子宮内膜症でも入れる女性保険ってあるの?詳しく解説します!

医療保険とは、もしもの時に備える大切な保険です。特に女性の場合、子宮内膜症やチョコレート嚢腫などの病気も多いため、女性保険に入っておくと安心です。女性保険加入には制限があり、特に子宮内膜症や筋腫がある場合は加入出来る保険が限られたり、制限があったりします。

子宮内膜症でも女性保険に加入できる?

子宮内膜症などの女性特有の病気にかかる女性が、年齢に関係なく増えています。


そのような中で、現在医療保険や女性保険に加入しておらず、もしも女性特有の病気にかかった際には、何も保障を受けることができないというのは不安なことです。


しかし、子宮内膜症など女性特有の病気を保障してくれる女性保険とはどのようなものでそれに加入できるのか、気になるところです。


結論からいうと、子宮内膜症でも加入できる保険はあります。


そこで、この記事では『女性特有の病気を保障する女性保険』について、

  • 子宮内膜症でも入れる保険はある
  • 女性保険を選ぶポイントとは?
  • 子宮内膜症・子宮筋腫とはどのような病気なのか?
  • 子宮内膜症の治療方法とは?

以上を中心に解説していきます。


この記事を読んでいただいたら、女性保険への加入を検討している方、また子宮内膜症などにかかったけれど女性保険または医療保険へ加入したいとお考えの方の参考になるかと思います。


ぜひ最後までご覧ください。

子宮内膜症でも入れる女性保険はある

女性特有の病気である子宮内膜症にかかり、治療を終えてはいるものの、女性保険への加入が可能かどうか気になるところです。


まず、一般的な医療保険への加入の場合、健康状態の告知内容に該当しないのであれば、子宮内膜症でも加入することができます


医療保険の告知内容には、過去5年以内に医療機関を受診したり、入院または手術を受けたかなどがあります。


子宮内膜症の手術を5年以上前に受けたのであれば、告知内容に問題はないので、無条件で加入することができます。


しかし、子宮内膜症の手術を受けておらず、最終診療日から日の経過が短い場合には、医療保険の加入に条件が付けられる場合があります。


そして子宮内膜症などの女性特有の病気の保障を中心とした女性保険の場合、子宮内膜症の手術を受けておらず、また最終診療日から日の経過が短い場合には、保険の加入は難しくなります。


ただし、一生女性保険への加入ができないという訳ではありませんので、まずは加入しやすい医療保険に加入しておき、数年後治療した子宮内膜症の経過もよく、完治しているようであれば再度女性保険への加入を申し込んでみるといいでしょう。

乳がん・子宮がんには女性保険が必要なのか

女性保険に加入していなければ、女性特有の病気になった時に保障が受けられないと思っていませんか。


女性保険に加入していなくても、医療保険やがん保険に加入していれば、乳がんや子宮がんなど女性特有の病気ほとんどに対応することができます。


女性保険に加入していないのであれば、加入する医療保険やがん保険で女性特有の病気に対する手厚い保障に加入しておくことをおすすめします。

女性保険の選び方のポイントは?

まだ医療保険やがん保険に加入されていない場合は、ネットなどで女性保険やがん保険のパンフレットを取り寄せてみるのもおすすめです。


各保険会社ごとに保障内容やプランもさまざまですので、自分に必要な保障が何かを判断する材料にもなります。


すでに医療保険やがん保険に加入している場合は、わずかな金額で女性疾病特約を付加できる場合もありますので、今加入している保険会社に相談してみるといいでしょう。


新しく女性保険へ加入するよりも、保険料を抑えることができる場合もあります。


また、「自分で保険を選ぶのは難しい」「自分に合っている保険を選んでほしい」という方は保険のプロに相談してみるのもよいかもしれません。


ほけんROOMには、持病持ちの保険選びに詳しい専門家がいます。


近所のカフェなどで相談をすることができます。ぜひお気軽に下の赤いボタンから無料相談の予約をしてみてください。

女性特有病気の保険と、診断後に入れる保険

では、子宮内膜症に既にかかっているような方でも加入できる保険商品とはどのようなものがあるのでしょうか。 


また、まだ子宮内膜症にかかっていない人で女性特有の保険をお探しの方もいらっしゃっるのではないでしょうかあ。


ここでは加入できる可能性のある実際の保険商品を2つご紹介します。 


それぞれ保障内容が細かく異なり、保険料とともにまとめたので参考にしてみてください。 


 また加入する際には特約も確認して必要なものは追加することも検討しましょう。  

女性特有の病気に対して手厚い保険:楽天生命あんしんプラス女性サポート

楽天生命が出しているあんしんプラスの女性サポート保険です。


保障内容は以下の通りです。

あんしんプラス女性サポート保障内容
女性疾病支援給付金額※1100,000円
女性特定がん治療給付金500,000円
乳房再建給付金500,000円
死亡保険金500,000円
保険期間10年

この保障内容で40歳女性の月額保険料は1,710円です。


※1:女性疾病支援給付金の
お支払い対象となる女性疾病の例は、妊娠・分娩の合併症、
流産、帝王切開、関節リウマチ、子宮筋腫、子宮内膜症、
卵巣のう腫、乳がん、子宮がん、
卵巣がん、乳房・子宮・卵巣の
良性新生物です。


楽天生命のあんしんプラス女性サポートの詳細はこちら

子宮内膜症に診断されても入りやすい保険:新キュア・サポート

オリックス生命の新キュア・サポートです。


この保険の特徴としては

  • 持病がある人が入りやすい
  • 病気やケガよる入院・手術を一生涯保障
  • 約1,000種類の手術を保障

が挙げられます。 


保障内容は以下の通りです。


こちらでは「基本プラン」の保障内容を紹介します。 

新キュア・サポート保障内容
入院給付金日額5,000円
手術給付金(入院中)50,000円
手術給付金(外来)25,000円
先進医療特約通算2,000万円
保険料払込期間終身払い


以上の保障内容で30歳の方ですと月額保険料は2,879円です。 

新キュア・サポートについての詳細はこちら


たくさんある保険商品の中から自分にピッタリな保険を見つけるのって大変ですよね。


そんな方には保険のプロとの相談をおすすめしています。


下の赤いボタンから予約申し込みができますのでご検討ください。

女性保険の中で多い子宮内膜症や子宮筋腫とはどんな病気なのか

女性特有の病気の中でも、年齢に関係なく多いのが、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫です。


状態が悪化しない限り症状が出ない病気のため、自覚症状がなく、妊娠や検診がきっかけで見つかる場合も多くあります。


子宮内膜症や子宮筋腫が見つかってからでは女性保険への加入は難しくなってしまうので、若いうちから女性保険に加入しておくと安心です。

子宮内膜症とはどういう病気なのか

子宮内膜症とは、子宮内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖したり、剥離を繰り返す病気です。


症状としては生理痛がひどくなったり、また卵巣で子宮内膜が増殖や剥離を繰り返した場合は、卵巣チョコレート嚢腫と呼ばれる卵巣の病気にもなります。


さらにチョコレート嚢腫が大きくなると破裂する恐れがあるため、手術が必要になります。


子宮内膜症になってしまうと、妊娠しづらくなるとも言われており、注意が必要です。

子宮筋腫とはどういう病気なのか

子宮筋腫は良性の腫瘍で、女性ホルモンにより筋腫が大きくなっていきます


年齢に関係なく、小さいものを含めると50%の女性に筋腫があるほど多い病気です。


子宮筋腫が小さいうちは経過観察で大丈夫ですが、大きくなると赤ちゃんの頭ほどの大きさになる場合もあり、生理の時の出血が多くなり貧血がおきたり、腰痛になるなど日常生活が困難になります。

女性保険の対象になる子宮内膜症の治療方法は、薬それとも手術?

子宮内膜症は、若い女性にもとても多い病気です。


生理時に生理痛がひどい場合は、子宮内膜症の疑いがあります。


治療方法は患者さんの年齢や症状によって判断され、薬物療法か手術療法のどちらかで行われます。


薬物療法には女性ホルモンをおさえる薬物や、子宮内膜症の痛みを和らげるためにピルが使われることが多くなっています。

妊娠を望むときは手術療法がおこなわれます

子宮内膜症の病気があると、不妊症の原因にもなり、赤ちゃんを希望する場合は手術療法が有効です。


子宮内膜症は卵巣で増殖したり剥離する場合があり、症状が悪化するとチョコレート嚢胞と呼ばれる状態になります。


妊娠を希望する場合は腹腔鏡下手術によって嚢胞だけを切除します。


チョコレート嚢胞は再発しやすいため、手術後も経過を見ていく必要があります。

年齢が高い場合は全摘手術になることも

年齢が高い場合や妊娠をもう望まない場合は、子宮や卵巣全体を全摘する根治手術になる場合もあります。


再発の心配や卵巣に子宮内膜症が増殖するチョコレート嚢胞の場合は、がん化する可能性もあるため、全摘することで再発の可能性も無くなり、安心できるというメリットもあります。


閉経間近の女性や閉経後の女性は、子宮内膜症の治療は全摘出手術も選択のひとつになります。


子宮内膜症は加入できない場合や制限がかかる場合も

女性保険の加入を申し込んだのに、断られてしまうケースや制限がかかってしまうケースがあります。


女性特有の病気の中には、経過を見て治療方法を判断するものがあります。


子宮内膜症や卵巣嚢腫、子宮筋腫などがある場合は保険への加入が可能かの判断が難しく、医師の診察の結果次第で女性保険加入が認められたり、またはその病気だけ女性保険の保障の対象からはずされる場合があります

子宮内膜症は女性保険に加入できないのか

子宮内膜症と診断され、通院や投薬などの治療を行っている場合は、女性保険に加入することが難しくなります


そのような場合は、『引受基準緩和型医療保険』を選び、一定の基準を満たすことによって保険への加入が認められる場合もあります。


しかし、引受基準緩和型医療保険は一般的な医療保険よりも保険料が高くなったり、部位不担保で保障が半分になってしまうなどの条件も付いてしまいます。


しかし、子宮内膜症にかかり一般的な医療保険への加入が難しいようであれば、検討してみる価値はあります。

子宮内膜症が完治した場合はどうなるのか

子宮内膜症が手術により完治した場合は、保険会社にもよりますが、手術から2~3年ほど経過している場合、女性保険に加入できるケースが多くあります。


子宮を全摘した場合などは再発の心配がないため、もっと早く加入できる場合もあります。


子宮内膜症は再発する可能性が高いため、手術で完治しても告知が必要になったり、加入までに待機期間が必要になります。


子宮内膜症と診断を受けて完治した方が新しく女性保険に加入する際の条件は、各保険会社によってそれぞれ異なりますので、いくつかの保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。


また、健康状態を告知する必要があるため、告知に関して不安が残る方には専門家に相談することをおすすめします。


専門家と無料相談ができますので、ぜひお気軽に下の赤いボタンからお申込みしてください。

まとめ:子宮内膜症でも入れる女性保険について

この記事では、子宮内膜症でも入れる女性保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 女性保険を選ぶ際には、まずはパンフレットを取り寄せ、自分が必要な保障を知ることが大切である。
  • 現在医療保険やがん保険に加入している場合には、加入している保険に女性特有の病気を保障する特約を格安で付加できないか検討してみるのも一つの手である。
  • 子宮内膜症でも、健康状態の告知内容に該当していなければ、一般的な医療保険へ加入できる場合がある。
  • 子宮内膜症で手術を受けておらず、最終診療日から日が経過していないようであれば、女性保険への加入は難しいため、まずは加入しやすい一般的な医療保険へ加入しておくことがおすすめである。
です。

女性にとって子宮内膜症などの女性特有の病気は、年齢に関わらず注意しておきたい病気です。

しかし、初期には症状があらわれにくく、病状が悪化してから発見される病気も多くありますので、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

ほけんROOMでは、保険に関するさまざまな記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング