再発しやすい性器ヘルペスの男女別の症状や治療法について解説!

性器ヘルペスという病気は誰でも発症してしまう可能性がある病気なんです。そんなあなたの性器ヘルペスについて詳しく病気の内容から、費用はどれくらいといった内容をお伝えします。今発症していて不安な方にも、知識が増やせる内容となっています。

内容をまとめると

  • 性器ヘルペスは完治まで難しい病気
  • 相手に移すリスクが非常に高い
  • 再発は症状が軽いためわかりにくい
  • 男女関係なく潰瘍、水ぶくれができる
  • 重症化すると発熱や別の病変をおこす
  • 症状が出た場合保険適用が可能
  • 内服薬と軟膏で治療をおこなう
  • 予防は性交渉を控えること
  • 出産や女性特有の病気に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!

再発しやすい性器ヘルペスの男女別の症状や治療法について解説!

性器ヘルペスという病気は、あまり聞き慣れない病気かもしれませんが、身近に感染するリスクがある病気です。


再発もする可能性が非常に高く、相手に性器ヘルペスを移してしまうことがあるため、男女関係なく病気に広がりを見せています。


そこで今回は性器ヘルペスについて


  • 性器ヘルペスはどんな病気なのか?
  • 男女どんな症状の違いがあるのか
  • 性器ヘルペスは健康保険証が使える?
  • 保険に入るとき告知が必要
  • 予防方法やどんな方法があるのか
  • 費用はどれくらいで、保険は効くの?
  • 性器ヘルペスに使う治療薬は?

といった内容で詳しくご紹介します。

最後までお読みいただければ、性器ヘルペスについて理解が深まることができますので、ぜひご覧ください。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

性器ヘルペスとはどんな病気?




ヘルペスには、種類があるのはご存知でしょうか? 


よく聞くのは口の周りや唇にできる、口唇ヘルペスが有名だと思います。 


見た目も良くないですし、間違って噛んでしまったり厄介ですよね。 


しかし、今回取り上げるのは性器ヘルペスとはいったいどんな病気なのかということについてです。 


性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスという菌が、男性器や女性器につくことによって起こる感染症のことなんです。 


一度性器ヘルペスになってしまうと完治まで治療することが難しい病気ともされています。 




つまり、性器ヘルペスに感染してしまった人が自覚症状に気づかない間に、他人へ感染させてしまうため、日本だけの問題だけではなく、世界的にも性器ヘルペスは感染する可能性があるといえます。 


自覚症状が無いという、いつ誰かが被害者や加害者になる恐れのある性器ヘルペスは非常に厄介ですよね。 


もし、性器ヘルペスにかかってしまった場合の症状はどういうものがあるのか、後述で具体的にご紹介します。 

性器ヘルペスの男女別の症状

性器ヘルペスの症状は、具体的にどのようなものがあげられるのか。 


男女別の症状を、詳しくご紹介していきます。 



・男性の性器ヘルペスの症状 


男性の場合は、性器のなかでも、陰茎に小水疱とよばれれるブツブツした水ぶくれのようなものが、多く現れます。 


この小水疱は非常に破れやすいため、3日ほどの数日で水疱は破れてしまい、潰瘍を作り出してしまいます。 


初めて性器ヘルペスに感染すると、症状が強く現れて、尿道が病変してしまう恐れもあります。 


その他にも


  • 患部の痛み
  • 発熱
  • 体全体の倦怠感
  • リンパ節の腫れ
などがおこります

 

重症化すると、潰瘍ができたところから他の菌に感染してしまい、粘膜の下部から広範囲に炎症が広がります。 


最初に性器ヘルペスにかかると、男性の半数は三ヶ月以内に再発を迎えます。 


症状は初期と比べ軽くなってしまうため、性交渉により相手に感染させるリスクがひそんでいます。 



 女性の性器ヘルペスの症状 



女性の場合の性器ヘルペスの症状として、性交渉の数日後に、外陰部の不快感やかゆみを伴います。 


性器ヘルペスにかかると、見た目でも大・小陰唇の広範囲に、潰瘍といった皮膚が剥けてボロボロになる症状や水ぶくれなどがみられます。 


膿のような黄色い液も出てくるため、それが乾くことでより、痒くなったりもするそうです。 


その他にも


  • 膀胱炎
  • 歩行への支障
  • 患部の痛み
  • 発熱
  • 体全体の倦怠感
  • リンパ節の腫れ
  • 髄膜炎


男性と同じく、再発する可能性が高く症状は軽症で済みますが、性交渉が原因で相手に移してしまう恐れがあるので注意が必要です。 


また女性の場合には、妊娠時に症状が現れると産道を経由し、お腹の赤ちゃんにまで感染するリスクがあるんです。 


女性ホルモンのバランスにより、月経時の体調不良が原因で再発する恐れもあるため、男性よりも女性の方が性器ヘルペスに感染するリスクは2倍程といわれています。 

性器ヘルペスの感染経路や症状が出やすい時は?




性器ヘルペスの感染経路には、どのようなものがあるのでしょうか。 

知っておくだけでも、対策が打てるかもしれませんよね。 

そこで初感染と再発の場合と分けてご紹介していきます。 

 
初感染の場合

初感染の場合、性交渉後すぐではなく日にちが経った(1週間ほど)後の潜伏期間をえて症状が現れます。 

性交渉時には、相手に性器ヘルペスの感染経験があるのかの確認もできればしたほうが感染が防げるのかもしれませんね。 

感染した場合、何も治療をしなくても3週間ほどでも治るのですが、つらい症状が長い間続くため、違和感を感じたら男性の場合は泌尿器科女性の場合は産婦人科への相談がオススメです。 


 再発の場合


性器ヘルペスに感染し、治療後治ったとしても1年ほどの間に病変をつくり再発する恐れがあります。

症状は軽いことが多いのですが、気づかないうちに性交渉を行い、相手に移してしまうこともあるので注意が必要です。 

性器ヘルペスが感染した患部以外にも、潜伏している可能性もあり、体調不良や疲れといった肉体や精神的な疲労がきっかけで再発してしまいます。 

性交渉などは、かかりつけ医などと相談し時期を考える必要がありそうです。 

性器ヘルペスの治療方法は抗ヘルペスウイルス薬

性器ヘルペスを治療するのには、抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル)という薬があり、患部に塗る薬と内服薬と2種類あります。 


この薬は1988年のノーベル生理学・医学賞受賞した歴史のある薬です。 


この薬を使用することで、5日間ほどあれば性器ヘルペスの症状は治すことが可能です。 


ただ再発を繰り返してしまう場合、再発を予防する薬で治療を行います。


基準としては1年に6回以上という高頻度の再発が見られる人です。 


この場合はバラシクロビル塩酸塩という薬を、1年間という長い年月をかけて1日1錠服用し、再発を防止するための治療を行います。 


この治療を行えば、再発のリスクは大幅に下がり、相手に移すリスクも減らすことができます。 


後述はしますが、新しく保険適用になった2回の服用で治療する方法もあるので、日々性器ヘルペスの治療は進化しているといえるでしょう 

性器ヘルペスなどの性病は健康保険証が使える?

性器ヘルペスになってしまった場合は、医療機関で健康保険を使うことは可能です。 


病気の箇所が箇所なだけに、恥ずかしい思いはあると思います。 


特に若い方だと、治療費がかさむことを不安視してしまい病院に行くことが抵抗があるのかもしれません。 


しかし、健康保険を使わないと長期的な治療をするにあたり高額になってしまう恐れもあるんです。 


性器ヘルペスの治療には、ちゃんとした薬の使用が必須なので、必ず保険を適用できることを覚えておきましょう。 


ただ、今回問題となるのが無症状の場合です。
性器ヘルペスは再発になると、自覚症状も無いことが多いため自身が感染しているのかは、分からないですよね。 


基本的には、健康である人は健康保険は適用されません。 


なので、少しでも違和感を感じ性器ヘルペスになった経験があれば、診断のもと健康保険を使用し診察受けることが、重要です。 


また、泌尿器科や産婦人科などの中には、言い出しづらい病気ためにプライバシーをしっかり保護してくれる病院もありますので、ホームページなどで一度確認をすると良いかもしれませんね。 

性器ヘルペスなどの性病は保険加入で告知する必要があるの?




保険会社で、新規に保険を申し込む際に告知をしなければなりません。 

参照:公共財団法人生命保険センター


その中の質問で


  • 3ヶ月以内の通院・治療について 
  • 過去5年以内に7日以上の治療を受けたか 

というものがあります。 


しかし、保険営業の担当者に性病になったことは、公にしたくないのが正直な心情だと思います。 


だからといって、保険の申込みにおこなう告知の際に黙っているのはNGとなるんです。 


例えば、3ヶ月の間に性器ヘルペスの治療を受けた場合、最初の項目である「3ヶ月以内の通院・治療」にあたるため保険申込時の告知は必要になります。 


別例でも、性器ヘルペスの治療に7日以上費やし、それが5年以内の出来事であればそれも告知が必要です。 


この7日以上というのは、薬を飲んだ期間や再受診した日が含まれます
恥ずかしいとは思いますが、隠さず告知だけはしっかりおこないましょう。 

性器ヘルペスの再発を予防する方法

前述でも少し触れましたが、性器ヘルペスは再発の可能性が高い病気です。


では具体的に、性器ヘルペスの再発を抑えるのにはどうしたら良いのでしょうか?


結論から申し上げると、感染後は性交渉を避けることです。 


その他にも性器ヘルペスが再発する可能性のあるものとして


  • 肉体的な疲労
  • 精神的なストレス
  • 性交渉の刺激
などがあげられます。


再発すると性器だけでなく、太ももやお尻にまで病変に及ぶため、コンドームの着用で100%防げることはありません。 


しかし、性器ヘルペスについて、再発を防止するための治療も現在はおこなうことができるんです。 


それは待機的再発抑制療法です。 


条件は限られてはいるのですが、症状を確実に感じ取れるかどうかが、治療には大切になります。 


治療の仕方はシンプルで、初期症状を感じたらファムシクロビルという薬を飲み、12時間後にもう一度服用するというものです。 


早い段階であれば、その日にうちに完了する治療となっています。 


この治療が可能かどうかは、医師や病院との相談にはなりますので、治療ができるのかは一度確認が必要です。 

参考:性病検査の方法や費用相場はいくら?

性病検査を行う場合、地元の保健所でおこなっているものであれば、無料で行なっている自治体もあります。 


その場合は日時などは、こちらの都合に合わすことはできません。 


大体の場合は、自分の都合のつく病院といった医療機関を利用するかと思います。 


医療機関での検査の費用は、健康保険の適用が効かないこともあります。 


健康保険はあくまで、治療目的での場合のみになるので病院への確認が必要です。 


費用の相場は以下の図でご紹介します。

 


健康保険適用実費負担(検査のみ)
費用6,000円~8,000円~

健康保険が適用された場合と実費とでは2,000円ほど差がありますが、長期的な治療をする際は、この差も大きくなるといえそうです。


検査の方法ですが、性器ヘルペスは血液検査で感染しているのか調べます。 


結果はその日のうちで済みますが、精密検査が必要になると、最大で1週間ほど結果が出るまでの時間がかかります。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。


今まで聞き慣れない病気について詳しくなった人もいれば、今現在性器ヘルペスに悩んでいて不安だった部分が解消されたという人もいるでしょう。


今回性器ヘルペスについて詳しくご紹介してきましたが、内容は以下の通りになっています。


  • 性器ヘルペスは完治まで難しい病気
  • 相手に移すリスクが非常に高い
  • 再発は症状が軽いためわかりにくい
  • 男女関係なく潰瘍ができ水ぶくれができる
  • 重症化すると発熱や別の病変をおこす
  • 症状が出た場合保険適用が可能
  • 内服薬と軟膏で治療をおこなう
  • 予防は性交渉を控えること
でした。

性器ヘルペスは人に移してしまうという恐れがあると、色々不安になってしまいますよね。

ただ、治療をしっかり行い医療機関で相談を行えば、元通りの生活が送れます。

違和感を感じたら恥ずかしがらず、病院で早めの治療を受けてくださいね。

ほけんROOMではこの他にも女性保険に関する記事がございますので、是非ご覧ください

ランキング