必ず知っておきたい!医療保険の加入率と共にみる医療保険の特徴

医療保険へ加入検討される方は多いと思いますが、医療保険の加入率は非常に高いです。医療保険はたくさん種類があり、正しい知識がないと誤った選択をして損をしてしまいます。医療保険の加入率から、その必要性、公的医療保険との関係、選び方まで必要な情報をお伝えしています。

医療保険・医療特約の加入率は80%~90%近くと高い

日本人は本当に保険が大好きです。実際に保険会社の数も多く、生命保険への加入率も非常に高いものになっています。


では実際に、今回のテーマである、医療保険(特約を含む)にどれくらいの人が加入しているのでしょうか。


民間の生命保険会社や郵便局、JA(農協)、生協・全労済で取り扱っている生命保険(個人年金保険や生命共済を含む)のうち、疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率は、平成28年では72.1%でした。


さらに、生命保険文化センターの平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」によると、なんらかの生命保険に加入している世帯は全体の89.2%、その中での医療保険(・特約)の世帯加入率は91.7%に達しています。


つまりおよそ5世帯に4世帯の割合でなんらかの医療保険に加入しているということになります。

年齢別に見る医療保険の加入率

それでは、医療保険はどのような年齢層で加入率が高いのか、また、昨今は女性の社会進出によって、女性の加入率が上がってきていることも併せて、お話をしていきたいと思います。

50代が最も医療保険の加入率が高い

年齢別にみる医療保険の加入率ですが、生命保険文化センターの平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」による、世帯主の年齢別の医療保険(・特約)加入率の調査結果では、50〜54歳が最も高く93.4%、次いで55〜59歳の93.1%と、医療保険加入率は50代が最も高くなっています。

女性の医療保険の加入率は上がってきている

生命保険といえば、ひと昔前は「一家の大黒柱の万が一」に備えて加入するものだというイメージがありましたが、最近は自分が「生きていくため」の保険、医療保険への加入率が上がってきています。


生命保険文化センターの平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」による、医療保険(・特約)の世帯主性別の結果によると、以下のとおりとなっています。


  • 世帯主が男性の場合の配偶者(妻)の医療保険加入率は74.4%
  • 世帯主が女性の場合の世帯主の医療保険加入率は81.6%

つまり、女性のおよそ4人に3人が医療保険に加入していることがわかります。

働く女性が増えてきているため

これだけ多くの女性が医療保険に加入している背景としては、共働き世帯やシングルマザーなどが増加し、女性が家計を支える重要な存在となっている家庭が今では一般的になっていることが大きく影響しているのでしょう。


そのため病気になった場合の治療費に備えるだけでなく、女性が働けなくなった場合の収入減に備えるという面でも、以前に比べ女性が医療保険に加入する必要性が高まっているといえます。

夫の生命保険料控除の対象となることも知っておこう

毎年会社員の方は、11月末くらいに年末調整を、自営業の方は確定申告にて所得控除を行うかと思います。その所得控除のひとつに、「生命保険料控除」があります。これは、生命保険に加入している方で、保険料を支払っているからこそ受けられる、税制上の恩恵になります。


保険の契約者は保険料を支払う義務を負っているので、保険料を払っている契約者が生命保険料控除を受けることになります。


しかし、契約者と保険料を払う人が別人のケースもあります。仮に、妻が契約者となっている保険の保険料を夫が払っているケースが代表的な例です。


こんな場合、生命保険料控除を受けられるのは夫です

生命保険料控除の対象となる保険契約は、その保険金などの受取人のすべてが自分または配偶者、その他の親族(6親等内の血族と3親等内の婚族)であることが要件で、契約者は誰であるかは要件とされていないからです。あくまで、実際に誰が保険料を払っているかで判断するわけです。

女性特有の病気の保障が手厚い女性保険も人気

さきほど、女性の医療保険の加入率が上がっているというお話をしましたが、そもそも生命保険に加入するくらいなので、自分の健康や生活に何かしらの不安を抱えていることがわかります。


そのような自分の健康に対して不安があり、医療保険に加入しようと考える女性の方向けに、通常の医療保険と比較して女性特有の病気に関して、手厚い保障を受けることができる女性保険への加入率も増えてきています。


「女性疾病」特約という名前から、女性特有の病気限定かと思われるでしょうが、実は違います。

大きく分けると、①女性特有の病気、②全てのがん、③女性に多い病気、の3つに分類されます。以下は、ある保険会社が紹介している具体例です。


①<女性特有の病気>

  • 妊娠高血圧症候群
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵管炎
  • 卵巣機能障害
  • 乳腺炎
  • 切迫流産など

②<すべてのがん>

  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 膣がん
  • 乳がんなど

③<女性に多い病気>

  • バセドウ病
  • 胆石症
  • 尿管結石
  • 甲状腺腫
  • 胆のう炎
  • ネフローゼ症候群
  • 低血圧症
  • リウマチ性多発筋痛
  • 腎う腎炎
  • 橋本病など

ただし注意していただきたいのですが、保険会社によっては女性特有の病気しか対象にならない場合もありますから、加入を検討する時は対象となる範囲を確認しておきましょう。


「女性保険」は、上記にあげたような病気になって入院や手術をした場合に、通常の入院給付金・手術給付金にプラスして、さらにお金が受け取れるというものです。入院したら+5,000円とか、手術をしたら+5万円といったように、基本保障の上乗せとして保険金が支払われます。

医療保険に加入するなら、子供や20代など若いうちに入ったほうが良い

医療保険や死亡保険、がん保険等加入後に支払う保険料は、保険加入時の年齢によって異なります。


加入時の年齢が高ければ保険料は高くなります。反対に、若ければ若い分保険料は安くなります。 


このように、保険料は年齢を基準に異なってきます。

年齢により保険料が異なるのには、もちろんちゃんとした2つの理由があります。


①<保険料の払込期間の違い>

まず1つ目の理由は、加入年齢が若ければ若いほど、保険料を払込む期間が長くなるためです。その分、総額で同じ保険料を支払う場合、毎回の保険料が安くて済みます。


②<死亡や病気リスクの違い>

2つ目の理由としては、他にも若い人の方が死亡したり、病気になるリスクが低いためです。 高齢の人の方が若い人より死亡したり病気になる可能性は高いです。そうなると、保険会社は保険金の支払いのために準備をしなければなりません。そのため、保険料を高くして、保険金の支払いに備えるわけです。


このような理由から、将来的に保険に加入しようと考えていらっしゃる方は、年齢が若いうちに保険に加入しておいたほうがよいでしょう。もちろん、保険ばかりに目を向けるのではなく、一番は目の前の生活が大切なので、収入面なども考慮して、無理のない範囲で加入検討を行いましょう。

終身医療保険なら保険料の安いまま保障が一生涯続く

医療保険は大きく分けて、以下の2種類に分けることができます。


  • 終身医療保険

終身医療保険とは一生涯保障が続く医療保険のことです。一生涯の医療保障であるため老後の医療費に不安や心配を抱えている方向けの医療保険です。加入時の保険料がかわらないので、将来支払予定の総額保険料を抑えることができます。


  • 定期医療保険

ある期間だけ医療保障が必要な場合に活用されることが多い医療保険です。定期的な見直しができ、ライフプランなどの変化に対応できる保険です。同額の保障の場合、終身医療保険に比べ保険料の負担を抑えることができますが、保険期間満了時に更新した場合、保険料も年齢に応じて更新されます。


とくに、終身医療保険は、加入から払込満了時まで保険料は一定で、保険料の払込満了後も一生涯保障が続きます。保険を解約した場合でも解約返戻金を受け取ることができます。(加入期間が短い場合は全く支払われない場合もあります。)


そのため、一生涯の保障が欲しいという方や、保障と貯蓄の両方を兼ね備えたいという方には、終身医療保険がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。医療保険一つとっても、様々な種類が存在します。ケガや病気に対する不安は、ほとんどの方がお持ちですので、その不安をどのように解消するのかは考え方によって違ってきます。


人それぞれ考え方はことなると思いますが、例えば民間の医療保険で万が一の場合の保障をまかなうのも良いですし、医療保険に頼らず預貯金でまかなうと考えるのも良いでしょう。



ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!