペースで申し込みできるのがメリットです。

勧誘を気にせず加入できる

個人年金保険にかかわらず、保険の相談のために店舗に行くと無理に加入を勧められたり後からしつこく勧誘されそうなイメージがあって敬遠している人もいます。


通販型の個人年金保険は店舗の担当者ではなくネットや郵送で申し込んだり手続きを行うので勧誘される心配がありません。




老後の生活や年金に不安を感じたらプロに相談

「老後の生活が不安」


「将来の生活にいくらお金がかかるのか知りたい」


そんな方には、お金に関するプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



通販で個人年金保険を選ぶときに注意するべきポイント

対面式ではないので気軽に申し込める通販型の個人年金保険ですが、プロのアドバイスを受けずに自分で判断することになるためいくつかの注意点を守らないと失敗することもあります。


加入の前に下調べをしっかり行い、自分に一番合っている個人年金保険を見つけるようにしましょう。

複数の通販型個人年金保険を比較

通販で加入するときは、窓口のように一つの会社の商品に絞らず複数の個人年金保険を比較しながら絞っていけるので、必ずいくつかの商品を比べてから加入手続きをしましょう。


あまり知識がないのに保険料の安さやキャンペーンだけに惹かれて選んでしまうと後から後悔することになる危険もあります。

シミュレーション機能を活用

通販で個人年金保険を扱っている会社の多くは、加入時の年齢や毎月の保険金、受給開始年齢など基本的なデータを使って実際に将来どれくらいの個人年金保険が受け取れるのか調べるシミュレーションサイトを設けています。


これを使えばプロのアドバイスがなくても自分で将来像をある程度把握できます。

通販型の個人年金保険にはどんなデメリットがあるのか

好きな時間に好きな場所から手軽に加入できて、勧誘の心配もないのでよいことばかりに見える通販型の個人年金保険ですが、いくつかデメリットもあります。


知っておけば損をしたり間違えるのを回避できるので、加入や見直しのときには通販の長所と短所を両方把握しておきましょう。

疑問点は電話やメールで相談を

店頭ならその場でわからないことを担当者に質問して納得するまで説明してもらえますが、通販型は自分専用の担当者がいなくて疑問が残るのがデメリットです。


わからないことがあれば、コールセンターに問い合わせたりメールやチャットを活用することで保証条件などを明確にできます。

資料請求に時間がかかる

通販型の個人年金保険はネットや電話で資料を請求したとき届くまでに時間がかかります。


店舗ならその場で渡してもらえますが、通販は申し込みでも資料請求でも郵送にかかる時間を考慮しなければいけません。多くの保険会社はホームページにもデジタル版のパンフレットを掲載しているので活用してみましょう。

個人年金保険に通販で加入するのに向いている人

個人年金保険は年齢が若いうちに加入すればその分あとからもらえる金額も高くなります。


特に通販に慣れている若い世代は、今のうちに比較検討を行って契約しておくと将来の備えになり、今後の人生設計や資金計画にも役立ちます。もちろん中高年でも通販型を利用することが可能です。

煩わしい相談手続きを避けられる

仕事や子育てが忙しかったりしてなかなか店舗に足を運べない人や、対面型の保険窓口が苦手で相談や質問をしにくい人は通販型の個人年金保険が向いています。


時間を節約できて、勧誘や突っ込んだ質問をされることもなく、自分のペースで申し込んで自分が良いと思った商品を選べるのが魅力です。

通販の方がお得なことも

個人年金保険の種類によっては店頭で加入するよりも通販のほうが手数料がかからずお得になったり、ネット限定のキャンペーンをやっていたり、プレゼントがもらえるなど特典が付く場合もあります。店頭と通販で同じ個人年金保険の商品があるなら、どちらがお得になるか調べてから加入しましょう。

まとめ

通販型の個人年金保険は年々人気が高まっていて需要もあるので提供する会社が増えています。


自分の好きな時に好きな場所から申し込めて、商品を比較しやすいメリットがある半面、プロの意見を聞けないので知識がないと選びにくいようなデメリットもあります。


シミュレーションやメールサポートなどを活用すれば上手に商品を探せるので、自分に合った個人年金保険を見つけましょう。

ランキング

  • 個人年金保険による備えは、30代から考えておくのがおすすめ
  • 公務員なら加入しておきたい個人年金保険の必要性を解説します
  • 老後の経済的なリスクに備える女性の個人年金保険の基礎知識
  • 親が掛け金を支払うことで、子供を個人年金保険に加入させられます
  • 個人年金保険と生命保険の目的、加入すべきタイミングの違いについて
  • 個人年金保険で損をするケースについて把握するようにしましょう
  • 個人年金保険にあえて60歳から加入するメリットとデメリット
  • 個人年金保険とインフレリスクの関係についての必要最低限の基礎知識
  • 個人年金保険の世帯加入率は23%ほど!年齢別、収入別に解説します!
  • 学資保険と個人年金保険に併せて加入することによる問題の有無を解説
  • 個人年金保険は将来の備えのための資産形成を目的としたお得な保険
  • 個人年金保険が不要であると考えられる3つのケースとその理由
  • 個人年金保険はそんなにお得!?個人年金保険のメリットを詳細解説!
  • 個人年金保険の注意すべきデメリットを7点に分けて平易に解説!
  • 個人年金保険は何歳から加入して何歳から受け取るのが一番お得?
  • 20代から始める個人年金保険 将来のために今からためましょう。
  • 50代こそ知っておきたい!!個人年金保険なくして老後資金は大丈夫!?
  • 個人年金保険は40代から入っても大丈夫なの?気になる老後の不安
  • 個人年金保険は何歳まで加入できるのか、そして最適な年齢とは?
  • 老後資金を個人年金保険で準備するメリット・デメリットについて
  • 個人年金保険は老後の備えのために必要?ずばり解説します!