医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

医療保険に加入したい女性必見!女性特有の疾病保障の必要性とは

女性が医療保険に加入する際、女性保険への加入や女性疾病特約を付帯するなど女性特有の疾病の保障の必要性を考える方は多いです。ここでは、女性保険に加入することや医療保険に女性疾病特約を付帯することの必要性と注意点などについてご説明していきます。

女性に向けた医療保険に入るべき?その必要性について解説!

将来にかかるかもしれない疾病やがんについて、医療保険に加入しておくことは大切なことです。 


特に女性は、女性ならではの疾病やがんもあることから、通常の医療保険に女性疾病特約を付帯したり、女性保険に入るべき必要性を感じている方が少なくありません。 


そこでここでは、女性保険に加入することや通常の医療保険に女性疾病特約を付帯することの必要性についてご説明していくとともに、保障を考えている上で注意すべき点などについてもご説明していきます。 


安心の保障を得るためにも、一緒に保障の必要性を考えていきましょう。 

女性向けのプランで医療保険に加入する主な2つの方法

女性向けの保険に入るべき必要性を感じている方にとって、安心の保障を得る方法には、主に次の2つの方法があります。


  1. 医療保険に「女性疾病特約」を付帯する 
  2. 「女性保険」に加入する  


どちらも、女性の身体や病気などについて考えられた、女性のための保障です。 


では、2つの方法について、具体的な内容を確認していきましょう。 

1: 通常の医療保険に”女性疾病特約”を付帯する

女性向けの医療保険に入るべき必要性を感じている方におすすめしたい方法の1つに、医療保険に女性専用の特約である「女性疾病特約」を付帯するという方法があります。 

メインの医療保険の契約に特約として付帯できるオプションのようなもので、実際に保障金が支払われる際は、メインの給付金に特約の給付金を上乗せした形で支払われます。 


女性疾病特約の対象となるのは、乳がん、子宮がん、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症、帝王切開などで、これらの病気等による入院に対して給付金が支払われることになります。


ただし、対象となる病気等は保険会社によって異なるので加入の際はよく確認することが大切です。 


女性向けの医療保険の必要性を感じている方にとって、大きな選択肢の1つになっています。 

2: ”女性保険”という専用の保険商品に加入する

医療保険に入るべき必要性を感じている女性におすすめしたい方法に、「女性保険」に加入するという方法もあります。  

女性保険は、女性特有の病気やがんに特に手厚い保障があることが特徴で、もし女性特有の病気やがんになった場合、上乗せして保障を受けることができるため、女性ならではのリスクの保障の必要性を感じている方におすすめです。 


女性保険には、保険期間が決まっている「定期タイプ」と一生涯の保障がある「終身タイプ」のものがあります。 


他にも、一定期間ごとにボーナスがもらえるものや、体の不安や悩みについて答えてくれる相談窓口が設置されているものもあり、女性に優しい医療保険となっています。 


女性保険で保障される病気は、女性疾病特約での保障対象と同様に女性特有の器官における病気となりますので、女性向けの医療保険の必要性を感じている方も納得の保障内容となっています。 

女性保険や医療保険の女性疾病特約に必要性を感じるポイント

女性保険や医療保険の女性疾病特約の必要性を感じている方は、どのような点にポイントをおいて保障内容を検討していけばいいのでしょうか。 

女性保険や医療保険の女性疾病特約がカバーされている女性にとって頼もしい保障についてみていきましょう。 



女性特有の疾患やがんの保障はもちろん”入院や手術”に対して給付金が出る

女性保険や医療保険の女性疾病特約は、女性特有の器官における病気やがんなどに手厚い保障がなされているのが最大のメリットなので、女性向けの医療保険の必要性を感じている方におすすめしたい保障です。  

しかし、女性保険や医療保険の女性疾病特約のメリットはそれだけではなく、通常の医療保険のように、入院や手術に対する給付金についてもきちんと支払われます。 


しかも、女性特有の病気などになった場合は、入院給付金が上乗せ支給されますので、例えば入院給付金を1日あたり1万円で加入した場合、女性保険(または女性疾病特約)から追加で1万円支給されることになり、合計で2万円の入院給付金が支給されることになります。 


これだけ支給されれば、個室を希望する方でも差額ベッド代に充当することができるので、充分は保障の必要性を感じている方でも安心です。 

妊娠、出産を原因とした疾患にも保障してくれる

女性特有のものとして、病気やがんだけでなく妊娠や出産における保障も欠かせません。  

妊娠中につわりがひどい方や血圧が高い方など、お医者さんからの指示で早めに入院する方もいらっしゃいます。 


また、出産後に体調の戻りが悪く入院が長引いたりすることも考えられます。 


出産は母体への負担も大きく、予想外のリスクが待ち受けているケースも珍しくないため、妊娠・出産における保障の必要性を感じている方も多いことでしょう。 


女性保険や医療保険の女性疾病特約では、こうした妊娠・出産における保障もカバーしているので、妊娠・出産期のデリケートな時期の心強いお守りとなってくれます。  

帝王切開や切迫早産に対しても給付金がでる

女性保険や医療保険の女性疾病特約は、妊娠・出産における保障もカバーしているため、もちろん帝王切開や切迫早産に対しても給付金が支給されます。  

近年は、帝王切開で出産する方が増加しており、帝王切開での出産率は20%を超えるという調査結果もあり、5人に1人は帝王切開で出産していることになります。 


あらかじめ帝王切開と決まっている方もいれば、急遽帝王切開に変更という場合もあり、気持ちに余裕がなくなりがちですが、きちんとした保障に守られていれば少し安心できるのではないでしょうか。 


また、最近は高齢出産をする方が増えていることもあり、帝王切開で出産するケースが今後も増えることが予想されています。 


これから妊娠・出産を控えている方は、こういった保障の必要性も考慮して医療保険を検討することをおすすめします。  

女性専用の保険を検討する上で注意点

女性保険や医療保険の女性疾病特約の保障の必要性を感じている方に、女性専用の保険を検討する上で注意していただきたい点についてご説明します。   

女性疾患やがんは、公的制度や高額療養費制度が利用できる場合もある

女性疾患やがんになってしまうと、医療費がかなり高額になるケースが珍しくありません。  

そのために医療保険の必要性を感じて保険に加入する方もいらっしゃいますが、実は公的制度の1つである「高額療養費制度」を利用できる場合もあり医療費を安く抑えることができます。 


高額療養費制度とは、国民健康保険や健康保険などの公的医療保険で、医療費の自己負担分がある一定額を超えて高額になった場合に、申請することにより払い戻してもらえるという制度です。 


ただ、保険適用外の診療、出産費用、先進医療技術の自己負担部分、差額ベッド代など、高額療養費制度の対象外となるものあるため注意が必要ですが、それらに該当しなければ高額療養費制度を上手に利用して医療費を安く抑えることができます。  

女性疾患を手厚くしているため、当然保険料は”高額”になる

女性保険や医療保険の女性疾病特約は、女性特有の病気やがんなどに手厚い保障がなされているため、その分保険料がどうしても高額になってしまいます。 

女性保険は通常の医療保険に比べて高額なことが多いですし、女性疾病特約は特約に対する保険料を支払う必要があるため、通常の医療保険のみに比べて保険料の負担は大きくなります。 


しかも、女性保険は保険料が高額になるにもかかわらず、女性特有の病気やがん以外の保障が少なくなるため、例えば女性でも罹患するケースの多い大腸がん・肺がん・胃がん等に対する保障がありません。 


高額な保険料を支払ってもすべてのがんをカバーできるわけではないので、女性特有の病気やがんの保障に特に必要性を感じている方にはおすすめですが、それ以外の保障もカバーしたい方はよく検討する必要があります。 

女性疾病特約と女性保険の特徴は似ているが、保障範囲が異なる場合もある

女性保険や医療保険の女性疾病特約は、どちらも女性特有の病気やがんなどに備える保障であるという点で、その特徴はとても似ています。  

しかし、保障となる範囲が異なる場合がありますので、加入を検討する際にはご自身が必要性を感じている保障がカバーできているかどうかをしっかりと確認することが重要です。 


また、女性保険の中でも保険会社によって保障の定義や範囲が異なることがあり、女性疾病特約でも同様に保険会社によって保障範囲が異なることがあります。 


女性保険や医療保険の女性疾病特約を選ぶ際は、ご自分が一番心配で一番保障を付けておきたい項目をしっかりと認識し、必要性に応じて医療保険を選ぶことが大切です。  

まとめ:女性専用に対しての保険や特約の必要性は高い

女性が医療保険を選ぶ際は、女性特有の疾病やがんに注目するという方が多くいらっしゃいます。

 

もちろん、他の疾病やがんも心配ですが、妊娠・出産などのことも考えると、女性保険や女性疾病特約は非常に心強い味方となってくれます。 


保険料が割高になるというデメリットもありますが、その分手厚い保障を得ることができますので、疾病やがんになった場合、ご自身が少しでも安心して治療に専念できるよう、ご自身の必要性を満たした納得のいく保障を付けておくことが大切です。  

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する