医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?

新入社員のうちに医療保険は本当に必要なのかな、会社にくる保険屋さんも入った方がいいって言うし、、、と悩んでいる方もいらっしゃると思います。この記事では病気になるリスクも低い若い新入社員が医療保険に入ることの必要性を解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

新入社員のわたしに、医療保険って必要なのか知りたい

学生の頃には気にしたこともなかった医療保険。


新入社員になると会社に出入りする保険の外交員さんから勧誘されたり、周りの年上の社員の人たちが保険の話をするのを耳にしたりして「わたしにも医療保険って必要なのかな・・・」と悩んでいる人も多いのでは。


新入社員になったら自分のことは自分でちゃんとしないと!保険だって必要!と思っている新入社員の方もいらっしゃると思います。


新入社員のうちに医療保険のことを考えるのはとても素晴らしいことです。


でもちょっと待って!新入社員に医療保険は本当に必要なのでしょうか。

20代の生命保険・医療保険の加入率は男性が52.4%、女性が56.8%

20代の生命保険・医療保険の加入率は男性が52.4%、女性が56.8%となり、半数の人が何かしらの保険に加入しています。


「え?半数の人が保険に入っているの!?私にも必要なの!?新入社員になったし、私も考えないと!」と思ってしまうかも知れませんが、これは20代で結婚や出産を機に保険に加入した人も含まれている数字です。


結婚や出産は保険に加入するにはいいタイミングと言えます。


自分が病気になってしまったら困ってしまう家族を持った結婚や出産を機に、保険が必要と考え加入する人が多いのです。

新入社員に医療保険は基本的には不要

若い新入社員のうちに医療保険に加入すると、保険料は割安になります。


しかし、若い20歳前後の新入社員は重篤な病気にかかるリスクはとても低いと言えます。


風邪やインフルエンザなどにかかることはあるでしょうが、長期通院したり入院したりなどの治療費がかさむような病気になることはほとんどないでしょう。


安いとは言え、リスクのないことに対して保険料を払うことは無駄でもあります。


若い新入社員に、医療保険は必要とはいえません。


ただ、スポーツをしていて怪我が心配だったり、小さいころから体が弱くてなんだか不安、という人は安心して毎日を過ごすためにも医療保険を検討してもいいと思います。

貯蓄と公的保険でまかなえる場合、医療保険は不要

新入社員の若いうちにかかる病気は数回通院して完治したりするような軽いものでしょう。


市販の薬で間に合ってしまうことも多いかと思います。


この程度の医療費であれば、医療保険に頼らなくてもお給料で十分まかなえます。


新入社員でも会社で社会保険に加入していれば健康保険が使えますし、万が一医療費が膨大になってしまったとしても高額医療費制度があるので、医療保険が本当に必要とは言えません。


【高額療養費制度とは】

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」(こうがくりょうようひせいど)があります。

出典: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html



また、貯蓄があれば入院手術にも対応できるかも知れません。


新入社員のうちは、医療保険に加入する代わりに毎月少しづつ貯蓄をしておいて、もしもの医療費に備えてもいいですね。

がん、3大疾病に備えたいなら医療保険が必要

新入社員でも、がん・心疾患・脳血管疾患の3大疾病に備えたいのであれば医療保険の検討が必要です。


リスクは低いとは言え、もしも3大疾病に罹患した場合の治療費は新入社員にとってはとても大きな負担になり、医療保険の手助けは必要となってきます。


家系的に心配で医療保険が必要だと思うのであれば、保険料の安い新入社員のうちに検討するのもいいかも知れません。

新入社員に勧誘にくる保険屋さんは多いので話だけは聞いておくのがベスト

会社に出入りしている保険屋さんが新入社員に勧誘することがよくあります。


「名前とお誕生日を書いて」などとアンケートを書かされて、その情報を元にいろいろな保険を提案してきます。


「新入社員のうちから保険に入ることが必要よ」なんて話を聞いていると「そっか必要なのか、入ろうかな」などと思ってしまうかも知れませんが、そこは流されずにとりあえず話だけ聞いておいて、安易に加入してしまうことは避けましょう。

必要だと感じたら、保険のプロに無料相談してみよう

いろいろ考えて「やっぱりわたしには医療保険が必要!」と感じたら、保険のプロに相談してみてください。


デパートなどに出店している、保険ショップなどは行きやすいかも知れません。


いろいろな会社の医療保険を取り扱っていますので、心配な点や必要に思っている補償を話せばあなたに合ったいい医療保険を提案してくれます。


ただ、ここでも本当に必要なのかどうかよく見極めて安易に加入せず、何度か通ってみてよく考えてください。

まとめ

いかがでしたか?


病気になるリスクが低い若い新入社員のうちは、医療保険は本当に必要とはいえません。


まだ新入社員でお給料もそんなに多くないときに、医療保険は負担になってきます。

それでも必要だと思う場合は、保険のプロに相談してみましょう。


若いうちから医療保険に入ると割安というメリットはあります。


周りの先輩たちに、どんな保険にいつから入ったのか、また入ってよかったか聞いてみるのもいいかも知れませんね。


ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する