家計簿アプリの危険性とは?用途・機能や安全性を徹底解説!

家計簿アプリが便利そう!と思って使おうとしても、クレジットカードや銀行の情報とリンクさせることにセキュリティーの面での危険性を感じている人もいるのではないでしょうか。この記事では、家計簿アプリに本当に危険性や、その機能・安全に使用するための対策もご紹介します!

家計簿アプリは危険?セキュリティー面を解説します

ひと昔前の家計簿をつける方法と言えばノートに記入が主流でしたが、今の時代はスマートフォンの普及で便利な家計簿アプリが登場しました。


しかし、家計簿アプリが便利そうなのはわかっているけれど、クレジットカード銀行の情報をリンクさせることもあり、情報流出や悪用などの危険性に不安を持っている方も多いかと思います。


「家計を上手に管理したいけれど、家計簿アプリは本当に危険性がないのか」


「危険性に少し不安だけれど、それを上回るくらい実用性のあるアプリなのか」


家計簿アプリを使った事が無い方は、様々な疑問を持つことでしょう。


そこでこの記事では

  • 家計簿アプリを使用する場合に考えられるリスク・危険性
  • 家計簿アプリを安全に使用するアプリ側・ユーザー側の対策
  • 危険性の不安を吹き飛ばすほどの便利な機能の紹介

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んで頂ければ、家計簿アプリの危険性や安全対策、そして家計簿アプリの便利な機能などが分かるようになります。 


ぜひ最後までご覧ください。


家計簿アプリの主な2つのリスク

まずは、多くの方が気になっている家計簿アプリの主なリスクについて2つ解説していきます。


2つの主なリスクとは

  • クレジットカードや銀行などの口座情報が漏洩してしまう危険性
  • レシートから個人の生活が漏れてしまう危険性

これら2つのリスクが考えられます。


この2つだけを見ると、とても使用する気にはなりませんよね。


しかしアプリ側のセキュリティーはしっかり確保されており、アプリ使用者も管理をしっかり行っておけば情報漏洩の危険性も限りなく低くなりますので、過度に不安になる必要はないでしょう。


とは言え万が一の時のために、危険性については理解しておく必要はあります。


それではそれぞれの危険性についてこの後詳しく解説していきます。

銀行口座やクレジットカードの情報を登録するので、危険性あり?

家計簿アプリの使用で考えられる危険性として「クレジットカードや銀行などの情報漏洩」があります。  


家計簿アプリは、自分の持っている銀行口座情報クレジットカード情報を登録することで、それらの情報が全てアプリ上で確認できる便利な機能があります。


便利な機能の反面、それと同時にカードや口座情報を登録しなければいけないため

  • 情報が漏れてしまう危険性があるのでは?
  • クレジットカードで勝手に買い物されない?
  • 銀行口座から勝手にお金を引き落とされない?

と不安になる方も多いでしょう。


しかし家計簿アプリに登録する情報は、基本的に銀行口座の残高やクレジットカードの使用状況データ取得だけなので、実際に引き落としやカードの不正利用はできないようになっています。


銀行の不正利用については、ATMの場合キャッシュカードが必要ですし、ネット上からの不正送金は暗証番号ワンタイムパスワードなどいくつものパスワードが必要です。


クレジットカードについても、使用するためにはカードに記載されているセキュリティーコードなどの情報が必要なので、こちらも不正に利用される危険性は低いと言えます。


家計簿アプリから万が一情報が漏れたとしても、基本的に口座の残高やクレジットカードの使用状況くらいしか見ることができない事を覚えておきましょう。

個人の生活が丸見えになってしまうリスク

もう1つの危険性については「レシートから個人の生活が漏れてしまう」事があります。


家計簿アプリの便利な機能の1つに、買い物レシートを写真でアップロードすることで、アプリ上に自動で反映される機能があります。


直接手で金額を入力する手間が省けるなどの便利な機能ですが、アプリに不正アクセスされることで、レシートの情報が漏れてしまう危険性があります。


レシートの情報が漏れてしまうこと自体には、直接の危険性は低いと考えられますが、どこでどんなものを買ったのかが見られてしまうため、生活状況がある程度分かってしまいます。


危険性は低いと言ってもレシートから生活状況が分かってしまうのは、あまり心地よい事態とは言えません。


こういったリスクがあることも覚えておくとともに、利用するユーザーがしっかりと対策を行う必要があるでしょう。

家計簿アプリの危険性に対する策は?

ここまでは家計簿アプリの考えられる危険性について解説していきました。


解説した通り危険性は低いとは言っても、まだ不安に思っている方もいるかと思います。


そこで、家計簿アプリを使用するうえでの対策について

  • アプリを選ぶ際の対策
  • ユーザー側の対策

それぞれについて解説していきます。


アプリ提供側が行っているセキュリティー対策と、ユーザー側が取るべき対策を知ることで、危険性に対する不安も取り除けるでしょう。


それではアプリ側の対策とユーザー側の対策についてそれぞれ解説していきます。

アプリを選ぶ際の対策

家計簿アプリは金融機関との関わりが強いため、セキュリティーには力を入れています。


大手であれば、どの家計簿アプリでも基本的にセキュリティー面で心配することはありません。


今では当たり前となった個人情報保護に関しても、家計簿アプリでは特別厳しく強化されています。


中でも「TRUSTe(トラストイー)」の承認マークがついているアプリは個人情報保護は問題ないと思っていいでしょう。


「TRUSTe」とは個人情報の取り扱いに関して厳しい審査をする団体で、基準をクリアした業者は「TRUSTe」の承認マークの掲載が許されます。


つまり、アプリやwebサイト上に「TRUSTe」のマークがあれば、個人情報は問題ないと言えます。


そして個人データなど重要な情報の暗号化や、不正アクセス防止の二段階承認などといった対策も施されています。


アプリによってはログイン時に指紋認証を取り入れているものもあり、不正ログイン防止の強みにもなっています。


このように、アプリ側でのセキュリティーはほぼ問題ないと言えますので、後はユーザーがアプリの管理をしっかり行っていくかが問題です。

ユーザーが出来る対策

上記ではアプリ側の対策を解説しましたが、アプリを使うユーザー側もしっかり対策していかなければいけません。


まず不正ログインさせないために必要な対策は、IDパスワードの使い回しをしない事です。


様々なwebサービスのIDやパスワードを同じにしてしまう事で、どれか1つでも第三者に知られた場合、芋づる式に不正ログインされる危険性があります。


面倒な気持ちもわかりますが、家計簿アプリ以外のサービスもIDやパスワードは違う物を設定しましょう。


そして他人はもちろん、どんなに中の良い友達だとしても、ログイン情報を見せない事も大切です。


仲がいいほど気を許してしまいがちですが、ちょっとした不注意がきっかけで大問題となることも可能性としてはあります。


ログイン情報や家計簿の共有は家族だけにとどめておくことで、情報漏洩の可能性を下げられます。


セキュリティーは問題ないのに、ユーザーの管理が原因で情報が洩れてしまった、なんて事のないよう十分に管理して運営していきましょう。

家計簿アプリの機能が家計の管理に役立つ!

ここまで家計簿アプリの危険性や対策について解説していきましたが、まだ不安が完全に拭い切れていない方もいるかもしれません。


ですが、その不安を打ち消すくらいに便利なアプリであれば使ってみたいと思いませんか?


家計を改善するために家計簿をつける事はとても大切ですが、正直なところ面倒と思う方もいる事でしょう。


家計簿アプリであれば家計簿の面倒をほぼ解消し、尚且つ改善に役立つ機能が満載です。


それでは家計簿アプリの便利な機能について解説していきます。

家計をやりくりするには収支の把握が重要

家計の改善や節約をするためには、まず自分の収支状況を把握する必要があります。


状況を把握しなければ改善すべき点も見つからず、なかなか節約や貯金もできません。


更に家庭を持っている方であれば、夫や妻と連携して収支の状況を共有しあう事はとても重要です。


お互いに収支の状況を把握しておくことで「無駄はないか」「この項目は節約できないか」と、意見を出し合って改善していくことができます。


そこで役に立つのが、家計簿アプリです。


家計簿アプリであれば一目収支の把握ができ、改善すべき点も見つかりやすいでしょう。


そして、夫婦や家族と家計簿アプリを共有することもできるので、家族で家計状況の把握ができます。


1人では節約に限界があったとしても、家族で協力しあえば家計はもっと良くなるでしょう。

家計簿アプリで収支を正しく管理しよう

家計簿をつける際に気を付けたいことの1つに、収支の記入を間違えない事があります。


ノートで家計簿を記入していた場合、数字を書き間違えたまま気付かないケースは少なくありません。


1桁違っていただけで収支の誤差に大きな影響が出る場合もあります。


その点家計簿アプリであれば、クレジットカードの利用状況や口座の残高まで自動で、しかも正確に反映されます。


その他にも買い物レシートを写真で撮れば金額もインプットされるので、金額を間違える心配もほぼありません。


何より筆記用具で記入しなくてもいいので、とてもラクチンです。


更にもっと正確に、もっとラクチンに家計簿アプリを運用したければ、普段の買い物をカード決済にすることで、レシートを写真で撮る手間も省けます。


極端に言えば、全ての買い物をカード決済にしてしまう事で、自動で家計簿アプリを運用出来てしまいます。


レシートの写真入力も便利な機能ですが、もっと便利に運用するためにこのような使い方があることを覚えておきましょう。

まとめ:危険性を正しく理解して、安全に使用しよう

家計簿アプリの危険性や対策、そして便利な機能についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは

  • 家計簿アプリに登録する情報は、銀行口座の残高やクレジットカードの使用状況のデータ取得だけなので、不正利用のリスクはほぼ無い
  • 家計簿アプリは個人情報保護の厳格化やデータの暗号化などセキュリティー対策が万全
  • ユーザーは様々なwebサービスのIDやパスワードを再利用しない対策が必要
  • 家計の改善には収支の状況が一目でわかる家計簿アプリが最適

でした。


家計簿アプリの危険性に不安を持っている方は、今回の記事で多少の不安は取り除けたかと思います。


もっと家計を改善していきたいのであれば、家計簿アプリは強い味方になってくれることでしょう。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。 

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング