痴漢冤罪事件はあなたにも!でっち上げ女や道連れ詐欺被害事例と対策!

痴漢冤罪事件はあなたにも!でっち上げ女や道連れ詐欺被害事例と対策!-サムネイル画像

痴漢冤罪事件はニュースなどでも大きく取り上げられる事件ですが、巻き込まれる方はその場で対処できればいいですが、会社を解雇後に冤罪が認められるケースもあります。よって、誰もが対策しておかなければいけません。今回、無罪なのに道連れにされた詐欺件数と事件事例mその対策を紹介します。

痴漢冤罪事件!でっち上げ詐欺女から身を守る方法を紹介

普段から電車を利用している人は、近年注目される「痴漢被害のでっち上げ」である痴漢冤罪事件に巻き込まれないよう、電車内でも注意深く行動していると思います。


しかし、それでも痴漢冤罪事件が発生してしまうのに納得がいかない方も多いですよね。


そこで、この記事では「痴漢冤罪事件の具体的な事例やその対策方法」について、

  • 痴漢冤罪事件は一体何故起きてしまうのか
  • 痴漢冤罪事件に巻き込まれないために取るべき3つの行動
  • 痴漢冤罪事件の解決方法と痴漢冤罪保険

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、痴漢冤罪事件のリスクや対策について詳しく知ることができ、安心して電車を利用していただけます。


このあとご紹介しますが、痴漢冤罪に巻き込まれた際の対処法として、「痴漢冤罪保険」もございます。

無料で弁護士が痴漢冤罪現場に駆けつけてくれる保険です


さらに、損害賠償請求の相談もすることができます。


気になる方は公式HPから詳細をご確認ください。


是非最後までご覧ください。

痴漢冤罪なのに道連れにされる事件の危険性


日本国内で性犯罪の厳罰化を求める声は年々高くなっており、もちろん痴漢行為も同様で、犯人は社会的に抹殺されるという風潮が高まっています。


しかし、この風潮を利用した悪質な犯罪が近年急に注目を浴びています。それが痴漢冤罪です。


痴漢冤罪とは、主に女性が痴漢被害をでっち上げて、男性を陥れるという犯罪行為を指します。


この手の事件は、きちんとした統計資料がないために件数や発生率がはっきりと公表されているわけではありません。


しかし、メディアにも取り上げられるような大きな痴漢冤罪事件はここ20年ほどの間で10件近く起きています。


さらに2017年には、痴漢の疑いをかけられた人が線路内を逃走する事件も相次いでおり、痴漢冤罪に巻き込まれることは決して他人事ではないのです。

被害者(詐欺含む)の供述が信用されてしまう

また、痴漢冤罪の質の悪いところは、やっていないという男性側の主張よりも、痴漢被害者である女性の供述のほうが信用されてしまうというところです。


もちろん、痴漢は許されない犯罪であることは言うまでもないことですが、そのイメージを利用し、冤罪により相手を陥れることも容易になってしまいます。


この手の事件は、防犯カメラの映像など確実な証拠がない限りは、まずお互いの主張により事件が発覚するものです。


そして、弱い立場である被害者のほうの言い分が信用されやすい傾向にあり、女性側の主張が信用されるという結果になるものなのです。


一度女性側が痴漢被害を主張すると、男性側の口頭による主張のみでそれを覆すことは難しい場面が多いのです。

事件事例「防衛医大教授痴漢冤罪事件」

この痴漢冤罪の最たる事例として、「防衛医大教授痴漢冤罪事件」がよく挙げられます。


これは、小田急線にて痴漢行為を行ったとして逮捕された防衛医科大学校の教授が、痴漢冤罪として後に無罪判決が下ったという経緯の事件です。


女性側の供述によれば、下着に手を入れ下半身を触ったという主張でしたが、繊維鑑定においては教授の指からは下着の繊維が検出されていないということで、客観的な証拠がありませんでした。


痴漢の証拠となるのは女性の証言のみで、被害者は痴漢に遭った後一度電車を降りたにも関わらず、再び同じ車両に乗って被告の隣に立ったという点で不審な点としても認められています。


また、証言の中で女性側は執拗に痴漢されたにも関わらず、車内で積極的に避けようとしていないという点でも証言には疑念が残るところもありました。


こういった点を勘案し、無罪になったものと推定されます。


ですが、注意点は、無罪であったとしても実名報道されてしまっていることで世間体を気にしてしまう現実が待っていることです。


よって、弁護士による現場での対処が1番良い対処法です。


痴漢冤罪保険は、無料で現場に駆けつけてくれる弁護士保険ですので、気になる方は下記ボタンから、詳細をご確認ください。

【痴漢冤罪事件に巻き込まれたら】まずやるべき3つの対処法

このように、痴漢をでっち上げられた結果社会復帰が困難になってしまうなど、恐ろしい結果すら生みかねない痴漢冤罪事件ですが、どのように身を守れば良いのでしょうか。


これについてはたびたびメディア等でも取り上げられていますが、現状では痴漢冤罪に対して有効な防御策は以下の3点と言われています。


万が一痴漢冤罪に巻き込まれてしまうと、なかなか冷静に対処することは難しいかもしれませんが、極力下記のように対応していきましょう。

痴漢冤罪事件対策①:「すみません」は禁句

まず、痴漢被害に対しては「加害者が罪を認めた」という事実があるだけで、かなり被害者側が有利になってしまいます。


これは、痴漢被害においては被害者の証言が唯一の証拠となるケースも多いためで、それが例え無実の罪であったとしてもです。


日本人は特に、何か相手から言われると「すみません」と言ってしまいがちですが、こと痴漢冤罪においては絶対にこの言葉を言ってはいけません。


少しでも謝ってしまうと、被害者側はそう思っていなかったとしても、「やはり自分の勘違いではなかった」「相手が罪を認めた」というふうに認識してしまう場合もあります。


断固として、「やっていません」「自分は関係ありません」という風に、自分ではないということを主張しましょう。

痴漢冤罪事件対策②:逃走は絶対にしない

これは以前は言われていたことですが、今は痴漢冤罪を疑われた時点でその場から逃げないようにしましょう。


現在では駅や車内など監視カメラがある場所も多く、逃走することによってかえって不利になってしまうケースもあるからです。


また、冤罪であるケースで車内から逃走し線路上に降りた際に事故に遭ってしまった、またホームから線路に転落してしまったという事故もあり、非常に危険です。


加えて、このような行為は鉄道会社に対する威力業務妨害や、鉄道営業法違反という別の法律違反に該当してしまう可能性もあります。


運悪く痴漢冤罪で疑われてしまった場合でも、その場からの逃走はしないようにしましょう。

痴漢冤罪事件対策③:弁護士のヘルプコール

また近年は、このような悪質な痴漢冤罪事件から身を守るために上記でも軽く説明した痴漢冤罪保険という商品があります。


この商品には、弁護士のヘルプコールという特典が付いており、万が一痴漢冤罪事件に巻き込まれてしまったときに、スマホ一つで弁護士に連絡し現場に来てもらうことができます。


保険会社が提携している複数の弁護士に一斉に連絡が行くため、その場で対応できる弁護士からすぐに指示を仰ぐこともできます。


法律の専門家である弁護士から的確な指示を受けることができるため、落ち着いて痴漢冤罪に立ち向かうことができるので、おすすめの方法です。

痴漢冤罪事件の解決事例を紹介

痴漢冤罪事件においては、物的証拠も少なく立証が難しいことも珍しくはありませんでした。


しかし、やはり専門家である弁護士の活躍にもより、徐々に痴漢冤罪の解決事例も増えてきています。


例えば、被疑者が電車内で女性の太股を触ったとして、東京都の迷惑防止条例違反で現行犯逮捕された事件がありました。


その後被疑者の家族の依頼で弁護士が付き、電車内の状況や被害者の女性の体格などから、被害者とされた女性の供述には矛盾点があると弁護士が気づきます。

そして弁護士は女性とは示談交渉を一切せず、また否認を貫くように被疑者にアドバイスしました。


その結果、証拠不十分により被疑者は不起訴処分となっています。


弁護士が付けば、このような手続きから裁判まですべてフォローをしてくれます。

痴漢冤罪事件の弁護士費用

上記の例では、弁護士がフルサポートしていますが弁護士費用は高いという認識を持っている人も多いです。


確かに、痴漢冤罪事件で無罪を主張するために弁護士に依頼した際の費用は、100万円~300万円程度と考えられています。


これは、逮捕された後にそれを否認するという冤罪事件の弁護の特徴により、費用が高額になっているからです。

痴漢冤罪事件の損害賠償は請求できる?

また、無罪となるための裁判費用や弁護士費用など、かかった費用について損害賠償請求をするために訴え出る人もいます。


しかし、残念ながらそれらの費用に対する損賠賠償は認められないというのが一般的な認識のようです。


これは、明らかに悪意を持って女性側が痴漢被害をでっち上げたという確かな証拠がない限り、そこまでは認められないということのようです。

【痴漢冤罪事件に巻き込まれる前に】(月額)590円の「痴漢冤罪保険」

痴漢冤罪事件に巻き込まれないようにするためには、やはり女性に不用意に近づかないという自衛手段を取ることが一番です。


しかし、満員電車などでやむを得ず人同士が密着する状況というのはどうしても発生してしまいます。


特に通勤で電車を毎日利用する人は、痴漢冤罪事件に巻き込まれてしまう可能性を否定できません。


そこで、すでに述べましたが「痴漢冤罪保険」に加入しておくのが良いでしょう。


この保険は、月額590円という安価な金額で加入することができます。


さらに初動での対応が非常に重要となる痴漢冤罪に対して、事件発生直後すぐに法律のプロである弁護士に相談することができるヘルプコールが特典として付いています。


痴漢冤罪事件に巻き込まれてしまうと、やはりなかなか冷静に対応することは難しいため、この特典があると安心して対応ができます。


しかも、万が一裁判となってしまった場合にも、弁護士費用を最大300万円まで補償してくれる保険機能も付いています。


さらに、この保険はもともと個人賠償責任特約が付帯している保険です。


偶然の事故により他人に怪我をさせてしまったり、お店の商品を破損してしまった等、思わぬところで損害賠償責任を負ってしまったとき、その費用を補償してくれる保険でもあります。


この保険に加入していれば、痴漢冤罪という恐ろしい事件に対して、安い保険料で大きな安心感を得ることができます。


細かい詳細は公式HPにてご確認ください。

まとめ:痴漢冤罪事件に巻き込まれる前に「痴漢冤罪保険」に!

痴漢冤罪事件の具体的な事例やその対策方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • 痴漢冤罪は被害者の証言が信用されやすく、否定することが難しい恐ろしい事件である
  • 痴漢冤罪に遭ってしまった場合、絶対に謝罪したり逃走したりしない
  • 痴漢冤罪に対する対策方法として、痴漢冤罪保険がある

です。


日本は満員電車で通勤するサラリーマンも多く、誰もが痴漢冤罪事件に巻き込まれてしまう可能性があります。


痴漢冤罪保険に加入し、安心して通勤時間を過ごせるようにいつでも対策をしておきたいものです。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング