ネット申し込みできる個人年金保険は危険?絶対に知るべき4つの注意点

老後の生活資金を積み立てる方法の1つに個人年金保険があります。最近はネット申し込みができる商品も販売されており手軽に申し込めるようになっています。ここでは個人年金保険をネット申し込みするメリット・デメリットや商品を選ぶポイントなどについて詳しく解説します。



▼この記事を読んで欲しい人

  • 老後の生活資金の積み立てに個人年金保険への加入を検討している方
  • 個人年金保険をインターネット申し込みしたい方

▼この記事を読んでわかること

  • インターネット申し込み可能な個人年金保険の特徴
  • インターネット申し込みできる個人年金保険への加入を検討するときの注意点
  • インターネット申し込みで個人年金保険に加入するまでの流れや必要な事前準備
  • インターネット申し込みができる個人年金保険の選び方

内容をまとめると

  • ネット申し込みは、保険料が割安・対面のわずらわしさがない・自分で納得した商品を選べる・好きなタイミングで加入できるなどの特徴がある
  • 事前に必要書類を用意しておけば、スムーズな申し込みが可能
  • ネット申し込みは、自分で商品を選ぶ必要がある・手続きのサポートが少ない・選択肢が限られている・知らないうちに損をするリスクがあるなどの注意点もある
  • 選び方のポイントは、保険料を同じ条件で比較すること・予定利率と返戻率の高さを比較すること
  • ネットで個人年金保険を申し込みたい場合は、事前にプロによるオンライン相談を受けておくことがおすすめ
  • マネーキャリアのオンライン無料相談なら、スマホで予約から面談まで簡単!

インターネット申し込みが可能な個人年金保険の4つの特徴


老後の生活資金は、計画性をもって積み立てておきたいですよね。


ゆとりある老後生活を実現するために、個人年金保険への加入を検討する方も多いかと思います。


個人年金保険の加入方法として、インターネット申し込みの利用を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


自宅にいながら申し込める通販型の保険は、手軽で魅力的ですよね。


インターネットで申し込む個人年金保険には4つの特徴があります。


  • 保険料が割安
  • セールストークがない
  • シンプルな内容の商品が多く選びやすい
  • 好きなタイミングで加入できる


ここでは、インターネット申し込みができる上記の個人年金保険の4つの特徴について、詳しく解説していきます。

①保険料が割安

ネット申し込みができる、いわゆる通販型の個人年金保険は、対面販売商品に比べて保険料が割安になるケースが多いことが特徴のひとつです。


その理由は、

  • 店舗を運営するための経費を削減できる
  • 保険商品の説明や販売、事務処理を行うスタッフの人件費を削減できる
などがあげられます。


契約時30歳の男性・女性、40歳の男性・女性が下記の条件で個人年金保険に加入したケースの毎月の保険料を、それぞれシミュレーションしてみました。


  • S社・通販型保険:保険金額1,000万円/払込期間60歳/10年確定年金
  • M社・対面販売保険:保険金額1,016万円/払込期間60歳/10年確定年金



30歳男性30歳女性40歳男性 40歳女性
通販型保険26,660円26,650円40,290円40,280円
対面販売保険28,000円28,000円
42,000円42,000円
差額保険料1,340円1,350円1,710円1,720円


保険金額に若干の差はありますが、その差を考慮しても、通販型保険の支払い保険料の方が割安になる結果となりました。

②対面の場合の面倒なセールストークなどがない

保険に限った話ではありませんが、対面の場合、販売員による望まないセールストークに困ってしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。


もし過度なセールストークを受けてしまったら、対応に戸惑ってしまいますよね。


せっかく保険の相談に乗ってもらっても、必要な会話に集中できない恐れもあります。


また、対面の場合、他人と会うことで少なからずストレスを感じたり、他人と会うための準備などの手間が発生したりすることも考えられます。


その点、インターネット申し込みであれば、販売スタッフと直接顔を合わせる必要はありません。


セールストークへの対応が苦手という方はもちろん、色々と気を遣って疲れてしまいやすい方にとっても、利用しやすい申し込み方法といえるのではないでしょうか。

③シンプルな内容が多く自分で最後まで納得して商品を選べる

インターネット申し込みが可能な個人年金保険は、シンプルな内容が多いことも特徴のひとつです。


また、自分の気になる様々な保険商品を比較しながら、じっくり落ち着いて検討できます。


対面の場合、販売スタッフに予想外の商品を提案され、選択に悩んでしまうことも考えられます。


紹介された保険商品を断りづらい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。


インターネット申し込みではそのような心配がないため、たくさんの保険商品のなかから、自分に合うものを納得いくまで選ぶことができるでしょう。


保険内容は自分自身で決めて選びたい、という気持ちが強い方にとって、ネット申し込みは魅力的な申し込み方法であるといえます。

④自分の好きなタイミングで加入できる

たとえば、保険加入のために店舗に出向く必要がある場合、外出のための準備まとまった時間の確保が必要になります。


子どもが小さいご家庭などでは、長時間の外出が難しいこともありますよね。


自宅までスタッフが訪問してくれる場合でも、あらかじめ日時を決め、約束の時間はスケジュールを空けておいたり、スタッフを迎えるための準備をしたりする必要があります。


事前にスケジュールを組むことが難しい方や、夜間しか時間を取れない方などにとっては、利用しづらいこともあるでしょう。


また、対面の場合、無理な勧誘がなくても、保険の加入を急かされているような気分になってしまい落ち着いて検討できない、という方もいらっしゃるかもしれません。


こういった事情がある場合でも、インターネット申し込みが可能な個人年金保険を選べば、いつでも自分の好きなタイミングで加入できるため、安心して利用できるでしょう。  

ネット申し込みができる個人年金保険の加入する流れ


インターネットで個人年金保険に申し込む場合は、さまざまな事務手続きも自分でおこなう必要があります


具体的な申し込み手順のイメージがわかず、「自分でもできるだろうか?」と心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。


せっかく保険加入を検討するのであれば、不安は事前にとりのぞき、商品の選択に集中したいですよね。


ここでは、

  • 個人年金保険の選択から加入までの主な流れ
  • ネット申し込みに必要な書類
について解説します。


インターネット申し込みでの保険加入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

個人年金保険の選択から加入までの主な流れ

個人年金保険をインターネット申し込みする場合、加入まではどのような流れになるのでしょうか。


基本的な流れを下記にご紹介します。


  1. ネット申し込みが可能な個人年金保険の中から、希望に沿う商品を探す
  2. 気になる保険商品が見つかったら、資料請求する
  3. 保険料の見積もりをとる
  4. 疑問点・不明点はカスタマーセンターなどに問い合わせる
  5. 加入商品の決定
  6. 申し込みページに必要情報を入力して申し込む
  7. 審査
  8. 加入完了


保険料の見積もりについては、保険会社によっては年齢・希望条件など必要条件を入力すると、インターネット上で見積もり保険料を確認できるサービスがあります。


加入までの流れは保険会社によって異なることもあります。


不安に思うことがあれば、契約前に問い合わせておくと安心ですね。

ネット申し込みに必要な書類

個人年金保険にインターネット申し込みする場合、いくつか準備しておいた方がよい書類があります。


手続きの際は、下記の書類を手元に用意しておくとよいでしょう。


  • 本人確認書類
  • 契約者本人名義のクレジットカードまたは銀行口座のわかるもの
  • 定期健康診断表


氏名・生年月日・現住所などを確認するための本人確認書類として、運転免許証または個人番号カード(マイナンバーカード)、パスポートなどを用意しましょう。


保険料の支払い方法として、クレジットカード払いを選択する場合は、利用するクレジットカード口座振替の場合は銀行口座のわかる通帳などが必要です。


また、健康告知のため、定期健康診断表などの健康状態がわかる書類も準備しておきましょう。


あらかじめ必要書類を用意しておくことで、スムーズに手続きを進めることができます。

ネット申し込みができる個人年金保険の4つの注意点


インターネットで申し込みできる個人年金保険を選ぶ場合、いくつか気をつけておきたい注意点があります。


それは以下の4点です。


  • 自分で多数の商品から選ばないといけない
  • 加入までの手続きのサポートが少ない
  • 対面販売商品は選べないため選択肢が少ない
  • 知らない間に損をしている可能性がある


具体的にどのようなことに気をつければよいのか、それぞれ詳しく解説していきます。

注意点①自分で多数の商品から選ばないといけない

個人年金保険をインターネットで申し込む場合、数ある保険商品の中から最適な保険を自分でセレクトする必要があります。


ひとくちに個人年金保険といっても、さまざまな商品タイプがあります。


それぞれの商品の特徴を比較しながら検討・選択する作業は、それなりの時間労力を要するでしょう。


また、発生した疑問点は、その都度自分で調べなくてはなりません。


特に、個人年金保険についてあまり詳しくない場合は、手間が増えることが予想されます。


希望条件に合う保険商品をじっくり探すことができる一方、適切な商品を自力で選ぶことは判断が難しい場合もあります。


その点、インターネット申し込みは商品選択の難易度が高めであるといえるでしょう。

注意点②加入までの手続きのサポートが少ない

保険に加入するまでのサポートが少ない点も、インターネット申し込みにおいて気をつけるべきポイントのひとつです。


たとえば、次のような点についても、必要に応じて自分で調べたり、カスタマーセンターなどに問い合わせたりする必要があります。


  • 個人年金保険に関する知識
  • 保険商品ごとの特徴の把握
  • 契約内容の確認
  • メリット・デメリットの判断
  • 申し込み情報の入力の仕方

また、保険に加入したあとの手続きにも注意が必要です。


たとえば、引っ越しや結婚によって登録情報の変更が必要になったときも、マイページなどから自分で手続きしなければなりません。


さまざまな手続きをお任せできる対面販売商品と異なり、加入状況を自分できちんと管理する手間が生じることは、あらかじめ意識しておく必要があるといえます。

注意点③対面販売商品は選べないため選択肢が少ない

選べる保険商品が少ない点も、インターネット申し込み可能な個人年金保険を選ぶ際の注意点のひとつです。


個人年金保険のインターネット申し込みを希望する場合、対面販売商品は選べません


ネット申し込みが可能な通販型の保険商品は増えてきてはいるものの、その取り扱い数は対面販売商品と比べ、まだまだ少ない印象です。


そのため、どうしても選択肢は少なくなりがちです。


特に条件にこだわる場合は希望に沿う保険商品が見つからない可能性もあるため、注意が必要です。


絶対にインターネット申し込みがよい、ということでなければ、対面販売商品にシフトしたほうがよいケースもあるでしょう。

注意点④知らない間に損をしている可能性がある

自分でも気がつかないうちに、をしてしまうリスクもあります。


たとえば、保険についてあまり詳しくない場合、最適な保険商品を見逃してしまっているかもしれません。


また、希望条件にこだわるあまり視野が狭くなり、もっとよい別の選択肢に気がつかない可能性もあります。


保険に限った話ではありませんが、ほかの人の意見や物事のとらえ方を知ることで、新たな発見があることもありますよね。


あらゆる作業を自分の力でおこなう必要のあるインターネット申し込みでは、保険に詳しい第三者からのアドバイスを受けられない分、知らない間に損してしまう恐れがあるのです。


特に、自分ひとりだけでインターネット申し込み可能な個人年金保険を選ぶときは、必要以上に視野を狭め過ぎていないか、ときどき再確認してみることをおすすめします。

ネットで保険を選ぶ前に保険の専門家にオンライン無料相談をしよう!

個人年金保険への加入を検討している方は、将来についてしっかりと考えている方が多いと思います。


老後資金を計画的に貯蓄するために、最適な保険商品を選びたいですよね。


インターネットで個人年金保険を探す前に、まずは一度、プロに保険相談することをおすすめします。


マネーキャリアでは、保険のプロ無料で相談することができます。


オンラインで相談できるので、忙しい方や外出が難しい方でも気軽に利用できますよ。


強引な勧誘の心配もありません。


また、保険商品の相談だけでなく、お金に関する悩みも相談可能です。


この機会に、老後の資金づくりに関する疑問も、あわせて解消してみてはいかがでしょうか。


保険の専門家の意見を聞くことで、新たな発見があったり、知識を深めたりできるでしょう。


安心して自分に合う保険選びを進めるためにも、ぜひオンライン無料相談を活用してみてください。

インターネットで申し込みができる個人年金保険の選び方


インターネットで申し込みができる個人年金保険への加入を検討するときは、どのようなポイントを意識して商品選びをおこなえばよいのでしょうか。


さまざまな保険商品があるため、目移りしたり、選び方に悩んでしまったりすることもありますよね。


ここでは、

  • 保険料を同じ条件で比較する
  • 予定利率・返戻率の高さを比較する

という選び方の観点について、それぞれ具体的に解説します。


個人年金保険の選び方に迷っている方は、せひ参考にしてください。

①保険料を同じ条件で比較する

個人年金保険を検討するときは、同じ条件で比較することが選び方のポイントのひとつです。


保険料は条件によって変わるため、異なる条件下で算出した保険料で内容とのバランスを検討することは難しいためです。


具体的には、以下の条件を合わせて比較してみましょう。


  • 年金の受け取り開始年齢
  • 年金の受け取り期間
  • 「定額」タイプか「変額」タイプか
  • 「確定」型か「終身」型か
  • 保険料の払い込み期間

条件を合わせることで、複数商品の比較・検討がしやすくなります。


保険商品は、できる限り同じ条件で検討することをおすすめします。

②予定利率・返戻率の高さを比較する

個人年金保険に加入するのであれば、予定利率返礼率は大切なポイントです。


まず、予定利率とは、保険会社がどのくらいの利率で運用するのかをあらわすものです。


保険会社は、契約者が支払った保険料を運用しながらお金を増やしています。


この運用の利回りを示しているのが予定利率となります。


基本的に、予定利率が高いほど、将来受け取れる保険料の金額も上がります


返礼率とは、支払った保険料に対し、どれのくらいの割合で保険金を受け取れるのかをあらわすものです。


返礼率は、次の計算式で求めることができます。


  • 返礼率(%)=受け取る保険金の総額÷支払った保険料の総額×100


返戻率が100%を超えていれば、支払う保険料以上に保険金を受け取ることができます


個人年金保険を検討する際は、この予定利率・返礼率の高さにも注目してみてください。

インターネットで申し込みができる個人年金保険のまとめ

今回は、インターネット申し込みができる、通販型の個人年金保険の特徴や注意点、選び方のポイントなどについてご紹介しました。


インターネット申し込みの場合、対面のわずらわしさを感じることなく商品をじっくり検討できるだけでなく、時間や場所を選ばず割安な保険料で加入できるといったメリットがあります。


その反面、対面販売商品とは異なり、あらゆる作業を自分自身で行う必要があります。


商品の選択肢が少ない点も、デメリットのひとつでしょう。


よりよい選択肢の存在を見逃してしまわないためにも、まずは無料のオンライン相を活用してみることをおすすめします。


この記事でご紹介したポイントを参考に、ときにはプロの手も借りつつ、最適な個人年金保険を見つけてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング