年収500万円の適正家賃の目安は?ローン限度額や生活レベルも紹介!

年収500万円の場合、適正家賃はどのくらいか、同じくらいの年収の人がどれくらいの家賃に住んでいるのか気になるという方は多いと思います。ここでは、年収500万円の場合の家賃相場だけでなく、生活レベルやマイホーム購入の際の限度額についても解説します。

年収500万円の家賃相場はどれくらい?

「今の家賃、ちょっと高いかも…」と感じていませんか?


自分と同じ年収500万円の人は、どの程度の家賃に住んでいるのかを参考にしたいかもしれませんね。


家賃には、年収に対して、適正な相場があります。


相場を超えた家賃だと、家計を圧迫してお金が貯まりづらい状況が続いてしまいます。一方、相場より大きく下回る家賃でも、住環境のストレスが生じてしまうかもしれません。


そこで、今回のこの記事では、

  • 家賃の理想的な割合
  • 年収500万円の生活費や貯蓄額
  • マイホームを購入する際の目安額

以上のことを中心に説明します。


この記事を読んでいただけたら、年収500万円の家賃にかける理想の割合が理解できます。


ぜひ最後までご覧ください。


家賃は手取りの3分1以内が理想!

家賃の理想的な割合は、給料の手取り額の3分の1以内です。


理由は、

  • 日々の家計のバランス
  • 入居審査

の2点があります。


毎月の家計は、大きく「家賃+生活費+貯金」で考えられます。家賃の割合が高すぎると、貯金に充てられる金額が少なくなり、いざという時に困ることになりかねません。


この意味において、手取りの3分の1とは、毎月の給料(手取り)の3分の1と考えることをおすすめします。


ボーナスも含めた年収で考えてしまうと、毎月の赤字をボーナスで埋め合わせるようなやりくりで、少し不安定です。


また、家を借りる時には入居審査があります。入居審査では、収入の安定性などが見られますが、一般的に手取りの3分の1以内が目安と言われています。


これ以上の家賃負担では、割合が大きすぎて家賃の支払いが滞る危険が出るため、審査に通りづらくなります。


年収500万円の場合、東京23区内は、築年数が比較的新しいマンションはワンルーム、築年数が古い建物や下町地区なら2部屋の間取りも視野に入るでしょう。23区外や地方であれば、築年数に関わらず2LDKに住める可能性があります。

年収500万円の生活レベルは?

年収500万円の場合、他の人達はどのような生活をしているのでしょうか?

自分と同じ年収の「標準的な生活レベル」を知ることは、お金の使い方を振り返る良いきっかけになるでしょう。

ここでは、気になる年収500万円の生活レベルについて
  • 年収500万円の手取り額
  • 年収500万円の平均貯金額
  • 年収500万円の生活費の内訳
について、ご紹介いたします。

年収500万円の手取り額

まずは、年収500万円の手取り額をみていきます。


手取り額は、年収から税金社会保険料を差し引いて、実際に受け取ることができる額のことです。


計算式は、次の通りです。

手取り額=年収ー税金ー社会保険料

家族構成や年齢によって差し引かれる額が異なるため、一概にお伝えできませんが、年収500万円の手取りは、およそ390万円が予想されます。

  • 「月の手取り額25万円」×12回
  • 「ボーナス90万円」×2回

という内訳がイメージできます。


年収は、ボーナスや税金・社会保険料が含まれた額。ですが、家賃は、毎月固定額を支払うものです。


そのため、家賃を考える際は、年収よりも手取り額から考える方が、生活実態に合いやすいです。


ぜひ、ご自身の手取り額を確認されてください。

年収500万円の平均貯蓄額

次に、年収500万円の平均貯蓄額をご紹介します。


同じ年収の人がどの程度貯蓄に回しているのか、ぜひ参考にしてください。


総務省が調査した統計「家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成30年(2018年)平均結果-(二人以上の世帯)(2019年5月17日公表)」によると、年収500万円の平均貯蓄額は898万円です。


平均して毎月5万円ほど、貯金に回せる余裕がある年収と考えられます。家族の人数が増えると、貯金に回すために工夫が必要となるでしょう。


貯蓄額は、年齢によっても大きな差が出やすいので、あくまでも平均として参考や目標として考えると良いかと思います。


900万円以上の貯蓄があるのなら順調です。900万円以下なら、少し家計の見直しをして、900万円を目指してみると良いのではないでしょうか。

家族構成別の比較:一人暮らしの場合と2人世帯の場合

年収500万円の生活費の内訳をご紹介します。一人暮らしの場合と2人世帯の場合では、生活レベルに違いがあります。


どのような違いがあるのかも確認してみてください。


年収500万円の一人暮らし

年収500万円の一人暮らしのケースで、生活費の内訳をご紹介します。

項目内訳
家賃8万円
食費3万円
水道・光熱費1万円
通信費1万円
交通費1万円
日用品2万円
保険医療1万円
趣味1万円
交際費2万円
貯金5万円 
合計25万円

一人暮らしなら、比較的余裕がある生活レベルと言えます。貯金の他に、趣味交際費に余裕がある点が特徴的です。


一人暮らしで家賃8万円なら、便利な都内に住むこともできます。


家賃をもう少し下げると、もっと余裕を作ることもできるでしょう。


年収500万円の2人世帯

次に、年収500万円で2人世帯の生活費の内訳をご紹介します。

項目内訳
家賃8万円
食費5万円
水道・光熱費1.5万円
通信費1万円
交通費2万円
日用品1.5万円
保険医療1万円
趣味1万円
交際費1万円
貯金3万円
合計25万円

2人世帯の場合、年収500万円だと、趣味や交際費などどこかを切り詰めると貯金に回すことができる生活レベルです。


2人暮らしでは、家賃8万円は下げづらいですが、地方住まいなら、もう少し家賃を下げてもいいかもしれません。


月々の貯金額が少なくなりがちなので、ボーナスは積極的に貯金する必要があるでしょう。

マイホームも購入可能!

年収500万円なら、マイホームの購入も視野に入れることも可能です。しかし、マイホームの購入にあたって、注意したいことがあります。


注意点は、主に2つあり

  • ローンの限度額
  • 引っ越し費用

です。


それぞれ、詳しく解説します。

年収500万円の場合のローンの限度額

マイホームの購入には、多くの場合、住宅ローンを利用することになるでしょう。その時、住宅ローンの限度額に注意が必要です。


年収500万円だと、住宅ローンはどの程度の額で組めるのでしょうか?


住宅ローンには、表向きの限度額があります。


しかし、実際にこの限度額満額まで借りられることは少なく、実際には、返済比率という数字によって判断されるのです。


返済比率とは、年収に占める1年間の住宅ローンの返済割合のことです。

返済比率=1年間のローン返済額÷年収(総支給)

では、この返済比率は、何%が限度になるのでしょうか?


一般的に30%を超えると住宅ローンの審査に通りづらいと言われています。


実際には、30%でも割合が高すぎます。返済比率は、25%以下が理想的です。


限度額の目安は、返済比率25%、年収の4分の1以下になるよう検討してみてください。


各銀行が、返済比率の上限を決めており、数字の上では35%などの記載がありますが、返済比率35%だと住宅ローンの審査に通過する見込みが薄く、現実的には25%が上限ラインと考えられています。


年収500万円の場合は、3,400万円程度が限度額の目安となります。

引っ越し費用も考慮にいれよう

マイホーム購入の際に、もう一点注意する必要があるのは、引っ越し費用です。

純粋な引っ越しの運搬費用や、賃貸契約解消に伴う精算金も発生する可能性があります。

また、マイホーム購入の機会に、家具を新調するかもしれませんよね。おそらく、新居に入れる家電製品家具を揃えるのに、大きなお金を使うケースが多いのではないでしょうか。

また、マイホームを持つときには、保険に加入する必要もあります。

家の購入代金・建設代金の他に、ざっと、以下のような費用が発生します。
  • 家財道具の運搬費用
  • 精算金
  • 家電・家具の購入資金
  • 保険加入
  • 登記手続き等の諸費用
  • 不動産会社への手数料
マイホーム購入する際に、こうした諸費用を住宅ローンに含め、少し多めに見積もることも重要です。

ローンに含めるかはさておき、こうした引っ越しに伴う諸費用は、意外と大きな金額がかかります。

マイホーム購入については、引っ越し費用も含めて検討すると良いでしょう。

貯蓄や収入を増やしたい時には

夢のマイホーム購入のためにも、「貯蓄を増やしたい!」と思っているなら、方法は大きく2通りです。
  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
収入を増やす方法で、最初に思いつく方法は副業かもしれませんね。

自分の趣味やスキルを活かした副業をして、収入を増やすことに成功している人もいます。状況が許す範囲で、取り組まれてみてはいかがでしょうか。

資産運用の一環で、保険の加入もおすすめです。

少しリスクが大きいかもしれませんが、転職することで年収を増やせる可能性もあります。

また、勤務先の利益につながるような資格取得を目指すのもおすすめ。

資格手当が貰えることや、リーダー職への抜擢など、収入アップのきっかけになるかもしれません。

収入を増やすより簡単な貯蓄の増やし方は、支出を減らすことです。

特に、保険の見直しをおすすめします。

保険は毎月の固定費ですが、見直しによって保険料が安くなれば、その分を貯金に回すことができます。人に勧められたまま加入した保険は、特に見直しの価値があります。

あなたにピッタリの保険でないなら、その保険料には無駄があるということです。勿体ないので、一度も見直したことがなければ、検討してみてください。

貯蓄を目的とした保険に加入したい時や、保険に無駄がないかを確認したい時は、一人で判断するのは難しいと思われるかもしれません。

ほけんROOMでは、無料で専門家に相談ができる窓口がありますから、ぜひ、ご活用ください。 

まとめ:年収500万円の家賃相場、生活レベル

年収500万円の家賃について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは、 
  • 家賃は、年収の3分の1以下の8万円が目安
  • 年収500万円の平均貯蓄額は898万円
  • 年収500万円はマイホームを目指せる
  • 住宅ローンの目安は年収の4分の1
  • 貯金を増やしたいなら、保険の見直しや資産運用もおすすめ
でした。 

年収500万円なら、家賃を抑えることが出来れば、生活が楽になれるかもしれません。しかし、引っ越しには、意外に多くの費用がかかるため、一概に引っ越しが得策とも言えないのです。

今の家賃が、適正範囲に収まっているのであれば、ほけんROOMでも無料でご相談いただける保険の見直し資産運用を検討してみることもおすすめします。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。 

ランキング