医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

マレーシアに長期滞在するためのMM2H取得には医療保険が必要?

とても魅力的なMM2Hビザ。今後、取得条件等が厳しくなる可能性もあるため、早めに取得しておくことは、お勧めです。しかし、MM2Hビザの取得の為の医療保険の事は、案外詳しく知らない方が多いのでは?MM2Hビザのメリットと医療保険について、詳しく解説します。

マレーシアのMM2Hビザと医療保険

一年を通じて、気候の穏やかなマレーシアは12年連続住みたい国1位となっています。


マレーシアのMM2Hビザとは、マレーシア・マイ・セカンド・ホームプログラムのことで、マレーシア政府が推進しているプログラムです。


MM2Hビザには、沢山のメリットがあり、最長10年の滞在可能な上に、更新も可能なため、とても人気の高いビザです。


しかし、このビザの取得には、幾つかの条件があります。


そして、その条件の中には、MM2Hビザの取得の条件の中には医療保険の加入もあります。


医療保険の加入って結局どういうこと?と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、MM2H取得のメリット、医療保険等の取得条件について、以下詳しく解説していきますので、最後までお読みください。



MM2Hビザを取得するメリット

  1. マレーシアに最長10年滞在することが出来て、更新も可能です。
  2. 滞在義務がないため、滞在期間なども自由。出国、入国も自由です。
  3. マレーシアの銀行口座が開設出来ます。
  4. 住宅購入時、ローン等有利な点があります。
  5. 法人が設立できます。(条件あり)
  6. 家族の同行も可能です。(配偶者、21歳未満の未婚の子、60歳以上の代表者の両親)
  7. 日本から送られる年金の税金が免除されます。

このように、メリットの多いMM2Hです。

住宅の購入に関するメリット

マレーシアで住宅を取得する場合、外国人が購入するには、原則最低価格はRM100万以上になりますが(州によって違います)、MM2Hビザを取得している場合、地域によっては、RM50万からとなっています。


また住宅ローンが組みやすく、ローンの額も有利になっています。

車の購入に関するメリット

以前は日本からの輸入、また現地での購入には、免税がありましたが、現在は、残念なことに廃止されています。

マレーシアの滞在日数の条件が無い

MM2Hビザを取得したからと言って、マレーシアに必ず滞在していないといけない。ということはありません。


ビザの取得しやすい今とっておいて、将来的に滞在することも可能ですし、日本とマレーシアを往復しながら、暮らすことも可能です。

マレーシアで法人を設立できる

もう一つのメリットは、事業の投資が出来ることです。


日本よりも、低コストで、法人を設立することが出来、事業によって配当を得ることが出来ます。(一般就労ではなく、配当、報酬などになります)


マレーシアは現在安定した経済成長をしており、また英語能力も高いため、各国にビジネスを広げていくことも可能になっています。

MM2Hを取得するにはマレーシアの医療保険に加入する必要がある

MM2Hの仮申請を受けとったあとに、経済的証明と、現地医療機関によっての健康診断、医療保険の加入が必要になってきます。


医療保険は、年齢などの理由で加入できない場合、その保険会社からの手紙が必要です。


では、具体的には、どのような医療保険に入っていれば安心なのでしょうか。


それには、マレーシアの医療事情を知る必要があります。


マレーシアの医療は、高度と言われています。


マレーシアには、主に、国・公立の病院と、私立の病院があります。

しかし、日本のように国民健康保険制度がありません


国公立の病院は、安価ですが、場所も限られており、とても混んでいて時間がかかります。

私立の病院は、すいていて、日本人の医師が在籍していたり、日本語が通じる場合もありますが、治療費は、治療内容によっては、とても高価になる場合もあります。


日本と、マレーシアを行き来する場合には、日本での医療保険も必要になったりしますし、また、日本の医療保険でも、海外をカバー出来るものもあります。


また、キャッシュカードの付帯保険で、海外旅行保険が付いているもので、カバーできる場合もありますが、カバー出来る範囲も会社によって、違いますので、一度しっかり確認する必要があります。


自分にとって、一番良い医療保険は、どれなのか、一度相談されることをお勧めいたします。

MM2H用の医療保険も現地には存在する

MM2H用の医療保険ですが、申請時には、必ず必要ですが、長期のものでなくても構いません。


そのため、MM2H用の格安の医療保険というのも、現地には存在します。


しかし、いざ滞在したときに、あまり役に立たないものでは、意味がありませんので、この際、しっかりと医療保険の保証も考えて加入を検討されても良いのではないでしょうか。


また、マレーシアの生命保険は、日本のものよりも、解約返礼率が良いため、リスクヘッジに

用いられることもあります。

MM2Hの申し込み条件

MM2Hの申し込み条件ですが、年齢や、宗教、人種などの制限もなく、マレーシアと国交のある国からなら、誰でも申し込み可能です。


但し申請時には経済証明をする必要があります。


永住権はとれません。


またマレーシア人と結婚した人も申請できます。


50歳未満の方の条件

MM2Hを取得するためには、50歳未満の方は、最低50万RM以上の財産証明と毎月1万RM以上の収入証明が必要です。


30万RMを仮承認が降りたあとに、マレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。


50歳以上の方の条件

MM2Hを取得するためには、50歳以上の方は、最低35万RM以上の財産証明と毎月1万RM以上の収入証明が必要です。


15万RMを仮承認が降りた後に、マレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。

まとめ

憧れの住みたい国マレーシアに長期滞在するための、MM2Hビザと医療保険について、解説してまいりましたが、お分かりいただけたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • MM2Hビザには沢山のメリットがある。
  • MM2Hビザには、滞在義務がない。
  • MM2Hビザには、医療保険の加入が必要
  • MM2Hビザの取得条件

医療保険の準備もしっかり整えて快適なマレーシア生活を送ってください。


ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する