パジェット病の症状・治療法について解説!保険加入はしにくい?

パジェット病は皮膚がんの一種で、乳房や陰部に痒みを生じる病気です。この記事では、パジェット病の原因や詳しい症状、治療方法について紹介します。またパジェット病の発症は保険の適用になるのか、既往歴があっても保険に加入できるのかも合わせて解説します。

内容をまとめると

  • 原因は、現在でもはっきりとはわからない
  • 乳頭や陰部に湿疹、ただれ、かゆみなどの症状がある
  • 男性でもかかる病気である
  • パジェット病の症状がみられた場合は乳腺専門医にかかろう
  • 初期段階ではステロイド軟膏による治療をする
  • パジェット病はがん保険の対象である
  • 出産や女性特有の病気に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!

パジェット病とはどんな病気?保険加入についても解説

パジェット病という病気をご存じですか?


日常的にはあまり聞きなれない病名で、詳しく知っている人は少ないでしょう。


この記事では、パジェット病にかかったときの


  • 症状や原因について
  • 何科を受診すればいいのか
  • 治療法について
  • 保険はどうなるのか
  • 入れる保険はあるのか


などについて、ご説明していきますのでぜひ最後までご覧ください。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

パジェット病の症状・原因について詳しく解説

パジェット病はかかる部位によって区別されており、


  • 乳房パジェット病
  • 乳房外パジェット病


といったように、乳頭や乳輪に発症するものと、陰部や脇に発症するものとにわけてよばれています。


ここでは、パジェット病について、


  • 発症の原因は?
  • 症状は?
  • 女性だけが、かかる病気?


といった内容で、ご説明していきます。


普段はあまり聞きなれない、めずらしい病名かもしれませんが、自分や身近な人が発症する可能性がないわけではありません。知っておくことで、役立つこともあるので、情報として覚えておきましょう。

パジェット病ははっきりとした原因は不明

パジェット病はページェット病ともよばれており、汗をつくる器官の細胞ががんとなる病気です。


はやいうちに治療をおこなうことができた場合は、予後は良い方向に向かいやすいのですが、もし症状がすすんでしまえばリンパ節に転移してしまうこともあり、注意が必要です。


パジェット病は、現在でも原因がはっきりとわからず、解明されていません。


また、あまり聞きなれない病気であるため、パジェット病であるとの認知がされず、病気の症状が悪化してしまうこともあります。

パジェット病は乳頭や陰部が赤くただれて痒みを生じる

パジェット病では、発症した箇所に


  • 湿っていて、あかい、ただれのような病変がみられる
  • かさぶたができる
  • かゆみがある


などの症状がおきます。


すこしずつ病変の範囲がおおきくなり、赤い病変のなかに、白いもの、茶色いものなどがまじってきたりします。ただれがひどくなっていき、じゅくじゅくとした液体がでてきたりする症状もあらわれてきます。


治療がおくれ病状がすすんでしまい、悪化していくと、ひろがった病変中に結節、腫瘤などがあらわれてきます。

初期症状では乳頭に湿疹ができる

乳房パジェット病の初期のころの症状では、乳頭に炎症がおこり、あかい湿疹ができます。


症状がすすみ、悪化していくと、この湿疹から皮膚がはがれてしまったりもします。


また、乳房外パジェット病は、陰部やわきに発症し、単なる湿疹やたむしなどと間違えてしまうほど、見分けがつきにくい症状です。


パジェット病は男性でも発症する

パジェット病は、乳房パジェット病からみると、乳がんとして認識されることが多いため、女性に特有の病気と思われがちですが、男性でも発症します。


また乳房外パジェット病では、肛門のまわりや、男性だと陰茎や陰嚢、女性は陰唇などの外陰部に発生がみられます。


病気自体があまり知られていないため、ただの湿疹かと思ってみのがしてしまい、見当違いな薬をぬって治そうとしたり、間違った治療を続けたりしてしまい、悪化させてしまわないように、正しい見極めが大切です。

パジェット病は何科を受診するべき?治療法を解説

病院を受診しようとしたときに、どの科にいけば適切か、わかりにくいと思いませんか?パジェット病で病院にかかった家族や知人が身近にいる人は少ないかもしれません。


ふだんあまりみられない症状がからだにあらわれたときは、病院を受診するにしても、どの部分を専門としている科にいけばよいのか、悩んでしまうものです。


ここではパジェット病について


  • 乳腺専門医を受診してみよう
  • 一般的な治療方法は?


といった内容について、とりあげていきます。

パジェット病は乳腺専門医で診断してもらう

乳房パジェット病であっても、皮膚の症状からあらわれやすいので、最初は皮膚科に行くのがよいでしょう。


皮膚科で単なる湿疹やただれなのかどうかを診断してももらい、パジェット病のうたがいがあれば、乳腺専門医に受診します。


一部の皮膚の組織をとり顕微鏡でしらべ、がんかどうか、またがんであれば、転移などしてないかどうかなどを調べます。

パジェット病の治療は外科的切除が一般的

パジェット病の治療では、基本的には外科的切除をして取り除く方法が一般的です。


放射線治療などの他の治療法もありますが、あまり効果は期待できません。


検査する際には、リンパ節への転移などもしらべます。


病巣をとりのぞく場合、そこから数センチほどはなして取り除くため、ひろい範囲にわたって欠損したときは、植皮したりもします。

初期段階では一定期間ステロイドでの治療

パジェット病は、初期段階では、


  • かゆみ
  • 湿疹
  • 皮膚のかさつき


などがみられ、単なる湿疹と見分けがつかない段階では、しばらくはステロイド軟膏などで治療をおこない、様子をみる場合もあります。


症状がよくなっていかず、改善されて行かないなら、パジェット病の可能性を考慮し、検査などをおこなっていきます。


軟膏を塗布しつづけていて、湿疹やただれなどが治っていかない場合は、定期的に医師の診断をあおぎ、経過を注視していくようにしましょう。

パジェット病での保険加入について解説

ここまで、パジェット病について、症状や治療法などご説明してきましたが、治療の際の費用面などについて考えたときには、保険についても気になってくると思います。


ここでは、


  • がん保険の対象となるのか
  • 既往歴がある場合の保険加入についてはどうか


について、ご説明していきます。

パジェット病はがん保険の保障対象になる

パジェット病にかかったときも、がん保険の対象となります。保険に加入している人は、忘れずに保険会社に問い合わせて、手続きをとるようにしましょう。


がんの治療費は、治療方法によっては健康保険の適用外となる治療法もあったり、健康保険が適用となっても高額になる場合もあったりするので、自分が加入している医療保険やがん保険、また公的制度など、情報をあつめて活用し、経済的な負担をなるべく減らすことで、こころの負担も軽くして、治療にのぞむようにしましょう。


参考に、国立がん研究センターがん情報サービスの「がんとお金」のページをご覧ください。がんの治療に関するさまざまな支援制度についてまとめられています。

過去に既往歴がある場合は加入が難しい

一般的な医療保険に加入を申し込むためには、なるべく健康体であることがのぞましいこととなっています。


がん保険は、ほかの医療保険とはことなり、がん以外の病気やケガに関しては緩和されている部分もありますが、がんそのものに関しては、過去にかかっている経験があれば、やはり加入は難しくなります。

パジェット病でも加入しやすい保険の種類を解説

パジェット病のみならず、過去に病気にかかっていたり、入院、手術歴があったりする場合は、医療保険や生命保険への加入は、契約基準となっている告知によって審査され、申し込みを拒否される可能性がたかくなります。 


いま健康体ではない、あるいは、これまでに病気にかかったり、またはケガをしたりなどで入院、手術の経験があっても保険に入りたいというときは 


  • 引受基準緩和型保険
  • 無選択型保険


に申し込むことを考えてみましょう。


申し込む際の条件が緩和されており、それまで保険への加入が条件的に厳しかったひとにとっても、申し込める可能性のある保険となっています。

引受基準緩和型保険は既往歴があっても加入しやすい

引受基準緩和型保険というのは、加入を申し込むときの条件が、かなり緩和されている保険です。


保険加入では必須となっている告知についても、細かい部分では保険会社によって違いはありますが、だいたい3項目ほどとなっています。


詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

無選択型保険は告知しなくても加入できる

無選択型保険は、加入を申し込もうとするときに、健康であるかどうかを加入の条件としてはえらばない、というのが特徴となっており、告知する必要がない保険となっています。

無選択型保険について、詳しく知りたいという人は以下の記事をご覧ください。

保険について困ったら無料の保険相談を活用

おもい病気にかかったり、入院や手術をしたりすると、保険加入についても「無理だろうな」と考え、よくしらべないうちにあきらめてしまうひともいるでしょう。


現在は、保険もさまざまな商品が増え、多様なケースに対応した保険が存在します


自分ひとりで資料をあつめたり、たくさんの保険会社に問い合わせをしたりするのは大変で、こころも折れてしまいます。


そんなときには、無料の保険相談サービスを利用してみましょう。


マネーキャリアなら、不安や悩みによりそって、相談にこたえてくれる保険のプロがいます。ぜひ、お問合せください。

まとめ:パジェット病の保険加入は無料相談を活用

いかがでしたか?


この記事では、パジェット病について、


  • 原因は、現在でもはっきりとはわからない
  • 乳頭や陰部に湿疹、ただれ、かゆみなどの症状がある
  • 男性でもかかる病気である
  • パジェット病の症状がみられた場合は乳腺専門医にかかろう
  • 初期段階ではステロイド軟膏による治療をする
  • パジェット病はがん保険の対象である
  • 既往歴がある人は保険加入はきびしい
  • 既往歴があっても加入を検討しやすい保険はある


といった内容について、お伝えしてきました。


自分にとって未知の病気にかかったときは、不安なものです。治療についても、どのような治療をするのか、費用はどのくらいかかるのかといった心配もあります。


ほけんROOMでは、女性保険に関する記事が記事が数多くありますので興味のある方は合わせてご覧ください。

ランキング