女性保険ALL

女性保険の選び方

女性保険の加入は詳しい人に相談してみて自分で考えることが大切

女性の方で、そろそろ女性保険と言われるものの加入を考えているという方も多いでしょう。しかし、女性保険だから自分の必要な保障がそろっているとは限りません。詳しい人に相談し話を聞くなどして情報を得て、相談で得た情報をもとに自分で加入すべき保険を決めていきましょう。

女性保険にどのようなものがあるかを相談で知っておくこと

女性保険と一口に言っても、その中身は様々です。保障内容や、御祝い金などの給付金があるかないかなど、その保険によって異なってきます。


必要な保障の組み合わせが可能なものもあります。加入しようとする候補となるものについてまずは相談して情報を得ておくようにしましょう。



女性保険を扱っている会社に相談をしてみる

興味のある女性保険がある場合は、とりあえず資料請求などをしてみるとよいでしょう。


わからないことがあればそのままにせず、担当者に相談してみるのが良いでしょう。


わからないまま加入手続きに進んでしまうと、後でこんなはずではなかったと後悔することもあります。疑問点は早めの相談で解消しましょう。

複数の保険を扱っているところで相談

最近は複数の保険会社の商品を扱っている代理店も増えてきました。いくつかの選択肢を比べてみたいという方はこういったところで相談してみるのもよいでしょう。


一つだけを見るのではなく、複数の商品を比較しながら、どれが自分に最もあっているのかを考えていくことができます。

保険の無料相談はほけんROOM相談室で!
経験豊富なほけんROOMのファイナンシャルプランナーが在籍。

経験豊富なほけんROOMのファイナンシャルプランナーが在籍。 全国47都道府県、お近くのカフェやファミレス、ご自宅など希望の場所・時間に相談できます。 アフターフォローは何度でも無料、納得できるまで相談できるので、安心!

そもそも女性保険が必要なのか周りに相談してみるのもおすすめ

女性保険に興味を持っていても、それが本当に必要かどうかということは考えておいたほうが良いでしょう。


身近な人や保険などに詳しい人に相談してみるとよいでしょう。


経験談なども保険加入が必要かどうかということを判断するための参考になるので、幅広く相談し話を聞いてみるのがおすすめです。

遺伝などについて知っておく

母親などに相談して、遺伝する可能性がある病気があるかを聞いてみるとよいでしょう。


近い関係で乳がんなどの女性特有の病気にかかった人がいるということであれば、リスクが高いということになります。


そういった方は一般の保険よりも、女性特有の病気に手厚い保障がある女性保険のほうが向いていることもあります。

すでに女性保険に加入している人に相談

身近に女性保険に加入している人がいれば、その人に相談してみるとよいでしょう。


加入していて良かった点や後悔している点を教えてもらえるかもしれません。


相談してみて得た情報をもとに自分の女性保険選びに生かしていくことができれば、後悔しづらい選び方ができるようになるでしょう。

女性保険に加入すべきかどうか相談後に考えるべきポイントとは

様々な人に相談をして、女性保険についての情報が手に入ったら、その次は自分自身で加入すべきかどうかを判断してくことになります。


加入すべきかどうかという判断のためどういったポイントについて考えていけばよいのかを知り、それにしたがって相談で得た情報を当てはめ、加入する女性保険を検討していくようにしましょう。

自分の抱えるリスクを知る

自分が遺伝などでかかりやすい病気について知ることや、自分に近い状態の人がどういった病気や問題を抱えているかということを相談を通して知ることがあるでしょう。


これは自分のリスクとしてとらえて、自分がそうなったらどうするかを考えましょう。


今の備えで足りなければ女性保険で備えるということも一つの手です。

実際に利用してみた人の声は重要

実際に女性保険に加入している人の体験談は大きな役に立ちます。加入した後のアフターフォローはどうか、病気になった時などの給付はスムーズにいくのかなど、実際に利用しなければわからないことも多いです。


ぜひ、女性保険に加入している人の話を聞いてこういった情報を得てみましょう。

自分なりに必要かどうかを検討して決める

備えがあるに越したことはありませんが、女性保険だけが備えの形ではありません。


他の保険や貯蓄などで対応するという方法もあるでしょう。


自分にはどういった形でそなえるのが向いているのか、相談を通して自分が得た情報や現在の状況などを合わせて考えて判断していきましょう。

保険料負担が大きくなりすぎないように

すでに別の保険に入っている方などは、それにプラスして女性保険に入るとなると保険料負担が大きくなりすぎることがあります。加入する保険を絞るのも保険選びのポイントです。


すでに加入しているものを解約すると損になることが多いので、そういった場合は特約や掛け捨ての保険で対応するということもできます。

お祝い金は必要かどうか考える

女性保険にはお祝い金として、無事故であれば一定期間ごとに給付金が支払われるものが多いです。


魅力的なものに見えますが、実はこれは保険料の一部を戻しているというだけで、意味がないことも多いのです。


その分負担の軽い保険に入って、別途貯金をしておいたほうが便利ということもあります。

女性保険も無料相談できます

女性保険に加入するときは、生命保険や医療保険に加入するときよりも比較などが難しいかもしれません。

生命保険は生命保険の商品のなかから選びますが、女性保険は女性保険の商品のなかから選ぶだけでなく、そもそも医療保険と比較してメリット・デメリットについて知っておく必要があるからです。


保険のビュッフェや保険のマンモスなどでは、FPの方に無料相談ができます。


今では、無料相談をした方にはお肉のプレゼントなどもしているので、ぜひ確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

女性保険に加入しようとしている方にとって、情報が少ないということは保険商品を選びにくいということにつながってしまいます。


詳しい人やすでに加入している方などに相談してみると情報を得やすいでしょう。


他人の例だけにこだわらず、自分の場合はどうなるのかということを具体的に考えていくことによって、適切な保険選びができるようになるでしょう。

ランキング