女性特有のがんに特化した女性保険の人気が高くなっています

女性保険は女性特有の乳がんや子宮がんなどに備えることができ、診断給付金、抗がん剤の治療給付金、放射線治療給付金などを受けることが可能です。女性保険の場合、他にも生存給付金や健康給付金などの特典も含まれているものがあります。

女性特有の乳がんや子宮に特化した女性保険があります

女性のがんの発症率は年々高くなっています。


女性が最もなりやすいがんのは乳がんで、次に大腸、胃、肺、そして子宮で、女性特有の乳がんと子宮がんのリスクが高いということになります。


この乳がんや特に子宮頸がんは若い頃に発症する率が高く、子宮体がんは比較的年配になってからの発症が高いのが特徴です。

若い時に発症する傾向にある子宮頸がん

女性の場合、30代から50代にかけて男性よりもがんを発症しやすい傾向にありますが、50代中盤を過ぎると男性の方ががんの発症率が高くなる傾向があります。


女性の方が年齢的に若く発症している理由には、乳がんと子宮頸がんの影響が大きいというデータがあり、若い時から女性特有の女性保険に入っている人が多くいるでしょう。


年代別男女別がんの罹患率

年代別男女別がんの罹患率

手術になるとかなりの高額になります

乳がんの場合は乳房を切除したり、子宮頸がんの場合は子宮を全摘する手術を行うことがあるので、女性が受ける苦痛はもちろん、費用もかなり高額になることが予想されます。


女性保険の中には乳房の再建術に対して対応しているものもあるので便利です。


いざという時のために女性保険に入っておくと、苦痛を紛らわせることができるでしょう。

女性保険は女性特有のがんに対応しておりいろいろな保障をしてくれます

女性の場合、多いがんは乳がんや大腸がん、胃がんや子宮がんになりますが、特に乳がんは早期発見することによって、治療率が高く生存率も高い種類です。


女性保険に入っておくと、乳房再建などの必要な金銭の支出をサポートしてくれたり、自分はもちろん家族の生活を守ることになるでしょう。

三大保障は男性も女性も変わりません

近年は女性特有の女性保険もありますが、がん保険に必要ないわゆる三大保障は男性も女性も変わることはありません。


診断給付金や抗がん剤の治療給付金、放射線治療給付金などが対象で、一時金として保険料を受け取ることができたり、月単位で保険料を受け取ることができるので便利です。

長期治療に備える必要があります

女性保険を選ぶ際のポイントとして、悪性新生物でないと支給されないタイプもあるので、できるだけ早期発見で上皮内新生物の場合にも給付することができるタイプに加入することをおすすめします。


放射線治療や抗がん剤の治療になると長期に及ぶケースがあるので、このような場合に備えておく必要があります。

女性保険は女性特有の乳がんなどに備えることができます

女性保険には女性特有の保障を付けているものもあり、乳房再建術に対する保障や、乳がん手術への上乗せ保障、子宮や卵巣などの摘出手術への上乗せ保障などが含まれます。


上乗せ保障がない場合、診断給付金を増やしておいたり、生命保険や家族の保険などとのバランスを考慮すると良いでしょう。

早い段階での加入が望ましいです

女性の場合、30代から乳がんや子宮頸がんの発症率がアップするので、30歳ぐらいの時に女性保険を検討すると良いでしょう。


一度がんになってしまうと、がん保険に入ることができなくなったり、がんになってから女性保険に入っていなかったと後悔する人が中にはいるので検討をおすすめします。

女性保険にはいろいろな特典があります

女性保険は保険料がやや高く設定されていますが、かりに女性特有のがんになった場合、保障される金額は通常の保険よりもかなり多く設定されています。


入院給付金などは一般的に通常のがん保険の2倍以上あり、保険プランによっては生存給付金や健康祝い金などの特典を付けているものもあるので便利です。

女性保険にはいろいろなメリットがあります

女性保険にはいろいろなメリットがあります。


例えば一般的な病気はもちろんですが、特に女性特有の病気の保険が手厚かったり、妊娠や出産などに関係する病気や手術なども対象になったり、生存給付金などのボーナスをもらうことができる保険プランが多くあります。


自分のライフスタイルに応じて女性保険を選択すると良いでしょう。

女性保険の注意すべきポイント

女性保険で注意すべきポイントは、月額料金が一般的ながん保険よりも高く設定されていることです。


保険は家族にとって大きな買い物にもなるので、いろいろな保険を見比べたり、メリットやデメリット、特典などをよく把握した上で、ライフスタイルに応じた保険プランを慎重に選ぶと良いでしょう。

保険料などを比較して最適なプランを選ぼう

近年さまざまな女性保険があります。


毎月の保険料や入院給付金、手術給付金や診断給付金、先進医療などを保障したオプションなどを見比べて比較するのがポイントです。


健康給付金などのボーナス特典なども含めて、女性にうれしい特約を用意している保険プランもあるので、最適なプランを選ぶと良いでしょう。

まとめ

女性保険は女性特有の乳がんや子宮がんの保障が手厚く、いざという時に入っておくと便利です。


入院給付金や手術給付金をカバーしてくれたり、生存給付金などの特典を利用することができます。


さまざまな保険プランがあるので、自分のライフスタイルや家族に応じたものを選択することで、もしもの時や治療が長期に及ぶ場合に備えることが可能です。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング