女性保険ALL

女性保険の選び方

女性保険と共済を比較するとどちらに加入したほうがいいの?

女性保険は、共済に比べて本当に医療保障に手厚いかを調べる必要があります。満期返戻金を充実させた女性保険は保険料が高く、共済は1年ごとに払戻金があるし医療保障が充実しているものもあります。シングル女性のライフスタイルにおける月々の負担を考えて選択すべきです。

女性保険と県民共済はどちらに加入するのがいいですか

あなたは、女性保険県民共済について調べていることでしょう。


医療保険のなかでも女性に特有の病気をきちんとカバーしてあるものを選ぶと、女性保険になると思います。


しかし、月々の保険料を考えると、安価な共済も検討の余地があります。


特にシングルの女性の場合はどちらに加入しておくか悩んでしまいますよね?


また、シングルの女性はどのような保険に加入しているのでしょうか?


実は日本では医療保険・女性保険の加入率は20代で64%前後と、半数以上が医療保険・女性保険に加入しているのが現状です。


それはどうしてなのでしょう?


そこで、この記事では、

  • シングル女性が多く加入している保険について
  • 女性保険と共済の違いについて
  • 女性保険と共済保険の検討の仕方について

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、女性保険や県民共済について考えるときに役立つかと思います。


是非最後までご覧ください。


また、こちらの記事も合わせて読むと理解が深まります。

全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる




シングルの女性に女性保険は必要ですか

生涯で大きな買い物は、1番に住宅、次に保険とよく言われます。


毎月支払う保険金の累積金額が1千万円に及ぶ人もいます。


それだけ大きな支出だからこそ慎重に選ぶべきでしょう。


特にシングルの女性にとって結婚することを考えた場合、どのような保険に入っていれば良いのかは迷うところです。


しかし、日本人の8割はなんらかの保険に加入しています


女性だからこその女性保険の重要度は増してきていますので、慎重な選択が必要です。

シングル女性はどんな保険にはいっているの

シングル女性が入っている保険で1番多いのはどんな保険だと思いますか?


調査結果では、医療保険・女性保険が最も多くなっています。


加入率は20代で64%前後です。


次に多いのは終身保険タイプが主な目的のものです。


一定期間加入し続けると解約払戻金が払込保険料より多くなるタイプの保険で、短期間で解約すると返戻金がない場合もあります。


女性保険の保障は調べる必要がありますが、共済は掛け金が低額です。

ほけんROOMでは、完全無料の保険相談を行なっております。


相談からアフターフォローまで、何度でも無料、納得できるまで相談することできます。


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?

女性保険と共済の保険料と保障内容を比較してみて検討

シングルの女性はどれくらい保険料を払っているのでしょうか。


調査によるとシングル女性の半数の人が年間保険料の総額が12万円未満、つまり月々1万円未満の負担となっています。


これは死亡保障のついている定期保険や死亡保険の加入率が低く保険金が抑えられているからです。


しかし、保障の内容とシングル女性が負担している月々の保険金は見合ったものでしょうか?


月々の掛け金の少ない共済も検討してみると良いでしょう。

シングル女性に必要な保障の内容とは

シングル女性が押さえておくべき保障は、ケガや入院したときの治療保障すなわち医療保険の分野です。


ここでポイントになるのは、いつから保障が開始されるかです。


最近の入院事情は変わってきており短期間で退院することが多くなっています。


日帰り入院にも対応するものがいいです。


保障内容についても女性特有の病気に入院給付金が上乗せされる女性疾病特約が付いた医療保険が人気があります。


共済とはどんなタイプの保険ですか

県民共済の場合、月々の共済金額を低く抑えて医療保障と死亡保障の両者を兼ね備えた保険です。


相互扶助の共済制度でなりたっているので、年間の支払保険金を払うことに特化しており、医療保障も充実しています。


逆に死亡保障は少額ですが、シングル女性には高額な死亡保障は必要ないでしょう。


また、掛け金は年齢にかかわらず一定です。


掛け捨てだと言われますが、1年ごとに精算をするので払戻金があるためそれ程損はないでしょう。

女性保険のおすすめポイントと共済で代用できませんか

女性保険は、女性ならではの医療関係の保障を考えて設計されています。


見落とされがちなのは働けない間の収入の減少です。


治療費等で出費が増えるうえに収入が減るのでは家計にとってピンチになります。


これをカバーしてくれるのが収入保障に対応するべき部分なので、しっかりチェックしましょう。


しかし、保障を手厚くすれば保険料は高くなりますのでその比較も重要です。

女性保険が老後生活費の不足分カバーできる

公的年金だけでは老後の基本生活費さえ十分ではないといわれています。


その不足分は預貯金を取り崩すことになります。


そのようなことにならないように、女性保険を貯蓄型のものにするのもひとつの手です。


貯蓄型の保険は低金利で保険料が上がる傾向にありますが、シングル女性にとっては年末控除の対象になるなど目に見えぬ利点もあり、貯蓄の面を兼ねている点で優れているといえます。

保険で貯蓄を利用するメリットはありますか

県民共済をはじめとする共済制度は、老後資金に備えておくような貯蓄といった性格はありません。


そのため掛け捨て保険だと批判がありますが、保険とは本来、払い込んだ保険料は保険金の支払いがない限り戻ってこないものです。


そのような意味で考えると、全ての保険は本来掛け捨てとなっています。


掛け捨ては損という不合理な人間の心理に応えるために生み出されたのが満期金がある貯蓄部分がある保険です。


ここで注意すべきは配当金で、他にももっと有利な利殖も存在します。

女性保険と共済保険どちらを選ぶといいですか

女性保険は、女性特有の医療関係の保障を充実させたもので、貯蓄の面も加味された商品もあります。


一方、県民共済は掛け金が安い割には入院などでの給付金が充実しているのがポイントです。


共済は営利を目的としていないのでシンプルで分かりやすい保険になっています。


また、年間で払戻金がありますので死亡保険金は低額ですが、シングル女性は、死亡しても葬式代ぐらいがでればいいのではないでしょうか。


そのため、両者を比較するときは医療における保険の内容を検討材料にすれば良いのです。

共済共済を検討する上でポイントとすべき点

共済の医療共済は保障が充実した生命保険です。


入院は日帰りから長期までカバーされています。


3大医療疾病に対応したものや、低金額で先進医療の治療を受けられる手厚い内容もついています。


シングル女性にとって、女性特有の保障、先進医療、ガン対応などがどれだけ充実をしているか調べて下さい


保障が同程度なら共済も検討の余地があります。

女性保険におけるボーナス支給の意味

女性保険を選ぶポイントでボーナス付きの保険がありますが、ボーナスが出る条件に注意が必要です。


商品にも寄りますが、中には病院に全く行っていないなどの条件があり、これをクリアするのはなかなか厳しいと思われます。


健康に自信があれば良いのですが、高い保険金を払っているのに、保険金を請求すれば、ボーナスがなくなるのです。


このように考えると、本来の保険の意味合いがなくなっているようにも思えます。


反面共済は、例え保障の支払いがあったとしても、払戻金は誰にでも返却されます


共済は非営利団体だからです。

まとめ:女性保険の共済について

女性保険や県民共済について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • シングル女性が多く加入している保険は医療保険・女性保険だが、保険料が保証内容に見合っているかどうかは検討するべき
  • 女性保険はボーナス付きのものもあるが、保険料が高額。共済は保険料が安く死亡保障も少額ながら、1年ごとに払戻金がある
  • 女性保険と共済保険の検討をするには、医療保険部分をよく検討するべき

です。


シングル女性の場合は特に、自分に何かあるとすぐに生活に直結してしまいます。


そのようなときに頼りになるのが保険です。


しかし、費やした金額が保証内容に見合うものかどうかは、なかなかわかるものではありません。


そのため、加入する前からしっかり情報を収集し、ご自分の環境に合わせた保険を選ぶことが重要です。


特にボーナス付きの保険を検討する際は、条件についてをしっかり把握しておきましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング