平昌オリンピック日本代表に選ばれた坂本花織選手の身長や噂を解説!

高校生ながら平昌オリンピックの日本代表に選ばれた坂本花織選手ですが、多くの注目を集めている一方で様々な噂を飛び交っています。坂本花織選手の身長や体重なども気になっている人が多いようですね。そんな坂本花織選手の身長や噂について詳しくご紹介していきます。

平昌オリンピックのフィギュアスケート坂本花織選手の身長体重や気になる情報まとめ

平昌オリンピックへの切符を手に入れ、勢いに乗っている坂本花織選手!

今、一番注目を集めている女子スケート選手だと思います。

高校生ながらオリンピックへの切符を手に入れてしまうなんて本当に凄いですよね。


そんな坂本花織選手がインタビューなどで見せる愛らしい笑顔はまだまだあどけなさを感じさますが、リンクの上で見せる大人びた表情は、普段の時とはガラリと変わり思わず魅了されています。


そんな、今、勢いに乗る坂本花織選手の情報をまとめていきます!


平昌オリピックに出場が確定した選手一覧

日本代表選考は2017年12月に行われた全日本選手権の後に発表されました。

男子は3枠、女子は2枠ですが、まず全日本選手権の優勝者が平昌オリンピックの切符を手に入れることができます。


それ以外にも、女子の場合

  • 全日本選手権
  • GPファイナル出場者上位2人
  • 世界ランク上位3人
  • シーズンランク上位3位
  • シーズンベストスコア上位3人

を、候補に総合的に判断されます。


全日本選手権で1位を獲った宮原知子選手は確定となり、同じく全日本選手権で大きな功績を遺した坂本花織選手が、平昌オリンピックの切符を手に入れることができました。


平昌オリンピックには

  • 宮原知子選手
  • 坂本花織選手


この2人がオリンピックの出場を決めました!


一方、男子スケートからは

  • 羽生結弦選手
  • 宇野昌磨選手
  • 田中刑事選手

この3人が、出場を決めています。


坂本花織選手の気になる身長、体重、プロフィールや噂

平昌オリンピック出場を決め、注目を集めている坂本花織選手ですが、身長や体重などから様々な噂まで既に色々と囁かれているようです。

そんな、坂本花織選手身長からプロフィールに噂までとことん調べてみました!

坂本花織選手の身長、体重、プロフィールまとめ

氏名:坂本花織

生年月日:2000年4月9日

出身地:兵庫県

身長:158㎝

血液型:B型

所属:シスメックス

趣味:水泳・折り紙


身長は公開されていますが、体重は公表されていません。

女性なのでそこは公表しずらいところではありますよね。


推測になりますが、おおよそ40~45キロぐらいだと思います。


身長は、日本人女性の平均身長ほどですが小柄な女子スケート選手が多いので、坂本花織選手の身長は高くみえるかもしれません。


スケート靴によっては160㎝を超える身長となるため、高くみえる可能性もあります。

しかし、平均身長と言ってもまだまだ若いので、これからも身長が伸びる可能性もありますね。


身長が伸びるとジャンプの感覚が難しくなる…なんて以前、浅田真央選手も言っていたので、もしかしたら身長に悩まされる時期はまだ続くかもしれません。


さらに、公式に発表されているもの以外のプロフィールなども調べてみました。


坂本花織がフィギュアスケートを始めたキッカケは?

今や、完全に時の人となっている坂本花織選手がフィギュアスケートを始めるキッカケは何だったのでしょうか?

実は、坂本花織選手が4歳の時NHK連続テレビ小説「てるてる家族」にスケートシーンがあり、それを見ていた坂本花織選手は興味を持ったことがキッカケだったそう!


4歳で朝ドラを見て興味を持つなんて、とっても大人びていて凄いですね!


坂本花織は水泳も凄かった

しかし、坂本花織選手はフィギュアスケートよりも前の2歳からスイミングを始めていました。

凄いのは、このスイミングを2歳から中学3年生まで続けていました。

得意な泳ぎは自由形と平泳ぎ。


この水泳では、選手コースに誘われるほどの実力を持ち、周りからは有望視されていたとのこと。


坂本花織選手の持ち味でもある、ジャンプの高さは水泳から来ているかもしれませんね!


坂本花織が韓国人とのハーフという噂はデマ

お肌がキレイで笑顔が可愛い坂本花織選手ですが、実は韓国人とのハーフなのでは?と言った噂がネット上で囁かれているようです。

「坂本花織」と検索すると出てくるキーワードは「坂本花織 韓国人


さらにハッキリした一重に加え、出身地が兵庫であることから噂は加熱していく一方…。


坂本花織選手の出身地である、兵庫県神戸市は在日韓国人が多いと有名な土地であることから加熱していったようです。


しかし、この噂は完全にデマです!


お父様は日本人しか職務に就けない警察官をしており、お母様は純粋な日本人!


韓国の方と日本人は同じアジア系で似ていることも多いですが、坂本花織選手は純粋な日本人です。


個人的には、韓国人とのハーフと思った事は無いですが、注目を集めれば色々な噂が出てくるのも人気者の宿命ですね。


坂本花織のこれまでの経歴と戦歴

水泳も凄かった坂本花織千種ですが、フィギュアスケートでもジュニアの頃から素晴らしい戦歴を出してきています!

【ジュニア時代】

時期大会成績
2013年アジアフィギュア杯・ジュニアクラス1位
2014年チャレンジカップ・ジュニアクラス1位

第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権2位
2015年アジアフィギュア杯3位
ISUジュニアグランプリ・サン・ジェルヴェ2位
2016年ISUジュニアグランプリ・サン・ジェルヴェ1位
ISUジュニアグランプリ・横浜1位
第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権1位
ISUジュニアグランプリファイナル3位
2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権3位

【シニア時代】

時期大会成績
2017年アジアフィギュア杯(香港)1位
ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシック4位
ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯5位
ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ2位
第86回全日本フィギュアスケート選手権2位


坂本花織の出身中学、高校は?

現役高校生である坂本花織選手の出身中学や在学中の高校について調べてみました。

中学校は、兵庫県神戸市中央区にある渚中学校を卒業。

さらに在学中の高校は、神戸野田高等学校です。


神戸野田高等学校は神戸市内にある私立高校で、開校以来女子高でしたが、平成28年度より男女共学となりました。


坂本花織のノービス時代、ジュニア時代、シニア時代の戦歴

ジュニア時代やシニア時代になってからも素晴らしい功績を残している坂本花織選手ですが、ノービス時代はどうだったのでしょうか?

2012~2013年シーズン、全日本ノービス選手権Aクラスで優勝し、招待選手として初出場した全日本ジュニア選手権では9位の結果で終わりました。


その後2013年3月に、自身初となる国際大会である2013年・トリグラフトロフィーに出場し2位。


ノービス時代からジュニア時代と戦歴は素晴らしく、小さいころから注目を集めていたことがわかります。


怪我の多いフィギュアスケートの選手が加入すべきスポーツ保険とは


フィギュアスケートでケガをしていない人はいないほど、常にケガと隣り合わせの競技。


そんなフィギュアスケート選手が加入しておくべき保険はスポーツ保険

あまり聞きなれない言葉ですが、フィギュアスケートだけに留まらず、あらゆるスポーツを日常的に行っている方は、加入をおすすめします。


スポーツ保険には、個人保険法人保険と分かれています。

坂本花織選手のように、チームに所属したときは所属チームがスポーツ保険を準備してくれていると思いますが、ジュニア時代やノービス時代などは個人保険に加入していた可能性もあると思います。


例えば、団体で加入した場合

「団体での移動中」「団体活動への往復中」の事故に対し補償してくれます。


  • 傷害保険


急激で偶然な外来の事故により被った傷害による死亡・後遺障害・入院・手術・通院を補償してくれます。


  • 賠償責任保険

他人に怪我をさせたり、他人の物を壊したことにより法律上の賠償責任を負うことによって被った損害を補償します。


  • 突然死葬祭費用保険

突然死(急性心不全・脳内出血などによる死亡)に際し、親族が負担した葬祭費用を補償します。


個人保険と団体保険に共通しているのは障害保険や賠償責任保険。


特に成長期にさしかかると身長が伸びはじめ、ジャンプが今までのようにうまく飛べなくなることがあるそうでケガも増えます。


そんな時、経済的負担をおさえることができます。

身長に関わる成長期は誰にでも訪れる時期。

一番ケガに繋がりやすい時期とも言えそうです。


さらにケガをしなくても身長が伸び始めると、膝などの節々が痛くなることもあり練習に支障がでることもあるかもしれません。

それをカバーするようにスポーツをするとケガに繋がる可能性もありますね。


さらに、練習時に他人とぶつかりケガをさせてしまったり、着地時にエッジが相手選手にささりケガをさせてしまった…なんて話も聞きます。


そんなときは賠償責任保険があると安心できます。


フィギュアスケートの怪我が多い箇所

実は、フィギュアスケート選手の総来院患者数の98%が学生や10代のジュニアスリートとも言われるほど、ケガの可能性が高い競技。

では、どんなケガが多いのでしょうか?

  1. 足首捻挫
  2. アキレス腱周囲炎(かかと)
  3. 足首前方のくるぶし痛(靴ひもの締め付け)
  4. 外脛骨傷害(内くるぶしの下)
  5. 膝・関節痛(ジャンプ痛)
  6. 腰痛・分離症(着氷やチェック姿勢などにより)
  7. 足の甲が痛む
  8. すね(シンスプリント骨膜炎)
  9. 切創(エッジにより)
  10. 疲労骨折(スネ・足の甲)
このように、ケガの種類も多くほとんどが一番の魅力であるジャンプからきています。


6種類のジャンプの中でも、最も難易度が高いアクセルはケガも多いようです。


そして、同時に転倒などによって打撲も多いようでケガをしないことのほうが難しいことがわかります。


スポーツ保険はどれくらい保障してくれるのか

まず、スポーツ保険料はとっても安く、基本的に年払いです。

さらに契約期間(保険期間)は1年間

あるスポーツ保険の例を表にしてみました。

契約タイプ01020304
死亡・後遺障害保険金額35万円58万円245万円238万円
入院保険金額1.500円1.500円1.800円3.000円
手術保険金入院日額×10倍入院日額×10倍入院日額×10倍入院日額×10倍
通院保険金日額(30日が限度)1.000円1.000円1.200円1.500円
個人賠償責任保障金額1億3億3億3億
受託品賠償責任保険金額10万円10万円10万円10万円
救援者費用保険金額10万円10万円20万円30万円
一時払保険料約7.000円約9.900円約10.000円約12.000円

このように、入院・手術に加え通院までカバーしてくれるのがスポーツ保険の特徴です。


まとめ

平昌オリンピックへの出場権をゲットした坂本花織選手についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

リンク上で見ることが多かったので、身長はもう少し高いかな~なんて思っていましたが日本人女性の平均身長だったことが驚きでした。


個人的には坂本花織選手が自分と身長が同じだったことが嬉しかったですが、今後も伸びるかもしれませんね。


平昌オリンピックをはじめ、これからの坂本花織選手の活躍に目が離せません!


ランキング