港区は子育てに便利な場所?育児の助成や保育園状況、リアルな声は?

港区はオフィス街のイメージがありますが、実は子育ての助成や施設が豊富で、子育てに向いている場所でもあります。この記事では港区の子育て支援やエリアごとの口コミ、保育園の状況について紹介します。港区で子育てを始めようか検討している方は参考にしてみてはいかがですか?

東京都港区は子育てに向いている場所?手当は?

あなたは東京都港区の子育て支援について気になって調べていると思います。


港区はオフィス街のイメージなので、子育て向きではない印象がありますよね。


しかし、子育てに嬉しい助成制度や施設が豊富であることをご存知ですか。


港区は子育て世代にとって住みやすい環境なのです。


それでは、東京都港区のどの地域が子育てに向いているのでしょうか。


実は、地域によっても状況が異なります。


そこで、この記事では「東京都港区の子育て支援」について

  • 子育てに嬉しい制度がたくさんある
  • 保育園待機児童数は増加、預けやすいエリアを把握して対策をする
  • エリア別にみる、子育てに向いている場所とリアルな声
  • 子どもの万が一のために民間医療保険のすすめ
の4つをご紹介させていただきます。

記事を読んでいただければ、東京都港区の子育て支援状況をご理解いただけると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

医療保険の選び方や必要性に不安を感じているあなたへ

「医療保険について1から知りたい!」「医療保険って実際は必要なの?」


病気や怪我で入院したときの経済的負担を軽減するための医療保険。


しかし、健康保険対象外の治療を受けたときが不安という人が多いのではありませんか?


そんな方には医療保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



子育てに嬉しい制度がたくさん!

東京都港区といえば、赤坂や六本木など「ちょっとリッチな独身男女」が住むイメージがあると思います。


一方で、子育て支援制度が充実しているため、多くの子育て世代に人気の街です。


「今後港区に引っ越しをしたいけれど、子育て支援制度が整っているのか心配」というファミリー層もいることでしょう。


以下では、港区の子育て支援制度について

  • 中学3年まで子供医療費が無料
  • 私立幼稚園への補助
  • 1時間500円で一時預かりが出来る
  • その他の子育て支援
の4つをご紹介させていただきます。

中学3年まで子供医療費が無料

まず、港区には子ども医療費助成制度があるため、中学3年生(15歳に達する日以後の最初の3月31日)まで医療費が無料です。


具体的には、対象年齢の子どもが医療機関等で健康保険による診療・調剤を受けた際の自己負担分を港区が助成する仕組みです。


子どもが医療機関等にかかる際、0歳~小学生未満は2割、小学1年生~中学3年生は3割の自己負担が必要になります。


港区では、この自己負担分を助成する仕組みがあるので、家庭の支出を削減できるのです。


特に幼い子どもはちょっとしたことで医療機関にかかる回数も多いので、医療費が無料になることは家庭にとってありがたいと考えます。

私立幼稚園への補助:子供2人以上の場合はそれぞれ申請

次に、私立幼稚園への補助制度があります。


具体的には、区内在住で子どもを私立幼稚園に通わせている保護者に対して

  • 私立幼稚園就園奨励費補助金
  • 私立幼稚園等園児保護者に対する補助金
の2種類の補助金を交付している制度です。

私立幼稚園就園奨励費補助金は、世帯の所得に応じて「就園奨励費補助金」を補助するものです。

また、私立幼稚園等園児保護者に対する補助金は、保育料等の公私負担の較差を是正するためのものです。

いずれも、子ども2人以上の場合はそれぞれに対して申請が必要です。

申請できる人は、本年4月以降、港区に住民登録がある子どもを私立幼稚園に通わせている保護者ですが、単身赴任などで港区に住民登録されていなくても、入園料や保育料等を納入していれば対象になります。

補助金額は、区民税所得割課税額や非課税世帯、生活保護世帯によって異なります。

たとえば、保護者に対する補助金ですとどの世帯も一律272,400円です。

(参照:補助金一覧表

申請方法ですが、
  • 私立幼稚園等園児保護者補助金交付申請書兼保育料等減免措置に関する調書
  • 振込先金融機関の通帳のコピー
は必須です。

その他、扶養保護者の住民票が1月1日時点で港区にない場合は、その年度の住民税課税証明書等が必要になります。

これらの書類を、各私立幼稚園からの配布書類とともに提出してください。

1時間500円で一時預かりが出来る

次に、1時間500円で一時預かりが出来ることです。


各地域ごとに「子育てひろばあっぴぃ」という預かり施設があります。


詳細は以下のとおりです。

対象生後4か月から小学校就学前まで
利用時間月曜日~日曜日 午前8時30分~午後6時30分(1日5時間まで)
料金1時間500円(日曜日・祝日は1時間600円)

このように、子育て支援行う施設が存在します。

その他の子育てのための港区支援

その他、港区の子育て支援の取り組みとして

  • 病児・病後児保育室
  • 放課GO→・放課GO→クラブ
などがあります。

いずれも、共働きの保護者を持つ子どもを支援する取り組みです。

港区は核家族世帯が多いので、子どもの預かり先確保が課題となります。

保育園待機児童数は増加、預けやすいエリアを把握して対策を

ここまでは、港区の子育て支援制度をご紹介させていただきました。


これらの取り組みから、港区は子育てをしやすい環境であることをご理解いただけたと思います。


一方で、港区の保育園待機児童数は平成30年度の時点で97名です。


これは上記でも触れましたが、核家族世帯が多く、共働きの場合は預け先を確保しなければ仕事をすることが難しいからです。


そのため、子どもを預けやすいエリアを把握しておくことが必要になります。

エリア別にみる、子育てに向いている場所とリアルな声

それでは、港区で子育てをする場合はどのエリアが適しているのでしょうか。


以下では

  • 赤坂
  • 麻布
  • 高輪
  • 芝浦港南
の5つのエリアの子育て状況をご紹介させていただきます。

また、実際に港区で子育てをしている方々の口コミをエリアごとに紹介するので、港区のどのエリアが子育てに向いているかの参考にしてみてくださいね。

赤坂や芝浦港南など港区5つのエリアごとの子育て状況

赤坂


港区の北部に位置し、赤坂御用地やTBS本社があるエリアです。

この地区は高齢化率が高いため、子育てを地域ぐるみで行う取り組みが盛んです。

赤坂で子育てに便利な施設は
  • 子育て広場 あっぴぃ赤坂
  • 赤坂子ども中高生プラザ(なんで~も)
です。

麻布


港区の西部に位置し、約5.8万人が在住しています。

麻布エリアは、公園や公衆トイレにベビーベッドやベビーチェァーを設置していることからも、子育てに優しい環境であることがわかります。

麻布で子育てに便利な施設は
  • 子育て広場 あっぴぃ麻布
  • 麻布子ども中高生プラザ
です。

高輪


港区の中でも一番人口が多いエリア(約6万人)です。


「高輪ゲートウェイ」駅の開業でも話題なエリアですが、今後はますます共働き世帯が増加すると予測されます。


高輪で子育てに便利な施設は

  • ポピンズナーサリースクール高輪
  • 高輪子ども中高生プラザ
です。

芝浦港南


人気のお台場エリアを含んでおり、核家族世帯が多く在住しています。


芝浦港南で子育てに便利な施設は

  • 港南子ども中高生プラザ(プラリバ)
  • 台場児童館
  • 芝浦港南区民センター
です。


東京タワーや増上寺のあるエリアです。

オフィス街ですが、子どもに人気の木製遊具がある「本芝公園」などもあるので、遊び場としてはおすすめです。

芝で子育てに便利な施設は
  • みなと子育て応援プラザPokke
  • 港区子ども家庭支援センター
です。

エリア別の子育て情報に関する口コミは?

また、実際に子育てをしている人の感想も気になりますよね。


以下ではエリアごとの口コミをご紹介させていただきます。


赤坂

  • 幼稚園、小中学校が家から近くて子育てがしやすい。
  • 大きな総合病院は多く緊急時に助かるが、小児科専門のクリニックなどは少ない。

麻布

  • 周囲にお店が揃っていて住環境には便利。病院は近くにないが、交通網が発達しているので電車を利用すれば問題がない。

高輪

  • 保育園の補助金があっても住居費が高いので、支出にあまりメリットがない。
  • 児童館、図書館、学童などが徒歩圏内にあるため子育てに便利。

芝浦港南

  • 病院が多数あるため万が一の時にすぐに利用できる。
  • 公園や子どもを遊ばせる施設が豊富。

  • 保育施設の雰囲気がアットホーム。
  • オフィス街の割には保育施設がきちんと整っている。

子供の万が一のために、民間の医療保険のすすめ

「子どもには保険はまだ早い」と考えがちですが、小さい子どもほど病気や不慮の事故に遭う確率が高いことは事実です。


そのため、民間の医療保険に加入をしておくことも必要です。


こども保険」という名で販売されている商品がほとんどなので、一度チェックをしておくことも良いでしょう。

参考:港区には子育て相談センターや相談電話が豊富

港区には、子育て相談センターや相談電話が豊富です。


相談先としては

  • 東京都児童相談センター
  • みなと子ども相談ねっと
  • 子育て相談電話
  • 子ども家庭支援センター
  • 子育てひろばあい・ぽーと
があります。

子育ての悩みは一人で抱え込まずに、専門機関に相談をしましょう。

まとめ:港区は支援が手厚い!エリアごとのメリットを把握しよう

この記事では、「東京都港区の子育て支援」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。


記事の要点は、

  • 港区では中学3年生までの医療費無料や、私立幼稚園の補助制度など子育て世代向けの支援が整っている。
  • 一方で、保育園待機児童数は増加しているため、今後は預け先の拡充が課題である。
  • 各エリアごとに子育て支援施設が豊富で、子育てしやすい環境が整っている。全体的にみると、学校や学童施設は多数あるが、病院数は地域格差がある。
  • 子どもの万が一のために医療保険への加入を検討する。
の4点です。

都内港区はエリアごとに子育て支援施設が整えられており、今後も子育て世代の居住先に選ばれると考えます。

万が一子育ての悩みに直面した場合は、お近くの子育て支援施設に相談をしてみてください

専門の相談員が、あなたの悩みを解決できるようサポートをしてくれます。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されているので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に必要な保険とは?死亡保障保険よりも医療保険を充実!
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なし!詳しく解説します!
  • 医療保険が必要な人の特徴や必要な理由をわかりやすく解説します!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険に入るべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性には医療保険が必要?医療保険がおすすめな理由を解説
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!