卵管炎は保険適用の対象になる?症状や予防方法なども合わせて解説

卵管炎を発症した場合は、医療保険等に加入しにくい場合が多いです。この記事では卵管炎でも加入しやすい保険の種類や告知義務について分かりやすく解説します。また卵管炎の症状や治療方法、予防法など病気について詳しく解説しています。

内容をまとめると

  • 卵管炎は卵管が菌に感染してなる病気
  • 卵管炎の症状は熱や下腹部のいたみなど
  • 自覚がないときもある! 卵管炎は安静が大切
  • 卵管炎の診断は触診やエコーなどでおこなう
  • 卵管炎の治療は病気治療の場合は保険適用
  • 不妊治療なら適用外になることも
  • 卵管炎でも入りやすい保険は引受基準緩和型保険と無選択型保険
  • 卵管炎の予防にはコンドームが有効。ストレスはためないようにしよう
  • 出産や女性特有の病気に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!
マネーキャリアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

卵管炎は保険適用の対象になる?

卵管炎という病気をご存じでしょうか?

病名からも想像できるとおり、女性特有の病気ですが、女性であっても症状や治療法などを詳しく知るひとは、多くないかもしれません。


そして、卵管炎になったとき、保険などはどうなるのでしょうか?


こちらの記事では、


  • 卵管炎は保険適用になるのか
  • 卵管炎ってどんな病気?
  • 卵管炎は保険適用になる?既往歴があるときは?
  • 卵管炎でもはいれる保険ってある?
  • 告知とは?告知義務についても説明
  • 卵管炎を予防する方法は?


といった内容でご説明していきます。


最後までご覧いただければ、卵管炎という病気についての理解がふかまり、治療や保険などの対処法も知ることができます。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい女性保険に関する記事を多数掲載しているので、ぜひご覧ください。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

卵管炎について詳しく解説

卵管炎は女性特有の病気で、卵管に炎症が起きる病気です。


治療せずに放置すれば、不妊症にもつながる要因となり、さらには大きな合併症をひきおこす可能性もあり、女性にとってはこわい病気のひとつです。


ここでは、


  • 卵管炎の原因とは
  • 卵管炎の症状について
  • 卵管炎の治療について
  • 卵管炎の診断方法について


といった内容を、ご説明していきます。

詳しく知ることで、安心して冷静な対応をとることにつながりますので、ぜひご覧ください。

卵管炎の原因は細菌感染による炎症

卵管炎というのは、卵管が細菌によって炎症を起こしてなる病気です。

卵管が炎症をおこせば、卵巣にも炎症がおよぶことが多くあります。


原因となる菌は以下です。


  • ブドウ球菌
  • 連鎖球菌
  • 大腸菌
  • 淋菌[りんきん]
  • 結核菌


また、


  • クラミジア
  • マイコプラズマ


なども卵管炎をひきおこします。


菌が入り込む原因としては、


  • 流産
  • 出産
  • 性行為


などがあげられます。


病気のはやい段階できちんとした治療をおこなわず放置してしまうと、卵管のつまりによって妊娠しづらくなってしまったり、子宮外妊娠をひきおこしてしまいます。

急性期の症状は下腹部の痛みや発熱の症状が出る

卵管炎の症状は他の炎症性の病気と同様に


  • 急性期
  • 亜急性期
  • 慢性期


とすすんでいきます。


急性期


急に卵管炎を発症したときは


  • おなかの下部がいたくなる
  • 急に熱がでる
  • おりものがふえる
  • 嘔吐
  • 性器からの出血


などとった症状があらわれます。


この時期は、ずきずきとうずくような痛みがあるため、内診による診察がむずかしくなっています。


亜急性期


痛みなどは減少していき、37度くらいの熱がつづきます。


慢性期


熱や痛みなどの症状が減少し、なくなっていきます。ポイント的にすこし痛みがみられます。


また、原因がクラミジアであったとき、最初から自覚症状がほとんどなく、発症をみとめることがむずかしくなります。

薬での治療で安静にしても症状に改善がなければ手術も

卵管炎の治療は、基本的には


  • 安静
  • 抗生物質
  • 消炎剤


による治療となります。


治療はなるべく早急に、そして通院によって治療する場合でも、なるべく安静にすることです。入浴などもひかえめにし、無理はしないようにします。


症状がひどくなってしまったら、入院治療が必要となる場合もあります。


他臓器との癒着などがあり、もっとひどくなってしまったり、それまでの治療でも良くなっていかなかったりしたときは、手術が必要となり、病巣を除去します。


卵管炎の診断方法を紹介

卵管炎の診断方法は、


  • おなかの下部をおして触診する
  • 膣にゆびを入れて触診する


というものになります。


また、次のような検査をして、感染した菌がなんなのか、などをしらべます。


  • 血液検査
  • エコー(超音波検査)で炎症をチェック
  • 内視鏡で病巣をチェック


場合によっては、CT検査MRI検査をおこないます。


卵管炎のリスクをかんじたら、なるべくはやく診断・検査を受けにいきましょう。事前にどのような診断方法なのかがわかっていれば、不安もやわらぎます。

卵管炎は保険が適用される?既往歴がある場合も解説

卵管炎を発症した場合の治療に保険は適用になるのか、気になりますね。


ここでは、


  • 治療に該当する場合は?
  • 不妊治療であった場合は?
  • 既往歴がある場合の保険適用について
  • 保険金の請求の注意点


について、ご説明していきます。


病気の治療をしていくにあたっては、保険が適用かどうかは費用の負担についておおきな違いとなってくるので、知っておきたい大切な情報です。

治療に該当する場合は保険が適用される

健康保険は、基本的には被保険者が病気やケガをしたときに適用されるものです。


診断や、検査などが、「病気の治療」にあたるとみなされる場合は、保険適用の対象となるといえます。(入院時の差額ベッド代などのように、治療にあたらない費用に関しては除かれます。)


ただし、次にご説明する、不妊治療である場合については、適用されない場合がありますので、注意してください。

不妊治療は保険適用外のケースもある

卵管炎の治療で、不妊治療が必要となった場合は、保険適用とならないときがあります。


それは不妊治療は「検診」であるという概念があるためです。


不妊治療については、疾病の治療であることがはっきりしていれば保険適用の対象となることもありますが、それ以外の場合だと保険適用とはなりません。


卵管炎はときとして不妊症にもつながる病気であり、不妊治療にもかかわってくるときがあります。費用面での経済的負担が不安なときには、保険適用されている費用分だけではありますが高額療養費の制度もありますし、不妊治療に関する助成制度などもあります。


公的制度なども活用して、のりこえましょう。


参考に厚生労働省の「不妊に悩む方への特定治療支援事業」のページをご覧ください。

既往歴がある場合は保険加入は難しい

他の女性特有の病気にもいえることですが、卵管炎のような病気はどの年代の女性でもかかるおそれはあり、20代、30代で発症することも少なくありません。


かかった経験があると、一般的な医療保険にはいることが、条件的にきびしくなります。


慢性的に症状がつづいたり、治療がつづいたりすることもあるので、保険への加入は、はやいうちに検討するようにしましょう。

保険金の請求については保険会社に問い合わせを

みなさんの中には、実際に保険金を請求したことのない方もいらっしゃるかもしれません。


保険金を請求する際には、まずは保険会社に連絡しましょう。


実際に手つづきをとろうとすると、慣れていないこともあり、なかなかスムーズにいかないものです。


手つづきをしっかりとおこなって、もれのないように保険金をうけとりましょう。


困ったことがおきたときのためのサポートとして加入したのですから、保障のうけとりもれがある、そもそも加入していたことを忘れてしまっていた、ということのないように、冷静に対処したいものです。

卵管炎でも入りやすい保険の種類を解説


卵管炎にかかると生命保険や医療保険に加入しづらくなります。


そんな時に通常の保険に入れなかったというときのために以下の2種類の保険を知っておきましょう。

  • 引受基準緩和型保険
  • 無選択型保険

引受基準緩和型保険は既往歴があっても加入しやすい

ここでは引受基準緩和型保険についてご説明します。


引受基準緩和型保険とは、保険に加入するときの条件をゆるやかに、緩和している保険です。


病歴や入院歴のあるひとでも加入をみとめられやすくなってるのは、告知の内容もすくなく(3~5項目)、簡単になっているためです。


引受基準緩和型保険については、下記の記事でさらに詳しく記載されています。気になった方は、ぜひご覧ください。


無選択型保険は告知しなくても加入できる

ここでは無選択型保険について、ご説明します。


無選択型保険のもっとも特徴的なところは、ほかの保険ではほぼ確実に必要となっている、告知の必要がないということです。


病歴や入院歴のあるひとでも加入をみとめられやすくなっているのは、加入するひとの健康状態を問わないという理由からです。 


 (加入しようとしたときに入院中のひとはのぞきます。) 


 ただし、保障面や保険料の面でデメリットがあるということは覚えておきましょう。


 最初は普通の保険や引受基準緩和型保険を検討してみて、拒否されたなら、こちらの保険を検討するというのがよいでしょう。


 無選択型保険については、以下の記事でさらに詳しく記載されていますので、もっと詳細に知りたい方は、ご覧になってみてください。 

保険加入で困ったら無料の保険相談

病気や手術を経験したとき、「これから保険に入ることはできるのだろうか?」「自分が入れる保険ってあるのかな」といったことで悩むことがあるかもしれません。


自分で資料をたくさん取り寄せたり、いくつも保険会社に問い合わせしたりするのは、とても大変です。


そんなときは、保険のプロに相談してみませんか。


いまでは、保険やお金、ライフプランなどについて気軽に相談できる、無料の保険相談があります。


相談員は特定の保険会社に所属しているわけではないので、複数の保険会社のさまざまな保険を比較し、中立な立場からアドバイスしてくれます。


また保険を選ぶ際には、公的な保障や制度、税金のことなど、幅広い知識が必要となってきます。


保険やお金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)なら、悩みの解決にむけて必要な情報と知識で相談にお応えすることができます。


「相談してみたい」とおもったら、マネーキャリアに相談してみましょう。全国どこからでも、オンラインで相談を受け付けています。

告知義務について分かりやすく解説

わたしたちが一般的に生命保険や医療保険に加入したいと思った時にかならずおこなわなければならないのが告知です。


自分の現在の健康状態や、これまでの病気にかかった経歴や、入院・手術の経験があるかどうか、また場合によっては仕事や趣味についてなど、定められた規定や方法にそって、申しでることです。


正直に、虚偽なく申し出をしなければならず、もしこのルールに背けば、きびしいペナルティも課せられます。保険加入できるかどうかの判断材料にもなるので、当然ともいえますね。


ここでは、


  • 手術や治療をした場合の保険加入時に必要な告知について
  • 告知義務は違反するとどうなるか?


ということをご説明いたします。

手術や治療をした場合は保険加入時に告知が必要

保険というのは「相互扶助」のしくみで成りたっており、告知が必要なりゆうとなっています。


保険というのは、契約者がお金をお互いにだしあって、たすけあうシステムなので、もしそのうちのだれかが他のひとよりも健康面にリスクがある場合、保障をうけとる確率がたかくなるということになります。同じ保険料を支払って、保障を受ける確率に差が生じては不公平となります。


契約したひとたちが、公平に保障をうけられることが前提なので、入る以前から健康面での不安材料のあるひとについては、加入させても大丈夫か、判断する必要があります。


以上のような理由から、これまでの病気の治療の経歴や手術歴の申し出が必要となるわけです。


告知については、以下の記事でさらに詳しく解説していますので、気になった方はご覧になってみてください。

告知義務違反となれば契約取り消しも

これまでの治療や、いま服用しているくすりについて黙っていたりなどして告知義務違反となってしまった場合は、契約が解除されたり、保障が受けられなかったりといった、きびしいペナルティを受けます。


たとえ、「うっかりわすれてしまっていた」といった、悪意のあるウソではなく、ミスであったとしても、もちろん告知義務違反となります。申し出がもれていたとわかったら、できるだけ早急に保険会社に連絡し、ただしく申し出をしなおしましょう。

卵管炎の予防法・豆知識を紹介

卵管炎を予防する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?


ここでは、


  • 卵管炎の予防にはコンドームが有効
  • 卵巣の機能の低下されるのはストレス?
  • 生理が来なかったら?下痢や嘔吐も要注意!


といった内容を豆知識的にご紹介します。

卵管炎の予防はコンドームの着用を

卵管炎の感染の原因として、性行為による感染があります。


自分のためにも、パートナーの為にも、コンドームの使用は卵管炎の予防には有効です。


また、卵管炎をひきおこす原因となっている


  • クラミジア
  • 淋菌


の感染も、おたがいに検査しておきましょう。


わかいときに感染してしまい、後々子供を授かりたいと考えたときに卵管炎から不妊症とをひきおこし、後悔するようなこととならないように、こころあたりのある方は、しっかりと予防しましょう。

卵巣の機能はストレスから崩れる

卵巣の機能、自律神経の影響をうけます。ストレスによって自律神経が乱れると、卵巣機能低下症をひきおこし


  • わかい人であっても、更年期障害のような症状になる


ことがあります。


また、そこから悪化していくと不妊症にもつながっていくので、早期の対応が必要です。


ストレスは卵巣への影響にかぎらず、さまざまな病気の要因ともなります。ストレスをつよく感じることがあるなら、普段のライフスタイルをみなおし、リラックスできる時間をもつようにこころがけましょう。

生理がこない・下痢・嘔吐などの症状を感じたらすぐ病院へ



卵管炎をはじめとして、性感染症からくるさまざまな病気は女性にとって、とてもこわい病気です。


「生理がなかなかこない」「体調があまりよくなく、下痢気味だ」「気持ち悪いことが多くて吐き気もある」


などといった症状を感じたら、がまんせずに、はやめに病院を受診するようにしましょう。悪化して重篤な病気につながったり、不妊症になってしまってからでは、もっと大変なことになってしまいます。早期の発見、治療が自分自身をたすけます。

まとめ:卵管炎の疑いがあるときは病院に行きましょう

いかがでしたか?


こちらの記事では、


  • 卵管炎は卵管が菌に感染してなる病気
  • 卵管炎の症状は熱や下腹部のいたみなど。自覚がないときもあり
  • 卵管炎は安静が大切!悪化すれば手術もありえる
  • 卵管炎の診断は触診やエコーなどでおこなう
  • 卵管炎の治療は病気治療の場合は保険適用。不妊治療なら適用外になることも
  • 卵管炎でも入りやすい保険は引受基準緩和型保険と無選択型保険
  • 卵管炎でも告知は義務!
  • 卵管炎の予防にはコンドームが有効。ストレスはためないようにしよう


などについて、お伝えしてきました。


生理不順などの体調不良を感じたり、クラミジアなどの菌感染にこころあたりがあったりしたら、なるべく早急に病気に行くことが大切です。

ランキング