加入検討中の方必見!医療保険の通院保障特約で知っておきたい知識

医療保険には様々な特約があります。その中で代表的なものに通院保障特約があります。通院に関しては入院や手術の心配をされている医療保険加入を検討中の方にとって重要なことです。そこで今回は医療保険で入るかを迷う通院保障特約の基礎知識についてご紹介します。

医療保険の通院保障とは

医療保険には入院保険金と手術給付金の2つの主契約をもとにさまざまな特約のプランがあります。そのプランを組み合わせることでオリジナルの医療保険を組み立てることが可能です。また、この医療保険の特約の中には通院に関するものが多くあります。


この場合、通院特約というものは医療保険の主契約の上に成り立っていることを忘れないでください。主契約が契約履行上では先行するものですので、主契約なくして特約が履行されることはないと考えておいた方が良いでしょう


つまり、入院なり手術なりの給付金が大きくなり、それに従属する形で特約というものは運用されるわけであり、主契約が崩壊すると特約も崩壊します。しかし、特約は単体として切り離すこともできますので危険だと判断したら解約するようにしましょう。



医療保険の通院特約の保障内容

では、医療保険の通院特約というものは具体的にどのようなサポートをしてくれるのでしょうか。また、そのサポートで気をつけなければならないことは何なのでしょうか。


医療保険に限らず保険には契約を遂行する際に手続きをして契約内容に反していないかを確かめなければなりません。

安易に保険金を出してしまえば他の加入者から預かっている保険料を必要な時に渡すことができなくなります。そのため慎重な判断が必要となります。


この慎重な判断は加入者もまた気をつけていなければならないことであり、加入している医療保険の中身が一体どのようなものなのかを知っておく必要があるでしょう。

通院特約で給付金が出るのは入退院後のみ

今回の通院特約に関して一番気をつけなければならないことは通院特約というものが主契約ではなく特約であるという点です。


先ほどもお伝えしたように医療保険において契約履行上で優先されるのは主契約です。この主契約の履行を経て特約内容の吟味をします。そのため主契約である入院保障が達成されてから通院保障が履行されることになります


例えば、何かの病院で入院が決定し数日間の入院を経た後にも通院の必要が出てきた場合は主治医によって診断書の作成を申し込むことができます。このとき重要なのは入院を経ているという点です。

単なる通院では医療保険の通院特約による給付金が出ることはありません。

給付金額が入院給付金と同額かそれ以下

これもまた主契約と特約の関係の話になりますが、給付金額は主契約である入院保障の額よりも通院保障の保険金の額が多くなることはありません

最高でも同額でありそれ以上に設定することはできません。ここから医療保険の通院保障の給付額を上げるためには医療保険の主契約の見直しが必要になる恐れがあることが分かります。


これは主契約よりも特約を大きくすることで保険料と保険金のバランスが崩れることと契約者側に多大なリスクを負わせ運用する側としてもメリットの少ない状態になることから避けられていることです。この点を注意しながら入院保障の金額設定をすることが重要です。

1入院あたり上限までもらえる

医療保険の通院保障は契約内容によって貰える給付金の額が若干前後するものの基本的には1入院における上限額まで受け取ることができます。ただし、この給付金の受け取りには制限がかかることがあります。

それは初回時における事実確認だけではなく、複数回にわたる保険金の受け取りには前回の受け取りに関する経過確認が必要となるためです。


この経過確認をして所定の日数が経っていなければ事由としている症状に関して疑問を持たざるを得ません。そのため貰うたびに制限が強まってしまうことは覚えておいてください。

がん保険は通院が保障される場合が多い

日本人の死因の大半を占めるガンに関するがん保険では通院保障が認定される場合が多いです。これは末期がんなどではなく初期のガンなどであるいは本人の希望により通院治療を望む場合はその意向に応じて主治医による通院に関する診断書が作成できます。この点によってがん保険では通院保障が認可されやすい状態になっています。


また、医療保険では近年の日本医療の現状を顧みて在宅医療に関する取り組みにも積極的です。これは日本の医療現場が困窮しておりベッドの確保の問題等から入院日数が減り続けている現状から推察されるものです。

医療保険ではこのような現状に合った保険のプランを作ることが重要であり、そのプランが実際にできており販売されています。特にガンというものに上手く付き合っていくため医療保険の経済的サポートを受けながら通院治療で克服しようとしている方もいます。

医療保険の通院特約が不必要だとする理由

しかし、医療保険の通院特約は必ずしも必要な保険ではありません。そもそも医療保険の特約には不必要なものが多いのも事実です。それは多くの方に医療保険を利用していただき万が一の時に備えて欲しいという善意からくるものでしょうが、一方で本当に必要と感じて加入されている方は少ないというのが実情でしょう。


医療保険の通院特約に関してはその不必要論が盛んに言われており、その内容としては大きく分けて2つあります。今回はこの2つの観点から医療保険の通院保障がいらないと言われる理由をご紹介しようと思います。


ただし、あくまでもこの不必要論というのは医療保険に関係するデータの平均値を見て考えられたものです。こうした一般的な不必要論というのは個別に合っているかどうかを決定づけるものではなく、単なるチェックリストとして見なければなりません。

公的医療制度でまかなえる

最も大きな理由としては優秀な日本の公的医療保険に由来するものでしょう。日本の医療保険は公的医療保険を民間の医療保険がサポートするような形をとっています。この日本の公的医療保険は世界的に高い評価を受けており、その加入率も世界トップクラスになっております。


また日本の公的医療保険には高額療養費制度というものがあり所得や年齢に応じた自己負担限度額というものがあります。この自己負担限度額は一度ご自分で確認なさることをお勧めします。限度額は一般的な所得の方であれば月に8万円程度で済み、それ以上の医療費に関しては返還あるいは支払い義務の免除が認可されるようになっています。


すなわち公的医療保険を利用することで医療費に限度額が設定され超えた分を通院費用に充てればいいことですので医療保険の通院保障は必要ないということになります

保険料が高くなる

若干ですが医療保険に通院特約を付けることで保険料は高くなります。特約だけでも月に500円程度、年間6000円の負担増ということになります。また、この通院特約は医療保険の特約であり、医療保険もまた全体の保険の一部分にしか過ぎません。この年間6000円分を安くすることで他の保険を手厚くすることもできます。


また、入院給付金の日額を10000円に設定している場合は月額3000円程度が主流になります。その点も考慮してこの年間6000円の負担がどのようにかかっているのかについて検討するべきでしょう。


医療保険は近年では月1000円程度で十分であるというファイナンシャルプランナーの方が増えてきました。それは医療費に過度な心配をしている方が増えている昨今では重要なことです。しかし、自分にとって必要である特約を外してしまっては元も子もありません。必要な特約を見落とさないようにご注意ください。

通院特約が必要だとする理由

通院特約というのは医療保険会社からすればあまりつけたくもない保障になっています。通院保障を保険会社が売りたがらない理由としては、「保険金・給付金の不払い」が大きな問題になっていることが挙げられます

保険金や給付金というものは加入者や契約者が保険会社に請求することで初めて認知されるものです。そして医療保険会社が認知して審査を経ることで支払われることになります。しかし、審査に行くまでに通院保障特約に関してが抜けてしまい、この部分の支払い漏れというものが多く起こってしまったという背景があります。


こうした問題は担当者がしっかりと対応しておけば良い問題です。通院保障特約に関しての落ち目はありませんでした。また、実際に通院特約を必要としている方は多いというのが現状です。これは先ほどのファイナンシャルプランナーの方の理屈とは合わないように見えますが、今の通院特約では物足りないという意味でなら納得ができる理屈に見えます。

がん保険加入を考えている人

がん保険に加入しようと考えられている方にとって通院保障というのは非常に相性の良い特約の組み合わせをしています。

近年の在院日数の縮小化に伴い通院患者の量は増え続けています。平成26年では84.8%の方が入院後に通院しているという結果も出ています。入院前では84.9%でした。少なくとも前者の入院後の通院に関しては特約の保障適用範囲に当たります。


この双方を考慮しても通院によって治療をしている方はかなり多いということが分かります。ここに通院保障の有効性というものがあることが分かります。


先ほど、通院保障の不必要論の中に出てきた公的医療保険の高額療養費制度による医療費の自己負担額が一定範囲内に収まるという話がありましたが、これはひと月における医療費の金額であり、ガンを患っている方にとっては長期入院か長期にわたる治療を受けなければならないのが一般的です。

ここからガン保険と通院特約はセットで持っておくことが理想的であることが分かります。

まとめ

人間は生きているうちにさまざまな病気にかかります。医療保険ではそのような病気に対して経済的なサポートしかできないですが、それでも生きる上での助けにはなります。


また、医療保険は万全ではなく十分なものも少ないというのが現状です。そのような現状を改善して行き、よりよい医療保険も出てくるでしょう。その際には新しさや便利さだけではなくその内容が本当に自分に必要なのかを考えてみてください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!