医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方

女性特有の病気は20代から高くなります。そのリスクが高くなる病気にはどんな病気があるのか、その病気に備えるための医療保険はどう選べばいいのかにお答えします。また、見直ししやすい20代だからこその医療保険女性疾病特約付契約について例も挙げて解説していきます。

20代女性の医療保険の選び方

女性特有の病気というと、バセドウ病や子宮筋腫などという病気がよく挙げられますが、これらは20代のころから発生するリスクが高くなります。決して高齢者となってからかかるというわけではなく、年齢が若い20代~30代のいわゆる若年層でもかかる可能性は大いにあります。また、子供を妊娠や出産する際にもかかる病気があるなど、女性は男性と比べて年齢が若いときに病気にかかるリスクは高いといえます。ですので、これらの病気による入院や手術などに対応できる医療保険が20代から必要になってきます。では、どのような医療保険を選ぶのがいいのでしょうか。それは、女性疾病特約の追加です。よくCMなどで、「女性のための医療保険」などというのを見ますが、それはほとんどの場合、通常の医療保険に女性疾病特約を追加したものです。特約を追加するということですので、通常の入院(女性疾病以外)などの保障に女性疾病での入院や手術などの保障を上乗せして保障を手厚くさせるということです。保険会社によって女性疾病で保障される病気の種類は違いますが、特に女性がよくかかる病気については保障されていますので、20代女性の医療保険の選び方としては「医療保険に女性疾病特約を追加する」という選び方になります。

20代のうちに見直したい女性保険

親が契約していたものを名義変更して引き継いだり、就職したときに会社に出入りしている保険の営業の人に加入したりと、加入している人であれば20代の前半やそれ以前に加入している人が多いと思います。就職したときなど、加入してから比較的期間が経っていないものであればまだいいのですが、親からの契約を引き継いだものは特に見直しが必要となります。契約してから10年以上も経っていれば、病院の治療実態や保険の対象となる病気や手術は変わります。これではいざ女性特有の病気になってしまったとしても保障されない危険性がありますので、早いうちに最新の保障内容に変える必要があります。また、保険料も20代であればまだまだ安い水準で加入することができますし、健康状態もいい場合が多いため、見直しがしやすい時期でもあります。

20代から増える女性疾患のリスク

20代女性に発病する割合が多い病気は様々あり、この病気の中には出産に関わる病気も含まれます。

・20代女性が特にかかりやすい病気

 ①バセドウ病

  甲状腺ホルモンの過剰分泌が原因で起こる自己免疫性疾患

 ②帝王切開

  母親の腹部と子宮を切開して直接赤ちゃんを取り出す出産

 ③異常分娩

  帝王切開の他、吸引分娩や切迫早産などの通常分娩以外のもの


・20代女性が比較的かかりやすい病気

 ①子宮内膜症

  子宮内膜が通常の子宮内腔以外に入り込む病気

 ②子宮筋腫

  子宮にできる良性の腫瘍

 ③卵巣のう腫

  卵巣内に液体が溜まって腫れた状態になる病気


こららの病気が発病するリスクが高く、妊娠や出産に関係するものや子宮や卵巣などの部位が病気にかかりやすくなるという傾向にあります。



20代のうちに見直したい女性保険(医療保険)

20代に最もかかるリスクが高くなるバセドウ病、結婚をして子供を妊娠・出産するときにリスクが高くなる妊娠中毒症や異常分娩など、20代の女性がかかるリスクの高い病気は多くあります。あなたはこれらの病気に対応した保険をきちんと備えているでしょうか。最近では、女性特有の病気として定着している病気が昔とは比べ物にならないほど多くなっている医療保険があります。これらの女性特有の病気が幅広く対象となっている最新の医療保険にすることはもちろんのこと、30代からかかるリスクが高まる乳がんなどの病気にも対応することで、さらに安心できる保険になります。一度病気になれば、保険を見直すことも難しくなる可能性もありますし、なんとか見直しできたとしても、保険料が高くなる可能性があります。発病するリスクが高く、発病してしまえば見直しも難しくなるために20代のうちに1度は見直ししたいものです。

貯蓄が少ない20代だからこそ女性保険(医療保険)が必要

20代も前半など、仕事をし始めて間もないころは貯蓄が少ないことが多いと思います。そんな中、病気になってしまえば治療費などの支払いも増えて、場合によっては仕事ができずに収入が減ってしまう可能性もあります。ですので、契約するとすぐに保障が開始される医療保険を備えておくことで、出費や収入面を気にすることなく安心して治療に専念することができます。

20代で女性保険に加入すると保険料が安い

医療保険は年齢が若ければ若いほど保険料が安くなります。ここで1つ医療保険の女性疾病特約付契約のモデルケースを紹介します。

  • 医療保険女性疾病特約付契約例

 契約時年齢:25歳

 保険期間:終身

 保険料払込期間:終身

 1入院限度日数:60日

 保険料払込方法:月払い

 入院日額:5,000円

 女性疾病特約入院日額:5,000円

 先進医療特約:保険期間通算2,000万円

 がん診断給付金特約:100万円

 この契約の場合の月々の保険料は3,197円となります。


これはあくまでも例であり、特約の付け方や保険会社によっても保障内容や保険料に違いはありますが、この例と同じような保障内容では、月々3,000円~3,600円程度で加入することができます。また、他の特約は必要ないが、女性疾病特約は欲しいということであれば、医療保険の主契約に女性疾病特約を付けるだけの契約では月々の保険料は2,000円台前半程で加入することができます。当然契約する年齢が上がっていけば保険料は高くなっていきますが、20代であれば急激に高くなるというわけではありませんので、安い保険料で加入することができます。


正しい20代の女性保険の選び方

20代に発病するリスクが高くなる病気や妊娠・出産に関係するリスクが分かったところで、次はどのような保険を選んだらいいかが大事になってきます。もちろん保障内容も大事な部分ではありますが、保険料も保険を継続していくうえで大事な要素となります。まずは、今の自分の収入や出費からどの程度までであれば保険料に回すことができるかを考えます。このときに注意しなければならないことは、余裕を持った金額で考えるということです。あまりにも余裕にない金額を設定してしまうと、急な出費などのときに保険料が払えず、場合によっては契約が失効(契約の無効)となってしまうからです。そのようなことがないよう、余裕を持った金額で契約することが重要です。ですが、保険料にだけ頭が行き過ぎて保障内容を疎かにしてしまってはいざというときに十分な保障を受けることができない可能性があるため、契約方法や保障内容の選別によって自分に合った保険の選び方をしていきましょう。

定期型か終身型かを選ぶ

契約方法を定期型か終身型のどちらかを選ぶことによって保障内容や保険料は変わります。定期型と終身型では、保険期間(保障される期間)が違い、定期型は保険期間を定めて契約する方法で満期があり、終身型は保険期間は一生涯で満期はありません。それぞれにメリット、デメリットがありますので自分に合った方を選択しましょう。

・定期型メリット

 ①保険料が安いため保障内容を手厚くできる

 ②満期で見直ししやすい


・定期型デメリット

 ①満期後の再契約(更新)はその時の年齢のため保険料が高くなる

 ②解約返戻金(貯蓄部分)がない


・終身型メリット

 ①保険料が一生変わらない

 ②満期に関係なく見直しできる


・終身型デメリット

 ①通算入院限度日数がある(保険会社によるが入院1,000日程度)

 ②見直しのタイミングが難しい(きっかけがない)

保障内容を精査する

今の段階で何の保障をどのくらいあればいいかを考えることによって、自分に合った保険を作ることができます。また、契約後であっても保障内容の確認や精査は定期的に行うことによって、より効果的になります。そのためにもまずは保障内容を詳しく調べ、どのようなときにこの特約は保障されるかや保障されないものはどんなときかなどを知り、本当に必要なものは何なのかを選ぶことが大事です。

まとめ

女性は男性と比べて若い年代から多くの病気のリスクがあります。バセドウ病などの病気もさることながら、妊娠・出産に関係するものなど、女性だからこそかかる病気に早くから対策をとっておかなければなりません。そのためにも、20代からの医療保険は特に重要なものとなります。だからこそ、保障内容や保障期間、保険料などは自分に合ったものを選んでいく必要があります。

ランキング

  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する