医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう

大人と違って、子供の場合、個人で加入する医療保険はあまり必要ないと世間で言われることが多いのは、一体なぜなのでしょうか。今回は子供の公的な医療保障について、そして医療保険やその他の保険についてもご紹介していきたいと思います。

子供は医療保険に加入する必要があるのか

お子さんがこれから生まれるにあたり、学資保険を検討するお父様やお母様は多いかもしれません。

今回は医療保険にスポットをあてて、詳しく探っていきたいと思います。

子供の医療保険の必要性は薄い

大人は医療保険について考える機会が多くなってきたけれども、子供の医療保険はあまり考えられません。

その理由は子供の病気やケガに対する保障が充実しているということが考えられます。

次の章からはそれぞれどんな保障があるのかを順に見ていきましょう。


子供は公的医療保障が充実している

子供の医療保険がいらないと一般的に言われている理由として、国や自治体の医療保障が充実しているという点があります。

お子さんは急な熱を出したり、ケガもよくありますよね、小さな子供であれば季節性のウィルスにかかって学校や幼稚園を休むということもよく聞く話です。


しかしながら、実際に病院に行ったときにかかる治療費はどのくらいかかっているのでしょうか。

年に何度も訪れて薬を処方してもらっていても、実際にお財布から出る金額は少ないのではないでしょうか。

医療費の自己負担が2割

健康保険に加入している場合、治療にかかわる医療費は多くの場合自己負担が3割で済むことが多いです。

大人と同じように、医療機関の窓口で支払うのは3割ですので、よほど大きな病気や入院をしない限り家計を圧迫するということはないのではないでしょうか。

さらに子供が0歳から小学校入学前であれば、自己負担額は2割となります。


乳幼児医療費助成制度

乳幼児医療費助成制度というものは、東京都において、未就学児の子供であれば、健康保険の自己負担を補助してくれます。

健康診断や予防接種、差額ベッド代などは対象外となりますが、実際にかかる費用を負担してくれるため、治療のみにかかるお金がなくなるというのはありがたい制度です。



義務教育就学児医療費助成制度

平成19年10月1日から制度が開始されている、義務教育就学時医療費というのは、東京都内で義務教育を受けている時期の医療費を助成してくれるというものです。

条件としては、健康保険に加入している子供、生活保護を受けていない子供、施設等に入所していない子供などが条件となってきます。


この制度は保護者の所得によって制限があるので、条件などは各お住いの市区町村等で確認することをお勧めします。

ちなみに平成21年度より制度の改正が行われましたので、合わせて確認することをおすすめします。


助成の範囲としては、


  • 入院

健康保険を使って3割負担となった自己負担の額の補助です。


  • 通院

こちらも健康保険を使って3割負担となった自己負担額から、通院1回あたりに補助があります。


さらに東京都だけではなく、各市区町村でも助成してくれる制度があります。

例えば千代田区では義務教育中の子供だけでなく、高校生までも補助の対象として範囲が広がるケースもあります。

子供の医療保険として入る共済保険

今までは子供が病気やケガをした場合、かかる医療費の補助についてご紹介をさせていただきましたが、それでも大きな病気やけがに備えておきたいという親御さんもいらっしゃいますよね。

こどもの医療保険として、各保険会社からも発売されていると思いますが、今回は比較的掛け金が安い共済保険についてご紹介をしていきたいと思います。


共済保険の利点

共済保険のメリットとしては、月々1,000円ほどの負担でお子さんの医療保険を持つことができるということです。

例えば病気やケガで入院をした時に、一日いくらでるもの、通院をした場合に出るものなどそれぞれで規定はありますが、何かあった時のための共済保険として加入される方が多いようです。


小さいうちは、大人よりも入院する確率というのは少ないとよく聞きます。

ただ、大人と違ってお子さんが入院する場合、家族の付き添いというものが小さければ小さいほど長い時間必要になってくるのではないでしょうか。


例えば、子供と一緒に食事をするための食事代、昼テレビを見るためのTVカード代、夜寝泊まりするための親のベッド代、それから病院と家が遠かった場合の往復の交通費、そしてタオルや着るものを洗濯するためのコインランドリー代、夫婦共働きの場合は家を空けている間の食事代などは、毎日少しずつでもかかってくる費用になってくると思います。


子供の年齢が小さいと、大きな集合部屋ではうまく眠れずに、やむなく個室を選択したという人もいらっしゃると思います。

そういった場合、差額ベッド代というものも、実際にかかってきてしまうものなのです。


さらに仕事を持っている方が病院に付き添うとなると、その間はお仕事が出来なくなるため、収入減の恐れもあるのです。


実際に長期に入院して、治療費はさほどかからなかったけれども、その他の費用がかかって、共済保険が役に立ったという人もいらっしゃいます。


一ヶ月あたり1,000円ほどで、万が一長期に入院した時に備えて加入しておくというのも一つの方法かもしれません。

共済保険のいいところは、余剰金があった場合は割戻金という形でもどってくることもあるので、実際には月々もう少し安い掛け金で保障が持てることもあります。


いろいろな高度な保障はいらないけれども、最低限の保障は持っていたいというお守り替わりに加入している人もいるようです。



ちょっとした通院であれば、負担はそんなに感じられませんが、長い入院などに備えて医療保険が必要だと考えられるケースもあります。

子供への贈り物としての終身保険

学資保険、医療保険ではなくその他の方法として終身保険という保険に加入しておくという人もいらっしゃいます。

終身保険というのは、万が一被保険者が亡くなった場合契約した保険金額が下りるというものですが、貯蓄機能も兼ねている保険です。


お子さんが小さいうちに被保険者となり、契約者は親御さん、または祖父母となって毎月お金を払い続けるというものです。


ある程度まとまったお金が必要になった場合はその終身保険を解約することで、大学入学の資金、結婚資金に充当するという目的で使う方もいらっしゃいます。


いわゆる親や祖父母からのプレゼントとして使う方も多いようです。





終身保険の利点

ここでなぜ学資保険ではなく終身保険に加入するかということなのですが、終身保険の場合更新がないので、一度加入すれば払い込みが終わるまで保険料が一定です。

契約をしてから毎月もしくは毎年同じ保険料を払うため、年齢の若い保険料の安いうちに、そして病気になっていない時に加入をすると、将来のためになると考えられるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子供に医療保険は必要ない、という方も多いと思います。

しかし家計を圧迫するものではない金額であれば、お守りとして加入している方が多いのも現状です。

保険の形には様々なタイプがありますが、今回ご紹介した医療共済は何かあった時に役立つ保障のタイプです。


それぞれお住いの自治体での補助で何歳から何歳までどのくらいの補助が受けられるのかをしっかりと確認するいいきっかけにもなると思います。


新たに医療保険や終身保険に加入される方は、日々の暮らしに家計がないようにすることが大前提かもしれません。


途中で解約する目的であっても、月々1万円以上するものであれば、貯蓄をしておいた方がいざという時にすぐ引き出せるというメリットもありますので、しっかりと検討することをおすすめします。


引っ越しされた方は、今までと制度が違う!ということのないように、事前に転居先の状況についても調べておくことをおすすめします。各市町村のホームページや窓口等で確認してみましょう。




ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する