医療保険がいらないなんてウソ?自己負担額の増加が止まらない!

医療保険不要論が囁かれる一方で現代の社会保障の維持が難しい反面を持つ現代。日本には平等に受けられる優れた社会保障が完備されており医療保険の必要性が薄れています。しかし、社会保障費の増加から自己負担額も増加へ。医療保険の不要論と社会保障について解説していきます。

医療保険不要論に待ったをかける医療費自己負担増加

多くの人が加入している医療保険ですが、入る必要なんて無いと思われているのも事実です。

しかし、医療費自己負担額については少しずつ改定されていることを知っている人はあまりいません。


特に高齢者の方の負担額は1割になったり2割になったり、所得によって3割になったりします。


医療制度が変われば医療保険が必要か必要ではないかも変わってきます。


増加が止まらない医療費自己負担の現状と医療保険の関係を解説していきます。


どうして医療保険不要論という考え方があるのか

そもそも医療保険不要論とは何でしょうか?

日本は社会保障に特化されたとても優しい国であることを有名は話です。


3割負担で病院を受診することができるのは日本の素晴らしいところ。


病院に受診すると全額自己負担の支払いで、お金が無ければ病院に通うこともできない国もあります。


さらに3割負担で受診だけにとどまらず、以下で説明するような自己負担限度額が決まっていることから、よっぽどのことが無い限り超高額な医療費を支払うことはありません。


高額療養費制度によって自己負担限度額が決まっているため

社会保障の中で一番優秀である高額療養費制度は一般人にとってはありがたい制度。


例えば、インフルエンザで病院へ行き受診したとします。


支払いが5.000円だった場合、3割負担に計算しなおすと窓口で支払う自己負担額は1.500円程度です。


これだけでみると高額療養費には無縁ですが、病気によって入院した時は、ほとんどの人が高額療養費を使います。


例えば出産でも高額療養費制度を使うことがあります。


【例】

1か月で100万円もの治療をうける大病を患ってしまったとします。


しかし、社会保障と高額療養費を使うことによって自己負担額が145.140円ほどです。


さらに加えて、自己負担限度額を超えた分は申請することで払い戻されるのです。


そのため、どんなに治療費が高額に増加していこうとも、自己負担額の制度がある限り保険不要論は消えることは無いでしょう。

保障対象外で給付金が貰えないことがあるため

そもそも、医療保険不要論は日本の健康保険制度が優秀であることだけでの理由であるわけではありません。

一番の原因は


保険に入っていても給付金がもらえなかった


これを体験している人が多い方が強いからかもしれません。


毎月毎月、決して安くない医療保険料を払い続けているのは


「万が一の時に困らないように。生活水準が落ちないように」


など、様々な心配事から自分や家族を守るために加入しているもの。


しかし、実際に請求したら


この手術は保険対象外のためお支払いはできません


などと言われてしまい給付が受けられず、今までかけていたのは何だったのかと落胆してしまいます。


医療保険は医療の技術と共にどんどん新しく進化していきます。


医療技術も生存率、成功率の高い手術が次々と生まれて行き、新しい手術名ができていきます。


そうなってくると10年も前に加入した保険では、新しい技術に対応していないため、給付されないことが起こりえます。


実際7~8年前から保険会社から発売されている医療保険の手術対象の幅が大幅に増加しました。


保険会社によっては古いままの保険もありますが、古い医療保険は給付金対象の手術は88種類とかなり少ないです。


しかし、新しい保険では健康保険に該当する1.000種類もの手術に対応されるほど手術種類が増加しました。


88種類と1.000種類では大きな差がありますよね。


加入している医療保険によって、ここまで大きな差があることを知らない方の方が多いのです。


もし、88種類の医療保険に加入していたら、給付金を受けられない現実に当たってしまう可能性も高いでしょう。

役に立たない特約が多いから

特約はつけていれば安心と思って、たくさんつける方もいますが、しっかりと保障内容を確認しなければなりません。

役に立たない特約としては、三大疾病特約や通院特約などです。


最大疾病特約は、保障対象が「60日以上の労働制限を受けたとき」に限られるのです。ゆえに支給条件が非常に厳しく、実際に三大疾病になっても役に立たないことが多いのです。三大疾病の給付条件については、この記事「医療保険で三大疾病特約に加入しておくことは必要なことなのか」を確認しましょう。


通院特約は、通院時の費用を保障してくれるというものですが、この通院は、あくまで入院して退院した後の通院のことを表しています。これを勘違いしている人も少なからずいらっしゃると思うので、しっかりと知っておきましょう。

高額医療費制度は度々改正が行われている

加入している医療保険のことは、相談したり加入しなおすことで対応することができますが、国が管理している高額療養費制度自分たちではどうすることもできません。


さらに、度々改正が行われているのをご存知でしょうか?


1973年に創設された高額療養費制度の負担が年々増加の道を辿り、今では社会保障費を圧迫しています。


平成27年1月からの改定に加え、平成29年8月からさらに段階的に高額療養費の限度額の上限を見合わせていくことが決まっています。


私たちの自己負担の増加は避けることのできない現実となってきています。


こうしなければ、社会保障を維持していくことが難しいほどの苦境に立たされているこの制度が、今のまま維持されていくことは無いでしょう。

自己負担限度額は年々高くなってきている

1973年創設以降、高度療養費限度額は実は少しずつ改正されています。

限度額が増加する一方でメリットも付加されていたため、より良くなっていたように思えました。


何よりも高い信頼を得ていたため、少しの負担増加に疑問を抱く人も少なかったと思います。


しかし、少しずつ崩れていく信頼は不安を生みます。


高額療養費制度の改正では、年収に応じて限度額が違いうまれました。


年収区分は約320万~770万とかなり幅があり、この幅を分けようとも言われています。 


低所得者の減額配慮はあっても高所得者の窓口負担は増加の傾向に。


いくら高所得者だからと言っても、高い保険料を支払っているにもかかわらず窓口負担まで増加となったら納得がいきません。


さらには高年齢層からの負担も増加傾向から抜け出せずにいるのです。

医療費が増加している3つの原因

2000年以降、高額療養費の負担は増加していく一方です。

度々メディアなどでも特集を上げられるほど社会保障費を圧迫しており、深刻な社会問題となっています。


増加の原因は高齢化が原因だけではなく、がんなど医療費のかさむ疾病や生活習慣病が増加したことも要因として挙げられています。


原因1:高齢者の増加

一番深刻なのは高年齢化問題。


どんどん進んでいく日本の高齢化社会。


毎年、高齢者の増加は増え続けています。


そして対する子どもの出生数は減少傾向になり、平成28年に子どもが産まれた数は100万人を割ってしまいました。


100万人を割ったのは戦後初です。


保険料を収める人が減り、保険を使う人が増えていく社会がより深刻になっていることがわかります。


保険料を収める人や額が減っていけば、間違いなく高額療養費の限度額引き上げは行われていくでしょう。


高額療養費の限度引き上げによって、さらなる自己負担の増加は避けられない現実となるのも早いかもしれません。


このままでは有能な健康保険制度は使える人が限られ、自己責任と言われる時代が訪れるかもしれません。

原因2:がんなど医療費のかさむ疾病の増加

高齢者が増えてきているから、ということも原因ですが、がんなど医療費のかさむ疾病が増えてきています。

さらに医療技術の進歩により、がん罹患率は増加しているのに、がんの死亡率はさがっているため、ますます医療費が増加しているのです。

原因3:生活習慣病の増加

がんも生活習慣病に含まれることもありますが、運動不足や野菜不足、睡眠不足など生活習慣の乱れによって生じる糖尿病などの生活習慣病が増加しています。

これらも医療費の増加の一因となっています。

医療保険の加入率は年々増加している

そんな中、医療保険に加入する人の割合は増加しています。

平成16年は69.3%、平成19年は71.3%、平成22年は72.3%、平成25年は74%といったように増加しており、多くの方が公的医療保険と医療費の増加傾向に不安を感じているのでしょう。


ぜひこの機会に、医療保険の加入、見直しを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

「日本に優秀な健康保険制度がある。だから医療保険はいらない」

そんな風に考えていると、自分の財産を守れなくなる可能性も出てきています。


ジェネリックの普及によって社会保障費の増加を食い止めている部分もありますが、それも今だけであって将来ずっと保障できるものではありません。


自己責任の言葉が浸透しつつある現代で、自分の身を自分で守るのは知識と情報です。


社会保障と医療保険のバランスを考えつつ、高額療養費では賄えない部分はしっかりと医療保険でカバーできる保険を選ぶことをおすすめします。


医療保険は加入する商品によって大きく変わってしまうため、必ず比較することが必要となってきます。


保険は難しく自分で考えることが難しいです商品ですので、意見を聞きながら医療保険の必要性を考えてみてもいいかもしれませんね。


ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳で医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦がどこまで医療保険に加入した方が良いのか必要性を考える
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 医療保険で不妊治療をサポート!不妊治療で悩む女性の為の強い味方?
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する