年収500万の手取り・家計・家賃を公開!若くて年収500万なら勝ち組!

年収500万の手取り・家計・家賃を公開!若くて年収500万なら勝ち組!-サムネイル画像

年収500万円は女性や若い世代ではかなり勝ち組といえます。年収のピークである50代でも割合的に少ないのです。しかし、年収500万円でも地域や家族構成によっては余裕のある暮らしとまではいきません。年収500万円の手取り・家計・家賃などの生活レベルをご紹介します。





▼この記事を読んでほしい人

  • 年収500万円を達成するのは難しくない事だと考えている人
  • 割合的には多い部類なのか少ない部類なのか知りたい人
  • どのような生活ができるのか関心がある人


▼この記事を読んでわかること

  • 年収500万円になる人が稀である理由
  • 余裕のある生活ができるのか、暮らしのシミュレーション
  • 同じ年収でも都会と地方では生活レベルに差が出てしまう理由

内容をまとめると

  • 年収500万円は若い世代ではかなりの勝ち組と言える
  • 平均年収が500万円を上回るのは大企業や40歳以上の大卒など
  • 生活レベルは独身や子どものいない夫婦では余裕があると言えるが、子供ができるとあまり余裕があるとは言えない
  • 年収500万円を目指すなら、専門的なスキルや知識を身につける、昇進・昇格を目指すことがポイント
  • 年収500万円あっても貯蓄ができない場合、資産運用なども検討が必要
  • 資産運用について相談したい方は、マネーキャリアの無料相談がおすすめ
  • 今ならスマホひとつで無料相談が可能!資産運用のアドバイスをお金のプロにしてもらいましょう!

年収500万は20代か30代であれば勝ち組といえる!勝ち組といわれる2つの理由


年収500万円は勝ち組でしょうか?キリの良い数字となるため、これくらいの年収が欲しいと目標に掲げている方も多いですよね?勝ち組と言われるということは、達成するには難しいということになってしまいます。


特に20代や30代などの若い世代では難しいと言うのが現状です。年代や性別によってはかなり難しい目標となるのです。実際のデータを見ながら

  • 20代・30代の平均年収
  • 女性の場合

でなぜ勝ち組となる理由をご紹介します。

理由①:年収500万は20代と30代の平均年収を大きく上回っている

若い世代ではかなりの勝ち組と言えます。


世代ごとの平均年収のデータを見ていきましょう。

年齢平均年収
20~24歳282万円
25~29歳373万円
30~34歳450万円
35~39歳499万円
(参考:国税庁・平均給与)


年齢と共に平均年収は上がっていきますが、若い年代で500万円を上回ることはありません。年収500万円というのは平均を大きく上回っていることから、割合的にも稀な存在であることが分かります。


若い世代では働き始めてから年数があまり経過していないため、給料もそこまで上昇することは少ないと言えます。


このことから、20代や30代での年収500万円は稀な存在で、勝ち組と言えるのです。

理由②:女性であれば年収500万はかなりめずらしい

若い世代では稀な存在であることをご紹介しましたが、性別によっても大きく違っています。


先ほどの平均年収のデータを男女別で見てみましょう。

年齢男性女性
20~24歳307万円
258万円
25~29歳413万円
311万円
30~34歳513万円
307万円
35~39歳589万円291万円
(参考:国税庁・平均給与


男性の場合年齢と共に年収も上昇し、30代で年収500万円を突破していることが分かります。


一方、女性を見てみると25~29歳をピークに徐々に下がって行っている事が分かります。


このように、年収の男女差は大きいのです。女性で年収500万円となるのはかなり珍しいことと言えます。

年収500万以上で生活している人は少ない!平均年収と比較してわかりやすく紹介!


若い世代だけでなく、年収500万円以上で生活している人は少ないと言えるのです。


しかし、実際に稼いでいる方はいるため、どれくらいの割合で存在しているのか気になる方もいらっしゃると思います。


具体的にイメージするためにも、様々な条件での平均年収を見ていきたいと思います。

  • 企業規模別
  • 学歴別
  • 年代別

それぞれの平均年収のデータをご紹介していきます。

①企業規模別平均年収の比較:大企業では40代後半の平均年収500万以上

会社の規模によって年収は違ってくると言えます。企業規模ごとの平均年収を見ていきましょう。

企業規模平均年収
個人270万円
2,000万円未満425万円
2,000万円~5,000万円未満436万円
5,000万円~1億円未満464万円
1億円~10億円未満519万円
10億円以上635万円
(参考:国税庁・平均給与


企業規模が大きくなると平均年収も増えて行くことが分かります。年収500万円を超える金額になっているのは、1億円以上の大企業となっているのです。


このデータでの企業ごとの平均年齢は40歳前後となっているため、大企業に勤めている場合、40歳前後で年収500万円以上になると言えるのです。


やはり若い世代では難しいということが良く分かる結果と言えます。


特に企業規模が小さな会社では平均年収が500万円をおおきく下回っていると言えます。若い世代だけでなく、40代や50代などでも年収500万円を突破するのがむずかしい状況になっているのです。

②学歴別平均年収の比較:大卒や大学院卒でも年収500万稼ぐ人の割合は少ない

では、学歴別のデータはどうなっているのでしょうか?高学歴な方は大企業や特殊な職業に付いているイメージが大きいため、年収500万円はかるく突破していると考えてしまいますよね?実際の年収は以下のようになっています。

学歴男性女性
大卒・大学院卒401万円296万円
短大・高専卒315万円261万円
高卒293万円215万円
(参考:厚生労働省・令和元年賃金構造基本統計調査


確かに大卒や大学院卒などの方が年収は高くなっていると言えます。


しかし、平均年収は500万円を下回っているという結果になっています。


たとえ高学歴でも年収500万円を稼ぐことは難しく、稼いでいるのは一部の方ということが分かります。


さらに、年代に関係なく年収の多いピークは50代です。学歴別・年齢別に見たときに年収500万円が平均以上となるのは大学・大学院卒の50代に限られてしまうのです。


年収500万円と軽く目標に掲げている方も多いかもしれませんが、このようにかなり難しいことだということを覚えておきましょう。

③年代別平均年収の比較:年収のピークである50代も年収500万稼ぐのは約10%

年代別の平均年収は先ほどもご紹介しましたが、年収500万円以上となる方も少なからずいます。では、どれくらいの割合なのでしょうか?


年収500万円から600万円未満の方の割合は以下のようになっています。

年齢男性女性
20~24歳0.1%0%
25~29歳0.4%0.2%
30~34歳1.5%0.5%
35~39歳4.1%1.1%
40~44歳6.6%1.8%
45~49歳9.8%2.2%
50~54歳11.8%2.9%
55~59歳11.9%2.6%
60~64歳4.2%1.5%
(参考:厚生労働省・令和元年賃金構造基本統計調査


20代では1%にも満たない数値となっていますが、年齢と共に増えて行き、50代でピークを迎えています。


徐々に増えて行く傾向にはありますが、一番多い男性の50代でも年収500万円を稼いでいるのは10%程度と言えるのです。


600万円以上稼いでいる方もいらっしゃいます。しかし割合的には年収が上がるほど下がっていくため、それほど多くないということになります。


このことからも若い年代で年収500万円を突破することがとても難しいことが分かります。

年収500万の生活レベルとは?手取りや貯金、実際の生活費をシミュレーション

年収500万円稼げる方は少数派であることが分かりました。勝ち組となるため、かなり余裕を持った生活ができているのではと考える方は多いと思います。


実際の生活費のシミュレーションとして

  • 手取り金額
  • 独身
  • 夫婦(子供なし)
  • 夫婦(子供あり)

を見ていきたいと思います。


やはり自分たちよりも余裕のある生活をしているのでしょうか?それぞれ解説していきます。

年収500万であれば手取りは約400万

まずは手取り金額について考えてみましょう。


年収は全て合計した金額であり、手元に入ってくる支給額とは違っています。給料から天引きされるものがあるのです。

  • 所得税
  • 住民税
  • 健康保険
  • 厚生年金

などが引かれた状態が手取り金額となるのです。


40歳になるとさらに「介護保険」が天引きされることになります。


天引きされる金額はそれぞれ割合などが決っていますが、家族構成によって増減します。扶養家族が多いと天引きされる金額の合計額は少なくなっていくのです。


家族構成によって多少の違いはありますが、年収500万円の場合の手取り金額は約400万円です。


ボーナスなどを考えずに月割りで計算すると、一ヵ月あたりの手取りは約33万円になります。この金額でどのような生活ができるのでしょうか?


以下では家族構成別に生活レベルをシミュレーションしていきます。

生活費シミュレーション①:独身で一人暮らしの場合

独身の場合の生活をシミュレーションしていきます。


主な出費としては以下のものが考えられます。

項目金額
家賃9万円
水道・光熱費1.2万円
食費4万円
通信費1.5万円
交通費3,000円
医療費3,000円
日用品費5,000円
交際費4万円
趣味・娯楽費5万円
ローン・保険料など2万円
合計27.8万円
個人差はあると思いますが、このようなシミュレーションができます。

基本的に独身の方は食費なども少なく、出費自体多くありません。シミュレーションのように交際費や趣味・娯楽費に多くの金額を割いたとしても、33万円まではいきません。

余っている分は貯蓄などに回せるため、この場合貯蓄に5万円ほど回せることになります。

家賃や娯楽費などを多めに見積もっているため、この辺りを節約すればさらに貯蓄に回す金額を増やすことも可能です。

かなり余裕があり、生活レベルは高いと言えます。

生活費シミュレーション②:子どもがいない夫婦で二人暮らしの場合

年収500万円の方が結婚した場合を考えてみましょう。まずは子供がいない夫婦二人暮らしをシミュレーションしていきます。


主な出費としては以下のものが挙げられます。

項目金額
家賃10万円
食費6万円
水道・光熱費1.5万円
通信費2万円
交通費6,000円
医療費6,000円
日用品費1万円
交際費2万円
趣味・娯楽費4万円
ローン・保険料など3万円
合計31.7
生活スタイルによっても変わってくると思いますが、このようなシミュレーションができます。

2人暮らしとなることで、食費など全体的に出費が増えてきます。独身と比較すると若干余裕はなくなると言えます。

しかし、まだ趣味・娯楽費にそこそこの金額を割くことができ、さらに多少の余裕も見られます。

この状態ならば月に1.5~2万円程度の貯蓄も可能になっているため、将来のために貯蓄をして行くことも可能な状態です。節約をすることでさらに貯蓄に回す金額を増やすことも可能と言えます。

しまだ趣味などに多くの金額を利用することができるため、年収500万円で夫婦2人の生活には余裕がある状態となるのです。

生活費シミュレーション③:子どもがいる家族の場合

夫婦二人ではまだ余裕のある生活ができることが分かりました。では、子供がいる場合の生活はどうなのでしょうか?夫婦・子供1人の場合をシミュレーションしていきます。


主な出費は以下のようになります。

項目金額
家賃10万円
食費7.5万円
水道・光熱費1.5万円
通信費2万円
交通費6,000円
医療費6,000円
日用品費1万円
交際費2万円
趣味・娯楽費1万円
ローン・保険料など4万円
子供の教育費など1万円
合計31.2万円
このようなシミュレーションができます。

手取り金額よりも合計金額が少なく、2万円程度の余裕があるため、貯蓄も行えることになります。余裕のある生活に見えるかもしれません。

しかし、趣味・娯楽費用や交際費はかなり少なくなっています。貯蓄を行うためにはこれらに割く金額が確保できない状態です。


さらに家賃は10万円となっています。10万円で家族3人で暮らす家を探すとなると、都心に近い場所では難しいと言えます。郊外などに移る必要も出てきてしまうのです。


年収500万円でも生活することは可能ですが、余裕があるとは言えない状態です。


このように、家族構成によっては年収500万円だとしてもあまり余裕がない状況となってしまう事も考えられるのです。

年収500万は地方の場合かなり勝ち組!地方と都会では生活費や年収に差がある!


年収は地域によっても平均額に違いがあることはご存知でしたでしょうか?関東の平均年収はその他の地方よりも多いと言えるのです。


そのため、地方の方がかなり珍しい存在となるのです。


また、同じ年収だったとしても地方と都会では生活レベルが大きく変わってくることになります。なぜこのような事が起こるのでしょうか?

  • 地域別平均年収
  • 地方での生活レベル
  • 都会での生活レベル

について解説していきます。

関東の平均年収は地方の平均年収を大きく上回っている

地方と都会では収入に差があります。しかし、同じ日本国内のため、そこまで差があるとは思えませんよね?実際のデータをみてみましょう。

地域平均年収
関東429万円
東海400万円
関西389万円
中国・四国381万円
北信越376万円
北海道・東北371万円
九州・沖縄369万円
(参考:デューダ・平均年収ランキング


このように、関東地方は他の地域と比べてかなり高くなっているのです。一番低い九州・沖縄地方と比較すると、60万円もの差があることが分かります。


このことから、関東地方以外の地域では、年収500万円となる割合は少なくなり、珍しい存在と言えるのです。

①年収500万で地方に住む場合の生活レベル

年収500万円で地方に住んでいる場合の生活レベルをシミュレーションしてみましょう。独身の場合です。


必要な出費は以下のようになります。

項目金額
家賃6万円
食費4万円
水道・光熱費1.2万円
通信費1.5万円
交通費5,000円
医療費3,000円
日用品費5,000円
交際費2万円
趣味・娯楽費4万円
ローン・保険料など2万円
合計22万円
地方に住んでいる場合、家賃はかなり安くなると言えます。さらに都会よりも会社帰りの飲み会などの回数も減る傾向にあるため、交際費がそこまで高くありません。


ただし、項目には書いていませんが、地方に住む場合には車は必須とも言えます。家賃で浮いた分は車関連費用に回ってしまうため、プラス3万円程度かかることが予想されます。


しかし、車関連費用をプラスしたとしても25万円程度で済む計算となるため、年収500万円ある場合にはかなり余裕があり生活レベルは高いと言えるのです。

②年収500万で都会に住む場合の生活レベル

では、都会に住んでいた場合の生活レベルはどうなるのでしょうか?


必要な出費は以下のようになります。

項目費用
家賃10万円
食費4万円
水道・光熱費1.2万円
通信費1.5万円
交通費3,000円
医療費3,000円
日用品費5,000円
交際費4万円
趣味・娯楽費用5万円
ローン・保険料など2万円
合計28.8万円
都会は家賃が高い傾向にあります。駅の近くに住みたい場合はなおさら家賃は高くなってしまうのです。

また、飲み会などの頻度も多い傾向にあるため、交際費も上がってしまいます。地方に住むよりも多くの金額が出費として必要になってしまうため、そこまで余裕のある生活は期待できません。

都会ならば車を持たなくても生活に困ることはないため、車関連費用の出費は必要ないと言えます。しかし、車を持ちたい方にとっては都会での生活は向いていないと言えるのです。

特に駐車場代はかなり高く、3万円ほどかかる地域もあるため、車が必要な方は注意が必要と言えます。

このように、年収500万円でも都会で暮らすにはそこまで余裕がなく、車などは持てない可能性が高くなってしまうのです。

年収500万稼ぐにはどうすればいい?20代でも年収500万稼ぐための3つの方法

年収500万円はキリも良い数字のため、目標額に設定している方も多いと思います。


今、年収500万円に届いていなくても、以下のことを行えば到達する可能性があります。

  • 専門的なスキルや知識を身につける
  • 昇進・昇格を目指す
  • 転職を検討する

などです。


今の会社でもこれらのことを実践できれば、今後年収500万円を達成できる可能性はあると言えます。しかし、いくら上がっても無理だと感じる場合には思い切って転職を行う必要もあると言えるのです。

方法①:専門的なスキルや専門知識を身につける

専門的なスキルや専門知識を身につけることが年収を上げる方法の一つとして挙げられます。


身につけるスキルや知識は自分の会社で必要なものにしましょう。プログラミングや語学などは様々な会社で役に立つのではないかと思います。


このスキルや知識を身につけることで、最終的に以下で紹介する昇進などへと繋がっていき、年収アップが期待できるのです。


また、専門的な知識を生かして資格取得もおすすめです。


会社には資格手当など、資格を保有していることで給料の底上げが可能な制度があります。給料に影響する資格は会社ごとに違っているため、どの資格を取ると給料が上がるのかを調べ、資格取得を目指しましょう。


上がる金額としては数千円から数万円と大きく差があります。数千円のものでもいくつか取得することで年収を大幅に上げることが可能になります。

方法②:昇進や昇格を目指す

昇進昇格を目指す方法も一つの手段です。


資格取得よりも時間がかかってしまうかもしれませんが、昇進することで上がる収入は資格手当よりも多いのです。


昇進するとどれくらい上がるのでしょうか?同じ会社の一般社員と比較すると課長・部長などに昇進した場合、1.7~2.2倍程になると言われています。


一般社員の年収が300万円だった場合でも、課長や部長へと昇進し、1.7倍の給料になったとすると年収510万円です。昇進することで大幅な年収アップが期待できるのです。


そのためにも自分の価値を上げるために、会社に必要となるスキルや知識を身につけておく必要があると言えるのです。

方法③:現在の仕事で高年収を期待できなければ転職も検討する

2つの方法を試してみても年収が500万円まで上がることが期待できない会社もあると思います。小さな会社などでは特に年収を上げることは難しいかもしれません。


このような場合に有効な手段が転職です。


同系統の会社でも規模が大きいとその分給料も高くなっている傾向にあります。


また、年収は職業によっても大きな違いがあるため、高収入を得られる職業への転職を視野に入れても良いかもしれません。


転職する際には転職に有利になるようにスキルや資格の取得がおすすめと言えます。また、その職種での平均年収なども調べ、現在よりも高収入を狙えるのかを確認してから転職するようにしましょう。

年収500万を結婚条件としてあげる女性が多い

年収500万円を結婚条件に挙げる女性は多いものです。確かに、収入が多い方が何かと安心ですよね。


しかし、先述したようにそこまで稼いでいる方の割合は少ないのです。さらに年収のピークは50代ということもあり、結婚適齢期である20代や30代などの若い世代ではかなり厳しい条件とも言えるのです。出会いの数が激減してしまいます。


年収を限定することで数が絞られるため、年収を条件にすることに問題はありません。しかし、それで相手がいなくなってしまっては意味がありませんよね。出会いが無くなってしまうと結婚は遠くなってしまいます。


もし年収が少ないと不安という方は、他人にばかり任せずにまずは自分で資産形成を行ってみるのも一つの手段と言えます。


どうしてもこの条件ははずせない、という方は相手を職業から選ぶと良いかもしれません。職業ごとに平均年収は大きく変わると言え、職業を絞ることで可能性が高くります。


年収500万円を条件にするのは避けた方が良いのか知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

年収500万では生活できないと考えるなら効率的な資産運用も検討しよう

年収500万円となる方の割合は少なく、さらに家族構成や住んでいる地域によっては年収500万円でも余裕のある生活が難しいことをご紹介してきました。


特に結婚して子供がいるような場合には余裕もあまりなく、さらに将来への準備としてお金が多く必要になることになります。子供の教育資金もかなりの金額が必要になりますし、自身や配偶者の老後資金についても考えて行かなくてはならないのです。


このように、貯蓄が少しずつしかできないような場合には、効率的な資産運用も考えていく必要があります。


しかし、資産運用と言っても素人からしたらハードルが高くなってしまいますよね?このような悩みがある方はぜひマネーキャリアで相談して下さい。


マネーキャリアではお金のプロであるFPが資産運用についてのアドバイスをしてくれます。知識が無くてもしっかりと教えてもらえるため、資産運用を検討している方はまずマネーキャリアで無料相談をしてみてください。

年収500万稼ぐ場合の手取りや生活レベルに関するまとめ


いかがでしたか?ここでは年収500万円の割合や手取り金額、生活レベルについてご紹介しました。


年収500万円は勝ち組と言われるように、割合的には一部の方に限られていると言えます。


特に若い世代では割合は低く、結婚相手の条件として提示するにはかなり厳しい条件と言えるのです。


年収500万円を目指している方も多いと思いますが、現在の会社での昇進などで達成できそうならば昇進に向けて努力することをおすすめします。しかし、会社によってはいくら昇進しても達成できない場合もあります。このような場合には思い切って転職をすることも検討してみましょう。


また、年収500万円でも生活がむずかしいような場合には、資産運用などで将来に対する備えを増やしておくこともおすすめです。資産運用について相談したい方はマネーキャリアの無料相談をぜひご利用ください。


ほけんROOMでは他にもお金に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング