医療保険は短期払いと終身払いどっちがいい?払込期間の選び方を解説

医療保険には現役世代に支払いを終えて保障を一生涯続ける短期払いのものが昨今多く発売されています。短期払いのほうが、老後の収入減少に対して効率的にも思えますが、医療保険の性質(商品や社会保険制度の変化)を踏まえて考えていくことが大切です。

内容をまとめると

  1. 一般的に終身払いの方が安全
  2. しかし現在の医療の進歩は激しく、最新の医療技術が保障されていないということがあるかもしれない
  3. 短期払いは、収入があるうちに支払いが終わり年金生活でも安心
  4. どちらの払い込み方法が自分にとって最善なのか知りたい方は、保険のプロ無料相談がおすすめ

医療保険の短期払い(有期払い)と終身払いはどちらがおすすめ?

ご自分が気に入った医療保険を見つけたなら、今度は保険料払込期間をどうするか決める必要があります。


医療保険の中に保険料払込期間は選べない商品もありますが、保険料払込期間を任意で短期払いか、それとも終身払いか選択できる商品もあります。


しかし、いくら自由に選べるからと言って、短期払い・終身払いの特徴を理解せずに設定してしまうと、後悔してしまう場合もあります。


そこで今回は「医療保険の短期払いと終身払いの特徴と、その注意点」について

  • 短期払い・終身払いの特徴
  • 短期払いのメリット・デメリット
  • 終身払いのメリット・デメリット
  • 医療保険を短期払いまたは終身払いした方が良い人の特徴
について解説します。

この記事を読んでいただければ、医療保険の短期払いと終身払いの基本的な知識と、保険内容を決めるときに、良い参考となるはずです。

ぜひ、最後までご覧ください。

【補足】短期払いとは、60歳払い込みや65歳払い込みのこと

まず、短期払いとは何かということを説明します。


短期払いとは保険料の払い込みが、定年等による収入ダウンを見越して、60歳や65歳に保険料の払い込みを終えながら、保障については一生涯続けていくものです。


一般的には、60歳や65歳に払い込みが終わるものが短期払いです。中には一時払い(最初に一括で何百万円の保険料)タイプの商品もあります。


一時払いについては、節税対策で法人で加入するケースが多いので、今回の記事では割愛します。

【結論】医療保険の保険料払込期間は「短期払い」よりも「終身払い」がおすすめ

結論から言うと、大部分の人は終身医療保険の保険料払込期間は、「終身払い」にするのがおすすめです。

その理由の一つとして、月々の保険料が安いというのが挙げられます。実際にシミュレーションしてみたいと思います。

条件としては以下の通りにします。

  • 終身医療保険
  • 30歳(1987年生)男性の場合
  • OX生命の商品

終身払いの場合、月々2,512円の充実プランでのプランの実験をしてみようと思います。


終身払いでも月払い、半年払い、終身払いを用意してみました。保険料は以下のようになっています。

払込期間単位あたり保険料年間合計支払保険料
終身払い
(月払い)
2,512円
30,144円
終身払い
(半年払い)
14,912円29,824円
終身払い
(年払い)
29,316円29,316円
短期払い
(65歳払済)
3,172円38,064円
短期払い
(60歳払済)
 3,581円42,972円
終身払いと短期払いの比較グラフがこちらです。

このグラフからもわかるように、30歳から加入した場合、75歳前後まで生きれば短期払いの方がお得です。


よって短期払いの方がおすすめなのでは?と思われる方も多いでしょう。


しかし、短期払いのあるデメリットによって(後述)、終身払いのほうがおすすめといえるのです。とはいえ、どちらがおすすめかは人によって異なる場合もあります。


短期払いがおすすめな人は、

  • 健康に自信があり、長生きする可能性があると考える方
  • 定年後に収入ダウンが大きく、保険料を支払う自信がない方
となります。短期払いがおすすめな人については、記事の後半でも詳しく解説していきます。

ここまで見て、自分は短期払いと終身払いどちらにすべきか迷っている方も多いと思います。

自分は短期払いにするべきか、終身払いにするべきか正確に知りたい方は、保険相談でプロにシミュレーションしてもらいましょう。

下のボタンから無料相談の予約ができますので、是非ご利用ください。

医療保険を短期払い(60歳払込など)にする3つのメリット

短期払いの場合は、以下のようなメリットが挙げられます。

  1. 長生きしても保険料は変わらない
  2. 収入のあるうちに払い済みでき、老後の年金生活が安心
  3. 解約返戻金がある商品も存在
以降では、この3つを詳細に解説していきましょう。

メリット1:長生きしても保険料は変わらない

まずは、長生きした場合の保険料分を支払わなくても良いため、健康に自信があり、長生きする可能性が高い方にとっては大きなメリットです。


長生きしても保険料が変わらないメリットに加えて、終身医療保険の場合、更新型の保険ではないケースが多く、その場合も保険料は変わりません。


一番のメリットは、現役世代の間に変わらない保険料で、一定の保障を一生持てるため、安定したライフプランの設計ができることです。

メリット2:収入のあるうちに払い済みでき、老後の年金生活が安心

次に、短期払いの最大のメリットを述べます。老後、家計を揺るがす大きなリスクは「介護」・「長期入院」・「想定以上の長生き」の3点です。

そして、老後は、現役時代の貯蓄を崩しながら生活するため、老後の支出(固定費)を削減したいのは多くの方が考えることです。


短期払いで、現役時代に支払いを終え、一生涯の保障を持つことは心理的なメリットがあるといえます。

メリット3:解約返戻金が存在することもある

短期払いの医療保険の中には、解約返戻金といって、解約した際にお金が戻ってくるものもあります。

入院せず、健康に生活した場合、支払った保険料が戻ってくるのは、掛け捨てではないという心理的な満足感も満たすことができます。


この点は、健康に自信のある人には魅力的です。ここまでみてくると、短期払いの医療保険に加入しようかなと検討している方も多いでしょう。


そのような場合は、保険のプロとの無料相談がおすすめです。下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

医療保険を短期払いにする4つのデメリット

一方で、終身医療保険を短期払いにした場合は、次のようなデメリットがあるので注意が必要です。

  1. 毎月の保険料が高く、途中解約のリスクが高まる
  2. 終身払いのほうが保険の見直しはしやすい
  3. 払い済み特約の恩恵を得られない可能性がある
  4. 保険会社の破綻のリスクがある
以降では、この4つを詳細に解説していきましょう。

デメリット1:毎月の保険料が高く、途中解約のリスクが高まる

短期払いの場合、保険料の払込期間は終身払いよりも短い分、保険料も割高になります。

保険料に耐え切れなくなる場合も

保険料を払い込んでいる期間内で、給付金等を活用する前に負担へ耐え切れず解約する場合、これまでの保険料は1円も返還されません。


それは、医療保険が「掛け捨て型」の商品であることがほとんどだからです。中途解約をすればこれまでのコツコツ払い込んできた保険料は、残念ながら無駄になってしまいます。


短期払いの医療保険の場合、老後の入院リスクの高くなる前に解約するリスクが高い点も踏まえて、加入時に保険料が妥当か、継続して支払えるかよく考える必要があります。


老後の資産形成の必要性

ご自分がリタイアして保険料負担の無い状態で、一生涯の保障を受けられるのは確かに魅力的です。しかし、リタイア後は現役の方々のような収入がもはや得られなくなります。


老後の生活費をどうやりくりするかも検討する必要があります。貯金と年金だけでは老後に不安を覚えるなら、現役の時から医療保険の保険料はなるべく安く抑えることも大事です。


その上で、あまった余裕資金を、使い勝手の良い定期預金投資信託等に回した方が良いでしょう。これらの金融商品で得た利益を保険料(終身払い)や、生活費に活用した方がお得です。

デメリット2:終身払いのほうが保険の見直しがしやすい

医療保険の場合、死亡保険と違って給付事由も変わるため、商品の開発が行われやすいです。さらに、社会保障制度も変わりやすく、必要な保障(自己負担額)も変わりやすいです。

具体的には、同じ医療保険といっても、昨今では日帰り入院に対応(以前は、5日以上入院や20日以上入院)になっていたり、手術のカバー範囲の変更(以前は、限定列挙の88種類手術のみ対応)があったり、放射線治療のカバー範囲の拡充といったように大きな進化が見られます。


これらの進歩は、わずか20年の間で起こっています。その変化を考えると、医療保険を短期払いという形で固定してしまうことは、その商品自体が陳腐化するリスクを備えていることも理解する必要があります。


また、新しい商品が出ても、その時には健康状態次第では加入できない点も、意外と盲点なので念頭に入れておきましょう。

デメリット3:払い済み特約の恩恵を得られない可能性がある

医療保険については、メインの保険ではなく、死亡保障等に特約として付加されているケースも多いです。

そして、それらの場合、メインの保障である死亡保障等が払い込み終了となる際に、特約である医療保障も一定の金額を支払うことで継続することができます。


ただし、多くのケースで発生しているのが、メインの死亡保障に加入したのが数十年も前であることが多く、医療保障も相応に古いものであり、現在の医療技術と照らし合わせて給付事由が狭いことも問題となっています。


生命保険はいざというときに機能して初めて意味があります。進化の激しい医療保険については、常に情報を仕入れることが大切です(加入の保険会社に問い合わせるとすぐに教えてもらえます。)

デメリット4:保険会社の破綻のリスクがある

これは、意外と盲点といえます。例えば、60歳で払い込みが終わったとして、医療保険が本領を発揮するのは、そこから20年、30年先です。平均寿命が延びる中、もっと長くなるかもしれません。

何十年という単位で、加入している保険会社の存続を、果たして自信を持って大丈夫といえるでしょうか?


日本生命や第一生命といった名の通った大手生保はともかく、会社によっては倒産リスクは必ず念頭に入れた方が安全でしょう。


一般的な商品と異なり、生命保険は住宅同様に長いスパンで考えることが大切です。

医療保険を終身払いにするメリット・デメリット

医療保険を終身払いにした場合、次のようなメリット、そしてデメリットがあります。


ご自分がデメリットとなる終身払いの特徴よりも、メリット部分に魅力を感じるならば、終身医療保険を契約する際に終身払いを選んだ方が良いでしょう。

医療保険を終身払いにするメリット

医療保険を終身払いにするメリットは次の2点です。

  1. 月々の保険料が短期払いと比較して安い
  2. 保険の見直しがしやすい
「1」の場合は、前述したように一生涯払払い続けることになるので、その分、毎月(また半年1回、年1回)に支払う負担が軽減されます。そのため、現在の家計の負担を軽減したい方々に最適の方法です。

「2」の場合、医療保険のほとんどは掛け捨て型の商品であるため、保険料が戻らないのなら、保険料を抑えつつ、ご自分に有利な商品を見つけて加入し直すことへ、心理抵抗も少ないことがあげられます。

短期払いの場合は、前述したように保険料が高い上、保険料払込を終了した後に解約しようとしても、払い込んだ保険料がもったいなくて、保険の見直しを決断し難くなります。

医療保険を終身払いにするデメリット

医療保険を終身払いにするデメリットは次の2点となります。

  1. 長生きすればするほど払い込む保険料の総額が高額になる
  2. 年金生活になっても保険料を払い続けなくてはいけない

「1」の場合は終身払いにすると、契約時に設定した保険料同額分を、ご自分がリタイアした後でも払い続けることになるからです。


そのため、被保険者が亡くなるまで払い続けた保険料総額が、短期払いで払い込む総額をはるかに上回るケースもあり得ます。


「2」の場合も同様で契約時に設定した保険料をリタイア後は、年金か預貯金で賄う必要が出てきます。現役の頃はその保険料を負担と感じなくても、老後は生活費を圧迫する事態になるかもしれません。


終身払いのメリットとデメリットについて、より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

医療保険を短期払いにしたほうが良い人の特徴とは?

これらも踏まえて、終身医療保険を終身払いではなく、短期払いにした方が良いと思う方は、以下のようなケースです。

  • 健康に自信があり、長生きする可能性があると考える方
  • 定年後に収入ダウンが大きく、保険料を支払う自信がない方
それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

健康に自信があり、長生きする可能性があると考える方

前述した終身払いと短期払いの比較グラフを見てもわかる通り、契約者が30歳の場合、75歳以降になれば終身払いの累積保険料が、短期払いの保険料総額を上回ります。


つまり、80代以降になるまで生存できれば、概ね短期払いで払い込んでいた方がお得になります。現在の日本人の平均寿命は女性87.32歳、男性81.25歳となっています。


この平均寿命まで生存できそうな方々は、短期払いを選んだ方が良いでしょう。

定年後に収入ダウンが大きく、保険料を支払う自信がない方

現在の給与はそれなりに高いものの、退職時にどれくらいの退職金がもらえるのか、リタイア後に受け取れる公的年金がどうなるか心配な人は、やはり短期払いの方が良いでしょう。

特に、自営業の方々の場合は退職金すらありませんので、老後は貯金と国民年金しか基本的に頼れるものがありません。

退職金・公的年金は老後の生活費に貯めて置き、現役の内に保険料の払込を終えれば安心です。


自分は本当に短期払いにすべきか迷うという方は、保険のプロにアドバイスをもらうことをおすすめします。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

医療保険を終身払いにした方が良い人の特徴とは?

医療保険を短期払いではなく、終身払いを選んだ方が良い人は、主に次のような方々があげられます。

  • 月々の保険料負担をおさえたい人
  • 保険を見直す可能性がある人
こちらでは、それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

月々の保険料負担をおさえたい人

ご自分が医療保険の他に死亡保険や、家族の生命保険等にも加入していたり、ローンを組んで返済を続けていたりして、医療保険へあまり保険料を回せない人があてはまります。


いろいろな保険料負担や返済があるにしても、医療保障へしっかり備えたい人は、終身払いを選んだ方が良いでしょう。


他にお金を回さなければいけない事情がある場合、無理に短期払いで保険料を払い込むと、継続が難しくなってしまいます。

保険を見直す可能性がある人

終身医療保険では、20代・30代の内に加入すれば毎月1,000円未満の保険料で、医療保障が継続できる商品もあります。

今のところ健康で深刻な病気のリスクはないものの、まさかのために備えておく商品として申し分ないでしょう。

しかし、このような安い医療保険は、被保険者の入院治療の際に受け取れる「入院給付金」、手術の際に受け取れる「手術給付金」という、基本的な保障しか設定されていない場合が多いです。

そのため、ご自分が50代・60代と年を重ねるほどリスクが増す、「生活習慣病」への治療サポートを十分に果たせないおそれがあります。

この生活習慣病には「がん・心疾患・脳血管疾患」のような重大な疾病も含まれています(三大疾病)。

より深刻な病気に備えるため中高年となる前に、より保障が手厚い保険へ見直すことを決めている人なら、見直すまでの間、安い医療保険を終身払いで加入していた方が無難です。


ここまでで、自分は終身払いと短期払いのどちらにすべきか迷うという方も多いでしょう。


そのような場合は、保険のプロ無料相談するのがおすすめです。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

まとめ:医療保険の払込期間は終身払いがおすすめ

医療保険の短期払いと終身払いの特徴と、その注意点について解説し来ましたが、いかがでしたか。


今回の記事のポイントは

  • 医療保険の短期払いは、収入のあるうちに払い済みでき老後の年金生活が安心
  • しかし、短期払いは毎月の保険料が高く、途中解約のリスクも高い
  • 一方、終身払いは月々の保険料が短期払いと比較して安く、保険見直しも容易
  • しかし、終身払いは保険料の総額がかなり高額になる場合もある
  • 短期払いも終身払いも一長一短はあるので、保険のプロに無料相談するのがおすすめ
でした。

ご自分の給与が高く、退職金や公的年金がどの位もらえるか、ある程度把握できるならば短期払いを選んでも構いません。

しかし、老後の貯蓄や公的年金へ不安があるなら、終身払いで保険料を軽減しつつ、老後の資産形成の準備を行う方が良いでしょう。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング