女性保険ALL

女性保険の選び方

女性には女性保険が必要?保険料は安い方がいいけれど保障内容が心配

女性疾病で入院や手術をした話を聞くと女性保険が気になるけれど、本当に必要なのかしら?とお考えの方多いですね。月々の保険料が安い方がより良いのも皆さん同じです。今まで女性保険は不要と思っていた方も、充実した内容と意外に安い保険料をチェックしてみる価値ありです。

女性保険に入りたいので、安くて内容が充実してるものはないのか知りたい

女性保険は病気やけがを保障している医療保険に、女性特有の病気や女性に多く見られる病気に対する保障を手厚くしたものです。

女性特有の病気が心配だからと女性保険の加入を検討されたこともあるでしょう。


女性疾病でまず思いうかぶのが、子宮頸がん子宮体がんや卵巣がん・乳がんなどのがん、子宮筋腫や乳腺炎などの女性しかならない病気です。

例えば乳がんは、30代の後半から罹患率が増え始め、40代後半から50代前半に最も罹患率が多くなります。また60代前半の閉経後にも再び罹患率が上昇します。

子宮頸がんはもっと若い年代の20代から30代にかけて増えています。


男性のがん罹患率の上昇が50代後半に始まるのと比較して、女性は20代から年齢の加算によって緩やかなカーブで上昇していくので、50代前半までは女性のほうががん罹患率は高いのです。

女性の働き盛り、出産育児の時期にがんが多いとも言えます。

がんだけではなく最近は子宮筋腫や子宮内膜症の方も増えています。


女性保険は女性しかならない病気だけをカバーするのではなく、女性がなりやすい病気も範囲に含まれることがあります。

保険会社によって違いがありますが、バセドウ病や甲状腺腫、ネフローゼ症候群などです。


女性保険は、女性保険対象の病気であれば医療保険の保障額にプラスして保険給付がおこなわれるというものですので、個室などを希望される場合は安心ですね。

そして多いのが、大黒柱の父親の保険は大切だけど自分のはそんなに・・とか思っている方です。もし、子育て中の母親が入院した場合、子供を預けることのできる保育園などの費用等が余分にかかります。介護をしているかたは、自分が入院中に介護されるかたがデイサービスなどを利用する場合の費用もばかになりません。

いろいろな状況を考えると病気と立ち向かうために、女性保険に加入すると安心かもしれません。


女性保険は医療保険にプラスして女性特有の保障があるのだから、保険料もそれなりに高いのじゃないの?と思って加入を躊躇している方、一方安いものはそれなりの保障しかないのかしら?という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、女性保険の内容と保険料についてみていきましょう。

充実した女性保険=高いというイメージ、充実して安い女性保険はないのか?

女性保険は、医療保険に女性特有の病気にたいする保障を加えたものだから、その分保険料も高いし、その上保障内容を充実させるともっと高くなるというイメージです。

生活が苦しくなるほど保険料が高いのでは本末転倒です。安い保険料の保険は保障内容に問題があるのでしょうか?


充実した保障内容で保険料も安い女性保険はないのでしょうか

保険は現在の自分にあった内容のものが、充実した保障といえます。


すぐに保険相談したい方はコチラ

価格と内容を比較するサイトで確認してみる

女性保険に加入を検討するときは、価格と内容を比較するサイトで確認や資料請求をすることができます。

検索で「女性保険」と入力すると、「人気の女性保険ランキング」や「価格.com女性保険ランキング」などの比較サイトがいくつかでてきます。

年齢によって支払う保険料に違いがあるので、年齢を指定して検索することができ、人気の保険の内容を比較できます。


女性疾病の対象範囲を必ず見ておこう

先にも書きましたが、女性保険は女性特有の病気だけではなく、女性が多くかかる病気にも手厚い保障をする場合もあります。

例えば、「メディケア生命メディフィットA(エース)」女性専用パック」や「東京海上日動あんしん生命 メディカルKit NEO 女性プラン」などは、 女性に多いとされる甲状腺疾患による入院もカバーされていたりもします。

女性疾病の対象は保険会社の規定によりますので、必ず見ておくようにしましょう。わからなければお問合せ窓口で直接きいたり、リンクされている各保険会社のホームページで確認することもできます。



また、女性特有の病気と共に、すべてのがんにも手厚い保障がうけられるものもあります。

がんに強い保険だと、別にがん保険に入らなくても充実した保障内容だといえるものもあります。


妊娠・出産に関する項目もあるので見逃さないようにしよう

保険に加入するきっかけになるライフイベントは就職・結婚・出産などがありますが、その中でも、大きなものは妊娠・出産ではないでしょうか?


しかし、女性保険では、妊娠中や出産直後には入れないものや契約に際して条件が付くものがあります。


妊娠中では、7か月以降は加入できないことが多く、出産が帝王切開であった場合には加入できなかったり保障範囲が限定されるという条件が付いたりすることが多いようです。この条件は2年や5年の期間をおいて解除されます。


妊娠や出産への対応の仕方も保険会社によって違いがあります。もし、妊娠・出産の可能性がある年代の方は見逃さないように確認してください。

すぐに保険相談したい方はコチラ

安いけれど、内容が充実している女性保険はある

保険料は女性の方が安いと思っていませんか?


30代では、男性の方が保険料が安い保険会社の方が多いのです。50代になると、女性の方が安い保険が多くなります。


例えば、同じがん保険や医療保険に夫婦そろって加入したとしたら、年代によっては損になることがあります。


女性保険は医療保険に、女性特有の又は女性に多い疾病に手厚い保障を加えたものです。

女性が罹患しやすい疾病ということは、やはり確率として加入する価値はあるように思われます。


加入する年代を考えて保障内容を見てみると、保険料は安くおさえられて自分にとっての内容は充実している保険を探すことができます。


医療保険部分の保障を安いものにし女性特有の保障を手厚く設定したり、または医療保険の部分をなくしてしまった保険を選ぶなどです。

女性保険に加入していると万が一入院した時、個室に入っても安心

また女性特有の病気の場合、個室の方が安心という理由で女性保険に入る方もいらっしゃいます。

女性特有の病気は精神的なダメージが大きいこともありますし、もし子供がお見舞いに来た時など部屋の他の方に遠慮しなくてもいいなども理由の一つです。


基本の内容があれば、とにかく1番安いのがよい方向けな女性保険もある

保険に加入する理由は、人それぞれです。多少高額でもしっかりとした保障を考慮して加入する方、保障は基本を押さえるだけで今は大丈夫だからとにかく1番安い保険を探している方などです。


ここでは、安い点に注目して、女性保険を見ていきましょう。



月々1500円以下の女性向け保険もあるので、検討している女性保険と比較してみよう

20代では、女性特有の病気以外の罹患率はさほど高くありません。


そこで注目なのが「楽天生命 楽天生命レディ 」です。29歳の女性でも、月々の保険料は1500円とかなり安い設定です。女性疾病にのみ集中した保障をしています。乳がん治療のための乳房再建術では給付金もあります。


注意が必要なのは、女性疾病以外の病気やけがには対応していないという点、そして入院給付や手術に対する給付はなく一時金としての保障のみという点で、安い理由はそこにあります。


10年ごとの更新タイプですので、更新のたびに保険料は上がりますが、20代で保険にかける金銭的余裕がまだないという方は最初は安い保険料の保険で、そして余裕ができ年齢も上がった時点で他の病気にも対応した保障内容をと考えることもできます。


他にも同じ29歳という条件で、医療保険の保障も付けた上で月々の保険料が2000円以下という安い保険料の女性保険も多くあります。

まとめ

20代で医療保険に多額の保険料を支払うより、女性疾病のみ対象の女性保険に加入して罹患率の高い女性疾病に備えるという考え方もあります。


保険は年齢に従って月々の保険料も上がっていきます。現在の病気に対するリスクと保障内容を検討したうえで、より安い充実した保険を選びましょう。


ランキング