医療保険の概要から抑えておきたい、いざという時の医療費のカバー

医療保険の概要を言えば入院・手術への保障に特化した保険です。
年齢を重ねるごとに生活習慣病のリスクも高まり、医療費が高い割合でウエイトを占めることがあります。
どのタイミングで、どれぐらいの保険に加入すれば良いのか、医療保険の概要から必要な保障がみえてきます。

医療保険の概要。いざいという時と高齢期の医療負担に備えるために

疾病リスクの概要から病気やケガのリスクは年齢を重なるごとに高くなります。そんな高齢期の医療費をカバーできるのが医療保険の概要であり、一面です。 


医療保険の概要を保険期間でみると終身型と定期型の二つがあります。おすすめは保険料が変わらない、保障に終わりのない終身型ですが、年齢によっては高い負担で医療保険に加入することはなく、ライフステージと家計などに合わせて加入することがベストです。

医療保険の必要性は年齢に比例して高くなる

30歳代ではさほど医療保険の必要性も感じないでしょう。そのため30歳代では最低限のカバーのために定期型の医療保険でも良い場合があります。 


40歳以降となると生活習慣病のリスクが高まる年代であり、子どもの成長によっては家計の負担が一番重くなる時期と重なります。万一の病気・ケガに備えて家計の負担を軽くする意味でも医療保険の必要性も高まります。

医療保険 概要

医療保険 概要

最新の保障内容で医療保険を考える

医療の進歩に応じて、進化してきたのも医療保険の概要です。先進医療然り、生活習慣病への保障も含め、現在、加入しているならば、最新の保障内容に切り替えておくことも大切です。


 保険料の負担で比較すると終身払いにメリットがありますが、持病などで思うような医療保険に加入できない、その分、保険料が高い保険にしか入れないこともあります。

保険料の払い方で比較する医療保険の概要と加入のタイミング

医療保険を保険料の払い方による概要でみると有期払いと終身払いの二つがあります。当然、充実した内容を受けようと考えると保険料は高くなりますが、若い年代から長く加入することで、月々の保険料を抑えることもできます。


 ポイントはどの年代で準備するか、また保障内容の見直しを柔軟に変えることができるかです。そうした概要からみると、加入時期のタイミングと見直し時期のひとつの年代に40歳代があります。

有期払いのメリット・デメリット

保険料を早めに払い込んでしまう面で保険料は終身払いと比べて高くなることがあります。 

年齢によって違いがありますが、これも保険料の支払いひとつで変わる医療保険の概要で、20~30歳代で加入すれば、長く保険料を払い続ける分、月々の保険料を抑えることもできます。また、団体保険に加入できるのなら、比較的に安い保険料で充実した保障内容を受けることも可能です。

終身払いのメリット・デメリット

退職してから保険料を払い続けるのは大変という面が終身払いの医療保険の概要です。ただし、保険料の支払いが長いということは、それだけ月々の保険料が安くなることがあります。 


最新の保障内容に柔軟に対応できる保険であるか、長い目でみるとムリがありません。また、医療保険のパンフレットや提案書などで年代毎の保険料の推移・概要が明示されていますので払い続けられるものである確認しておくことをおすすめします。

医療保険の概要を入院給付日数から考えると必要な保険がみえてくる

医療保険の概要として、保険の中心となる入院給付金は1日目から給付される保険が主流ですが、問題はどれぐらいの金額を受けるかで、保険料も変わってきます。


 また、職種の違いと概要から会社員と自営業者では休業時の公的な保証にも差があります。万一の病気やケガに備える医療保険の概要から、どれだけ医療費の出費をカバーして、家計の負担を軽くできるかもあります。

会社員の場合は公的保障分を考えて加入

会社勤めの場合は健康保険から傷病手当金が給付され、有給休暇の消化で休業時の収入減をカバーできることがあります。そのため、日額5000円でも十分な場合もあります。 


さらに高額療養費制度も活用できるので、ある程度の医療費の出費をカバーできる必要最低限の保障内容で良いでしょう。

自営業者は休業分の収入減を考慮する

会社員の場合と違って公的な保障がないため、日額1万円で国民保険料や高額療養費制度でカバーできる分を差し引いて残る金額で、休業時の収入減をカバーできるないか考えてみます。 


貯蓄があれば、日額5000円で良いのですが、将来に残すお金に手をつけるよりも、医療保険で出費をカバーする方が得策なこともあります。

1入院あたりの限度日数でみた医療保険の概要

入院期間の短期化も医療の進歩ですが、高齢になるつれ、入院が長期化する傾向があります。

 例えば、脳血管疾患のケースでは入院が長期化することがあり、医療保険の1入院あたりの限度日数が大きな意味を持ちます。当然、日数が増えれば保険料も上がり、負担と保障内容の両者を比較しての加入することも医療保険の概要からみると大切です。

平均入院日数でみる60日型の概要

60日型は2ヵ月となる入院をカバーできることになります。現状は2ヵ月の長期入院となるケースは少数で、多くの疾病の入院・治療でカバーできます。


 早期に退院して通院するというケースも多く、通院時でも保障してくれる医療保険への加入も想定しておくと良いのですが、通院時のカバーは特約扱いとなり、保険料も高くなります。

長期入院を想定した120日間の概要

脳血管疾患の場合は入院の長期化が考えられますので、120日間も保障してくる医療保険は安心です。

 当然、保険料は高くなりますが、長引く入院で出費をカバーしたいというならば加入もムダではありません。ただし、脳血管疾患への対応だけで医療保険をみることないう、三大疾病特約などに対応したものなどでカバーできることもあります。

まとめ

先進医療特約やがん特約など医療保険はオプションともいえる特約でさらに保障内容を充実させることも可能です。ただし、不安が先行してあれも、これもと特約をつけることは保険料がムダに高くなる恐れがあります。


 なかでも、がん保険はがんの長期の治療やセカンドオピニオンに対応した診断給付金など手厚い保障があります。医療保険の概要から、補いきれない部分などを他の専門保険でカバすることもポイントです。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!