7大疾病までをもカバーできる医療保険の特約は本当に必要なの?

男性も女性も社会に出て働く世の中、もしも病気になったときの保障を充実させたいという人は多いでしょう。そこで医療保険が人気となっているのですが、中には3大・7大疾病特約といったタイプもあります。医療保険における3大・7大疾病とはいったいどのようなものでしょうか。

死亡保障より人気の、医療保険と7大疾病による入院延長保障

以前は生命保険というと死亡時にまとまった金額が下りるものが人気となっていました。


しかし最近では医療の技術進化や女性の社会進出などの背景もあり、入院や手術に対する保障がしっかりした医療保険が人気となっています。


そのなかでも3大疾病7大疾病といったものに対して保障が厚くなっているものが人気なのです。

医療保険 7大疾病

医療保険 7大疾病

3大疾病・7大疾病って何?

医療保険には、公的な健康保険の対象となる疾病に関する入院および手術を保障する主契約の他に、さまざまな特約が用意されています。


例えば、一般的に入院保障は入院して3日間程度は保険金が出ませんが、入院当日から保険金が出る入院特約などがあります。


そんな医療保険の特約には、3大疾病や7大疾病についての特約というものもあります。


これは数百、数千とある病気のうち、特定の疾病について手厚く保障をするための特約です。


具体的には、3大疾病とは「がん(悪性新生物)」「心疾患(急性心筋梗塞)」「脳血管疾患(脳卒中)」の3つの疾病を指します。


7大疾病とは3大疾病に加えて「慢性腎不全」「肝硬変」「 糖尿病」「高血圧性疾患」を含めた7つの疾病を指します。


3大疾病は、さまざまな疾病の中でも日本において死因の上位を占める疾病で、日本の国民病とも言われます。


また7大疾病は7大生活習慣病とも言われ、やはり日本において罹患率の高い疾病です。


医療保険の3大疾病特約や7大疾病特約は、これらの疾病に対して保険金を上乗せして給付したり、入院保障の期間を長く設定したりというふうに、保障を手厚くするための特約です。


このような3大疾病や7大疾病は罹患する人も多く、重い病気であるという認識を持っている人が多いため、この特約が人気となっているのです。

3大疾病に4つを足したものが7大疾病

基本となるのは、がん・脳血管疾患・心疾患の3つであり、3大疾患と呼ばれるものです。


ここに、高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患・糖尿病の4つの疾患を足したものが7大疾病となります。


こう見ると、身近な人でかかったことのある病気がとても多いことが分かります。


こうしたメジャーな疾患の保障が手厚くなるというのは医療保険を利用する人にとってはメリットが大きいでしょう。

医療保険は3大疾病だけでなく、7大疾病まで必要なのか

ただし、保障内容が手厚くなるということは、当然医療保険料に金額が反映されてきます。


保険料等というのはなるべく負担を少なくしたいというのが本音ですから、7大疾病までカバーする医療保険は必要なのだろうかという疑問を持つ人も少なくありません。


実際に、手厚くなる保障というのはどういった内容なのでしょうか。

入院にかかる費用をカバーできる保険

3大疾病も7大疾病も、手厚くなる保障というのは入院時の保障日数となります。


一般的な医療保険では、1回の入院につき60日もしくは120日まで入院給付を受け取ることが出来るとなっています。


大部屋であれば部屋代はかからないことがほとんどですが、個室の場合や食事代、TV等の利用料など、入院にかかる費用の足しにできることが医療保険が人気の理由となっています。

どれくらい保障が手厚くなるのか

では3大疾病や7大疾病を付けた場合、どのくらい入院保障が延長されるのでしょうか。


一般的な医療保険における3大疾病の延長保障は無制限となっていることが多く、治療が長引くかもしれないと考えた場合はメリットが大きいと言えるでしょう。


それ以外の7大疾病だと、無制限であるものと60日が延長されるものにわかれています。

7大疾病の実入院日数と医療保険の関係はどのようになっているか

多少割高な保険料を払ったとしても、入院費が長く受けとれるということなら、そちらの医療保険を選択したいと考える人は多いでしょう。


ただ、今の医療において入院日数がどのくらいとなっているのかを知っていないと、メリットが大きいかどうかは判断できないとも言えます。


実際にはどのくらい入院が必要なのでしょうか。

実は以外に入院日数は控えめ

昔であれば、ひとたび入院するとなかなか退院することが出来ないということは当たり前でした。


しかし医学の進歩や医療点数の計算改定などから、最近では多くの病院で入院日数というのは減少しているのです。


あくまで統計によるものですから、これより短い場合も多い場合もありますが、7大疾病における平均的な入院日数を見てみましょう。

がんは入院日数が最も短い

病気と言えば真っ先に浮かぶ人も多いがんですが、7大疾病の中では最も入院日数が短いとされています。


年々減少し続けており、最近は20日程度で退院できることが多くなっているのです。


その他の心疾患・肝疾患・糖尿病といった疾患であっても、だいたい入院日数は20~40日以内に納まっています。


高血圧や腎疾患は60日前後と比較的長めではありますが、通常の医療保険でカバーできる程度の入院日数なのです。

脳血管疾患だけは入院が長引く傾向

このように7大疾病の入院日数を見てみると、最近は非常に入院日数が短いことが分かります。


ですから通常の医療保険のみで疾病特約を付ける必要性はないのではと感じる人も少なくないでしょう。


ここで注意したいのが、脳血管疾患です。実は脳血管疾患だけは入院日数が長引く傾向があり、およそ90日程度は入院が必要と言われています。

疾病特約の分だけ保険料は高くなる

つまり、医療保険における3大・7大疾病の特約というのは、脳血管疾患を重視して考えることが望ましいと言えます。


医療保険に3大・7大疾病特約を付けるということは、それだけ保険料は高くなります。


高くなった分の保険料に見合った保障やリスクがあるかということは念頭に置かなければなりません。

医療保険 7大疾病

医療保険 7大疾病

7大疾病まではあまり必要がない可能性も

脳血管疾患は3大疾病に含まれています。


家系的に脳卒中や脳梗塞といったことが心配であれば、医療保険に3大疾病特約はつけておいた方が安心でしょう。


そうでなければ、医療保険において7大疾病までは必要がないのではないかと思われます。


もし安心のためにということであれば、一部延長保障タイプを選択しておくといいでしょう。

まとめ:7大疾病をカバーする医療保険は必要なのか

医療保険の特約における7大疾病について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは、
  • 3大疾病や7大疾病は罹患率が高い病気である
  • 実際には7大疾病の入院日数はさほど長くない
  • 特約のため通常の契約よりも保険料が上がる
  • 通常の医療保険のみでカバーできる疾病がほとんどで、あまり7大疾病特約は必要ない
です。

確かに7大疾病は怖い病気ではありますが、あらゆるリスクに対して保険で備えるというのは合理的ではありません。

平均入院日数などのデータを冷静に見れば、保険料を追加で支払ってまで備える必要のある病気というのはあまり多くはないのです。

家族や親戚で脳血管疾患にかかった人がいると心配になるでしょうが、保険の加入にあたって無駄な保険料を払わないためには、特約の必要性は十分に考慮する必要があります。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。
医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 【女性FP監修】医療保険に女性疾病特約は必要か不要か
  • がん以外の七大疾病・八大疾病も保障してくれるがん保険の特約とは?
  • 医療保険の三大疾病特約は必要?メリットからいくら必要かまで解説!
  • 医療保険に女性疾病特約を付帯するか迷ったら、保障内容・範囲を確認
  • 住宅ローンの疾病保障の必要性は低い?その理由を徹底解説!
  • 三大疾病の費用は一時金で備えられる?保険でいくらもらえるか紹介!
  • 三大疾病の一時金の相場はいくら?がん保険との比較もしよう!
  • 三大疾病の一時金は500万だと安心?シミュレーションで確認しよう!
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?