20代女性が入るべき保険はどれ?生命保険・医療保険の必要性はあるか

20代女性が入るべき保険はあるのでしょうか。20代で保険に加入すると、保険料が安いなどのメリットがありますふがその必要性をしっかり考えることが必要です。ここでは、20代女性が保険に入る必要性を解説し、パターン別に入るべき保険・適正な保険料についても解説します。

20代女性が入るべき保険はどれ?選び方や適正な保険金額について


まだ20代の若い女性は、健康で体力もあり医療保険の必要性を感じない方も多いでしょう。 

とはいえ子宮頸がん・子宮筋腫・乳がんなど、若い女性もかかりやすい大きな病気はたくさんあります。 

若いからこそ十分な貯蓄もなく、突然必要となった数十万円の医療費に困ってしまうのではないでしょうか。 

そんなときのために、ぜひあなたの「お守り」として医療保険への加入をおすすめします。 

しかしあまり保険料にお金をかけられない20代、はたして保険料の適正金額はどのくらいなのでしょうか。 

この記事では20代女性が入るべき医療保険と妥当な保険料金額について、 

  • 20代女性が加入すべき医療保険の保険料金額の目安 
  • 20代女性のあなたに必要な保障金額を知る方法 
  • 20代女性にとって特に必要な保障内容 

以上のことを中心にお伝えしていきます。 

この記事を読めばあなたが加入すべき医療保険に加えて、できる限り保険料を抑える方法についてもお分かりいただけますよ。 

ぜひ最後までご覧ください。

20代女性が入るべき保険|医療保険と生命保険について解説

結論から申しますと「20代女性が保険に加入するべきとは言い難い」です。


その理由としましては20代は比較的活発に行動し健康であるため、高い保険料を払って保障を手厚くする必要はあまりありません。


次の項目で生命保険・医療保険に加入するべきなのか?その内容を解説していきます。


さらにこの2種類の他に加入するべき保険についても触れていきます。

20代女性は生命保険に入るべきとは言えない

20代女性では生命保険に必ずしも加入すべきとは言えません。


なぜなら病気にかかるリスクなどを考えると大きな保障の保険には加入する必要はあまりないと言えます。


しかし結婚などをしている場合には家族のためにも保険に加入することをおすすめします。なお独身の場合には安い保障額でも問題ありません。


現在に20代女性の保険の加入率は約60%と言われています。約半数以上の方が保険に加入していることがわかります。

20代女性は医療保険に入るべき?

20代の女性は生命保険よりも医療保険に加入する方がおすすめです。


その理由としましては20代は健康面で大きな病気にかかるリスクは少ないのですが、万が一の事態に備えて保障内容の少ない医療保険に加入しておくと安心です。


医療保険に加入しておけばケガや病気にかかった際に入院保障や通院保障によって給付金を受け取ることができますので貯蓄がない場合でも安心して病院に行くことができます。

20代女性が検討するべきその他の保険

生命保険と医療保険の他にも検討するべき保険があります。


その保険が「就業不能保険」や「個人年金保険」「終身保険」などです。


就業不能保険とは働けなくなった際に収入が減ってしまった時に備える保険のことです。例えば病気やケガなどをしてしまった場合には働けなくなってしまったり収入が減ってしまう可能性があります。その時に収入をカバーしてくれる内容です。


会社員であれば「傷病手当金」などを利用できますが、個人事業主などは国民健康保険なので、そもそも傷病手当金を受け取ることができません。そのためにも会社員以外の方は就業不能保険を視野に入れておいたほうが良いです。


また金銭的に余裕があるのならば個人年金保険や終身保険などにも加入し、将来に備えておくこともおすすめです。


これらの保険は積立機能があり一定期間保険料を支払う代わりに所定の年齢に達した段階で保険金や解約返戻金を受け取れると言うシステムです。


若いうちから加入しておくことで支払った保険料に対して受け取る保険金や解約返戻金が大きくなると言うメリットもあります。

20代女性におすすめな保険の選び方をパターン別に解説

20代の女性が保険を選ぶ時にはご自身のライフスタイルを考慮するといいでしょう。


今回は

  • 20代女性で独身の場合
  • 妊娠を考えている場合
  • 既婚の場合
以上の3つのパターンの場合に選び方を解説します。

20代女性で独身の場合|医療保険や就業不能保険がおすすめ

20代女性で独身の場合は医療保険や就業不能保険がおすすめです。


独身の方が保険を選ぶ際に気にするポイントは自分自身に万が一のことが起きた時に備えることです。その時に困らないようにすることも大切です。


独身ですと養う子供や家族がいない場合がほとんどでしょう。そのため死亡保障のある生命保険よりも病気やケガなどに備える医療保険や就業不能保険に加入するのがいいでしょう。


女性の場合は若くても子宮頸がんなどの女性特有の病気にかかるリスクもありますので、保障内容に女性特有の病気の保障を付けておくと安心です。

妊娠を考えている場合|医療保険や学資保険がおすすめ

結婚をして妊娠を考えている場合には医療保険や学資保険がおすすめです。


妊娠をすると普段とは違う状態の体になりますから体調を崩しやすくなります。また急に帝王切開や早産になる可能性だってあります。


そのような時のために医療保険に加入しておくと安心です。


また学資保険に加入しておくことで子供の養育費を計画的に貯めることができます。他にも一般的には預貯金や運用などもありますよね。


なお学資保険ではなく「子ども保険」と言う名前で販売されている場合もあります。

既婚の場合|医療保険や生命保険がおすすめ

既婚の場合には医療保険や生命保険がおすすめです。


結婚した場合にもライフスタイルが独身の頃とは代わります。この先の二人のために保険も考えたいものです。


現代では共働きも増えてはいますが、まだ家事の大半を妻が担い、家計は夫が支えている場合がほとんどです。中には生活費を出している女性もいるとは思いますが、もしも自分が亡くなったとしても夫が生活に困らないのであれば生命保険の保障金額を高く設定する必要はないでしょう。


さらに専業主婦の場合も死亡保障の金額は高く設定する必要はありません。


その代わりに医療保険の保障内容を充実させることをおすすめします。

20代女性が保険に入る際、保険料・保険金はいくらに設定すべき?

それでは20代女性が保険に加入する際に保険料や保険金はいくらに設定するべきなのでしょうか?


  • 保険料の適正金額
  • 必要な医療保険の保障金額
について解説していきます。

たくさんの保障を付けて無駄に高い保険料を支払うことはおすすめしません。必ずご自身にあった保障内容で保険料も慎重に考えていきましょう。

保険料の適正金額は収入の3~10%

一般的に、生命保険や医療保険の保険料は手取り収入の3~10%が適正と言われています。 

しかし3%と10%では手取り15万円の場合なら、

3%…4,500円
10%…1万5,000円

と、かなりの幅がありますよね。 

これは扶養する家族の人数や資産の有無などで、必要とする保障に違いがあるからです。 

また同じ保障を目的とする商品でも、保険会社によって保険料の金額は変わってきます。 

20代女性が医療保険に加入するときには 

  • どの保険会社にするのか 
  • どのような保障を付けるのか 
  • 必要性が低く外すことができる保障はあるのか 
ということをを検討する必要があります。 

20代女性の場合は3%くらいが妥当

20代女性のあなたの暮らしは、現在どのような状況でしょうか。 

恐らく「独身・子供なし・一人暮らし・就労中・親の扶養に入っていない」というパターンが多いのではないでしょうか。 

この場合あなたの医療保険の保険料金額は、最低ラインである手取り収入の3%くらいで問題ないでしょう。 

扶養する家族がおらず自分の身だけ守れば良いのですから、若いうちにそう手厚い保障は必要ありません。 

とはいえ、これが「シングルマザーで子供がいる」「親兄弟を扶養している」というような状況であれば、それなりの金額の保障が必要となります。 

また「親と同居し扶養されている」「まだ学生である」という場合は、いざというときに親に頼ることができるため、自身での医療保険加入は不要です。 

ただしあなたが既婚者で子供がいるなら、たとえ夫の扶養に入っていても医療保険が不要とはいえません。 

専業主婦の家事・育児労力の損失を考えて、やはり世帯収入の3%程度の金額はかけておいた方が良いでしょう。 

20代女性が必要な医療保険の保障金額はいくらか

20代女性といえども、入院が必要となる病気にかかる可能性は大いにあります。

入院に必要な費用は、 医療費・差額ベッド代・食事代・日用品や衣類代などがあります。


さらに入院したことにより収入が減る「逸失収入」も費用の一つといえるでしょう。


一家の大黒柱であればこの逸失収入についてかなり考慮する必要があるのですが、扶養する人のいない20代女性は自身の生活のみに責任を持てばいいわけです。 


よって、保障としては「入院日額5,000円」「手術給付金」で十分でしょう。 


また20代女性なら、妊娠や出産に対する備えも気になるところです。

正常分娩については公的医療保険適用ではなく、通常は民間医療保険の支給対象でもありません。


しかし帝王切開などの異常分娩であれば、どちらの医療保険も適用となります。 


帝王切開は正常分娩に比べて入院期間が長く母体の回復にも時間がかかりますから、医療保険の給付が力になってくれることは間違いありません。


帝王切開による出産の割合が1/5を超えた現在、20代女性のあなたも出産時のもしもに備えておいてはいかがでしょうか。 

無駄に保険料を払いすぎないために見直すべきこと

医療保険加入においてありがちな失敗が「不要な保障を付けて保険料の金額が高くなる」ということです。 

特に若い方であれば周囲の友人たちも若くて健康でしょうから、自分に起こりうるリスクというのはなかなか想像しにくいものです。 

勧誘員の言うなりに手厚い保障を付ければ、もちろん保険料の金額は高くなってしまいます。

そういった失敗を避けるためには、いざというときに必要となる具体的な金額を知っておかなければなりません。 

無駄に保険料を払いすぎないためのコツについて、お伝えしていきましょう。

公的医療保険を活用する

公的医療保険、つまり健康保険を活用しましょう。 

診察のときに提示すると治療費が3割となる、あの保険証のことです。 

保険適用の医療についてはすべて自己負担金額が3割負担以下となるのですから、日本は本当に良い国ですね。 

「3割負担なんて当たり前だから、参考にならない」そう思われるかもしれません。 

しかし、入院の費用は保険適用以外にもかかるものがあります。 

一例として、病気やケガで入院することになったときに最も負担が大きい「差額ベッド代」についてご説明しましょう。 

これは言うなれば「特別な部屋の加算料金」で、平均金額は1日6,000円ほどになります。 

この差額ベッド代が健康保険適用でないからこそ、入院費は高くなるのです。 

しかし覚えておいてください。 

自分で希望してその部屋に入ったのでなければ、差額ベッド代を払う必要はありません。 

加算のない部屋がいっぱいだった、伝染病で隔離する必要があった、というのは本人のせいではないので病院は差額ベッド代を請求できません。 

当たり前に請求してくる病院もあるので、きっぱり支払いを拒否しましょう。 

ベッド代に限らず、できるだけ治療のための費用を保険適用内に収める努力をすることによって、医療費を大幅に抑えることができます。 

公的給付金も活用できる

公的医療保険の加入者は、公的給付金も活用することができます。 

たとえば、次のようなものが公的給付金に該当します。 

  • 傷病手当金 
  • 高額療養費 
  • 出産手当金 
  • 出産育児一時金 
  • 災害弔意金、災害障害見舞金 

特に高額療養費制度は「同月内にかかった医療費の自己負担額が高額になったときに一定の金額を超えた分が払い戻される」という心強い制度です。 

また20代女性は、出産に関わる公的給付金も覚えておきましょう。 

出産手当金と出産育児一時金は名前は似ていますが、まったく異なるものです。 

出産手当金 

  • 対象…出産のために休業をする健康保険加入者自身(国保を除く) 
  • 支給金額… 標準報酬日額の3分の2×出産のために休んだ日数 
※原則として出産日以前42日(多胎は出産日以前98日)から出産の翌日以後56日までを限度とする 

出産一時金 

  • 対象…妊娠4か月以上で出産するすべての健康保険加入者(国保含む)または被扶養者 
  • 支給金額…赤ちゃん1人につき42万円支給 

なお、これら公的給付金は申請しないと受け取ることができません。 

申請漏れのないよう、しっかり心に留めておいてください。 

それでもカバーできない所だけ民間の医療保険に

とはいえ、もしものときに公的医療保険や公的給付金を活用してもカバーできない部分はもちろんあるでしょう。

あなたの貯金・資産・協力者の有無などの事情を考慮して、公的扶助でまかなえない部分をあぶり出してみてください。

それこそが、あなたに必要な民間医療保険の保障ということになります。

まとめ:20代女性が入るべき保険・保険金や保険料について

20代女性が入るべき医療保険と妥当な保険料についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。 


この記事のポイントは、 

  • 20代女性が加入するべき保険
  • ライフスタイルに合わせて加入する保険を決める
  • 20代女性の医療保険は、手取り収入の3%を目安とした保険料を選択する 
  • 公的医療保険や公的給付金を活用し、民間医療保険の保険料を抑えることができる
  • 入院日額5,000円・手術給付金ありを目安とする 

以上のことでした。 


特に国民健康保険の方は、先ほど触れた出産手当金と同じく傷病手当金も支給されませんので、医療保険への加入を強くおすすめします。 


※傷病手当金とは労災以外の病気やケガで休業している間に収入の2/3が支給される制度です。


自分の身を自分で守れてこそ、一人前の社会人です。 


必要な保障を見極めて、ぜひあなたにぴったりの医療保険を選んでいただきたいと思います。 


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されています。 


ぜひご覧になってください。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 20代の女性が、女性保険に加入するのに必要な知識について説明します
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 【20代独身向け完全ガイド】賢い医療保険の加入方法について解説!
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?
  • 女性は安心して60歳になれるような医療保険に加入しておこう
  • 【プロが推奨】20代が医療保険に加入するなら終身型より定期型保険
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!