医療保険に加入している場合も就業不能保険は不要な保険ではない

就業不能保険については不要という判断をして加入を見送る人も少なくありません。しかし、給料の一部が減額されたり、全面的にカットされたりした場合には就業不能保険が生活を守るために役立ちます。医療保険に加入しているから不要だと考えていた人も検討してみましょう。

就業不能保険は不要だという考え方はもう過去のものとなっている

就業不能保険の加入は社会人であればもはや必須であるといえるものとなっています。急病や突発的なケガなどで仕事ができなくなる可能性は誰にでも起こりうることです。仕事が継続できなくなると、当然給料が減額されたり、場合によっては支給そのものがされなくなります。それをカバーするのが就業不能保険です。

医療保険があるから不要と考えていませんか

医療保険では入院の日数によって給付金が得られます。所定の手術を受けた場合にも、その内容に応じて給付金があったり、ガンの場合には宣告時に一時金が給付されることもあります。しかし休業に伴う給料源には対応できません。就業不能保険は、入院後の生活をカバーするために必須の保険です。

1ヶ月あたりの給付額は給料と比較して

これから就業不能保険の加入を検討している人は、どのくらいの給付金が必要なのかを計算してみることがおすすめです。月々の固定費(ローンや光熱費、教育費など)を十分にカバーできるだけの支給額を設定することで安心感を得ることができます。就業不能保険が不要だと思って加入していない人は、いざ仕事ができなくなった場合に家計が大きく圧迫されてしまうリスクがあります。



生活維持の観点からも就業不能保険は不要な保険ではない

日常的な生活でも月々に必ず発生する費用を合わせると相当な金額となります。給料が支給されている人であればあまり意識しないことかもしれませんが、収入が途絶えると急速に生活が困難な状況になります。生活維持の観点からも、就業不能保険への加入は不要ではないことがわかるでしょう。

手取り収入と同額程度となる金額が目安

傷病手当金や病気休職などの制度がある公務員や大企業においては、病気休職の間も5割から8割程度の給料は保証されるので就業不能保険の加入は不要という考えもあります。しかし休職中の収入は、やはり大きく減額されますので、減額前の手取り収入程度の水準を確保するためには就業不能保険は不要ではなく、むしろ加入が必須です。減額分を補う金額程度は最低限でも加入しておきましょう。

精神疾患の場合にも支給されるケースもある

現代社会はストレスの多い社会でもあり、仕事上のトラブルなどで精神的な疾患で休職を余儀なくされるというケースがあります。就業不能保険によっては、精神疾患における休職においても給付対象としているものもあります。入院は不要であっても就業が困難という状況も、医師の診断書があれば支給対象になる場合がありますので安心です。

就業不能保険への加入で必要以上の貯蓄は不要になるというメリット

なかなか給料水準が向上しないという経済状況にあっては貯蓄を殖やすということも難しいものです。万が一の事態のためにと、貯蓄に励んでいる人も多いですが、就業不能保険の場合は掛け捨ての保険ではあるものの仕事をすることが不可能となった場合に長期間一定金額の給付が受けられるという点から、貯蓄の少ない人でも心配不要です。

これから就業不能保険の加入を検討する方に

就業不能保険の種類には給付金額の多さや、給付対象となる条件の違い、掛け金など、多くの違いがあります。それらを総合的に判断して、自分によりぴったりと合った就業不能保険を選ぶということが重要です。できるだけ多くの就業不能保険を比較検討し、最適なプランニングを見つけましょう。加入しないという考えはもう不要です。

就業不能保険に入れば医療保険は不要か

逆に就業不能保険に入れば医療保険は不要かという質問をする人も少なくありません。日本の場合には高額医療費還付制度もありますので、医療保険に加入していなくても自己負担額はある程度おさえられます。しかし入院加療には思わぬ費用もかかりますので、不要というわけではなく、同時に加入することでより大きな安心感を得られます。



就業不能保険で不要となるのは将来的な不安

突発的な事態というのは自分では予測がつきません。そのために保険の加入が求められます。もちろん不要な保険に無理をして加入することはありませんが、就業不能保険は多くの保険の中でも、かなり有益な保険です。これまで加入が不要と考えていた人も将来の生活から不安を取り除くために就業不能保険に加入するケースが増えています。

安心な生活を送るために就業不能保険を

就業不能保険の加入によって、将来の生活に関してのお金に関する心配が不要になります。そのことによって精神的にもより安心して暮らせるようにもなります。お子様や配偶者の方が生活に困ることがないようにしてあげることも重要な観点でしょう。暮らしの安定化は家族の幸せの第一歩です。

就業不能保険の約款を確認しましょう

もちろん就業不能保険には多くの種類があり、保険商品によっては保証の範囲は期間に大きな違いがあることも理解しておきましょう。契約時に約款をチェックすることは大切です。また契約時の文書は不用品として廃棄するのではなくかならず手元に残しておき、定期的に見直しをしておくことも大切です。

まとめ

これまで就業不能保険の加入が不要と考えていた人も、その有益性に気づき加入するという例が増えています。就業不能保険は不要な保険ではありません。むしろこれからの時代に最も必要な保険ということができます。多くの保険会社のプランを一括して比較検討することで、それぞれのメリットが見えてくるものですので、インターネット上での情報を整理してみることができるウェブサイトを活用しましょう。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳で医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦がどこまで医療保険に加入した方が良いのか必要性を考える
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 医療保険で不妊治療をサポート!不妊治療で悩む女性の為の強い味方?
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する