希少がんである膣がんってどんな病気?保険や保障は適応になるの?

膣がんはかかる人がとても少なく、希少がんとよばれており、この病気のことをあまり知らない人も多いでしょう。この記事では、膣がんの症状や治療方法、健康保険は適用されるのか、医療保険にははいれるのか、といった内容をお伝えしていきます。

内容をまとめると

  • 膣がんは50代60代の高齢の女性にみられる希少がん
  • 膣がんは初期症状が少ないので要注意
  • 膣がんは膣粘膜の腫瘍によっておこる病
  • ステージにあわせて治療法がことなる
  • 膣がんは保険適用だが、症状や期間によっては高額
  • 公的制度も活用しよう
  • 膣がんでもはいりやすい保険をチェック
  • 出産や女性特有の病気に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!
マネーキャリアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

50代60代の女性に多く見られる膣がんについて知りたい!

膣がんという病気をご存じでしょうか。


膣がんは女性のかかるがんの中でも、とくに発症する人が少ない病気です。


日本では膣がんにかかる人は1年で約350人ほどとなっており、50代から60代の人に多く発症します。


この記事では、


  • 膣がんの症状は?原因や治療方法について
  • 膣がんの治療にかかる費用は?保険は適用される?
  • 膣がんにかかると医療保険はどうなるの?はいりやすい保険はある?
  • がんにかかった経験がある人は告知義務違反に注意!
  • 女性特有の病気にそなえた保険をご紹介


といった内容でご説明していきます。


最後までご覧いただくことで、あまり知られていない膣がんのことを詳しく知ることができ、もしものときに冷静に対応することができるでしょう。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

膣ガンの初期症状は少なく気づきにくい!

膣がんでは、はじめのうちは症状があらわれにくく、発症していることに気がつきにくいため、他のがんの検診などでみつかることもあります。

ここでは、


  • 膣がんの原因は?
  • 膣がんの症状は?
  • 膣がんのステージについて
  • 膣がんの治療方法について


といった内容で、ご説明していきます。


どのような初期症状があらわれるかを知っておくことで、早期の発見につながることでしょう。

膣がんは粘膜の腫瘍が原因

膣がんは膣粘膜から発生する腫瘍です。


膣は粘膜で表面がおおわれていて、ここから発生したがんは、粘膜から筋肉へ、さらにひどくなると、他の臓器にも広がっていくこともあり、からだの別の箇所に転移してしまうこともあります。


膣がんには


  • 扁平上皮がん
  • 腺がん


があり、95%以上は扁平上皮がんです。また、上記以外にもごくまれに、明細胞がんもあります。


膣がんの原因は子宮頸がんとつながっていることが多く、子宮頸がんの発生にも関連しているヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)への感染などが要因であることが多くなっています。


50代から60代の年代の女性が、閉経後にかかることが多くなっています。

初期症状は膣のしこりや不正出血?

膣がんでみられる症状は


  • みずっぽいおりもの
  • 不正出血
  • 性交中にいたみがある
  • 膣内にしこりがある
  • 便秘をする
  • おなかの下部にいたみがある
  • 排尿時にいたみがある


などです。


膣粘膜がただれ、それが原因となり、感染したり出血をおこしたりもします。


初期のころは症状があらわれにくいことが多く、膣がんではなく子宮頸がんの検診でみつかったりもします。中には、まったく症状があらわれない人もいます。

膣がんのステージは6段階

膣がんの発見や診断では、骨盤の中のほかの臓器も調べる検査を行い、がんのおそれがみられた場合は、

  • 内視鏡検査
  • CT検査
  • MRI検査
  • レントゲン

などで、がんのひろがりを調べ、判定します。

膣がんは、ひろがりの区分として、つぎのように分けられます。

  • I期:がんが腟の壁のみにみられる状態 
  • II期:がんが深くすすんでいるが、骨盤にまでは達していない状態
  • III期:がんが骨盤や、まわりの組織、リンパにまでおよんでいる状態
  • IV期:がんが小骨盤腔をこえて広がるか、膀胱、直腸粘膜を侵すもの 
  • IV a期:がんが 膀胱や直腸など、近くの臓器にひろがっている状態
  • IV b期:がんが離れた臓器にひろがっている状態

がん自体をとりのぞく治療が理想ですが、上記のがんのひろがり具合におうじて、それにあわせた治療を行っていきます。

参考に、国立がんセンター希少がんセンターの病期(ステージ)についての表をご覧ください。


膣がんの治療は化学療法が主流

膣がんの治療は、がんのひろがり具合、すすみ具合におうじて、


  • 化学療法
  • 外科療法
  • 放射線療法


の治療方法があります。


化学療法


抗がん剤を使用することによって、がんが増えていくのをおさえます。


投与する方法は


  • 注射(体腔/静脈/筋肉)
  • 経口投与


などがあり、投与するくすりによってかわります。


外科療法


手術でがんをとりのぞく治療です。


  • レーザー蒸散術
  • リンパ節郭清
  • 部分膣壁切除
  • 骨盤除臓術
  • 子宮全摘出術


などの方法があり、がんがまだひろがっていない状態なら、ほぼ完全に治療することができます。


放射線療法


放射線療法には


  • 腔内照射
  • 外部照射


があります。


腔内照射とは放射性物質をがんのある内側に埋め込み照射する方法で、外部照射はからだの外側から照射する方法です。ときとばあいにおうじて、どちらか、あるいは併用しておこないます。

膣がんの治療にかかるお金の心配を解決!

膣がんにかかった場合の治療にはいくらぐらいかかるのでしょうか?


がんの治療費は高額なイメージがあり、経済的な負担がそうとうかかってくるイメージをもつひとは多いでしょう。


また、がんのすすみ具合やがんの種類、治療方法などで治療費はかなりかわってきます。


ここでは、


  • 膣がんの治療は保険適用になるのか
  • 医療保険やがん保険では保障対象になるのか


といった内容で、ご説明していきます。

膣がんの治療には健康保険が適応される

がんの治療にかかる費用は高額なイメージがありますが、治療の内容により、健康保険の適用の対象となります。


膣がんには、「外科療法」「放射線療法」「化学療法」の治療方法がありますが、ほぼ公的保険の対象です。


ただし、治療方法や期間によって金額はかわってきますので、保険適用となったとしても自己負担額がかなり高額となる可能性もあります。


そのようなときは、高額療養費制度なども利用することを視野にいれましょう。健康保険でも国民健康保でも、どちらかの保険に加入していれば、受けられる制度です。


高額療養費制度とは、医療費が高額になった場合、1か月分の決められた自己負担額をこえるとその超えた分の金額が戻ってくる公的な制度です。


積極的に公的な制度を利用して負担を軽減し、なるべく安心して治療にのぞめるようにしましょう。


参考に、厚生労働省の「高額療養費制度を利用される皆さまへ」のページをご覧ください。

医療保険やがん保険に入っていれば保障対象に!

膣がんの治療をした際に、以前から医療保険やがん保険にはいっていれば、まずは、保険会社に連絡をして問い合わせ確認し、正しいてつづき方法などを聞き、保障をうけとりましょう。


中には保険に入っていたことを忘れている人などもいますので、注意が必要です。


保険商品により、保障される金額はことなりますが、一般的な医療保険にはいっていれば、入院や手術の保障があります。


ただし、一般的な医療保険では、入院の日数や通算しての入院日数に制限があり、それをもとに入院給付金が支払われます。


がん保険で、一般的な医療保険とことなる特徴としては、がんに対しての保障が手あつくなっていることです。


通院での抗がん剤治療などにも対応している保険もあります。


がんに関しては治療の方法などが日々進化していきますので、それに対応して保障内容が充実している商品もあります。


がんに対する不安や悩みがある場合は、一般的な医療保険にがん特約をつけたり、がん保険に加入したりすることも視野にいれてみてもよいでしょう。


医療や保険でお悩みなら、マネーキャリアにご相談ください。保険のプロがオンラインでいつでもご相談に応じます。

がんの罹患中や経験者はがん保険への加入は難しい

がんの経験があったり、がんに罹患中であった場合、一般的な保険にはいることは条件的に難しくなることは確かです。


ただし、がん保険については、一般的な保険とは条件が違う部分があり、関連しないケガや病気については、一般的な保険よりは告知などの内容がゆるやかになっている部分もあります。


ですが、がん保険であっても、がんに罹患していたり、がんの経験者であれば保険へはいることは難しいでしょう。


ここでは、条件次第では加入の可能性が考えられる


  • 引受基準緩和型保険
  • 無選択型保険


についてご紹介します。


保険に加入したい人で、加入を拒否された場合などに、あきらめないで、検討してみてください。情報を知ることで、少しでも希望に沿った方法がみつかる可能性もあります。

がんになってからも入れる保険①引受基準緩和型保険

ここでは引受基準緩和型保険についてご紹介します。


引受基準緩和型保険とは、保険契約を申し込む際の条件をゆるくして、緩和している保険です。


引受基準緩和型保険については、以下の記事で詳細に記載されています。気になったひとは、ぜひお読みください。 

がんになってからも入れる保険①無選択型保険

ここでは無選択型保険についてについてご紹介します。 


無選択型保険のもっとも特徴的なところは、ほかの保険では義務となっている、告知の必要がないということです。 


最初は普通の保険や引受基準緩和型保険を検討してみて、加入をことわられたなら、こちらの保険を検討するというながれがよいかもしれません。 


無選択型保険については、以下の記事で詳細に記載されていますので、もっと知りたいというひとは、ぜひお読みください。

がん経験者は告知義務違反に注意!

がんに罹患していたり、がんに罹患した経験があった場合でたとえ完治していても、告知はかならずおこなわなければなりません。


また虚偽の申告をおこなったり、申し出じたいをおこなわなかったりすれば、告知義務違反となり、きびしくペナルティを受けます。


ここでは


  • 告知義務違反の場合は保険金はどうなる?
  • 追加告知とはなに?


といった内容で、ご説明します。

告知義務を違反すると保険料が支払われない!

これまでの治療や、いま服用しているくすりについて黙っていたりなどして告知義務違反となってしまった場合は、契約が解除されたり、保障が受けられなかったりといった、きびしいペナルティを受けます。


たとえ、「うっかりわすれてしまっていた」といった、悪意のある虚偽ではなく、ちょっとした失敗であったとしても、告知義務違反となります。


申し出がもれていたとわかったら、できるだけ早急に保険会社に連絡し、ただしく申し出をする必要があります。 

追加告知とは?

告知もれや、正しい告知をおこなわなかった場合は、それがわかった時点で保険会社にすみやかに連絡し、告知をしなおすひつようがあります。


これを追加告知といいます。


悪意なく単なるミスで告知しなかった内容などがあったとしても、そのまま無視してほうっておけば告知義務違反となり、ペナルティを受けるので、注意しましょう。

女性特有の病気に備えた保険2選

女性には特有の病気があり、治療や症状にはそれぞれ特徴があります。


ここでは、女性特有の病気の悩みにこたえることができる2つの保険


  • アクサダイレクト終身医療保険
  • 楽天生命スーパー医療保険


をご紹介いたします。


女性特有の病気について、保険に加入してそなえておきたいと考える人は、参考になさってください。


また、その他の保険も知りたい、もっと選択肢を増やしたい、という方は、マネーキャリアにご相談ください。保険のプロが、それぞれの人の悩みにあわせて、ご相談にお応えしていきます。

アクサダイレクト終身医療保険

アクサダイレクト終身医療保険は、


  • 子宮がんや乳がんなどに罹患したとき、入院給付金が2倍
  • 掛け捨て型の保険であるため、保険料が安く設定されており、手軽な金額となっている
  • すべてのがんが対象


などの特徴があります。


女性特有のがんに対する保障がしっかりと充実しており、がん保険ならではの、先進医療にたいする保障もカバーしています。

楽天生命スーパー医療保険

楽天生命スーパー医療保険


  • がん、脳血管疾患、心疾患の三大疾病である場合の入院については支払日が無制限となっている。
  • 手術は、最大20万円の給付金
  • 先進医療も手厚く保障
  • がんに初めて罹患したときは100万円の一時金、さらに1年後にがんで入院したら一時金100万円


などの特徴があります。


がんのみならず、ほかの病気についての保障も充実しているので、はじめて医療保険を検討する人も、加入を検討しやすい保険となっています。

まとめ:女性特有のがんにも備えてアクティブに楽しもう!

いかがでしたか?


この記事では、


  • 膣がんは50代60代の高齢の女性にみられる希少がん
  • 膣がんは初期症状が少ないので要注意
  • 膣がんは膣粘膜の腫瘍によっておこる病気。ステージにあわせて治療法がことなる
  • 膣がんは保険適用だが、症状や期間によっては高額に。公的制度も活用しよう
  • 膣がんでもはいりやすい保険をチェック!引受基準緩和型保険と無選択型保険
  • がんでも告知は義務!
  • 女性特有のがんに手厚い保険「アクサダイレクト終身医療保険」「楽天生命スーパー医療保険」をご紹介


といった内容でご説明してきました。


膣がんになることはまれですが、もしものときのために情報を知っておくことは、自分の安心につながります。


ほけんROOMでは、女性保険に関する記事を多数掲載しております。気になる記事があれば、ぜひご覧になってみてください。

ランキング