医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

終身医療保険は必要?メリット・デメリットを解説!

終身医療保険、特に掛け捨て型の終身医療保険は人気です。定期医療保険と違い、一生涯保障が続き保険料も変わらず、掛け捨て型なので安いです。一方で終身医療保険の必要性を考える上で、高齢者医療制度の充実さや入院期間の短縮傾向なども考える必要があり、それらも解説します。

終身医療保険はおすすめ?

「終身医療保険」という保険を耳にしたことはありませんか? 

最近はメディアなどでもよく取り上げられているので、なんとなく知っている方も多いのではないでしょうか? 


医療は私たちの健康に直に関わってくるものなので、確かな知識を得ておくことはとても重要なことです。 


ここでは終身医療保険を理解する上で大切な 


  • 終身医療保険の定期医療保険との違い 
  • 最近人気の「掛け捨て型の終身医療保険」 
  • 高齢者医療制度 

などを中心にご説明していきます。 


終身医療保険の特徴について理解しておくことは医療保険を考える際に大切なことですので、ぜひ最後までご覧ください。 

終身医療保険の定期医療保険との違い

一言で終身保険といっても、医療保険には大きく分けて「定期型」と「終身型」の2つのタイプがありますが、どのような違いがあるのでしょうか? 


定期型と終身型の大きな違いはその名からも分かるとおり、まず「保障期間」が違います。 


そして「保険料」も大きく異なるため、加入する際の年齢やライフスタイルによってどちらを選ぶかがポイントとなっています。 

では、終身医療保険にはどのような特徴があるのか、定期医療保険との違いも含めながら確認していきましょう。 

定期医療保険とは異なり、医療保障が一生涯続く

定期医療保険は一般的に保障期間が5年や10年など限定されている期間限定の契約なので、契約期間が満了すると保障が消滅してしまいます。  


一方、終身医療保険は保障期間が限定されておらず、一生涯保障を受けられるのが大きな特徴です。 


一度契約すれば、ずっと同じ保障内容のまま一生涯保障を受けることができるため、どんなに長生きしても保障の消滅を心配する必要がありません。 


高齢になるほど病気やケガで医療機関を受診する可能性が高くなりますので、もしもの場合でも医療費を心配しないで済むのは大変心強いものです。 

定期医療保険よりも、保険料が割高だが一生涯変わらない

定期医療保険と終身医療保険では保険料も大きく異なります。 


定期医療保険は保障期間が数年~数十年までいろいろありますが、10年契約が比較的多く利用されています。 


年齢が若いほど保険料が安く設定されているため、特に20~30代の若い世代の方が期間限定で利用するのがおすすめです。 


一方、終身医療保険は一度契約すると保険料や保障内容が一生涯ずっと変わらないというメリットの反面、高齢になってからの病気やケガで入院するリスクの分まで保険料に組み込まれているため、保険料がどうしても高額になってしまいます。 


つまり、高齢になってから保険料が高くなっていく分を一生涯でならして支払うため、若い世代にとっては、定期保険よりも高い保険料になってしまいます。 


しかし、高齢になってから高い保険料を支払い続けるのも難しいため、保険料が割高であっても一生涯の保障を手に入れておいたほうが安心ではないでしょうか。 

特に人気なのは、貯蓄型ではなく掛け捨て型の終身医療保険

終身医療保険には、「貯蓄型」だけではなく「掛け捨て型」のものもあり、最近は掛け捨て型の終身保険が人気になっています。  

掛け捨て型の終身医療保険とは、保険期間中に解約した場合に戻ってくる「解約返戻金」がないタイプの保険です。 


支払った保険料が戻ってこないため掛け捨てと言われ、もし入院や手術などで給付金が支払われなかったら払った保険料分が損してしまうという考えもあります。 


しかし、安い掛金で「もしもの場合の安心」を買ったと考えれば納得といえるのではないでしょうか。 


貯蓄型の終身医療保険はどうしても保険料が高額になってしまうので、保険料の負担を少しでも抑えたいという方は掛け捨て型を選ぶといいでしょう。 


また、掛け捨て型は安いだけに保障面で心配される方もいらっしゃいますが、貯蓄型でも掛け捨て型でも、保障内容自体には大きな違いはないとされています。 

終身医療保険を検討するにあたり、自分が高齢になったときを想定しよう


終身医療保険はその保障が一生涯続くものであるため、加入年齢時点の状況だけでなく、自分が高齢になったときのことを想定することが大切です。 


基本的に終身医療保険は、保障内容が一生涯変わらないという特徴がありますので、保障内容が加入時のニーズには合っていても、70歳80歳と高齢になるにつれ必要になる保障をカバーしきれていないと大きな不安をかかえたままになってしまいます。 


そこで、高齢になるにつれ病気になる確率が高くなるという事実や、最新の高齢者医療制度について理解しておきましょう。 

高齢になるほど、病気になる確率は高くなる

高齢になるほど病気になる確率が高くなるということは皆さんも耳にした事があることでしょう。  


実際、厚生労働省「患者調査」によると、65歳~69歳、70歳~74歳、75歳以上の3つの年齢区分において、入院した人数、外来で受診した人数をみてみると、がん、高血圧性疾患、心疾患、脳血管疾患などにおいてほとんどが年齢が高くなるにつれ入院者数・外来数が増えていることが分かります。 


また、病気だけでなくケガにおいても高齢になるにつれ、ちょっとしたことで骨折したり打撲したりと医療機関を受診することが多くなります。 


若い世代に比べて入院するケースが多くなり、また入院が長引く傾向があります。 


若い世代の方は高齢になった時の自分を想像することは難しいことだと思いますが、将来来るべき時に備えて若いうちから終身医療保険で備えておくことが大切です。 

一方で高齢になると高齢者医療制度により自己負担割合が減る

高齢になるにつれ医療機関を受診する機会は増えますが、「高齢者医療制度」により自己負担割が少なくなります。

 

収入源が年金だけという高齢者にとっては、医療費負担が何割かになるのは大きな問題です。 


75歳以上の方(認定を受けた65歳以上の方も含む)は「後期高齢者医療制度」に移行することになり、医療機関を受診した際の自己負担割合が、原則1割負担になります。 


しかし、条件によっては3割負担の「現役並み所得者」に該当する場合もありますので、注意が必要です。 


3割負担の現役並み所得者に該当するかどうかは次のように世帯の収入によって判断されます。  


  • 課税所得が145万円以上である かつ 
  • 高齢者複数世帯での収入:520万円以上、高齢者単身世帯での収入:383万円以上 

また、高額療養費制度により、医療費が高額になって自己負担額を超えてしまった場合、その分が払い戻されることになります。 


このように、高齢者には医療費負担を軽減する措置が取られていますので、医療費負担を軽減することができます。 

さらに、現在入院日数は短縮化傾向

厚生労働省の「病院報告」によると、平均入院期間は年々少しずつ減少しており、平成27年の平均入院期間は16.5日となっています。  

また、全体の59.7%が10日以内で退院しているという結果も出ています。 


入院日数が短縮化傾向にある理由として、次の2つが考えられます。 


  1. 医療技術が進歩している

    近年のめざましい医療技術の進歩を受け、患者にとって負担の少ない医療技術が導入され普及されています。

    手術後の身体への負担が少ないため、リハビリを早めに始めることができ患者の早期回復が見込まれるようになり、入院日数が短くなってきました。

  2. 病院側の都合~ベッドの回転率を上げたい~

    病院は慈善事業ではないため、経営を続けていくためにも収益を上げなければなりません。

    病院側としては、1人の患者が長く入院しているよりも、入院期間の短い患者にたくさん利用してもらいベッドの回転率を上げたほうがより収益につながります。

    また、人気のある病院では患者が手術の順番待ちをしていることもありますので、次の患者の受け入れのためにも短期で退院してもらう必要があります。

まとめ

この記事では終身医療保険の特徴についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? 


今回の記事のポイントは 


  • 終身医療保険は保険料や保障内容が一生変わらない 
  • 最近は掛け捨て型の終身医療保険も人気 
  • 終身医療保険へ加入する際は自分が高齢者になったときのことを考える必要がある 

です。  


高齢の方はもとより若い世代の方でも医療に関する備えはとても大切なものです。 


一生涯の医療保障を得られれば安心して治療を受けることができますので、終身医療保険で一生涯の安心を手に入れてみてはいかがでしょうか。 

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!