終身医療保険の保険料はいくら?メリットは?定期と比較してみます

医療保険に加入を考えたとき、終身と定期によって、それぞれの保障対象や保険料がどう変わるのか分かり辛い面があります。また資料を請求し保険料などが理解できても、終身と定期どちらが最適なのかの迷いは起こりがちです。医療保険のメリット・デメリットをみていきます。

保険料や加入期間について終身と定期医療保険で備えられるリスクは違う?

保険に加入を勧められ資料請求をしても、保険の種類によって保険料や終身など掛ける期間に違いがあり、何が適切なのか分からないことがあります。死亡保険や生命保険、傷害保険とは別に医療保険があります。


この医療保険は、いったいどのようなリスクに備えるための保険なのか、医療保険に種類はあるのか加入前に知っておくことは、とても重要です。

公的医療保険と民間医療保険の違い

そもそも医療保険には、公的なものと民間が主体となって保障するものとがあります。


公的な保障は、国民皆保険制度による健康保険です。医療機関で診察を受けた場合に保険証を提示すれば、現役世代であれば3割負担で済むものです。


一方民間保険は、3割負担でも多額になる医療費や、自由診療といった公的保障の範囲外の医療費に備えます。

医療保険はどのようなリスクに備える保険か

いくつか存在する保険の中で、医療保険は病気やケガによる通院や入院によって負担すべき医療費を保障するものです。


病気やケガの場合には、費用面だけの問題ではなく、その間に働けない状況であれば給与保障の側面も併せ持っています。

つまり収入がない不安を取り除いてくれるのが、医療保険の役割です。

医療保険の保障内容は重要。保険料支払いが長期の終身保険なら尚更です

病気やケガをした場合に備えて医療保険に加入しておくという認識は、決して間違いではありませんが、加入時の告知義務違反もそうですが、商品によって保障内容は異なります。


保険料さえ支払っておけば良いという姿勢ではなく、加入前には資料を詳細に確認したり、分からない点は曖昧なままにせず直接問い合わせるなど積極的に行いましょう。

医療保険に加入前は保障内容の確認が重要

どのような種類の保険であれ加入時には、保障内容の確認は欠かせません。医療保険であってもそれは同じです。


資料に入院や手術を保障するとあれば、病気の種類やケガの種類は問わないのかしっかり見極める必要があるでしょう。

終身であれば尚更で、長期間保険料を支払った後で、保険対象でないと認定されては大問題です。通院についても良く調べておくと良いでしょう。

医療保険の保障内容をより手厚くするには

がん保険も医療保険の一部ではあります。

しかし医療保険とは別に商品を設けたり、特約として紹介される場合があります。


がんと診断され入院などをすれば医療保険の対象ですが、がん保険を利用すれば保障が手厚くなります。

こうした特約は三大疾病や女性特有の疾患に対しても加入が可能ですので、医療保険の保障だけでは不安がある方は利用を考えましょう。

医療保険 終身 保険料

医療保険 終身 保険料

ライフスタイルによって保険料が異なる定期と終身医療保険を上手に選ぶ

これから加入を考える場合、ライフスタイルとの兼ね合いは重要です。子供の成長とともに必要な経費が掛かる場合は、定期で見直せる保険が有効でしょうし、安定的に将来が見通せるならば終身による保険選択も有効です。


最善の保険は各家庭により異なりますので、単純に評判が良い保険を選ぶのではなく、自分に合った保険を探すのがベストです。

医療保険には定期のものと終身のものがある

医療保険には定期なものと終身のものがあります。定期は保険料を支払う期間が決められており、保険期間内の入院や手術、通院は保障されますが、満期を迎えると保障がされません。


一方終身は、定められた期間保険料を納めれば、加入者が亡くなるまで保障されます。保険料負担は、終身の方が一生保障の分だけ大きいといえます。

定期医療保険と終身医療保険のメリット

定期のメリットは、将来の物価変動や家庭の事情に柔軟に対応できる点です。


加入時よりも有利な医療保険が発売されても終身であれば、その保険と別に加入する必要があります。定期であれば期間が決まっているので融通が利きます。


一方終身のメリットは、定期的に保険加入を悩むことなく、保険料さえ支払っておけば一生保障される点です。

終身医療保険の特徴と保険料そのメリット・デメリット

終身医療保険にはメリットとデメリットがあります。

どのよう場合にどのような人が加入を考えると良いのか。どういった特徴を持つ保険なのか。その詳細をみていきます。


一生保障されるという点だけ考えると、メリットが目立ちますが、どんな保険であれデメリットもあるので、しっかり認識しておきましょう。

終身医療保険のメリット。保険料はそのまま

終身医療保険の特徴は、一生涯保障される。保険料が変わらない。

払込完了期間を選択できる点です。保険料が変わらないことのメリットは、将来的に物価が上がった場合や、定期保険の掛け替え時の年齢による保険料上昇リスクが回避できます。


また保障とともに保険料支払いも一生というわけではなく、保険料支払いは有期である点も、老後世代には有効でしょう。

終身医療保険のデメリット。保険料が高め

一生涯保障で保険料が変わらないメリットだけではなく、終身医療保険には、デメリットもあります。


保険料が契約時に据え置かれる分、保険会社が物価上昇リスクに備えるため保険料は高めに設定されています。また終身であるため途中解約ができないので、長期に将来を見通せない家庭では、定期の方が有効といえます。

まとめ

医療保険にも種類があり、それぞれにメリット、デメリットがあるため、加入前にはよく考えて選びたいものです。終身医療保険は途中解釈が難しく、加入時の確認を怠れば何年も経った後で、こんなはずではなかったという問題が起こりかねません。


保障内容、保険料、何時まで支払う必要があるのかなど事前の資料請求や問い合わせは安易に考えず、しっかり行いましょう。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳で医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦がどこまで医療保険に加入した方が良いのか必要性を考える
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 医療保険で不妊治療をサポート!不妊治療で悩む女性の為の強い味方?
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する