女性は安心して60歳になれるような医療保険に加入しておこう

女性が安心して60歳になるためには、医療保険に加入しておくことがおすすめです。60歳になると、退職による生活の変化や健康への不安など、ライフステージの変化がありますが、医療費は、現役として支払うことになるため、医療保険への加入が必要な女性が多いのが現状です。

女性が安心して60歳になるために医療保険が必要な理由

60歳になると、体力的な衰えや病気への不安を感じる人が大変多くなってくる年代です。


実際、国立がん保険センターによると、男女ともに60歳以降からがんになる確率があがり、内閣府の「平成28年版高齢社会白書」によると、65歳の半数近くが身体に異変を感じているとのことです。


退職の時期とも重なりますが、公的年金の受け取りまでには5年ほどの期間があり、70歳になるまでは、健康保険では高齢者として扱われないため、安心して60代を過ごせるように、若いうちに医療保険に加入しておくことが必要です。


60歳 女性 医療保険

60歳 女性 医療保険

60歳の女性のライフステージ

60歳を迎えると、体の衰えが進行してきて健康に対する不安が増してきます。さらに、退職などが重なり生活が変化したり、子供が独立している人も多く、夫婦の人でも、独身の人でも、自分の生活を自分で守らなければならないことが多く、金銭的にも、健康面でも不安が増してくる年代です。

60歳の女性の金銭事情

60歳で自分が退職を迎えたり、夫が退職したりする人は多く、再就職や退職延長をしても、金銭的には現役時代よりは余裕が少なくなります。


また、公的年金の受給が65歳以降になっているので、老後の生活を楽しむことが難しい金銭事情になる人が多く、医療費が家計の負担になります。

女性は60歳になったときに安心して暮らすことができる医療保険が必要

体力面での衰えや病気への不安、経済的な不安などが押し寄せてくる60歳の女性は、病気になるリスクが増してくる年代でもあります。


健康保険に加入していても、まだ高齢者として扱われるわけではないため、手術や入院が必要になった場合には、お金の心配をする人が多い年代でもあるため、医療保険に加入していることが必要です。

60歳の女性は生命保険より医療保険

子どもが独立して、孫がいる人も多くなってくる60歳を迎えた女性には、高額な生命保険は必要ありません。


自分の健康を長く守るための医療保険の方が、安心感の上でも、経済面でも必要度が高い場合が多いので、安心して医療を受けることができる医療保険に加入しておくことが大切です。

60歳になる前に医療保険に加入しておこう

60歳を過ぎてから、医療保険に加入すると、月々の掛け金が高くなりがちです。


経済的に余裕が少ない60歳になってから、医療保険に加入することは経済的にも、精神的にも負担があるので、若いうちから60歳になったときに安心できるように医療保険に加入しておくことをおすすめします。

60歳になった女性が安心して暮らせる医療保険の内容

60歳になったときに女性が安心できる医療保険は、掛け金が安く、入院や通院の補償がしっかり受けられる医療保険です。


掛け金と補償と生活費のバランスが良い医療保険が、女性に向いています。貯蓄性がある医療保険もあり、興味がある女性も多いのですが、おすすめは掛け捨ての医療保険です。

掛け捨ての医療保険がおすすめ

若いうちから医療保険に加入する場合に、気になる女性が多いのが貯蓄性がある医療保険です。


女性は、経済的にしっかりとした人が多いため、掛け捨てはもったいないと思う場合も多いのですが、医療費の負担を軽減する医療保険と貯蓄は別に考えることが、女性安心して60歳を迎えるためのポイントです。

掛け捨ての医療保険が女性におすすめの理由

貯蓄性がある医療保険は、掛け捨てに比べて掛け金が高くなります。健康でいることができるとボーナスや払い戻しがあるのでお得に感じる女性が多いのですが、入院や手術をすると戻ってくる金額は減ります。


掛け金の差額を貯蓄しておく方が、医療保険を安心して使うことができ、貯蓄も着実にできます。

安心して60歳を迎えるためにおすすめの医療保険

安心して60歳を迎えるためには、若いうちから、60歳になったときの医療費の負担を軽減し、掛け金が安い掛け捨ての保険に入っておくことがおすすめです。


60歳になったときの医療費の自己負担額に応じた医療保険に若いうちから加入しておくことで、掛け金が安く安心できます。

掛け金が安くても安心できる医療保険

入院日数や手術回数、病気の種類などによって医療保険の掛け金は変わります。一方、医療費の負担には上限があるため、入院の日数や病気の種類、手術などによって、負担する医療費は変わらず、毎月の上限と一年間の上限が決められています。


自己負担を軽減し、安心して医療を受けるためには、自分の医療費負担の上限を知り、上限額に応じた医療保険なら、掛け金が安くても安心です。

女性が安心できる終身医療保険を選ぼう

医療費の負担を軽減することができる掛け捨ての医療保険に、若いときから加入しておくことで、60歳になったときに安心して医療を受けることができます。


寿命が長く、60歳から20年以上楽しく暮らすことができる可能性がある女性は、掛け捨ての中でも、終身の医療保険を選ぶことがおすすめです。


65歳以上の医療保険についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

まとめ

安心して医療を受けることができる医療保険に加入しておくことで、病気のリスクが高くなってくる60歳以降の女性が、必要な医療を受けながら、楽しく暮らすことが期待できます。


収入が減る場合が多い60歳からの女性は、掛け金が安いことが、保険に加入し続けるために大切なポイントになるため、できるだけ若いうちから将来を見越した掛け捨てで終身の医療保険に加入しておくことをおすすめします。

医療保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング